2018年12月10日

小学校に上がってひったまがった話

 最近昔のことをよく思い出します。

 個人的な話です。

 ほぼ不登校だった幼児教育を無事に卒業して、

 小学校に入学して、最初の授業でひったまがったのでした。
             ※共通語訳:とっても驚いた!

 先生がみんなに向けて呼びかけるのです。

 「みんな、わかりましたか~?」

 間髪を入れずみんなが応答します。

 「はーい、わかりましたー!」

 競うがごとくに皆おらびます。
      ※共通語訳:叫びます

 私はきょとん。

 なんだ? (このやり取りは?) 

 そういえば、

 「わかった人~?」

 と先生が言うと、みんな我先に手を挙げてた。

 手を挙げてと言われてないのに? なぜなんだ?

 で、手を上げない私と目が合う先生。

 「わかった?」

 訊いてくる。

 「はい」

 きちんと返事する私。

 そして手は上げない。

 みんなはまだ手を挙げている。

 なぜなんだ?

 わかったら自分が喜べばいい。

 別に言わなくても。手を上げなくても。おらばんでも。
               ※共通語訳:叫ばなくても

 当時そんな思いでいました。
 ※実は今でもそう。

 主張しない。

 そんな生き方の始まりだったようです。

 とはいえ、このルール。誰が教えたのでしょう?

 蛇足:その後は、答えがわかったら、一応手を挙げるようにしてました。空気を読んで。  
タグ :社会性


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)過去の出来事

2018年12月05日

許される範囲でのびのびやっていた話

 今回も個人的な話です。

 いま改めて考えると、これまでいろいろ自分なりに考えてやってきたのですが、

 それらはすべて、許される範囲をまず考えて、現実的にこれくらいなら大丈夫だろう。

 邪魔されないだろう。

 という範囲の中で、

 その中の選択肢から、

 最善を選んだのでした。

 高校進学も。

 大学進学も。

 関心のある勉強も。

 遊びも。

 友だち付き合いの深さも。

 親が許容できるだろう範囲・種別。

 親が邪魔しない範囲・時間数。

 親がうらやましがらない。

 口をさしはさまない程度。

 それでいて、
 邪魔が入ればすぐに今取り組んでいることを中止する。

 という条件付きで。

 緊張感あふれる学びであり遊びであり半生でした。

 もし、許容できないことをしたら、

 親がどうなるか分からない。

 そんな恐怖に裏付けられた精いっぱいの自己主張した生き方でした。

 若いんだから自由だ。

 選択肢はたくさんある。

 自分の人生は自分で選べるんだ。選んでいいんだ。

 絵空事でした。私にとって。

  


2018年11月30日

子どものころ、精神的な問題が出ていた話

 個人的な話です。

 子どものころ、

 1日中毎日数か月~数年かも。

 鼻を鳴らしたり、
 片方だけまばたきを繰り返したり、
 咳払いしたり、
 首をひねったり、

 してました。

 また、空想の世界によく浸っていました。

 しょっちゅう、
 周囲の音や、会話の相手の話し声や、自分の声が、
 甲高く、早回しで聞こえていました。
 
 いやな体験を思い出しては、落ち込んでいました。

 夜は、
 寝付くのが怖くて、
 死んだ後のことばかり考えて、
 悪い夢ばかり見てました。


 上から順に、
 チック、解離・離人、フラッシュバック、睡眠障害、

 などの精神症状の可能性があります。

 人の話がよく理解できず、
 相手がイラついたり、

 言われたことを理解したとして、いざ行動しようとすると
 気持ちと体のつながりが外れて、
 身体が動かなくなったりすることも
 割とよくありました。
 
 言葉を介してのコミュニケーションに難があったのでしょう。
 挙句それでパニクッていたのでした。

 そんな状態にもかかわらず、誰も手助けしてくれませんでした。

 ヘンな子。

 で片付けられていたのでしょう。

 ヘンな子の扱いは誰も知らなかったのでしょう。

 40年ほど前の話です。

 
  
タグ :ヘンな子


2018年11月25日

ひきこもりは平成をどう受け止めていたか?

 平成最後の年と言うことで、そこかしこで「平成」を振り返る企画が行われています。

 ご多分に漏れず、ひきこもりについてもこの企画があり、チョビッと関わったのでその作業を通して感じたことを記します。

 平成とは、西暦1989年の1月に始まりました。

 直前に自粛ブームがあり、当時学生だった私は学祭が催されないのじゃないかと学校側に問い合わせたものでした。

 まだバブル景気は続いており、竹藪から1億円が出てきたり、24時間戦えるか? という風に長時間労働がもてはやされたり、バイトの方が正社員より収入がよかったためにフリーターという働き方がはやったり、消費税が導入されたり、ベイブリッジが開通したり、ジュリアナ東京が盛り上がったり、東京新都庁が開庁したり、元気で活動的な話がいっぱいでした。

 一方で、少年少女が関係する残虐な事件が次々にニュースに出て来るようになりました。

 海外では、民主化運動を戦車で押しとどめたシーンで有名な天安門事件が起き、中東で起きた湾岸戦争に自衛隊が派遣されました。

 やがて、バブル景気が崩壊し、不良債権が重くのしかかった日本経済は下降の一途をたどります。

 失われた20年の始まりです。※30年という人もいるとか

 それは就職氷河期の始まりを意味します。
 バブルの頃は、新卒予定の学生が会社説明会に応募した会社から毎月接待してもらってたほど売り手市場だったので、本当に雲泥の差です。

 ロイヤルウェディングのような明るい話題もありました。

 女性の社会進出にともない政界も激変し、日本の政治が大きく変わり出したころ、

 冷夏・飢饉で米がなくなり、外国から米を輸入する事態も起こりました。
 私もタイ米の炊き方に苦労した覚えがあります。

 サッカー日本代表がドーハの悲劇を経験した頃、
 イジメで命を落とす少年少女が連日ニュースで取り上げられました。

 この頃宮崎はシーガイアが営業を始めました。

 阪神淡路大震災が起こり、オウムはテロを起こし、PCはWindows95が発売され、ちびTやポケベルがブーになった頃、
 女子高生ブームが起こり、その裏には、子どもで金を稼ぐ大人がいました。

 そのうち、
 薬害エイズ問題が明らかになり、O-157が広まり、
 金融破綻、金融業界再編となり、自分の財産を安心して預けるところがなくなる不安が日本全土を覆いました。

 日本がサッカーワールドカップに初出場したり、長野で冬季オリンピックがあったりと、にぎやかな反面、
 
 ストーカー犯罪が目立つようになり、
 食品事故や事件、医療ミスが連日報道され、
 コンピューターが使えなくなるというY2K問題が世界中をざわめかせ、
 少年が関わる残虐犯罪のニュースは増え続けるばかりでした。
 自殺者が年間3万人を超えだしたのもこの頃です。

 2001年には、アメリカの潜水艦が日本の高校の船に衝突する事故が起きました。
 同じ年、アルカイダによるアメリカでの航空機テロが起きました。

 日本では、犯罪により弱い立場の人が被害に遭う事件が多発しました。

 また、
 重症呼吸器症やノロウィルスや人や鳥のインフルエンザなどの感染症が流行し、パニックとなりました。

 この時、こもっているのならば感染リスクが低いので、外に出ないようにしようと思ったのを覚えています。

 サッカーワールドカップ日韓共催、北朝鮮拉致被害者帰国など喜ばしい出来事もある反面、

 この頃から、雇用・就労の問題が重大事項となりました。
 若者が引き起こした重大事件も雇用の問題の影響が大きくありました。
 派遣社員は、一方的にくびきりに遭い、住む場所すら失う事態となりました。
 宮崎では、バブルの負の遺産であるシーガイアが倒産しました。
 台風により浄水場が被害を受け、断水生活が続いたこともあります。

 しばらくすると、
 東日本全域を大地震が襲います。

 宮崎では、直前に口蹄疫が起こり多くの人が悲嘆に暮れましたが、続けて鳥インフルエンザと新燃岳の噴火が起きました。
 立て続けに災難が降りかかってきたのでした。
 その後も、緊張は続いています。

 最近では、熊本や大分で大地震が起き、その影響を受けました。

 さて、こうして、
 社会で何が話題になっていたかという視点で、ほんとに大ざっぱに平成の30年を振り返ってみましたら、

 おおよそどんな気持ちで過ごしてきたかが分かってきました。

 不信と不安です。

 偽装や虚偽記載、不祥事など、嘘がまかり通っていた社会が明らかになりました。
 誰も(会社も国も医師も銀行も教師も)何も信用できない思いです。

 感染症や自然災害の頻発は、誰しもがいつ何時受傷するか分からない時代であることを痛感しました。
 逃げ場がない気持ちです。

 感染は逃れたとしても、健康不安をあおるネタばかりのテレビや雑誌などのマスメディア。
 関節はすり減り、生活習慣病が忍びより、がんになる率も上がっている。
 そのままの生活をしているだけでもじょじょに健康が蝕まれている感じになってきます。

 国内国外では、犯罪や戦争ばかり。
 世の中全体が常に危険であると思えます。

 全般的に安全が脅かされた30年のようでした。

 地平らに天成る。
 が由来の平成ですが、元号に込められたその願いは残念ながら叶わなかったようです。

 こもる世界の住人は、
 こんな物騒な世界で暮らしていく自信はありません。

 こう考えると、
 平成というのは、こもらない理由が見つかりづらい時代だったようです。

 ところがそれは平成では、
 全部自己責任として片付けられます。

 社会でやっていく理由を見つけることができなかったり、
 社会でやっていく力がないのは自分の努力不足。

 社会でやっていかないと決めた責任はその人にある。
 だから社会には責任がない。

 何かやる気になったらサポートはする。
 やる気がないならなにもサポートしない。

 それが社会の基本姿勢であった平成の30年。

 ざっと振り返ってみても、
 これほどまでに多くの困難が起きた平成は、個人に思いを向ける余裕が不足していたようです。
 国や世間は自分たちが生き残ることだけで手一杯。
 国や世間の活動から距離を置いて生きている人たちまで思いをやる余裕はない。

 個人や、個人の集合である社会全体が、
 不信で不安で、
 心と身の安全が脅かされていた。

 そんな時代だったのかもしれません。

 来年2019年の春。平成は終わりを迎えます。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる社会のこと

2018年11月20日

親子関係が責任のきずなで成り立っている話

 親子の絆という言葉があります。

 およそ、
 愛情にもとづいた親密な関係。を意味しています。

 一方で、
 虐待を受けた子どもは、恐怖の絆で親と結ばれている。という指摘があります。

 怖いから離れられない。そういう親子関係です。

 さて、
 親子関係について、最近ふと思いついたことがあります。

 責任で結びついている関係があるんじゃないかと。

 うちの子を何とか一人前にしないとならない! そんな親の責任。

 ご飯を食べさせ、風呂に入れ、うちの子の健康を保たねばならない! そんな親の責任。

 一方の子どもの責任は、
 子どもとしての責任を果たすこと。食事をし、眠り、お手伝いをし、学校に行き、総じて親の言うことを聞く。
 そんな責任。

 日ごろから、親の相手をし、愚痴や相談に乗り、親の問題の解決を手伝い、

 親が病気になれば、
 看病し、

 老後の世話を焼き、

 親が心地よく暮らせるように、
 最低でも心地悪さがなくなるように、
 親の世話を焼く。

 親の心の平安への責任があるから、悪さはしない、けがや病気や悩み事で心配かけない、だから相談しない。
 自分で解決する。できなければあきらめる。

 進学も勉強も遊びもほどほどに。自分が担う責任ある役目の邪魔にならないほどに。

 親が不安にならないようにいつも親の目の届くところにいて、
 それは、
 自分が不安にならないように何か起きたらすぐ対処できるようにという意味もあって、

 だから、
 常に待機しておく。
 親の安心のために。
 自分の安心のために。

 だから、仕事は早く片付ける。
 食事も遊びも勉強も何でもかんでも。

 そうして次の何かのために待機する。

 それが子どもの責任。

 親も子も、相手に対する責任ばかりで関係を築いている。

 都合、相手と関わることがまるで仕事のようにストレスになる。
 相手が重荷になる。

 それでも切れない親子の絆。

 責任の絆。

 子どもへの責任。
 こもる人の親と話をしているといつも感じることです。
 子への愛情よりも。

 食べさせにゃいかん、学校行かさないかん、親じゃかい。
 私聞風坊はよく言われました。
 しょうがないから親をやってる。
 そんな感じを受けました。

 迷惑をかけてる自分。
 消えたほうがいいはず。
 うっすらと思っていたようです。

 ならば、
 立派に役目を果たそう。

 中年大人になった今、
 より強く感じます。
 親の面倒を見る責任。

 私たちはお互いに、
 親子という役割を担い、
 その責任を果たすことでつながっていた親子だったようです。
   




【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。