2017年06月27日

相対的貧困について考えてみたのです

 子どもの貧困として必ず話題に上るのが、

 相対的貧困。

 です。

 一般的な状況と比較すると、貧困である。

 ということ。

 フツーは、スマホを持っている。

 フツーは、高校に行っている。

 フツーは、三食食べている。

 という風に、フツー一般的にみんなができること。

 が、保護者にお金がないから、できない状態。

 制約がある状態。

 そんな状態のことを、相対的に言って貧困である。
 
 という風に考えるみたいです。

 貧困と言うと、ご飯も満足に食べられない、義務教育も受けられない、ケータイとかパソコンとかネットとかぜいたく。

 衣服はぼろぼろ、身体は汚れていて、医療が受けられないので歯もぼろぼろ。

 なんてイメージは、健康を維持するのすら難しいところの絶対的貧困となるでしょう。

 今、
 日本で問題になっているのは、絶対ではなくて相対の方です。

 つまり、
 人と比べるまでもなく困難(危険・不健康)と分かる絶対的貧困ではなく、

 人と比べたところ経済的に問題があると考えられる状態のことです。

 さて、
 このことからふと考えたのです。

 ここでもし、
 人と比べない。自分がどう受け止めるか?
 幸せを感じ取れるかどうかが大事なんだ。

 という価値基準(絶対基準と呼んでいいのかしら)で子どもの貧困を考えたらどうなるか?

 生きてるだけでありがたいよね。

 衣食住あるんだから感謝しないとね。

 こんな風になるような気がします。

 なんだか、複雑な気持ちになります。
 確かにそういう見方はあるけどさぁ・・・。みたく。


 そんなこんなで、

 フツーの人がそんなに苦労しないでできていること。

 与えられている物。

 手にしているチャンス。

 が、ものすごい苦労をしないとまたは犠牲を払わないと、

 できない。手に入らない。状態にある人たち。

 への思いやりと優しい社会は、

 他者と比べることから始まるのだなと、思い至ったのでした。
   


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)社会のこと

2017年06月24日

まともじゃない話

 友愛に満ちた自助グループでの会話は、じつはとても辛辣です。

 よく、交わされた言葉の一つに、

 私たちはまともじゃない。

 というのがあります。

 客観的にみれば、

 飲んだくれのパートナー、飲んだくれの親、

 怒鳴り合い、罵り合う家族同士、

 昼夜を分かたず繰り返される暴力。

 破られる約束。

 大事にされない関係。

 力ある者が際限なく支配的で、
 力ある者の気まぐれに振り回され、

 いつも恥をかき、悔しい思いをする家庭。

 などなど、

 異常な人間関係、環境の中にずっといて、

 それがフツーと思って暮らしていて、

 優しくされたり、気遣われたり、信頼されたり、頼み事をしたり、

 約束をちゃんと守られたり、アテになったり、

 するフツーの社会での人間関係や常識が、とてもなじみづらかったり、

 するからですね。

 まともじゃない。

 自分のことをそう自覚することが、回復の一歩なんです。

 それは、自由への一歩を意味しています。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)自助グループ

2017年06月21日

なにかあったら来て下さいという病院

 なにかあったらまた来て下さい。

 きっと世界中の病院で言われているセリフだと思います。

 今のところ治療を要するほどではないけれども、

 今後、何か変だなと不調を感じたら、遠慮なく来て下さい。

 その時の状態を見て、必要ならば治療しましょう。

 という意味でしょう。

 実はこれ、前提がスゴいんです。

 患者が、自分の心身の不調に気づく!

 その力があるというのが前提なんです。

 そして、それを病院で治す! という意思というか希望というか、

 そういう判断が下せて、

 実際に病院に行く行動力、

 そして病院で自分の具合の悪さを説明できる力、

 そんないくつもの力を患者がもっているという事、

 そして力を発揮できるという事。

 が前提になっています。

 患者力と言ってもいいかもしれません。

 患者力。
 医療って、そんな患者頼みで構築されているんだなと再確認したのでした。
  


2017年06月18日

寄り添うことと指導することの違いなど

 困難を抱える人へのサービスについて話がある時、
よく話題になるのが、

 寄り添い型または伴走型

 指導型


です。

 印象として、寄り添い型は優しく、指導型は厳しいと言うのがあるようです。

 さて、
 私聞風坊は、一貫して寄り添い型なのですが、だからといって優しく関わっているという感覚は持っていません。

 むしろ、とっても厳しい感じ。

 だって、寄り添うだけだもの。

 相手の代わりになって問題を解決してあげたり、
 相手が苦しまないように私が代わりに苦しみを引き受けたりするわけではないもの。

 相手の問題は相手が解決すること。
 相手の苦しみは相手が引き受けること。
 そんな相手に寄り添う。

 私にとって、寄り添うというのは、喩えるならば、相手の目線と同じ方向を見ると言うことです。

 同じ風景、同じ光景を見たり、

 同じ箇所(その人が気にしている点)に視線を当てたりして、

 相手と同じような感じを持ったり、考え方をしてみたりして、

 その報告を相手に返している。

 それだけのこと。

 違う風景を見るよう強く言ったり、

 視点のポイントを変えるようアドバイスしたり、

 感じや考え方を「望ましい方」に変えるよう働きかけません。

 寄り添う。

 これに近いことをやるとしたら、
 その風景の先に予想されるいいことや懸念されることを伝えたり、

 同じ箇所ばかりに視点を固定していることの影響を確認したり、

 別の考え方をしてみるとどうなるか? 試しにやってみようと誘ったりはします。

 私の印象や感想、アイデアを相手に伝えるだけ。

 それを受けて、自分のやっていることを変えるかどうか、どう変えるかは相手が決めること。

 変えるとしたらそれもOK。

 変えないとしたらそれもOK。

 寄り添う。

 ある意味、突き放している。

 相手のことを相手が取り組んでいるのに寄り添う。

 相手のことを自分のことのように扱わない。

 自分ならこうするから、

 こうした方が絶対あなたのためになると私が強く思っているから、

 あなたのためにあちこちに電話して情報を集めて、今のあなたに最善の方法を考えついたから、これ以外にあなたの選ぶ道はないから、

 と言う理由で、相手にアドバイス・指導しない。

 相手の行動を制限しない。

 寄り添う。

 相手と自分の間にしっかりと境界を持ちつつ関わる。
 ゆるがない。

 寄り添う。

 実はとっても厳しい姿勢だといつも思っています。
 
  


2017年06月15日

自分でレッテルを選べるかどうかが重要かも

 いわゆる支援機関がサービスを提供するにあたっては、

 対象者

 を設定します。

 医療だと、病気やケガの人。
 ※最近は健康な人の健康指導も予防医療としてやってますね。

 サポステや子ども若者総合相談センターなどの若者支援機関は、15歳以上40歳未満の若年層が対象。

 困窮者支援事業は、今困窮しているか、将来高い確率で困窮するであろう人。

 障害者支援は、障害者手帳を持っている人、または疾患やケガなどの診断を受けた人も多くの機関が対象にしています。

 これは、対象に当てはまる人にのみサービスを提供するということです。
 それ以外は対象外なので十分なサービスが提供できないとなります。

 これを、逆の立場から考えます。

 自分の利益のためにサービスを利用しようとするとき、

 だから私たちは、自分が対象であるかどうかということを無意識に考えます。

 そして、
 自分がサービスの対象であると判断したとき、

 それはまた、
 自分が困難を抱える者であるということを引き受けたとき、

 つまり自分は、

 病気である。

 ケガしている。
 
 困窮している。

 働くことの困難を抱えている。

 障害者である。

 疾患を持っている。

 などということを、受け入れたとき、初めて、サービスを利用しようと思い立ちます。

 もし、これらのことを受け入れなかったら、サービスを利用しようとは思いません。

 オレは病気じゃない。

 こんなケガ病院行くほどじゃない。

 困ってるけど困窮者じゃない。自分でなんとかできるもん。

 障害者じゃない。

 疾患はない。

 こんな認識だと利用しません。

 それは、自分が、そういうジャンルに割り振られたくない。
 そういうカテゴリーの人として扱われたくない。
 という思いを含んでいるでしょう。

 私たちがサービスを利用する際は、常にその対象の名前で扱われます。

 お客様。ユーザー。市民。県民。日本人。として。

 患者。障害者。病者。当事者。利用者。として。

 ひきこもり。不登校。ニート。困窮者。子ども。若者。として。

 これら私たちをジャンル分けする名前。

 カテゴリーごとのレッテル。

 で扱われることを引き受けられるか?

 支援機関利用の肝心のようです。

 自分はひきこもりである。

 そう思える人はひきこもり支援制度の恩恵にあずかれるでしょう。

 自分は、精神の病を抱えている。も然り。

 自分は、就労困難者である。も然り。

 自分が自分の利益のために、
 どのレッテルなら引き受けられるか?
 どのレッテルは引き受けたくないか?

 それを知ることは大事なようです。
   



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトですので、左下「お気に入り」の当該リンクからお進み下さい。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。