2018年11月15日

会話が続かないのは、関心があるかどうかにかかってる話

 会話が続かない。

 話しかけられたら返事はできるのだけど、その先が続かない。


 よく話題になる悩みごとです。

 対処法として、

 聞き手にまわって、相づちを打つ。

 なんてのがよく使われます。

 でも、こんなこと、悩んでいる人のほとんどはすでにもうやってます。

 こんな受身の会話に飽き足らず、もっと会話を続けたいのですね。

 そういう悩みみたいなんです。

 

 そこで問題。

 会話を続けようとするその人に関心があるだろうか?

 その話題に関心があるだろうか?

 その人が自然と話したくなるほどに。


 一般的に人は、
 その人のことをもっと知りたいと思えば質問します。

 その人に共感したい、同感したい、親密になりたいと思っているならば、
 その人と同じ感情を持つように努めます。

 その人が、その話題に関心があるならば、自分の知っていることをつい話したくなります。

 自分と同じ関心事に関心のある人に親しい感じを持てば、
 自然と言葉が出て来ます。

 どんな風にしてその関心事と付き合っているか?
 自分はこんな風にしてるけど。
 なんて。

 例えば、どんなガンダムを観ているか? ファーストかダブルオーかユニコーンか
 地上波か、ケーブルか、DVDか、ネットか、マンガか、
 自分はネットでサンボルだけど。
 みたく。

 言葉でなくとも行動します。
 「この前の話のだけど、これ持ってきたんだ」的に。
 ガンプラ持ってきたり。

 会話の技術よりも、
 その人、その話題にどれほど関心があるかがポイントなのではないかと思います。

 関心がないならば、話が弾まないのも仕方ありません。
 そんな時こそ、聞き役に徹するのもいいかもしれませんね。

 サンボルってなに? 教えてもらえない?

 わくわく関心を持って。 

  


2018年11月10日

人の絆は恐怖と愛情の二つがあるらしいと言う話

 どう考えても害にしかならない人間関係なのに、

 相手のペースに合わせて、

 相手のことが心配で、

 離れていられない場合、

 つまり、相手と離れると

 何か起きるか心配、

 きっと悪いことが起きる、

 自分がそばにいたら対処できる、

 離れていると不安でたまらない、

 なんて思いのときは、

 相手との関係は、恐怖にもとづいているかもしれません。

 相手と離れると恐怖を感じる、

 恐怖の絆です。

 もし、相手と離れていても心配なく、

 むしろしっかりしてくれているから、安心して今ここで自分の目の前の出来事に集中できる、

 チャレンジできる、

 頑張れる、

 のならば、

 それは愛情の絆でしょう。

 愛情の絆は、
 生きる力強さを与えます。

 離れる際に淋しさはあるとしても、

 たくさんの愛情・思いやりを受けた分、淋しさを胸にしながら勇気を持ってやっていけます。

 離れる際に淋しさと勇気を感じるならば、

 それは愛情の絆でしょう。

 なんてふと思いました。


参考文献
「心的外傷を受けた子どもの治療―愛着を巡って」(ビヴァリー ジェームズ 誠信書房)


過去記事


  


2018年11月05日

消えたいと願うことと身体イメージの話

 別に死にたいわけじゃないけど、

 いえいえ、
 死ぬのは怖いし、むしろ死にたくない。

 死ぬことには反対。
 
 とはいえ、

 消えたい。

 消えてもいい。

 という感覚を持つ人は、私聞風坊をはじめ少なくないと思っています。

 私に限って言うと、この願いは、

 意識は今のままでいいけど、

 存在を消したい、

 見えない存在でいたい、

 そうして、

 世界中をふわふわ自由に行き来したい、

 誰かのそばにいたい、

 気に入った場所にいたい、

 そんな感じなのです、

 この感覚についてだいぶ前から気にしていたのですが、

 少し前にふと気づきました。

 あぁ、身体が嫌いなんだと。

 自分の身体が好きでなく、

 それはきっと身体にまつわる嫌なことがたくさんあるからで、

 だから、
 身体なしで生きられたら、なんだか自由になれそうな気がするのです。

 自分の身体について、ほめられた経験がありません。

 そのためか自分の体に対する自己評価は低いです。

 正直、自分の身体を持てあましています。

 だって、
 食べないといけない、排泄しないといけない、そこかしこがかゆい、痛い、お腹の調子が悪い、歯磨きしないといけない、呼吸しないといけない、あたまの形が悪い、親から受け継いだもの・・・なんだもの。

 精神的に酷い状態のときは、不意に震える、こわばる、胸の中がゾワゾワする、頭がじんじんする、なんてことはざらでした。

 身体が思う通りにならない。
 身体が不穏で、何をやっているのか分からない。
 自分の体について、そんな思いのようです。

 ときどきは、
 自分の思いを裏切っているなんて思ってるようです。
 
 ホント、身体って扱いづらい!

 だから、
 身体に縛られている。

 そんな感覚もあります。

 だから、自由になりたい。

 消えて生きたい。

 そんな思いなんだなと思ったのでした。

 とはいえ、
 マインドフルネス瞑想などして、身体からのメッセージを受け取れるようになると、身体が何をしようとしているのかは分かるようになるし、以前よりよろしく身体とつきあえるようにはなってきました。
 
 思いを裏切る身体を嫌いつつ強引に思いに従わせようとするより、
 身体に思いを寄せるほうが無理せず楽に暮らせることを知りました。

 身体の声に耳を傾ければ、ものすごく役立つありがたいメッセージを発していることを知ったのでした。

 自分の身体への悪感覚は、育ちの悪環境のせいであって、身体が悪であったり、自分が悪であったりしたからではないことも。

 だってそもそも、
 私の身体は価値があるんです。

参考文献
『自傷行為治療ガイド 第2版』(B.W.ウォルシュ 松本俊彦監訳 金剛出版 2018)

  


2018年10月30日

子どもの相談に来た親と支援者との会話の1例

 もし、こんな会話がなされたらどうなのだろう?

 と考えたのでした。

 支援者「息子さんにどうなってほしいですか?」
 親「働いてほしい」

 支援者「なるほど、では、息子さんがそうなるために、今の息子さんは、何から始めた方がいいと思いますか?」
 親「ハロワに行く、風呂に入る、人と話す・・・朝起きること」

 支援者「外出せずに、人と話さずに、自分の力でできることと言えば、自力で朝起きることでしょうか」
 親「そうですね。時々朝起きてきますし」

 支援者「なるほど、すでにやっていると。なら、できそうですね。息子さんは、朝起きることについてどう思われてますか?」
 親「できれば朝起きたいと思っているようです。昼間図書館とか行くことありますし。他に用事もあるようですし」

 支援者「そうなのですね。ならば、朝起きることをちょっと頑張ってみるのはいいことかもしれませんね。自分がやりたいことができるようになるのだし」
 親「ええ、でも夜ゲームばかりしていて、なんべん言っても聞かないし」

 支援者「そうですか。では、息子さんが自力で朝起きるために、どんな手助けがあるとよさそうですか? そしてあなたには何ができるでしょうか?」
 親「あまりうるさく言わないで。言うと逆にゲームに熱中するようです。起きてきたときに、ご飯できてるよとか」

 支援者「息子さんが自力で起きてきたときに、ご飯できてるよって、普通に言うのでしょうか」
 親「ええ、それならよさそうです。いいんじゃないかなぁ」

 支援者「息子さんが働くために、さしあたりあなたにできそうなことは、息子さんが自力で朝起きてきたときに普通に接する。それのようですね。やってみますか」
 親「そうですね。ま、やってみます」
   
タグ :親子の会話


2018年10月25日

支援者も病んでいる話

 医療や福祉など、困難を抱える人を支援する人は、

 自分は病気や障害がないと思ってるかもしれませんが、

 もし、

 患者や利用者、支援対象者の言動を、

 なんだかんだと病気や障害と結び付けたり、

 家族や友人や職場の同僚などの雑談の中で、

 ふと表出された相手の訴えを、

 傾聴して、洞察を深めるようなフィードバックして、

 最終的にアドバイスなんかしたくなったとしたら、

 そういうあなたは病気です。

 病名は、

 職業病。

 気を付けましょう。
 職業人、特に専門職のほとんどが罹患しています。

 治療法は、
 仕事のことを頭から離すこと。
 らしいです。

 プライベートの時間を楽しみましょう。
   


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)心理・カウンセリング


【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。