聞き耳立てて世界の危険を察知する

2016年05月07日

 瞑想によって、自分の裡に起きる変化をあるがままに受け容れられやすくなってきた私聞風坊ですが、

 最近の気づきとして、

 聞き耳立てて生活してるんだな。

 というのがあります。

 戸外の話し声、

 足音、

 部屋の隅のカサッという音、

 息づかい、

 戸窓の開閉音、

 家事や仕事の作業の音、

 大きな音というより、

 小さな音、密やかな声に意識が向きます。

 緊張感高まります。

 身体はこわばります。

 心臓は高鳴ります。

 呼吸は浅くなります。

 そうして、
 危険かどうかを見極めようとします。
 自分への危害の程度を予想します。

 この感覚、
 子どもの頃からいつもこんな風だったことに思い至りました。

 いつも危険をいちはやく察知すべく、気を張っていたのでした。

 そんな私を知り、そんな私を思いやり、そんな私を受け容れ、

 瞑想は進んでいきます。



同じカテゴリー(トラウマ)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
心の傷・トラウマケアのこと 4
心の傷・トラウマケアのこと 3
心の傷・トラウマケアのこと 2
同じカテゴリー(トラウマ)の記事
 ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと (2020-02-03 06:00)
 トラウマ関連のことをよく知った上でのケアを実践する本を読んだのでした (2019-10-25 06:00)
 寄りそっちゃダメな話 (2019-03-15 06:00)
 眠れないのは、眠ることが恐怖だからかもしれない話 (2019-03-10 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
聞き耳立てて世界の危険を察知する
    コメント(0)