2019年03月15日

寄りそっちゃダメな話

 一般的に、
 誰かを支援する際には、相手に寄りそうことが大事とされています。

 だから、
 支援職は、まず寄りそいます。

 そして、寄りそいます。

 なにがあっても、寄りそいます。

 やっぱり、寄りそいます。

 いつでも、寄りそいます。

 どうしても、寄りそいます。

 それしかやっちゃいけないかのように、

 寄りそいます。

 寄りそわねばならない!

 という呪いをかけられているように。

 否定もせず、肯定して、受容して、傷つけないように、厳しいこと言わないように、

 ほんとは病気なんだけど、その事を言わないように。
 
 ほんとは学力が足りないのだけど、それを言わないように。

 ほんとはそっちの方向だとうまくいかないんだけど、それは言わないように。

 相手の気持ちに寄りそいます。

 そして、状況に変化が起きない。ずっと、今のまま。何年も一緒。

 なんてことは割とありがち。

 こんな風になること、
 特に、ひきこもりや不登校系の支援場面では多い感じがしています。

 それゆえ、
 今ここで、相手の気持ちや行動に共感し、支持し、応援することが、

 人から助力が受けられる可能性を閉ざすことに、
 協力することにならないか?

 結果的に、
 支援者である自分の寄りそいが、
 心や身体の健康を害することに協力することにならないか?

 と、
 寄りそい・共感を批判的に考え直してみることは重要に思えます。

 例えば、
 ひきこもることで、安全を確保し、自分の心や身体を守っている場合、
 数十年これをやっているとデメリットの方が上回るようになります。

 動かないと身体は働きが悪くなります。
 また、
 社会と関わらなないと孤立により他者からの手助けも得られなくなるからです。
 ※自分がここにいる事を知っている人がとても少なくなる。

 それは、心と身体の健康を害することにつながります。

 だから、
 こんな状態になっている時、そうなりそうな予測ができるとき、
 ありきたりに共感、受容しちゃダメなんです。

 もし、ありきたりに共感受容すると、
 相手は、今のままでイイんだ、今のやり方しかないんだと思っちゃうことになりがちだからです。

 だから、
 支援する人の責任として、

 今後のリスクなり、予想されるデメリットなり、

 今のやり方以外の方法なり、

 を伝える必要はあると思っています。
 ※説明責任なんていわれてます。

 それは、
 相手が自分を否定されたと思うリスクをはらんでいます。

 それでも、伝えねばならないと思っています。

 それが、責務だからです。 
 ※支援職としておまんまくってる人は特にそうですね。

 傷つけないように、傷つかないように、当たらず障らずで、

 相手の自己回復をひたすら待つ。

 という関わり方は、この責務を果たしてないかもしれません。

 回復する力が弱っている相手には、
 こちら(支援する人)の助力が強く要されるというのは事の道理。

 だからとりわけ、
 支援職は、腰の抜けた寄りそいじゃなくて、

 腰のすわった、リスクを引き受けた寄りそい方が求められているように思えます。

 相手の困難の度合いが強ければ強いほど。

 支援する人には、心の強さ・タフネスが必要なようです。

   


2019年02月28日

親が変われば子が変わる話

ふと、こんな風に思ったのでした。

親が変われば子は変わる。
言い習わしだ。

親が変われば必ず子は変わる。
という人もいる。

きっとそうだろう。

ところが、
親は変わらない。

だからといって、
親が変わらないから子は変わらない。
親が変わらないから自分は変われない。
ということではなかろうに。

親が変わらなくても自分は変わるよ。
親は変わらないなら自分が変わる。
というチョイスは子どもの手の内にある。  
タグ :変化境界


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)アダルトチルドレン

2019年02月20日

瞑想すらできなかった話

 現在、トラウマケアから健康な人のストレスケアまで幅広く活用されている瞑想です。

 一般的に、目を閉じて行われます。

 が、この目を閉じる行為ができなかったんです私。

 瞑想では、
 気持ちを落ち着かせるために目を閉じるのですが、

 つまり、
 目からの情報を遮断するのですが。

 目からの情報がなくなるととても緊張が高まるのです。

 目から情報が来ない分、耳をすましてしまいます。

 身体全体で情報を補足しようと全身を緊張させます。

 結果的に、気持ちが高ぶります。
 リラックスしない。

 つまり、
 目をつぶる意図が台無し。

 ちなみに、
 夜、寝つきが悪いのもこのからくり。

 目を閉じると緊張する。
 こんな身体の状態なので、

 身体が感じる緊張・不安と付き合いながら、

 緊張をほぐしていく必要がありました。

 目を開いたままで、瞑想呼吸をする。

 それも数分はできないので、

 2~3回やる。

 2~3回分、緊張がほぐれたことを実感する。

 次は1~2回、回数を増やす。

 その次は、数十秒リラックスした時間を味わう。

 その次は、上がった肩、偏った姿勢など、気づいたところからこわばっている筋肉を緩める。

 そんな感じで自分にできる範囲で、緊張をほぐし、

 リラックスを味わい、

 そうして、

 そうして、

 そうして、

 やっと最近、フツーに目を閉じることができるようになりました。

 いたずらに緊張しなくて済む機会が増えました。

 フツーの人ってきっと、こんな状態が多いのだろうな、一日のうちに。

 なんて思います。

 そんなこんなで、やっと瞑想ができるようになってきたというお話でした。

  
タグ :瞑想瞑目


2018年11月20日

親子関係が責任のきずなで成り立っている話

 親子の絆という言葉があります。

 およそ、
 愛情にもとづいた親密な関係。を意味しています。

 一方で、
 虐待を受けた子どもは、恐怖の絆で親と結ばれている。という指摘があります。

 怖いから離れられない。そういう親子関係です。

 さて、
 親子関係について、最近ふと思いついたことがあります。

 責任で結びついている関係があるんじゃないかと。

 うちの子を何とか一人前にしないとならない! そんな親の責任。

 ご飯を食べさせ、風呂に入れ、うちの子の健康を保たねばならない! そんな親の責任。

 一方の子どもの責任は、
 子どもとしての責任を果たすこと。食事をし、眠り、お手伝いをし、学校に行き、総じて親の言うことを聞く。
 そんな責任。

 日ごろから、親の相手をし、愚痴や相談に乗り、親の問題の解決を手伝い、

 親が病気になれば、
 看病し、

 老後の世話を焼き、

 親が心地よく暮らせるように、
 最低でも心地悪さがなくなるように、
 親の世話を焼く。

 親の心の平安への責任があるから、悪さはしない、けがや病気や悩み事で心配かけない、だから相談しない。
 自分で解決する。できなければあきらめる。

 進学も勉強も遊びもほどほどに。自分が担う責任ある役目の邪魔にならないほどに。

 親が不安にならないようにいつも親の目の届くところにいて、
 それは、
 自分が不安にならないように何か起きたらすぐ対処できるようにという意味もあって、

 だから、
 常に待機しておく。
 親の安心のために。
 自分の安心のために。

 だから、仕事は早く片付ける。
 食事も遊びも勉強も何でもかんでも。

 そうして次の何かのために待機する。

 それが子どもの責任。

 親も子も、相手に対する責任ばかりで関係を築いている。

 都合、相手と関わることがまるで仕事のようにストレスになる。
 相手が重荷になる。

 それでも切れない親子の絆。

 責任の絆。

 子どもへの責任。
 こもる人の親と話をしているといつも感じることです。
 子への愛情よりも。

 食べさせにゃいかん、学校行かさないかん、親じゃかい。
 私聞風坊はよく言われました。
 しょうがないから親をやってる。
 そんな感じを受けました。

 迷惑をかけてる自分。
 消えたほうがいいはず。
 うっすらと思っていたようです。

 ならば、
 立派に役目を果たそう。

 中年大人になった今、
 より強く感じます。
 親の面倒を見る責任。

 私たちはお互いに、
 親子という役割を担い、
 その責任を果たすことでつながっていた親子だったようです。
   


2018年11月05日

消えたいと願うことと身体イメージの話

 別に死にたいわけじゃないけど、

 いえいえ、
 死ぬのは怖いし、むしろ死にたくない。

 死ぬことには反対。
 
 とはいえ、

 消えたい。

 消えてもいい。

 という感覚を持つ人は、私聞風坊をはじめ少なくないと思っています。

 私に限って言うと、この願いは、

 意識は今のままでいいけど、

 存在を消したい、

 見えない存在でいたい、

 そうして、

 世界中をふわふわ自由に行き来したい、

 誰かのそばにいたい、

 気に入った場所にいたい、

 そんな感じなのです、

 この感覚についてだいぶ前から気にしていたのですが、

 少し前にふと気づきました。

 あぁ、身体が嫌いなんだと。

 自分の身体が好きでなく、

 それはきっと身体にまつわる嫌なことがたくさんあるからで、

 だから、
 身体なしで生きられたら、なんだか自由になれそうな気がするのです。

 自分の身体について、ほめられた経験がありません。

 そのためか自分の体に対する自己評価は低いです。

 正直、自分の身体を持てあましています。

 だって、
 食べないといけない、排泄しないといけない、そこかしこがかゆい、痛い、お腹の調子が悪い、歯磨きしないといけない、呼吸しないといけない、あたまの形が悪い、親から受け継いだもの・・・なんだもの。

 精神的に酷い状態のときは、不意に震える、こわばる、胸の中がゾワゾワする、頭がじんじんする、なんてことはざらでした。

 身体が思う通りにならない。
 身体が不穏で、何をやっているのか分からない。
 自分の体について、そんな思いのようです。

 ときどきは、
 自分の思いを裏切っているなんて思ってるようです。
 
 ホント、身体って扱いづらい!

 だから、
 身体に縛られている。

 そんな感覚もあります。

 だから、自由になりたい。

 消えて生きたい。

 そんな思いなんだなと思ったのでした。

 とはいえ、
 マインドフルネス瞑想などして、身体からのメッセージを受け取れるようになると、身体が何をしようとしているのかは分かるようになるし、以前よりよろしく身体とつきあえるようにはなってきました。
 
 思いを裏切る身体を嫌いつつ強引に思いに従わせようとするより、
 身体に思いを寄せるほうが無理せず楽に暮らせることを知りました。

 身体の声に耳を傾ければ、ものすごく役立つありがたいメッセージを発していることを知ったのでした。

 自分の身体への悪感覚は、育ちの悪環境のせいであって、身体が悪であったり、自分が悪であったりしたからではないことも。

 だってそもそも、
 私の身体は価値があるんです。

参考文献
『自傷行為治療ガイド 第2版』(B.W.ウォルシュ 松本俊彦監訳 金剛出版 2018)

  


2018年09月20日

助けを借りる力がいる話

 災害被災の場面では、受援力。

 心理系では、
 援助要請行動などの分野で研究されている

 誰かの助けを借りてやっていく力

 についての記事です。

 困難を抱える人のうち、

 長いこと困難が解消しない場合や、

 幼い頃から誰かの助けが十分に得られなかった場合など、

 誰かの助けを借りて、自分の困難を解消できた経験が乏しいと、

 誰かの助けを借りるという発想がなくなり、

 誰かの助けを借りるといいことがあるという希望もなくなり、

 自分の力頼みでやっていくしかない。

 誰もアテにならない。

 誰も信頼できない。

 自分の望みは自分で叶えるしかない。

 できることは限られているから小さな少しだけの望みを叶えよう。

 として、

 小さく小さく暮らしを縮めた生き方を選ぶ場合があります。

 長年こもっている場合。

 社会でどうにも上手くやっていけないと思った場合。

 そもそも誰かが自分のために役立つことをしてくれたことがこれといってなくて、

 どちらかというと自分ただれかのために役立つことばかりで、

 結局のところ、いつも自力でやっていくしかなくて、

 それを誰もが期待している場合。

 などです。

 この場合、
 他者への
 不信感
 不信頼感
 不審感
 がとても強く、

 これまでの人生で自分の能力の限界を痛切に感じることが多いために、
 自分への
 不信感・不信頼感
 もまた同様に強いことが多いようです。

 それは、
 自分の人生への
 不信感・不信頼感であり、

 自分の人生を
 肯定しない
 ことにもつながり、

 自分の未来に
 希望を持てない
 ことにもなります。

 だから、
 誰かの助けを借りる気も起きない。
 それで、問題は解消せず

 暮らしていく不満は募るばかり。
 という悪循環。

 自助グループで学んだことの一つに
 手放すというのがあります。

 都合これは、
 誰か、なにかに委ねる。
 ということを意味しています。

 何を?

 自分の手に負えない問題をです。
 
 そしてこれには、
 自分の処理能力以上の問題。
 と、
 自分の問題じゃなくて誰かの問題だから。

 の2種類があるようです。

 医師や福祉職、相談職などの専門職を頼り、
 自分の手に負えない部分を委ねる。

 少しでも問題解決に役立ちそうな誰かからの提案を
 試しにやってみる。
 少しだけ提案に委ねてみる。

 自分のこだわり、
 怯え、
 恐怖、
 意地、
 を手放し、

 暮らしが楽になりそうな手立てに委ねてみる。

 自助グループでのたとえ話では、

 箱の中のキャンディーつかみ取りの時、
 手一杯に物をつかんでいると箱の出口にひっかかって何も手にできないけど、
 少し手放すと、なかなかの数が手に入る。

 と学びました。

 不信というこだわりを手放すことで、
 楽が手に入ることはあります。

 助けを借りる力を手にする話でした。

  


2018年07月20日

支援者に必要なのは想像力だと思うのです。

 人を支え、手助けする人。

 それを支援者と呼ぶならば、

 支援者に必須の要件は、

 想像力だと思います。

 相手の立場、

 状況、

 可能性、

 苦痛、

 考え方、

 傷み、

 気持ち、

 責務、

 権利、

 等々への。

 さて、
 支援者は、以下のような対応をよくやります。

 若いのだから未来は明るいよと励ます。

 40代でも仕事はありますよと希望を持たせる。

 学校は楽しいよと登校を誘う。

 ひきこもりはPCが得意だから、PCを基軸とした就労支援をする。

 不登校は学校が嫌いだから学校に行かないですむ社会にする。

 ニートは自己肯定感が低いからとにかくほめる。

 野良犬に噛まれたようなものだと思って過去を忘れて生きるように支援する。

 自分を大切にしていないからと、命の大切さを説く。

 支援者は、
 自分たちのこれまでの人生をもとにして、自分たちのが苦労や頑張りが報われたからといって、

 その人がその職に就けるかどうかが分からないのに、

 自分たちが、学校では嫌なことやつらいこともあったけど全体的に楽しかったから、
 
 自分がPCが役立つと思っているから、
 PC得意じゃない、否、持ったこともないこもる人は多いだろうに、

 自分が学校嫌いだからといって、
 相手は学校嫌いじゃないかもしれないのに、
 むしろ行きたいのかもしれないのに、
 そして、
 学校に行かないですむ社会はいつ実現するかも分からないのに、

 対人支援のブームが自己肯定感を高めるためにほめることだからといって、
 ほめられるとむなしくなることも多いのに、
 上手に折り紙ができたところで仕事につながらないのに、

 相手の様子が痛々しいからといって、
 簡単に忘れられたら20年前から楽に暮らせてるのに、

 自分の命をぞんざいに扱われているのに、

 ありきたりな関わり方をさも当然に、
 自分たちがゆるぎなく正しいとして、

 自分たちの貧しい想像力をもとに、
 支援を組み立てるのはナンセンスです。

 想像しましょう。

 そうしてその人に会った支援の仕方を創造しましょう。
  


2018年07月05日

親からの自立は身を切る覚悟がいるかもしれない話

 親からの自立。

 という考え方があります。

 それまで親の保護のもとに生活していたけど、

 これからは自分で自分を保護しながら生きていく。

 ときに親を頼り、甘え、

 ときに親を保護しながら。

 自立のイメージって、こんな感じでしょうか。

 具体的には、

 経済的自立と心理的自立

 なんて言われること。

 自分で働いて収入を得て、日々の暮らしをまかなっていく。

 これが経済的自立。

 こもる人やニートの親の人がよく口にする自立はこれですね。
 とにかく働いてほしい。切なる願い。

 一方の心理的自立は、

 気持ちの上で親を頼らなくなること。
 代わりに自分を頼みに生きていくこと。

 とでもなるでしょうか。

 それまで親の考えに従い、
 親の許可を得、
 何かにつけ親に相談していたものを、
 
 自分で考え判断し、行動する。

 そういう風になることですね。

 一言でいうと、
 (自分のことに関して親が担っていた責任を)
 自分で担うようになる。

 こうなると、
 親を自分の管理監督者みたいに上位に置くのではなく、
 対等なオトナとして付き合っていくようになります。

 互いに尊重しあって。
 互いの考えや意見か気持ちや立場を思いやって。

 オトナ同士。

 日本のルールでは、オトナになるのは20歳です。
 一人前の社会人として認められ、だから自分の行動について法的にも責任を持たねばならなくなる年齢です。
 この時から、オトナとしての権利と義務が生じるのですね。

 さてこの自立、人によって差があります。
 その人がどれくらい自立しているかの指標を自立度なんて言いますが、

 人によっては、20歳過ぎても自立度が低い人がいます。
 人によっては、10代のころにオトナレベルの自立度の人もいます。
 ときに一ケタの年齢の頃からオトナとして暮らしている人もいるでしょう。

 親をアテにしなくなる。
 親から自立する。
 親と境界を引く。
 親をクビにする。
 親を切り捨てる。

 子どもが、自分を頼みに生きていく際に、
 そのやり方には穏当なものから過激な力強いものまでいろいろな表現があります。
 
 それまでの親子関係によって表現は違うでしょう。

 穏当で、良好で、成長を促し見守る親との関係だったなら、穏当な表現になるでしょう。

 過激で、一方的で、略奪・侵襲的で、成長の邪魔をし、
 むしろ自分が保護してもらうことを期待しているような親との関係だったなら、

 表現は激烈になるでしょう。

 それは、子ども自身を傷つけることにもなります。

 自分が自立して社会の中で生きていくために、
 親子関係を引き裂くことをせねばならないのですから。

 親は期待するほど自立を手助けしてくれないのだから。
  
タグ :自立


2018年06月30日

回復なんかない成長だけがあると思う話

 昔から映画が好きで、もちろんテレビっ子で、

 オタクという名が出て来る前からアニメマニアで、
 同人誌も作ってたりこともあるくらいで、

 中でも大好きなのが、

 オーメン、エクソシストのような悪魔憑き系と

 ヴァンパイア系と

 ミュータント系です。

 今でもよく観ています。

 どんな風に観ているかというと、

 ほぼ自分のこととして。

 共感しすぎなくらい。

 だから見終わった後は、自分にも超能力が使えそうな錯覚。

 念力とか、強靱な力とか、空飛べるとか・・・。

 そして、勉強してます。

 どんな風にして社会でやっていけばイイのかを。

 昔、自分のことを弾かれ(はじかれ)者と言い表していました。

 社会から弾かれている感じが子どもの頃からしていたからです。

 実際は弾かれていないのですが、なんだかそんな感じがしてたのです。

 違和感、ズレ、なんか違う、ここじゃない、

 他にいろいろ表現はあります。

 みんなと違うフツーでない自分を強く感じて、

 どうやっていけばイイのだろう?

 とつねづね考えてました。

 ヴァンパイアや特にミュータントの人たちは、同じ悩みで暮らしてます。

 だから、勉強になるんです。

 自分をどう使って世の中でやっていけばいいか?

 それは、昔の状態に戻る、つまりフツー人になるということではありません。

 自分を成長させてニューバージョンとしてよろしくやっていく。

 自分の取扱いが巧みになって、よろしくやっていける。

 それは回復と言うより成長です。

 ひきこもり、アダルトチルドレン、虐待サバイバーなど、

 元に戻ることが決して利益にならない場合、

 回復より成長を目指すのがいいのかもしれません。

 よりよい自分になるために、今日一日を生きる。

 そんな思いで。
 
 珍しく聞風坊の独白でブログらしい記事でした。
  


2018年06月25日

祈りが心のよりどころだった話。

 親を頼りにすることができなかった子どもの頃、

 頼りにしていたのは仏様でした。

 何の変哲もない単なる仏教徒なのですが、

 自分には仏様がいる。

 と思うだけで、なんとなく落ち着きを得ていたのを思い出します。

 人はみな仏の子。

 という教えのためでもあるでしょう。

 見守られている。

 そんな気持になったようです。

 そして、
 仏の子としてどう生きるか?

 それが基軸になったようです。

 いじめられたときも、こもっているときも、日常困ったときも。

 自助グループでは、ハイヤーパワーに委ねることを学びます。

 自分の手に余ることを。

 そして、大いなる自然の営みの中にいる自分という意識を持ちます。

 そうして、
 ひとりでいろいろな重責を背負い込むことや
 自分は誰よりも上手になんでもできるという錯覚を手放し、

 ひとりのただの人間として謙虚に暮らしていくことを学びます。

 両方とも大いなる何か、サムシンググレート・Something greatとのつながりによって、
 自分をよく保ち、暮らしていくのですね。

 窮地を生き延びる術は、大いなる何かとのつながりを得る(再確認する)こと。

 そんな気がしています。
  




【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。