スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

年の瀬のご挨拶

2021年12月27日

皆様、寒波襲来の令和3年西暦2021年の年の瀬、いかがお過ごしでしょうか。

新型コロナで緊張が強いられる毎日ですが、ワクチンや薬も開発され、少しずつどうやって行けばいいかが分かりだした今年でした。

新しい生活様式への転換は戸惑うことも多いのですが、愚痴をこぼしながらもなんとかやれるようになってきましたね。

本年も、ご来訪ありがとうございました。
思うところあって発信を控えるようにしました。
ひきこもりに関するたいがいのことは伝え尽くした感じもしています。

気まぐれに、また何か伝えたくなったら、
発信するかもしれません。
それは、この場かもしれませんが、新しい形でお伝えすることになるのかもしれません。

ご縁がありましたら、またお目にかかることもありましょう。

どうぞ皆様、ご健康でありますように。

よいお年をお迎えください。

令和3(2021)年12月27日(月)

聞風坊 
  
タグ :ご挨拶


Posted by 聞風坊 at 11:05Comments(0)社会のこと

よりよくとより悪くならないようにの違いでした。

2021年08月15日

対人支援フィールドの違い。
について考えました。

試みに、フィールドをものすごくざっくりと分けてみました。

社会参加している人向けのフィールド
と、
社会参加していないあるいは大きな困難を抱えつつ社会参加している人向けのフィールド

の2つです。

前者は、既にもう社会でよろしくやれているのだから、
これを支援するとなると、

より自分らしくなるため、より暮らしやすくするため、より便利に、より幸せに、より楽しく・・・。
なんて、その人の状態をよりよくするための支援となるでしょう。

具体的には、
より学力が上がる、より収入が上がる、今健康だけどこの先も健康でいつづけるできればより健康になる、より楽しくなる、よりやりたいことができるように、よりチャレンジする、よりきらきら充実した人生を送れるように支援する。

例えば、
学校に行っている子どもに、
より自然とふれあうために屋外活動をさせる、より世界を広く知るために留学させる、
社会構造をより知るために工場見学させる、よりコミュニーションが取れるようにスマホを与える・・・。

働いている人に、
より給料のいい転職先を案内する、より自分らしい働き方を提案する、より能力を発揮するためにコミュニケーションやリーダーシップや職業技術スキルアップ研修を実施する・・・。

とか。

一方後者の、社会参加していなかったり、とっても苦労しながら社会参加していたりの場合は、

その要因ごとに、
生活費の工面をしたり、仕事の世話をしたり、家事育児看護介護サービスが利用できるようにしたり、
病気やケガの治療を促したり、障害サポートにつないだり、
それらが実行できるための事前練習、気持ちの整理、理解促進のための説明、レクチャーを繰り返したりする。

でしょう。

そうして極端な話、今日一日生きられるように支援する。
だって次また支援できるとは限らないし。

だから、
よりよくなんて贅沢は言えない。言わない。

まずは、
よい状態に持っていくのが一番の目標となるから。

なぜなら、
標準以下の生活状態(QOL)だから。

だから、
世間一般の人の暮らしの標準に達するように支援することになる。
せめて、
今より少しでも近づくように。
そう、今より悪くならないように。

こんな風に考えてきた結果、結論めいたものにたどり着きました。
私が感じたフィールドの違いはつまり、

よりよい状態を目指す支援
と、
より悪くならないようにを目指す支援

のフィールドの違いみたい。
なのでした。

読者皆さんのなにかのお役に立てれば幸いです。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)社会のこと

一般社会のフィールドになじまないことを痛感したのでした

2021年08月09日

ここしばらくフィールドの違いを痛感するのでした。

思い返せば、アダルトチルドレンやらメンタル不全やらひきこもりやら不登校やら障害者福祉やら生活困窮者やら、社会参加に困難を抱える人たちの側にずっといる私。

当事者でありつつ支援者であり続ける私。
自分にとって当事者と支援者の領域は地続きです。

当事者体験こそ支援の役に立つと思ってるし、
人を支援するという発想は自分自身を支援するという意味合いで当事者の生きる役に立つと思ってるからです。

ゆえに、
私の感覚、ものの見方、価値観などなどは、
すべて社会参加困難側の立場から形作られています。

そんな私が最近、社会参加できてる人たちとその人たちを支援する人たちと関わるようになって、痛烈な感覚を伴ってやってきたフレーズが
「フィールドが違う!」でした。

社会のルールや常識がフツーに守れる。
朝起きて学校や仕事に行って夕方帰宅して、食事して風呂入って寝る、必要な連絡は適宜取れてなどがフツーにできて、

心揺さぶられることは色々あるけど大きく崩れることもなく基本精神的に安定してて、

今日と同じような感じで明日が来ると疑っていない暮らしぶり。

数ヶ月後も今の状態とさほど変わらず安定し、

数年後の明るい未来(子どもの健全な成長だったり、家族みんながいい状態のままのよりよい便利な暮らしになってるだったり、笑顔があったり、孤立せず仲間で集まったり)を描ける人たちと、

そんな普通人の平凡な日常がこの先の人生でも送れるようにサポートする支援。
ってのがあるんだなと衝撃を受けたのであります。

だって、自分の関わる人たちは、明日のことが明るく考えられない人たちなんだもの。

これから何が起きるか戦々恐々としていたり、どうせまた同じ痛い目に遭うさと確信めいたものを持っている人たちだったり。

そのときに体調が良ければね。と予定を立てるにしても人生に強く制約がかかっている人たちなんだもの。
自分も含めてね。

一応存在は知ってはおりました。でも別世界のことだと思っておりました。だから、ノーチェックでした。

元気で明るく、走り回っている子どもが、成長に合わせてより社会適応できるように、大人になって社会で能力を発揮出来るようにと心を込めてのサポートする人たち。

夢を叶えるために、勉強したり練習したりする子を熱心にサポートする人たち。※オリンピアンとそれを支える人たちのように。

自分に合った職を見つけるために、相談し、訓練し、求人先を探す人たちを対人支援の腕によりをかけて熱意を持ってサポートする人たち。

自分とは違う感覚、ものの見方、価値観で生きている人たち。
その人たち同士のサポート。その人たちの中での支援される人と支援する人。

私とはフィールドが違う。

そしてきっと、その人たちも
私のフィールドに身を置けば同じ感覚を味わうと思う。

子どもは元気に走り回るもの。だから、どうケガなく元気に走り回らせるか? をわくわく考える支援者は、一言も発せずうつむいたまま固まった子どもに大きく戸惑うのだろう。

就労困難な人でも受け入れてくれる企業を熱心に開拓し、そこで働けるように面接練習やらちょっとした作業の練習のプランを立てる熱意ある支援者は、

連絡も無く予約をすっぽかす相手に怒りやら落胆やら複雑な気持ちを抱くんだろう。

それが、メンタル不全による過緊張(ほぼパニック発作)のせいだと気づくことは期待できないかな。

固まったままでいい、その状態でなにかできることを探してなにかをして成果を喜ぶ。
そういう小さな変化にやりがいを感じる支援者は、そんな繊細な配慮がいらない現場にとても戸惑うと思う。

私に何をしろというの?
この子、この人たちに何が必要だというの?
もう十分すぎるほど社会(他人の中で)でやれてるじゃん!

って。

自分のフィールドを確認しておくことは、
そして相手のフィールドを理解しておくことは、
大事だなと思うオリンピック閉会翌日なのでした。

※ここ数ヶ月作文する元気がなくて久しぶりのアウトプットは、ちょうどブログ開設11年目の8月でした。