2019年02月20日

瞑想すらできなかった話

 現在、トラウマケアから健康な人のストレスケアまで幅広く活用されている瞑想です。

 一般的に、目を閉じて行われます。

 が、この目を閉じる行為ができなかったんです私。

 瞑想では、
 気持ちを落ち着かせるために目を閉じるのですが、

 つまり、
 目からの情報を遮断するのですが。

 目からの情報がなくなるととても緊張が高まるのです。

 目から情報が来ない分、耳をすましてしまいます。

 身体全体で情報を補足しようと全身を緊張させます。

 結果的に、気持ちが高ぶります。
 リラックスしない。

 つまり、
 目をつぶる意図が台無し。

 ちなみに、
 夜、寝つきが悪いのもこのからくり。

 目を閉じると緊張する。
 こんな身体の状態なので、

 身体が感じる緊張・不安と付き合いながら、

 緊張をほぐしていく必要がありました。

 目を開いたままで、瞑想呼吸をする。

 それも数分はできないので、

 2~3回やる。

 2~3回分、緊張がほぐれたことを実感する。

 次は1~2回、回数を増やす。

 その次は、数十秒リラックスした時間を味わう。

 その次は、上がった肩、偏った姿勢など、気づいたところからこわばっている筋肉を緩める。

 そんな感じで自分にできる範囲で、緊張をほぐし、

 リラックスを味わい、

 そうして、

 そうして、

 そうして、

 やっと最近、フツーに目を閉じることができるようになりました。

 いたずらに緊張しなくて済む機会が増えました。

 フツーの人ってきっと、こんな状態が多いのだろうな、一日のうちに。

 なんて思います。

 そんなこんなで、やっと瞑想ができるようになってきたというお話でした。

  
タグ :瞑想瞑目


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもるトラウマ

2019年02月12日

【告知】ひきこもり つながる・かんがえる対話交流会in宮崎が開催されます

ひきこもりのことや
多様な生き方や、
つながりをつくる環境作り
などについて、
対話交流するイベントが開催されます。

日 時 2019年2月24日(日) 13:30~
場 所 宮崎市総合福祉保健センター(宮崎市花山手、市立図書館隣)

お問い合わせ申込み方法など
詳しくは、主催者Webサイトをどうぞご覧下さい。
http://taiwa6.wixsite.com/khj-taiwa/18-1

主催
特定非営利活動法人 KHJ全国ひきこもり家族会連合会
電話:03-5944-5250(月~金 10:00~19:00)

案内チラシ↓





  
タグ :つなかんKHJ


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる

2019年02月10日

親の望ましい行動を強化する話

 子育てやひきこもり支援などで話題の「行動の機能分析」についての記事です。

 一般的には、子どもの普段の行動を親が観察して、

 どんな状況で、どんな風に考え・感じて、どんな行動をして、どんないいことがあって。

 ということを分析し、

 行動のうち、望ましい行動についてはほめると言うことを繰り返すことで、

 望ましい行動=学校に行く、会話する、運動するなど

 を増やすために行います。

 これを、
 子どもの立場から、親に対してやってみたらおもしろいと思ったのでした。

 うまくいけば、
 親は、なぜ自分にいつもいつも嫌がることをしてくるのだろう?

 の疑問の答えが見つかるかもしれません。

 例えば、朝起きていったら、親からため息交じりに
 「今日ぐらいバイト探しに行ったら?」
 と言われたので、ムカついて椅子を蹴っ飛ばして部屋に戻ったとき、

 親は、朝、自分が起きてきたのを見て、
 これは今しか言う機会がない!
 と思って、
 「バイト探しに行ったら?」
 と言ったところ、
 ずっと言えなかったことが言えて気持ちがスッキリした。

 となるでしょうか。
 こんな気持ちの動きがあっての発言だったのだろうと想像します。

 この時、
 今しか言う機会がない! と思ったのだろうと想像することがポイントなんです。

 この切羽詰まった感じ。追い込まれている感じに。
 
 一言でいうと、心に余裕がない状態。

 だから、
 子どもの事情を重視せずに、自分の思いを口から発した。
 そうして胸のつっかえが少しとれた。
 短期的に利益を得た。

 でも、そのことで、子どもは遠ざかっていった。
 少し長い目で見ると子どもとの関係が悪くなってしまうという損害を被る行動だった。

 決して悪気はないのに、望んでもいないのに、
 悪い結末を招く行動をとった親。

 子どもの側にしても、
 親との関係がこれ以上悪くならないことを望む人は多いはず。※きっと
 
 そこで、
 この親の切羽詰まった気持ち、
 心に余裕のない状態を思いやりつつ、

 子である自分の思いを伝え、要望する形で解決策を伝えるために、
 言葉を編んでみます。

 今しかないと思って言ったんだろうけど、今はその話は止めてほしいんだ。
 別の時にその話をしようと思ってるから、
 今は、気分よく一緒に朝を過ごさない?

 こんな風に応じるのはどうでしょう?
 こんな応答ができたら、親子関係が変わってくるように思えます。

 今の状況と、相手の気持ちと、自分の気持ちと、要望を伝えるのですね。

 こんなオトナな返し方。身につけといたらいいんじゃなかろうか。

 親に求めず、自分ができるようになってもいいんじゃなかろうか。
 
 と思ったのでした。
  


2019年02月07日

【告知】ひきこもりフォーラム2019のお知らせ 再掲

 宮崎ひきこもりネット恒例イベント

 ひきこもりフォーラム2019が開催されます。

 今年は、ひきこもり研究実践の第1人者の境泉洋先生を招いての講演と、

 現在、ひきこもり支援の重点となっている生活困窮者支援制度でのひきこもり支援についての話があります。

 宮崎ひきこもり地域支援センターの紹介もあります。

 2/11(月・祝) 午後1~5時
 宮崎市民プラザ4F中会議室 定員40名

 皆さまどうぞ、ゆるゆると足をお運び下さいませ。

 チラシ↓

  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる社会のこと

2019年02月05日

生活困窮者支援制度とひきこもりについての話

 しばらく前、宮崎楠の会さんの例会で、

 生活困窮者制度とひきこもりについてお話ししました。

 高齢問題と関連しているのですが、

 親が60代になると、そろそろ収入がなくなってくることを気にかけねばならなくなります。

 定年とか、肉体的に労働負担が高くなるとかが理由です。

 子どもについては、
 40歳代ぐらいの中年の域に達しても、働いていない、働いたことがないと、
 今後、より経済的に苦しくなっていくことが予想されます。

 ということで現在、
 ひきこもり支援の主軸として生活困窮者支援制度があります。

 その窓口となるのが、自立相談支援センターで、
 宮崎県内各市と郡部に設置されています。

 受け付けた相談をもとに、必要であろうサポートを提案します。

 こもっている人は、
 将来困窮する予想がつくので、今の段階でいろいろなサポートを開始するようになってます。

 ところが、この制度でのサポートは、就労支援が基軸なんです。

 だから、心の深い悩みはあまり得意ではありません。

 それでも支援者は、
 相談してきた人の気持ちに精一杯寄りそって、
 知恵をしぼって、生活が困窮しないようにサポートします。

 だから、
 親やこもる人は、この制度で私たちをサポートしてくれる人たちが能力を発揮できるよう、

 配慮せねばならないのです。

 こもる人の日頃の暮らしぶりが分かると支援の糸口がつかみやすくなります。
 だから、それを記録したメモ持参で行くとか。

 そんなお話をしました。

 そして、生活保護の話も。

 自分が死んだあとは、子どもは、生活保護で社会にみてもらおう。

 と思っていたとしたらそれは大きな間違いです。

 自立(=働く)のために最大限の努力をしないといけないからです。

 ずっと家にいて何もしないことは許されません。

 そういう制度だからです。

 だから、
 親にできることは、我が子が一人でやっていくために、
 必要な最低限度の情報や技術を伝授することです。

 と言うこともお話ししました。

 病院への通い方。
 書類の書き方。
 親戚の連絡先と連絡の仕方。
 いろいろな問い合わせと問い合わせの仕方。
 銀行や保険について。
 などなど。

 暮らしていくためには、情報、技術は必要です。

 それを伝授する責務は親にあると思っています。

関連情報
ひきこもりフォーラム2019
生活困窮者就労準備事業でのひきこもり支援についてのお話しもあります。


  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる

2019年01月25日

不登校やひきこもりの原因を探る際のポイントの話

 不登校やひきこもり理解、支援に当たって、

 原因探しはよくない。

 と言われることがあります。

 気がつくと犯人捜しになっているからかと思います。

 あぁ、うちの子が弱かったからじゃ。

 やっぱり、親の関わりが悪かったからじゃ。

 先生が、いかんこつばっかいスッでよ~。

 とはいえ、原因が分かるとどうすればいいのかがなんとなく分かってくるのも事実。

 そんなこんなを考えていたら、ふと思いつきました。

 不登校やひきこる原因ではなくて、

 今、学校に行こうとしていけない原因または理由、

 今、まさに外に出ようとして、

 今、誰かと関わろうとしてそれができない原因または理由、

 を考えることはとても役立つのではないかと。

 昔の苦労の原因じゃなくて、

 今ここでの苦労の原因探しです。

 身体が固まってドアを開けられないのなら、一息ついてリラックスする。

 部屋の中には入る瞬間にドアノブを見つめて立ちすくむのなら、部屋の中から信頼できる人が手招きして迎え入れる。

 そんな風にできるのではないかと思ったのでした。
   
タグ :原因今ここ


2019年01月20日

世の中は、標準と比べて成り立っている話。

 しばらく前、不登校のイベントでお話しさせて頂きました。

 その発表を考えるときに、思い至ったのが、

 世の中には、ありとあらゆる標準があり、

 私たちの社会は、その標準と照らし合わせながら動いているんだと言うことです。

 そこで、今回は標準についてのお話しです。

 以下、今の日本の標準を列挙すると、

 6歳になッたら学校に行く。

 20歳になったら成人になる。

 食事は日に3度。

 健康診断は、最低年に1回。

 睡眠は6~8時間、まとめて。

 日中活動して夜間は休息。

 服を着る。

 日本語を話す。

 男女の別がある。

 世帯を考える際は、夫婦2人と子ども二人のサラリーマン家庭。

 などなどなど。

 自分がこれらの標準からズレた場合、

 なにがしかの違和を感じるようです。

 時に疎外感だったり、

 ひとりぼっち感だったりも。

 また、人がこの標準からとても外れ、その期間が割と長くなったら、

 それは、異常とみなされます。

 病気とかケガとかとみなされ、治療することが標準となります。

 そうして健康を目指すのが標準的な考え、日本人のありよう。

 同様に、学校に行かないことは異常とみなされ、学校に行くよう働きかけがなされます。

 また、
 人は生まれてから死ぬまでどんな形であれ社会参加することが標準となっているので、

 そうでないひきこもり状態の人、独居老人、働いていない人、孤立している人には、

 社会・他者と関わるよう働きかけがなされます。

 ところが、
 
 働きかけられる当の本人たちは、これを嫌がることがままあります。

 標準的な暮らし、生き方で苦痛を味わい続けたからです。
 ※この段階ですでに標準的ではありませんね。

 こんな状態の人たちは、ただ標準を示されるだけで圧力を感じることは珍しくありません。

 学校に行くという標準の提示から、学校行かねばならない。

 学業を終えたら働くという標準の提示から、働かねばならない。

 人は誰かと関わるという標準の提示から、誰かと関わらねばならない。

 と、圧力を感じ、息苦しさを感じる。

 そうして、社会から遠ざかる。


 標準的になるよう働きかける側の人たちは、つまり社会は、

 自分たちがこのような圧力をかけてしまっている可能性が高いことを、

 また、本人たちは、ただの標準の提示かもしれないこと、

 同調を求めているとは限らないこと、

 そして、
 標準の範囲は思っている以上に幅があること、

 などを意識することは大事だと思っています。

 上下のイメージの強い水準とは違う、ただの基準としての標準の話でした。
  


2019年01月17日

【告知】ひきこもり関連のイベントの速報

現状2件お知らせします。変更になる場合があります。ご注意下さい。

恒例宮崎ひきこもりネット主催イベント
ひきこもりフォーラム2019
 日 時 2019年2月11日(月・祝) 午後1時~5時
 場 所 宮崎市民プラザ4F(市役所隣)
 内 容
   ひきこもり研究支援第1人者の講演と
   困窮者支援現場でのひきこもり支援の報告と
   トークセッションです。
 定員40名。参加無料。

宮崎楠の会
ひきこもり つながる・かんがえる対話交流会
 日 時 2019年2月24日(日) 午後1時30分~4時30分
 場 所 宮崎市総合福祉保健センター2F(花山手)
 内 容 テーマごとに別れての参加者同士が対話

ご都合よろしければどうぞのお運びを。
  


Posted by 聞風坊 at 10:28Comments(0)ひきこもる

2018年12月25日

親亡き前に子どもはものすごい責任を負う話

 ひきこもりについて今一番ホットな話題は、

 80-50問題です。

 親が80歳代だと子どもは50歳代。

 お互いに高齢状態によって起こるいろいろな困難を総まとめてそう呼びます。

 親の立場からだと、自分亡き後、子どもが安全に暮らしていけるかどうかが不安。
 そのための準備をせねばと考えるようです。

 一方で、
 子の立場から言うと、親亡き前に、親が重病になったり、介護状態になったりする方が先にやって来るのです。

 例えば、親の病気や介護。

 脳卒中や転倒で救急搬送されて!

 病院の救急外来から電話が来て!

 すぐにきてほしいと呼び出されて!

 医療処置する際の説明と署名を求められて!

 つまりは、親の命の責任を、急に負わされて!
 
 今後どうなるのかという不安に胸が押しつぶされそうになって、

 ひたすら治療が済むのを待ち続ける。

 または、親の物忘れが激しくなって、なんだか言うことやることが奇妙になってきて、

 何とか自分たちでやってきたけど、もうこれ以上無理だとなって、

 どうする? どうすればイイの? 誰に助けを求めればイイの?

 と言うことになったり、

 精神科受診して認知症の診断が降りて、介護サービスが受けられるとなって、

 その手続きで、見知らぬ人と見知らぬ会話を繰り返し、慣れない判断を次から次にせねばならない立場に、

 思いがけず急に!
 なることは珍しくありません。

 だから、今、親にできることは、

 ハンコの場所や保険証の場所を教えておいたり、
 生命保険や銀行口座の説明をしておいたり、
 かかりつけ医の情報や、急な連絡先の情報を伝えておいたり、

 子どもにとりあえず何でも相談できる人を紹介しておいたり、

 と、
 子どもが突然の出来事に遭遇しても何とかやっていけるように、

 準備することが大事だと言うことを、

 しばらく前に、ひきこもり親の会でお話ししました。

 自分が亡くなったあとのことを考えるより先に、

 自分が死ぬまでに、子どもが暮らしていくために自分には何ができるか?

 を考えて、実行することが大事だと経験上思うからです。

 ホント、外出先から帰ったら県病院の救急外来からの留守電が入っているなんてことはもうゴメンですわ。

  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる

2018年12月20日

不登校・ひきこもり予防と熱く語られると居心地が悪くなる話

 しばらく前に、不登校の当事者運動している人たちと話したときの話題です。

 予防!

 の運動があるんです。

 何事にも。

 インフルエンザの予防。

 交通事故の予防。

 認知症予防。

 転倒予防。

 悪いことが起きないようにするのが予防。

 不登校予防。

 ひきこもり予防。

 ニート予防。

 なんだか、悪い存在みたい。

 今、学校に行ってない人が、

 こもっている人が、

 就職状態にない人が。

 そして、予防できなかったとき、

 予防の責任を負っていた人がつらい思いをしてしまう。

 インフルエンザにしてしまった。

 交通事故を起こさせてしまった。

 認知症にしてしまった。

 転倒させてしまった。
 
 予防は大事。

 同時になにごとも完全に予防することはできないことを覚えておくことも大事。

 そう思ったのでした。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる不登校


【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。