2019年02月15日

牙をむく行為は、暴力を防ぐためかもしれない話。

 示威行為とか、威嚇とか、牙をむくとか、にらむとか、

 と言う行為は一般的には控えた方がいい行動です。

 なぜなら、暴力的だから。

 そうなんです。

 暴力的。

 ということは、
 実際に暴言や暴力をふるってはいないのです。

 その前、

 直前なんです。

 ここから紙一重で暴力に及びやすい状態ではありますが、

 まだ暴力していないぎりぎりの状態。

 さて、
 暴力直前のこの状態の意味と言うか効果について考えます。

 私は怒ってる!

 暴力するぐらいだ!

 と言う表明です。

 それを受けた相手は、ちょっとビビります。

 その瞬間、激突しそうなやりとりに一瞬の空白が生まれます。

 ここが大事!

 牙をむく行為である威嚇は、一瞬立ち止まり、行動に移ることを躊躇させる効果があるようです。

 それは、緊張がエスカレートした次の段階である暴力から少し距離を置くこととなります。

 本当にやるの!?

 本当にやるぞ! いいのか?!

 と言う問いを相手と自分に投げます。

 そうして考え直す機会を作ります。

 この段階で、緊張をほぐし、融和への道を進むことは懸命です。

 平和を目指す。
 これが威嚇の真の目的かもしれません。

 だから、動物にはこの能力がデフォルトとして備わっているのでしょう。
 テレビや日常で牙をむきあう動物たちを見かけることは、そう珍しくはありません。

 一方で、威嚇から暴力・闘争に発展することは少なくありません。

 だからら、
 威嚇が暴力の合図、

 牙をむいたらやってイイ証拠。

 なんて風に思っている場合も少なくないかもしれません。

 でも、
 私たちにそなわっている威嚇、牙をむく能力の本来の目的・意図は違うようです。

 どうやらそれは、
 衝突を防ぎ、暴力をしないため。

 つまり、
 平和のためのようです。

 とはいえ、牙をむかなくてすむ、より緊張が低い自己主張の仕方はあります。

 私は少し怒っています。

 と怒りの感情を言葉で落ち着いて伝えるやり方です。

 実はこれで十分。
 相手は一瞬躊躇します。威嚇と同じ効果。でも、暴力的ではない。

 そして、
 お互いに衝突を避け、緊張を緩める方法を考える機会を提供します。

 暴力しないやり方はいくつもあるという話でした。

  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)心理・カウンセリング

2019年02月10日

親の望ましい行動を強化する話

 子育てやひきこもり支援などで話題の「行動の機能分析」についての記事です。

 一般的には、子どもの普段の行動を親が観察して、

 どんな状況で、どんな風に考え・感じて、どんな行動をして、どんないいことがあって。

 ということを分析し、

 行動のうち、望ましい行動についてはほめると言うことを繰り返すことで、

 望ましい行動=学校に行く、会話する、運動するなど

 を増やすために行います。

 これを、
 子どもの立場から、親に対してやってみたらおもしろいと思ったのでした。

 うまくいけば、
 親は、なぜ自分にいつもいつも嫌がることをしてくるのだろう?

 の疑問の答えが見つかるかもしれません。

 例えば、朝起きていったら、親からため息交じりに
 「今日ぐらいバイト探しに行ったら?」
 と言われたので、ムカついて椅子を蹴っ飛ばして部屋に戻ったとき、

 親は、朝、自分が起きてきたのを見て、
 これは今しか言う機会がない!
 と思って、
 「バイト探しに行ったら?」
 と言ったところ、
 ずっと言えなかったことが言えて気持ちがスッキリした。

 となるでしょうか。
 こんな気持ちの動きがあっての発言だったのだろうと想像します。

 この時、
 今しか言う機会がない! と思ったのだろうと想像することがポイントなんです。

 この切羽詰まった感じ。追い込まれている感じに。
 
 一言でいうと、心に余裕がない状態。

 だから、
 子どもの事情を重視せずに、自分の思いを口から発した。
 そうして胸のつっかえが少しとれた。
 短期的に利益を得た。

 でも、そのことで、子どもは遠ざかっていった。
 少し長い目で見ると子どもとの関係が悪くなってしまうという損害を被る行動だった。

 決して悪気はないのに、望んでもいないのに、
 悪い結末を招く行動をとった親。

 子どもの側にしても、
 親との関係がこれ以上悪くならないことを望む人は多いはず。※きっと
 
 そこで、
 この親の切羽詰まった気持ち、
 心に余裕のない状態を思いやりつつ、

 子である自分の思いを伝え、要望する形で解決策を伝えるために、
 言葉を編んでみます。

 今しかないと思って言ったんだろうけど、今はその話は止めてほしいんだ。
 別の時にその話をしようと思ってるから、
 今は、気分よく一緒に朝を過ごさない?

 こんな風に応じるのはどうでしょう?
 こんな応答ができたら、親子関係が変わってくるように思えます。

 今の状況と、相手の気持ちと、自分の気持ちと、要望を伝えるのですね。

 こんなオトナな返し方。身につけといたらいいんじゃなかろうか。

 親に求めず、自分ができるようになってもいいんじゃなかろうか。
 
 と思ったのでした。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)心理・カウンセリング

2019年01月30日

心底嫌いなことの理由が腑に落ちた話

 記事で何度か書いていますが、

 車の運転が大っ嫌いだったのですが、

 その理由がようやく分かったのでした。

 至極単純。

 私が車の運転をしないと親がゆるさなかったからでした。

 無理やり免許を取り、

 無理やり運転し、

 無理やり好きになろうと数十年頑張ってきたのですが、

 親がうるさいからと、

 自分の気持ちを押し殺したせいで、

 嫌いだったのでした。

 今は、それが分かってだいぶスッキリ。

 自分の気持ちで運転できるので、とっても楽ちん。

 みんなこんな感じで運転してるんでしょうね。

 30年の謎の苦痛から少し解放されました。

 親の影響ってホントにスゴい。

 ってことを実感したのでした。

   


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)心理・カウンセリング

2019年01月25日

不登校やひきこもりの原因を探る際のポイントの話

 不登校やひきこもり理解、支援に当たって、

 原因探しはよくない。

 と言われることがあります。

 気がつくと犯人捜しになっているからかと思います。

 あぁ、うちの子が弱かったからじゃ。

 やっぱり、親の関わりが悪かったからじゃ。

 先生が、いかんこつばっかいスッでよ~。

 とはいえ、原因が分かるとどうすればいいのかがなんとなく分かってくるのも事実。

 そんなこんなを考えていたら、ふと思いつきました。

 不登校やひきこる原因ではなくて、

 今、学校に行こうとしていけない原因または理由、

 今、まさに外に出ようとして、

 今、誰かと関わろうとしてそれができない原因または理由、

 を考えることはとても役立つのではないかと。

 昔の苦労の原因じゃなくて、

 今ここでの苦労の原因探しです。

 身体が固まってドアを開けられないのなら、一息ついてリラックスする。

 部屋の中には入る瞬間にドアノブを見つめて立ちすくむのなら、部屋の中から信頼できる人が手招きして迎え入れる。

 そんな風にできるのではないかと思ったのでした。
   
タグ :原因今ここ


2019年01月20日

世の中は、標準と比べて成り立っている話。

 しばらく前、不登校のイベントでお話しさせて頂きました。

 その発表を考えるときに、思い至ったのが、

 世の中には、ありとあらゆる標準があり、

 私たちの社会は、その標準と照らし合わせながら動いているんだと言うことです。

 そこで、今回は標準についてのお話しです。

 以下、今の日本の標準を列挙すると、

 6歳になッたら学校に行く。

 20歳になったら成人になる。

 食事は日に3度。

 健康診断は、最低年に1回。

 睡眠は6~8時間、まとめて。

 日中活動して夜間は休息。

 服を着る。

 日本語を話す。

 男女の別がある。

 世帯を考える際は、夫婦2人と子ども二人のサラリーマン家庭。

 などなどなど。

 自分がこれらの標準からズレた場合、

 なにがしかの違和を感じるようです。

 時に疎外感だったり、

 ひとりぼっち感だったりも。

 また、人がこの標準からとても外れ、その期間が割と長くなったら、

 それは、異常とみなされます。

 病気とかケガとかとみなされ、治療することが標準となります。

 そうして健康を目指すのが標準的な考え、日本人のありよう。

 同様に、学校に行かないことは異常とみなされ、学校に行くよう働きかけがなされます。

 また、
 人は生まれてから死ぬまでどんな形であれ社会参加することが標準となっているので、

 そうでないひきこもり状態の人、独居老人、働いていない人、孤立している人には、

 社会・他者と関わるよう働きかけがなされます。

 ところが、
 
 働きかけられる当の本人たちは、これを嫌がることがままあります。

 標準的な暮らし、生き方で苦痛を味わい続けたからです。
 ※この段階ですでに標準的ではありませんね。

 こんな状態の人たちは、ただ標準を示されるだけで圧力を感じることは珍しくありません。

 学校に行くという標準の提示から、学校行かねばならない。

 学業を終えたら働くという標準の提示から、働かねばならない。

 人は誰かと関わるという標準の提示から、誰かと関わらねばならない。

 と、圧力を感じ、息苦しさを感じる。

 そうして、社会から遠ざかる。


 標準的になるよう働きかける側の人たちは、つまり社会は、

 自分たちがこのような圧力をかけてしまっている可能性が高いことを、

 また、本人たちは、ただの標準の提示かもしれないこと、

 同調を求めているとは限らないこと、

 そして、
 標準の範囲は思っている以上に幅があること、

 などを意識することは大事だと思っています。

 上下のイメージの強い水準とは違う、ただの基準としての標準の話でした。
  


2019年01月10日

期待をするかしないかが人間関係理解のかなめのような気がする話

 不登校やひきこもりをはじめ、人と人との関わりについての悩みは、とても多いようです。

 なので、ちょくちょく人間関係について考えるのですが、

 ある時ふと思いついたのです。

 期待

 がポイントではないかと。

 期待する。

 期待しない。

 期待されない。

 期待を裏切る。

 期待に応える。

 期待に応えられない。

 期待に応えようと頑張る。

 けれども期待通りの評価がされない。

 などなど。

 不登校やこもる人たちのテーマは、
 親や社会の期待に応えるか?
 応えられるか?
 応えたくないか?

 だったりします。

 一方で、親や社会は、
 不登校やこもる人たちに期待するので、不登校やこもる人たちへプレッシャーを与えることになってしまいます。

 じゃあだからといって、
 相手に期待しなければ問題解決かというと?

 親や社会から期待されない自分。
 って、どうなの?

 って疑問を持ちそう。

 なんだか、
 自分の存在価値に響いてい来る感じ。

 世の中、
 孤立が問題となっています。

 孤立って、
 社会から期待されない状態でもあります。

 期待に押しつぶされることもあるけど、
 期待が励みになることもある。

 人間関係を読み解くポイント、キーワードに「期待」があるような気がしています。
   


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)心理・カウンセリング

2019年01月05日

痛みにも意味があると思っている話

 病を得て、

 ケガをして、

 大切な何かを永遠に失って、

 心と身体が痛みを覚えるとき、

 その痛みは過去の大切な思い出につながっている。

 だから、

 その痛みを手放すことは、

 過去の大切な思い出、思いを手放すこと。

 それは、もう本当に耐えられない喪失感。

 耐えがたい痛みをともなう。

 と無意識に予想しているからかもしれません。

 あえて、

 治療せず、

 回復の道と呼ばれるものを歩まず、

 ただただ痛みを味わいながら暮らしていくのは。

 痛みを感じるたびに、

 昔の出来事に触れてもいるのでしょう。

 ひょっとしたら、

 昔感じられなかった痛み、

 その時は感じることすらゆるされなかった痛みを、

 今、感じているのかもしれません。

 悼んでいるのかもしれません。

 あの頃の自分にやっとあわれみを感じることができる今。

 つらかったね。

 痛かったね。

 よく頑張ったね。

 大変だったね。

 よく辛抱したね。

 えらいぞ自分。

 そう言えるようになるために、

 今しばらく痛みを感じ続けているのかもしれません。

 ふと、そんなことを思いました。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)心理・カウンセリング

2018年12月15日

ひきこもり状態の人がどんな風に自分を変えたがっているかの研究の話

「ひきこもり状態にある若者は自己受容をどのように志向するか」(古志めぐみ 青木紀久代 カウンセリング研究第50巻第2号)
によると、

ひきこもり状態にある若者は、

今の自分を全面的に変えたい人がとても多かったそうです。
自分を気に入っていない人が多いのでしょうね。

分かる気がします。
自己肯定感や自尊心が低いと言われていることと関連があるのでしょう。

でも、
自分を取り替えるなんて現実的にあり得ません。

それゆえ、
嫌だけど替えられない、どうしていいか分からない状態。
変えたくても変えられない、もんもんとした状態。
のままになってしまっているようです。

そして、それだからか、
せめて、現在のひきこもり状態ぐらいは変えたいと望んでいるようです。

フルモデルチェンジみたく自分を全面的に変えることは難しいけど、
今の自分でありながら、ひきこもらない状態には変化したいようです。
現実的に、こう考える人もまた多いとのことです。

ところが、
いざ変容しようとすると、
どうにもやりたくなくなるようです。
誰しも変化は怖いもの。

それは、
こもる人の特徴の、
社会からの期待にしっかり応えねばならない。でも応えられる自信がない。
という恐れからも来るようです。

そしてそれは、
そもそもどうやって変わればいいかが分からないことと関係しているかもしれません。

この研究によると
憧れている人や周りの人を模倣する気持ちがとても低いのです。

これを裏返すと、
もし、モデルとなる人がいれば、その人を軸に、その人を目指して、
軸を1本決めてやってこられたのではないかと思えます。

困難に出会った時、どう変化すればいいかのモデルがいると、
自分が困った時、どうすればイイかのイメージが湧きやすいもの。

こんな時、あの人はどんな風にしたか?
あの人ならどう考えるだろうか?
って、参考になる人がいれば。

そうして、
ピンチで自分の能力を発揮して苦境を脱していたなら、
そんな力を持っている自分を実感できていたなら、
今のような苦悶の中にずっとひきこもっていることはなかったかもしれません。

こう考えてくると、
モデルがいて、自分の力を発揮できる機会がいっぱいある自助グループが、
魅力的・効果的だという理由が少し解明されたような思いになるのでした。

  


2018年12月05日

許される範囲でのびのびやっていた話

 今回も個人的な話です。

 いま改めて考えると、これまでいろいろ自分なりに考えてやってきたのですが、

 それらはすべて、許される範囲をまず考えて、現実的にこれくらいなら大丈夫だろう。

 邪魔されないだろう。

 という範囲の中で、

 その中の選択肢から、

 最善を選んだのでした。

 高校進学も。

 大学進学も。

 関心のある勉強も。

 遊びも。

 友だち付き合いの深さも。

 親が許容できるだろう範囲・種別。

 親が邪魔しない範囲・時間数。

 親がうらやましがらない。

 口をさしはさまない程度。

 それでいて、
 邪魔が入ればすぐに今取り組んでいることを中止する。

 という条件付きで。

 緊張感あふれる学びであり遊びであり半生でした。

 もし、許容できないことをしたら、

 親がどうなるか分からない。

 そんな恐怖に裏付けられた精いっぱいの自己主張した生き方でした。

 若いんだから自由だ。

 選択肢はたくさんある。

 自分の人生は自分で選べるんだ。選んでいいんだ。

 絵空事でした。私にとって。

  


2018年11月30日

子どものころ、精神的な問題が出ていた話

 個人的な話です。

 子どものころ、

 1日中毎日数か月~数年かも。

 鼻を鳴らしたり、
 片方だけまばたきを繰り返したり、
 咳払いしたり、
 首をひねったり、

 してました。

 また、空想の世界によく浸っていました。

 しょっちゅう、
 周囲の音や、会話の相手の話し声や、自分の声が、
 甲高く、早回しで聞こえていました。
 
 いやな体験を思い出しては、落ち込んでいました。

 夜は、
 寝付くのが怖くて、
 死んだ後のことばかり考えて、
 悪い夢ばかり見てました。


 上から順に、
 チック、解離・離人、フラッシュバック、睡眠障害、

 などの精神症状の可能性があります。

 人の話がよく理解できず、
 相手がイラついたり、

 言われたことを理解したとして、いざ行動しようとすると
 気持ちと体のつながりが外れて、
 身体が動かなくなったりすることも
 割とよくありました。
 
 言葉を介してのコミュニケーションに難があったのでしょう。
 挙句それでパニクッていたのでした。

 そんな状態にもかかわらず、誰も手助けしてくれませんでした。

 ヘンな子。

 で片付けられていたのでしょう。

 ヘンな子の扱いは誰も知らなかったのでしょう。

 40年ほど前の話です。

 
  
タグ :ヘンな子




【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。