家族のことばかり考えている人は自分のことは後まわしの話

2020年03月29日

ケアラーというのは、ケアする人のことで、
ケアが必要な家族がいる場合、そのお世話をする人がこう呼ばれることがあります。

特に、親が病気やケガなどでケアが必要な場合、子どもがケアラーになります。

子どもは本来はケアを受ける立場なのですが、ままならないのですね。

回りの大人は、よくできた子ども、偉い子、賢い子、立派な子として、
子どもをケアする人としてつい見てしまいがち。

そのため、
あなたのことで何か私が力になれることはない?
とは、誰も尋ねない。
ケアが必要な人だと思わないから。
ってことはよく起こりそう。

そんなこんなだから、
子どももそんなもんだという認識になり、
気がつくと、自分の問題を横に置いてしまうことも少なくないようです。

そんなヤングケアラーは、
自分のことを誰かに相談するって発想は持たないかもしれません。

誰にも相談しない。

困っているのは、
手助けが必要なのは、

自分じゃなくて親・家族だし、
私よりも。

私はナントカできてるから。

そんな思いで。

でも、実際は、
抱えきれない難題を抱え、
背負わなくてもいい責任を負って、
重圧の中で暮らしている。
誰にも相談しないで。
助けを求めることを知らないままに。

相談していいんだよ。
あなたのことを誰かに。
そういうメッセージ(許可)が必要な人は多いようです。

ヤングケアラーの話でした。
  


聞こえないと発言しなくなるかもしれない話

2020年03月25日

聞こえの困難についての話です。

人が人の輪に入っていくのは、

その輪で話されている話題が分かっているとき、
例えば、自分の好きな芸能人の話題で盛り上がっているのが聞こえてきたとき、

あるいは、
入ってみて、すぐに話の内容が分かって、輪の中に溶け込めそうな予想がつくとき。

でしょうか。

いずれも、
人の輪で何が行われているかを聞き取れた(る)ときです。

聞けたから、話ができる。
話す気になる。

からかもしれません。

もし、
ちゃんと聞き取れなかったとしたら?

輪の中に入っていく気になるでしょうか?

周りが何を話しているか聞き取れないとき、
参加する気持ちは萎えます。

的外れなこと言って、みんなに迷惑かけるかもしれないしと、
発言を控えます。

都合、引っ込み思案になります。
じっと黙っていると怒っていると勘違いされそうなので、笑顔は絶やさないかもしれませんが。

その実、何が話されているのかはよく聞き取れていません。

聞こえの困難は、発話・参加の困難につながるように思えます。

もし、引っ込み思案、話し下手、声が小さいなどの発する困難を抱えているとしたら、
発する努力をするだけでなく、

聞こえの困難にも思いを寄せる必要があるかもしれません。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)心理・カウンセリング

読む聞く想像する力についての本を2冊読んだのでした。

2020年03月21日

ケーキの切れない非行少年たち (宮口幸治著 新潮社 2019)
https://www.shinchosha.co.jp/book/610820/
※出版社新潮社さんのサイトです。

を読んだのでした。

非行少年を例にして、社会で暮らしていくことがうまくできない理由、
他人の中でやっていくのにとても苦労する理由、
を、
読む力、聞く力、想像する力の視点から解説しています。

コグトレという3つの能力を高める練習プログラムも開発されています。
http://www.cog-tr.net/
コグトレ研究会のサイト

私聞風坊も試しにやってみたら、聞く力が弱いことに気づいたのでした。
音は聞き取れるのですが、何を言っているのかの理解が難しいタイプ。
そういえば子どもの頃、人の話がよく分かりませんでした。
復唱はできても、どうしたらいいか行動に移せない。

身動きできず固まることもしばしば。

聞こえに問題があった。
このことから別の情報を仕入れました。

APD(Auditory Processing Disorder)・聴覚情報処理障害です。

APDの理解と支援(小渕千絵・原島恒夫編著 学苑社 2016)
https://www.gakuensha.co.jp/40785.html
※出版社学苑社さんのサイトです。
聴覚自体には問題はないのに、聞き取りに困難を覚えるのですね。
騒音の中では会話しづらいとか、聞こえているのに内容が分からないとか。

いろいろ困難の形はあるのだなと思ったのでした。

ちなみにどうすればいいかは、
練習での機能アップと他の能力の助けを借りるのが基本みたいです。

私は、集中するために目をつぶって聞いたり、
図解したり、実際に動作をやってみたりしてます。


  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)本の紹介