家族のことばかり考えている人は自分のことは後まわしの話

2020年03月29日

ケアラーというのは、ケアする人のことで、
ケアが必要な家族がいる場合、そのお世話をする人がこう呼ばれることがあります。

特に、親が病気やケガなどでケアが必要な場合、子どもがケアラーになります。

子どもは本来はケアを受ける立場なのですが、ままならないのですね。

回りの大人は、よくできた子ども、偉い子、賢い子、立派な子として、
子どもをケアする人としてつい見てしまいがち。

そのため、
あなたのことで何か私が力になれることはない?
とは、誰も尋ねない。
ケアが必要な人だと思わないから。
ってことはよく起こりそう。

そんなこんなだから、
子どももそんなもんだという認識になり、
気がつくと、自分の問題を横に置いてしまうことも少なくないようです。

そんなヤングケアラーは、
自分のことを誰かに相談するって発想は持たないかもしれません。

誰にも相談しない。

困っているのは、
手助けが必要なのは、

自分じゃなくて親・家族だし、
私よりも。

私はナントカできてるから。

そんな思いで。

でも、実際は、
抱えきれない難題を抱え、
背負わなくてもいい責任を負って、
重圧の中で暮らしている。
誰にも相談しないで。
助けを求めることを知らないままに。

相談していいんだよ。
あなたのことを誰かに。
そういうメッセージ(許可)が必要な人は多いようです。

ヤングケアラーの話でした。
  


聞こえないと発言しなくなるかもしれない話

2020年03月25日

聞こえの困難についての話です。

人が人の輪に入っていくのは、

その輪で話されている話題が分かっているとき、
例えば、自分の好きな芸能人の話題で盛り上がっているのが聞こえてきたとき、

あるいは、
入ってみて、すぐに話の内容が分かって、輪の中に溶け込めそうな予想がつくとき。

でしょうか。

いずれも、
人の輪で何が行われているかを聞き取れた(る)ときです。

聞けたから、話ができる。
話す気になる。

からかもしれません。

もし、
ちゃんと聞き取れなかったとしたら?

輪の中に入っていく気になるでしょうか?

周りが何を話しているか聞き取れないとき、
参加する気持ちは萎えます。

的外れなこと言って、みんなに迷惑かけるかもしれないしと、
発言を控えます。

都合、引っ込み思案になります。
じっと黙っていると怒っていると勘違いされそうなので、笑顔は絶やさないかもしれませんが。

その実、何が話されているのかはよく聞き取れていません。

聞こえの困難は、発話・参加の困難につながるように思えます。

もし、引っ込み思案、話し下手、声が小さいなどの発する困難を抱えているとしたら、
発する努力をするだけでなく、

聞こえの困難にも思いを寄せる必要があるかもしれません。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)心理・カウンセリング

日本人は怒りの表情に悲しみを感じるらしいという研究の話

2020年03月13日

佐藤弥・こころの未来研究センター特定准教授ら(京都大学 2019)による調査の結果が公表されています。
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2018/190212_2.html

これによると、人の基本的な感情6種について、
アメリカの第一人者ポール・エクマン博士の研究とは少し違った結果になったようです。

まず、
日本人は、すべての基本感情について、おおむね控えめな感情表出つまり表情をするようです。

欧米の人の表情がオーバーな感じがするとは昔からよく言われていましたが、
客観的にもそうみたいです。

さらに興味を引くのは、
それぞれの感情には、他の感情も含まれている。
ように感じることです。

例えば
怒りの表情に、悲しみも感じるとか。
逆に怒りの表情に、悲しみを感じたり、中性(※無感情?)な印象を持ったり 

嫌悪の表情には、怒りと悲しみを感じるとか。
驚きの表情に、恐怖を感じるとか。

家庭内暴力の話では必ずと言っていいほど指摘されるのが、
怒りの暴力の裏にある悲しみ、寂しさです。

一次感情と呼ばれるこの心の奥の感情に触れることが問題の解決の肝と言われています。

この研究によると、
人は、表情からその人の心の奥の感情を感じ取れているようです。

と言うことは、
私たちは、日々出会う人たちの、
表面的な感情の奥の気持ちを思いやることができそうだということですね。

人間の感知力のすごさを再確認した思いです。
  
タグ :表情感情


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)心理・カウンセリング

自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話

2020年03月09日

およそ自立支援というと、

就労支援なんです。

なぜかしら。

自立支援をうたっているところで、仕事の話にならないところはまずありません。

だから、
ひきこもりの自立支援も、
ニートの自立支援も
困窮者の自立支援も
障害者の自立支援も
母子家庭の自立支援も
非行少年の自立支援も

就労支援の範疇になります。

就労支援。
それは、経済的自立と呼ばれる自立の1形態のみの支援なんです。

経済的に誰かに何かに庇護されず、自分の力でやっていけるようになる。
それを支援するのが経済的自立支援である就労支援なんです。

そこで、
他の形態の自立支援をいろいろ考えてみました。

他人の中で自力でやっていけるようになる。
ことを自立と定義するならば、

親の庇護からの精神的自立、
があります。

これは、
親の庇護という管理下からの自立。
自己責任を担い自由になることでもあります。

不自由からの自立と考えると、
病で不自由な生活を強いられている人が、病を治すことでの病からの自立。健康自立。
もあるかもしれません。

強いられている状態からの自立と考えると、
暴力などの力によって不自由な生活を強いられている人が、自力に目覚め脱出することで抑圧からの自立。自由自立。
もあるかもしれません。

無知蒙昧からの目覚め。未熟からの自立と考えると、
知識や技能が不足しているばかりに不遇を託っている人が、知識を深め技能を高めることで不遇を脱する自立。無知からの自立。
もあるかもしれません。

苦境からの自立と考えると、
苦しみの中にいる人が、労われ、癒やされ、自信を得て、今より楽な気持ちで暮らせるようになる苦しみからの自立。

ざっとこれぐらいの自立の形態を思いつきました。

そんなこんなで、改めて自立支援を考えると、

就労支援、医療支援、被害者支援、学習支援、心理支援、宗教・信仰的支援など、
およそ対人支援は、人のいろいろな自立を支えていく行為なのだろうと思ったのでした。
  
タグ :自立


どうすれば気がすむのか? 知っていると世の中は渡りやすいんじゃないか。

2020年03月05日

 ぐずったり、

 だだをこねたり、

 ブチキレたり、

 黙り込んだり、

 ひきこもったり、

 ドライブしたり、

 釣りに行ったり、

 カラオケしたり、

 自己主張したり、

 ってのは、

 不満を解消するための行動でしょう。

 なんかイヤなことに出会って、

 不快な気持になったので、

 泣きわめいたり、

 暴言はいたり、

 ウォンビーロングを絶唱したり、

 するのでしょう。

 大事なのは、

 それで気がすむのかどうか?

 一時のストレス解消だけの効果しかないかどうか?

 そして、その行為が引き起こす悪い影響。

 をしっかりチェックすること。

 自分の気がすんで、自分や周囲の大きな悪い影響を与えない方法であれば、
 そのやり方は望ましいのでしょう。

 そうじゃないのならば、別の方法を身につけることが大切です。 


 ピンチの時など、
 自分の取り扱いに長けた人は、

 この、

 自分が気がすむ方法。
 をよく心得ている人のように思えます。 
   


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)心理・カウンセリング