ひきこもりフォーラム2019夏3 訪問のこと

2020年01月16日

居場所はイイ!

というのが一面的な評価であるのと同様に、

訪問がイイ!

と言うのもあります。

いつの頃からか、ひきこもり支援と言えば訪問だ!
訪問すれば出て来る!
訪問しかない!
みたいな雰囲気で、

ひきこもり支援関連の報告書や提言や白書や書籍論文では、
何かにつけ、訪問する重要さが取り沙汰されています。

でも、私聞風坊始め当事者は知っています。

訪問は当事者から嫌われていることを。
だから訪問は意味がないことを。
そして、
ときどき効果が出ることを。

だって、誰かと関わることが嫌でこもっているのだから、
誰かから訪問されてうれしいわけがないもの。

そりゃハリウッドスターやトップアイドルが訪問しに来るっていうのなら、心も動くかもしれないけど、

それでも、
その人たちが家に来るってリアルに考え出したら、
今の自分の状況に恥じ入って、ムリムリムリって、いよいよ頑なにこもるような気もします。

フォーラムでは、訪問は嫌われている。
ということを伝えたら、びっくりした人も居ました。

訪問は、
こもる人のこもりたい心に寄りそいつつ、
外にも興味があるし人とも関わりたいというわずかな気持ちをくみ取れる人のみができるとても忍耐が必要な支援法なんです。

困窮者支援の就労支援員が、就労支援として訪問して成功するような絵空事は通用しない支援法なんです。

当日配付資料p2







  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる発達障害不登校

ひきこもりフォーラム2019夏2 居場所のこと

2020年01月13日

居場所というのがあります。

ひきこもりや不登校始め、自分の居場所がないなぁと思っている人が、
利益を得るのに効果的とされています。

だから、全国津々浦々に居場所を設置しようと頑張る運動があります。

でも、私聞風坊と当事者の多くは知っています。

居場所で傷つく当事者がいることを。

必ずいさかいが起きることを。

居場所にも行けない当事者がいることを。

その事でまた悩みが深くなり、いよいよ社会にも出なくなる場合があることを。

誰でも安心していられる居場所。

夢のような居場所。

は世の中にないことを。

そして、
そんなこんな思いを胸に、

居場所できました!
のチラシを見たとイメージしてみたところ、

どうにも行く気にはならないだろうこと。

何かしてもいい、何もしなくてもいい。
のなら、家にいるわ。と思うだろうこと。

友達みつかるよ。の誘い文句なら、
いらんし。
と思いそうなこと。

を予想するのでした。

さて、フォーラムの議論では、
支援というのは、
社会復帰つまり復学進学就労を最終的に目指していることを前提としているので、

居場所の効果の評価については、
復学進学就労した数が多い方が居場所の評価が高いとなる。
運営資金も得やすい。社会的評価も高くなる。

こんなことから、
当事者側から、
居場所開設者の意図に応えねばならない場としての居場所である懸念が提示されました。

有り体に言えば、
何かさせられそう。
居場所での居方(どのようにして過ごすべきか)を強要されそう。
と言う懸念です。

居場所を設置したい人の話しぶりを聞いた当事者の人は、
誰か(社会・親・支援者)の思惑どおりにせねばならないという臭いを感じ取ったようです。

そういうものから撤退して、心の安全を得ているひきこもり当事者が、そんな場に行くわけないよ。
もし、そういう魂胆を隠して、明るい居場所を喧伝するならば、それは当事者を欺く行為だ。
という思いを私聞風坊は感じました。

でも、フォーラムのその場に、
こんな、当事者としてはありきたりの思いも、感じ取れる支援者はいませんでした。
初めて聞いた感じ。

当事者同士集まれば、明るく元気に楽しくやれる。
そんな幻想をまだ持っているのかもしれません。

当事者感覚への無理解を再確認したのでした。

そうして最終的には、

親・家族は家庭の外に我が子の居場所を作ろうと頑張るのだけど、
なぜ、家庭の内に我が子の居場所を作ろうとしないのか?
それは自分たちの居場所と共有するのだけど。

という疑問を持ったのでした。

なぜなんだ?


当日配付資料P5


  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(2)ひきこもる発達障害不登校

ひきこもりフォーラム2019夏の話1

2020年01月10日

 2019/8/11(日)に、宮崎ひきこもりネット企画運営の恒例ひきこもりフォーラムを行いました。

 私聞風坊は、
久しぶりの当事者としての登壇で、ひきこもり支援の歴史について話しました。

当事者から言わせると、支援を語ることは、自分たちがどのように扱われてきたかを語ることになります。

そのため、私のお話しは、私が支援者や社会からどのように扱われてきたかの歴史となり、

それは無理解と誤解と強要と社会の都合に振り回された、

恥辱の歴史となるのでした。

なぜなら、
ひきこもり当事者は劣った者
としてこの20年扱われ続けているからです。

きっとこの先もでしょう。

だって、精神病患者、身体障害者患者、病気、障害当事者の人たち
に対するこれまでの扱いがそうであったからです。

人の意識は簡単には変わりません。

そんな中で、当事者は暮らしていかねばなりません。

だから、
したたかに、時にあつかましく、ときに従順に。

世の中のいろいろなことと、
自分の心のいろいろな思いと、
自分の身体のいろいろな反応と、
よろしく折り合いをつけて、

他人の中でやっていくのですね。

さて、
いくつか議論がありました。
主だったものをこれから数回にわたって記していきます。
気長にご覧下さいませ。

居場所のこと。

訪問のこと。

601人のこと。

当事者呼称のこと。

福祉臭のこと。

期待のこと。

ひきこもり始めた年齢のこと。

ひきこもり支援について

などです。


当日配付資料p4

  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる発達障害

自分って、いつも現場にいるなと思った話

2020年01月02日

 20年近く前から10年ほどは、当事者としてなんやかややってました。

 10年近く前からどちらかというと支援側になり、

 現在は、支援者として、なんやかややってる聞風坊です。

 この状況、
 一般的には、立場が逆になったと解釈されます。

 患者と医者。

 生徒と教師。

 でも、
 実のところ気持ちはそんなに変わってないんです。

 面と向かうときは、境界は感じています。

 支援者と当事者の境界です。

 でも、結局同じ土俵にいる感じなんです。

 当事者という立場か、支援者という立場科の違いはあれ、

 同じ土俵に立って、一緒に何かやっていく。

 課題を達成できるように。

 問題を解決するために。

 健康になるために。

 楽になるために。

 考えを整理するために。

 気持ちがすっきりするために。

 ・・・その他諸々。

 現場にいる。

 そんな思い出いつもやってます。

 きっと今年も。
  


1件1件は正しいことだけど、全体をまとめると困ったことになる話。

2019年12月29日

 社会からひきこもっている人たちは、

 おおよそ、

 社会のことを

 悲観的、批判的、否定的に捉え、

 非難し、避難しています。

 もっと希望が持てれば、もっと公正であれば、もっと受容的であれば、

 出て行けるのに。

 なんて思いながら。

 そんな人たちだから、

 社会の悪や、ひどさや、不条理や、危険性や、加害性を
 指摘する情報に触れたら、


 とっても、敏感に反応しがち。

 事故が起きると、何度も何度も被害状況が報じられ、

 事件が起きると、犯罪の様子の再現が繰り返され、

 犯人を糾弾する論調が吹き荒れることが多くなっています。

 テレビやラジオや新聞などの既存のマスメディアの他に

 SNSやブログで。

 もはや国民全員が放送局のように、

 簡単に情報を発信しできるようになっているからですね。

 
 さて、
 ここで気になることがあります。
 
 社会の害になってそうな気になることを、

 社会に知らせ、注意するよう訴えるのは、

 おおよそ社会の役に立ちます。

 例えば、
 あそこの道路に穴が空いている。気をつけよう!

 みたく。

 ところが、

 この情報が、誰も彼もから発信され、メディアにあふれたとしたら、

 受け手はどんな思いになるでしょう?

 特に不安強くこもっている人たちは?

 世界中が穴ぼこだらけのような感覚を持ちそうな気がします。

 これが、もし、

 人に原因がある出来事だとしたら。

 犯人がいたとしたら?

 あそこの学校でいじめがあった。

 あの家で犯罪が起きた。

 それだけで緊張が高まります。

 その上さらに、

 出来事の原因を探り、犯人を探り、

 悪人をあぶり出し、

 正義を果たそうと糾弾する情報の嵐に出会ったら?

 自分が犯人になり、

 自分が悪人になり、

 悪事の原因にされ、

 糾弾される恐怖を味わいそう。

 
 世の中には、合成の誤謬(ごびゅう)と呼ばれる事態が起きることがあるそうです。

 一つ一つの行為は適切で正しいけど、多くの人がそれをやってしまうと、全体として望ましくない結果になることです。

 余分な支出をしないようにと国民全員が一人一人の財布のひもを締めると、国全体の経済がしぼんでしまい、結果として一人一人の暮らしがきつくなる。と言う風に。

 悪を暴き不正を正し、悪事を働いた人を糾弾すること事態は、社会のために役立つのかもしれません。

 でも1件1件(の悪事を正すこと)は正しく適切なことだけど、全体として、誰か(自分が気に入らない人)を糾弾する風潮が蔓延する社会になったとしたら?

 社会全体が、悪を暴き悪人を糾弾するために、鵜の目鷹の目で暮らすようになったとしたら?

 事実として悪を為したか、
 または風評によって悪を為したとされたかのいずれかだとしても、

 悪人認定されたら、その人をとことんまで叩いていい。
 それが許され、正しいとされる世の中になったとしたら?

 およそ、
 ひきこもる人は、社会から害を受けた、優しくされなかったとの思いを持つ人は少なくありません。

 悪人評定されたら誰でもとことんまで糾弾していい風潮は、
 そんな人たちに復讐のチャンスを与えることになるかもしれません。

 正当に人を害していいチャンス。

 相手は悪人認定されているから。

 自分がされたことを仕返す。

 それは正しいこととされている。

 なぜなら、メディアを通して世間が当たり前のようにやっているから。

 こもる人だけの話に限らず、

 この1年、
 世界中の人々の意識が、そんな合成の誤謬状態になりそうでとても心配な日々を送っているのでした。

 
   
タグ :合成の誤謬


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる社会のこと