2019年04月20日

支援者にかみついた話 その4

 普段はわりかし温厚なのだけども、どうにも辛抱たまらんときは、かみつく聞風坊の、

 支援者にかみついた歴史の最後です。

 会議の場で支援者にかみついたことが幾度もあります。

 たいがい、こもる本人たちの都合を無視して、自分たちの都合でだけ話を進めているにもかかわらず、

 本人たちに寄り添っている勘違いを平気でやっている勘違い支援者の会議の場。
 
 の時です。

 なかでも、
 自己肯定感が低く、人見知りが激しく、だからとっても世話が焼ける。

 まるで大きな子どもみたいな当事者たち。

 を、傷つけないように傷つかないように、

 自己肯定感が高まるように、寄り添うのだから、

 自分たちは、大きな心で、大きな大人として、寄り添い、導き、温かい目で見守る。

 優しい親のように。

 という姿勢が、私の逆鱗に触れたことがありました。

 なんて偽善でしょう!

 裏を返せば、自分たちは正しく、自分たちは力強く、自分たちはよく社会適応できており、

 あの子たちは、間違っているわけじゃないけど自分たちみたく正しいわけじゃなく、

 力不足能力不足で、うまく社会でやっていけない、

 未熟者。能力の低い者。愚かな者。
 自分たちより下の者。
 みたいな腹の内を感じ取ったからです。

 さて、
 ひきこもり支援のモデル解説の際、
 必ず出てくるステップアップの図があります。
 
 階段状で細かいステップを丁寧に踏んで自立に至るモデルなのですが、

 その一番下に置かれているのがこもる人なんです。

 そして、
 一番上にいるのが支援者などの社会人。
 時に通学している児童生徒学生(=不登校じゃない児童生徒学生)

 まさに、
 上から目線の支援の傲慢さが一目瞭然な図なんです。

 自分たちは上位にいて、ノブレスオブリージ的に下位の者に心を配る。

 このうわべの優しさにムカついたのでした。

 対等平等でも支援はできます。

 むしろそうでなければひきこもり支援は成り立ちません。

 だから、
 偽善な傲慢な支援については、これからもかみついていくでしょう。

 この項、終わり。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる不登校

2019年04月15日

支援者にかみついた歴史 その3

 支援者や支援法にかみついた歴史の3です。

 今回は、自己○○感などの自己評価が低いことについての支援者の姿勢についてです。

 一番有名なのは自己肯定感でしょうか。

 自己有用感、自己効力感
 というのもあります。

 関連で、
 自尊感情
 自己評価
 自信

 があります。

 自分をOKだと思う。
 自分を認めている。
 自分を受け入れている。

 などの指標として使われてるようですが、

 この指標の使い方にかみついたのです。

 これらが低いからいろいろ問題行動してる。
 これらが低いためにあんなことになった、こんな風になった。
 だからこうやって高める。
 という使い方にです。

 例えば、
 自己肯定感が低いことが不登校の原因なので、
 自己肯定感をあげれば不登校は解決する。
 ゆえに、自己肯定感を高めるために、ほめる。

 あるいは、
 自信がないことが社会参加を邪魔しているので、
 自信が付けが社会に参加する。
 ゆえに、自信をつけるために、得意なものを発表しよう。
 そしてみんなから褒められよう。

 それで肯定感や自信がつく人はそれでいいんです。

 問題は、
 こもっている人のほとんどは、それぐらいじゃ効果がないこと。
 逆に、
 自分のできなさ加減を味わってしまうかもしれないこと。
 なんです。

 褒めるなどのプラスの評価を受けて、
 それで肯定感とかが溜まっていけばいいのですが、

 溜まっていかない人がいるのです。
 こもる人の多くに。

 まるで、
 底が割れている感じ。
 褒めても褒めてもOKな感じが増えていかない。
 
 そうならないのは、褒めが足りないからと、今以上に褒める。
 もはや、子ども扱い。
 上手に絵が描けたね~。

 それでまた自尊感情が削られる。

 そんなことに陥ってる懸念を持っています。

 自己○○感などの自己評価が不足しているとして、それを高めるために躍起になる支援者。
 それを一番のターゲットにしている支援者。

 にかみついていた。
 今もかみついている。
 のでした。

 この項続く。次回は「リアルに支援者にかみついた話」
  
タグ :肯定感


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる不登校

2019年04月10日

支援者にかみついた歴史 その2

 聞風坊が支援法にかみついた歴史を記すシリーズの2です。

 今回は「待て」

 不登校界でよく言われていました。今でもそうなのかしら。

 焦らず待て。

 今は待て。

 学校に行くのを待て。

 社会に出るのを待て。

 やんや言わずに待て。
 
 本人が動き出すまで待て。

 とにかく待て。

 いつまでも待て。

 やっぱり待て。

 何があっても待て。

 20年近く前、
 私が不登校界に触れたときは、そんな雰囲気すらありました。

 でも私は知っています。
 いつまで待っても変わらない事態があることを。

 8050問題みたく。

 親が80歳になって、健康を害していて、本人も50歳になって同じく健康良好じゃないであろうに。
 それでも待て。

 そんなのありえません。

 「待て」
 を薦めた偉い先生方は、
 自分たちが「待て」を勧めた結果責任をとるのでしょうか?

 いいえとりません。
 だってとれませんもの。

 偉い先生方の言葉に従い、
 待ちつづけたのは家族や本人だからです。

 行動に責任が伴うの理屈で、
 待ち続けた責任は、家族と本人にあります。
 偉い先生方には責任なし関係なしとなってしまうからです。
 
 別に強要したわけじゃないし、選択したのは自己責任だし。
 家族が待つって言うんだし。本人も待ってと言ってるし。
 そんな言い草すらも聞こえてきそう。

 偉い先生方や、支援者のアドバイスを真に受けた
 しわ寄せはいつも従順な家族・本人が引き受けます。

 そんな偉い先生方や支援者の無責任な姿勢にかみつきました。
 基本的に文章で。
 時に、「いつまで待ちます?」と質問する形で。

この項続く。次回は「自己○○感」
  
タグ :待て


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる不登校

2019年04月05日

聞風坊が支援者にかみついた歴史の話

 ひきこもり支援関連で、

 それはおかしい!

 と思うと、率直に文句を言う聞風坊です。

 もちろん、こうしてほしいという要望も添えて。

 基本文章で。
 時にその場で口頭で。

 その歴史を少しばかり記します。

 「当事者」に文句を言う

 こもって、よし! にも書いたと思いますが、「当事者」という呼び名がどうにも気に入りませんでした。

 「当事者」」は、
 「家族」「親」「兄弟姉妹」「親戚」「学校の先生」「医師」「支援者」「近所の人」

 のように、「その人」の立場を明確にするものとして使われる言葉ですが、

 これを、親・家族が平気で使うことにものすごく怒りを覚えたのです。

 自分の息子、娘、兄弟姉妹を、「当事者」と呼ぶときの、

 冷たく突き放したあの感じ。

 愛情のかけらも感じられない。

 思いやりの片鱗すら見えない。

 私は「当事者」ではない。
 息子や娘や兄弟姉妹の問題とは関係ない。
 悪いのは息子や娘や兄弟姉妹だからだ。

 私たちは「当事者」ではない。
 関係ない。
 
 親・家族・支援者と関わるときに、そんな印象をたくさんたくさん持ちました。

 思いました。
 この言葉には愛がない。

 だから、かみつきました。

 日本語には「その人」を指す別の言葉があります。

 「本人」または「当人」などなど。

 私は「本人」を主張しました。

 その人は当事者ですか? えぇ、当事者です。

 その人は本人ですか? えぇ、本人です。

 言い換えても全く問題ありません。実証済みです。

 現在、
 ひきこもり界では、「当事者」という呼称は減ってきたようです。
 少なくともこの表現に問題があることを知っている人が増えたようです。
 
 この項続く。次回は「待て」  
タグ :当事者


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(2)ひきこもる

2019年03月30日

当事者活動で本名を伏せる話

 自助グループの多くがそうであるように、

 私も当事者活動・自助活動する場合は、本名を伏せてペンネームの聞風坊でやっています。

 自助グループが実名でなくアノニマスネームとよばれるニックネームで活動するのは、

 名にまつわるしがらみ、責任、思い、重さ、から自由になって、

 素の自分と向き合うために。

 という意味があります。

 そしてまた、

 実名というプライベートな情報を口にすることの影響に配慮してです。

 こん人は、あん会社の社長さんげな。そこの偉い社長さんがこんげなこつになっちょるげな。
 共通語訳:この人は、あの会社の社長さんなんだ。そんな偉い人がこんなことをやっているとは驚きだ。あの会社は大丈夫だろうか。

 こん人ん親は、人に対してはいっちょ前のことばっかいいっちょるけど、我が子んこつはなんもしちょらんが。
 共通語訳:この人の親は、人様に対してはたいそう立派ななことを言っているが、それに比べて自分の子どものことはまったくなにも心配りしていない。

 と、つい誰かの話、何かの話になってしまって、

 自助グループの本質である
 自分と向き合い、自分の課題に取り組むという作業が滞ってしますからです。

 下手をすると噂話が世間に広まってしまう。

 だから、匿名。アノニマスネーム。

 私聞風坊がこもったいきさつから親子関係は切り離せません。
 私は私の課題に取り組むために、親との関係をいいも悪いも振り返る必要があります。

 その成果が誰かの役に立つのであれば、経験をお話します。
 そんな思いで本を書いたり、ブログを書いたり、講演したりしています。

 そしてそれによって、親や親族、これまで関わった人たちへの悪い影響が及ばないように。

 あんたんげー息子さんな、ひきこもりやったげな。あんたたちんせいでこうなったっち言いよったよ。
 共通語訳:あなたのうちの息子さんは、ひきこもりだったんだって。あなたたちのせいでひきこもりになったって言ってましたよ。

 ○○さんちの息子さんな、ひきこもりげな。昔っかい、なんか変じゃったもんね。やっぱいじゃ。あん人たちならじゃわ。
 共通語訳:○○さんちの息子さんは、ひきこもりだって。そういえば昔から、何か変な感じがしてたよね。やっぱりだ。あの親たちなら分かるな。

 なんて言われないように。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(2)自助グループ


【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。