2016年01月16日

心の傷・トラウマケアのこと 3

 前回の続きです。

 トラウマケアの重要な理論のポリーヴェーガル理論によると

 最適な覚醒状態である「耐性の窓」の中、過覚醒、低覚醒の3つの状態があり、

 私たちは、遭遇する出来事によって、鋭敏さ・覚醒度の違うこの3つの状態のどれかにいるのでした。

 トラウマを受傷した人は、穏やかに人(社会)と関わることができる「耐性の窓」の中にいることがまれです。

 何かの拍子に、あの時の危険を不意に思い出し、身構えて、危機に立ち向かうか逃げるかの準備をするからです。
 つまり過覚醒状態になるからです。

 または逆に、あの時の絶望感を再体験し、低覚醒状態となり、その場に力なくへたり込むかもしれません。

 これらの反応は、
 フラッシュバックと呼ばれています。

 フラッシュバックを引き起こす刺激は、生活していく上でとてもたくさんあります。
 匂いだったり、話題だったり、映像だったり、音だったり、暑さ寒さ身体にかかる重さなどの体感覚だったり。

 こうして、トラウマを持つ人は、「耐性の窓」の外にいることが多いのです。
 今ここでは、過去のあの時のような危険はないにも関わらず。



この項続く。



同じカテゴリー(トラウマ)の記事画像
心の傷・トラウマケアのこと 4
心の傷・トラウマケアのこと 2
同じカテゴリー(トラウマ)の記事
 支援者に必要なのは想像力だと思うのです。 (2018-07-20 06:00)
 自信を持って逃げているかが大事な気がする話 (2018-07-10 06:00)
 親からの自立は身を切る覚悟がいるかもしれない話 (2018-07-05 06:00)
 ストレスホルモンコルチゾールについて考えてみた話 (2018-06-20 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
心の傷・トラウマケアのこと 3
    コメント(0)