当事者が持つようになる社会的役目感のこと

2020年07月22日

長いこと当事者活動をやってきていましたが、
そのなかで、当事者がある役目感を感じるという指摘があります。

病気やケガや被害は、実はとても個人的なことです。
その人が一身に苦痛を負います。
誰も身代わりになれません。

だから、
病気を患ったり、ケガを負ったり、被害を受けた当事者は、
誰とも自分の苦痛を共有できない孤独を感じます。

ところが、あるとき、
同じような苦痛にあえいでいる人が他にもいるのではないか?
自分のことを表明することは、自分と同じように苦痛にあえぐまだ知らぬその人たちのためになるんじゃないか?

広く見れば、それは社会のためになるんじゃないか?

なんてふと思い立つことがあります。

自分のことが他人様のことにもなり、
社会全体の福利のことにもつながるという感覚を持つのです。

これが、
当事者が感じる社会的役目感です。

新型コロナウィルスが猛威をふるい、世界中の人々が未知の恐怖におびえています。

感染した人や感染リスクのある人は、そんな世間の恐怖の標的となり、
差別、排除を受けています。

先日テレビのニュースで、
回復した新型コロナウィルス感染当事者の人が、自分のことを知らせることが、差別の解消に役立つとして、あえて自分のことを表明しながら仕事をしている姿が報道されました。

自分という当事者のことを世間に知ってもらう。

当事者活動の原点をみた思いでした。

私もひきこもり当事者、アダルトチルドレン当事者のことを知ってもらうために、
20年前に当事者活動を始めたのですが、

このニュースに接し、
その頃の思いを改めて感じることとなったのでした。

当事者活動は、よい社会を作るためにある。

この一点にこだわってやっていくのだと思っています。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)社会のこと自助グループ

ひきこもり予防としての不登校支援はやめた方がいいんじゃないかと思う話

2020年07月14日

フレイルという状態があります。
健康な状態と介護が必要な状態の間の、
記憶や思考力や運動力・活動量が落ちて、あまり活発ではない=あまり健康的ではない状態のことだそうです。

介護状態になるのを予防するためには、このフレイル状態でのケアが重要とされています。
※フレイル状態にならない予防がまず大事ですが。

また、
ロコモティブシンドロームという状態もあります。
移動する際に使う足腰の運動機能が落ちている状態だそうです。

この状態になると、
生活習慣病などの病気、転倒でのケガリスクが高くなります。

そのため、
生活習慣病や転倒ケガなどを予防するために、運動するようにするのだそうです。

さて、
不登校状態というのがあります。
学校に行かず、社会とあまり接さない状態です。

このままでは、ひきこもりになるリスクがあるとされています。

そのため、
ひきこもり予防の一環として不登校状態の改善を図ることがよく行われています。
あの「ひきこもり」になるとマジでヤバイ! ってな感じで、焦りまくって躍起になって。

でも、ここで問題なんです。

今がそこそこ健康な人は、より健康になるために頑張れます。

今が苦しい人は、未来のために頑張ることがしづらくなっています。

今がとても健康でない人は、今をよくするためにも頑張りがききません。

未来の悪いことを予防するために、今何かする。

これは、元気のある人ができること。

そもそも、
不登校は、家庭や学校や病気や障害やいろいろな問題が関係して起きていることが多いのです。

たくさんの問題、その子1人で抱えきれない困難、大人ですら対処できないどうしようもない状況などなど。

こんな状況、状態では、人は明るい未来を予想できません。
予想できたとしても、そこに向かって頑張る力はとても弱くなっています。
未来に向かって頑張ることができづらい状態です。

今の状況の延長上に未来はあるのです。
明日という未来がくるかどうかすら自信のない人もいるでしょう。
今日を生きながらえるだけで精一杯で。

そうなんです。
だから、

不登校というただそれだけで、
今現在の困難を軽くし、
今現在の痛みを癒すことのみに焦点を当てて支援されてしかるべきなんです。

何かの予防のためでなく。

そう思うのでした。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)社会のことニート不登校

フツーの発達障害者だっていいじゃないかと思った話

2020年07月10日

古今、映画やテレビドラマなどで、
発達障害と表明しているかどうかの差はあるとしても、
実質的に発達障害者が取り上げられる場合、

いずれもすごい能力の持ち主。

であることがほとんどであるように思えます。

また、
現実社会でも、芸術や学問などの高度専門分野でめざましい活躍をしている一部の人を取り上げて、
発達障害者は、すばらしい能力の持ち主だ!
という言説を多々見聞きします。

どちらもまるで、
発達障害者はフツーの人間とは違う特殊能力を持ったヒーロー。
みたいな扱いです。

どうも、
発達障害者には、
(あなたたちが気づいてないだけで)とてもすごく社会貢献する機能が備わっているんですよ。
だから、(あなたたち)社会は、この人たちが活躍するように合理的な配慮をすべきですよ。
その方が社会にとって有益ですよ。
みたいな論理みたい。

この論理は、
どれほど社会貢献しているかでその人の価値が決まる価値観。
にもとづいています。

そのたんびに思うのです。

フツーじゃダメなの?
フツーで生きちゃダメなの?。

だって、
機能がスゴい発達障害児者ばかりじゃないだろうにと。

その人たちは、立場がなくなるんじゃないかと。

例えば、
発達障害なのに、記憶悪いの? カレンダー全部覚えてるんじゃないの?
え、発達障害なのに、スゴい能力持ってないの? 
これといってないの? フツーなの?
みたく。

発達障害者じゃない人たちがそうであるように、
発達障害者でも、ヒーロークラスのすごい能力を持った人と、そこまですごい能力は持っていないいわゆるフツーの発達障害者の人がいるはずです。

現状、なんだか偏った情報発信がなされている感じがします。
リアルじゃ無い。
本来はもっと身近で庶民的だ。
そんな感覚を持っています。

そんなこんなで、
発達障害者だからって、特別でなくてもいい。
と、思うのでした。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)社会のこと発達障害

卒業式や入学式への思い入れがない話

2020年06月04日

新型コロナウィルス感染拡大予防のために、
今年2020年の卒業式や、入学式が中止や、形を変えての実施など、さまざまな影響を受けました。
中止のニュースに心を痛めたり、一生の大切な思い出となるべきことを取りやめるなんて! と怒りすら表明する人たちもいました。

そんな世間を、私は少し心に距離を置いて見ていたのでした。

卒業式や入学式っていうと、

思い出のいっぱいつまった学校生活を終える卒業式。

これから始まる新しい学校生活の第一歩である入学式。
希望を胸に晴れの入学式。

みたいな感覚が社会一般の感覚みたいです。

でも、私は違います。

卒業式も入学式も学校生活で行われる普通の集会。
いわば朝礼のような感覚でした。

だって、
卒業したからといって、卒業式をしたからといって何が変わるというのだろう。
何も変わらないじゃないか。
そんな思いだったからのように思えます。

思い出がいっぱいつまった学校生活だったかどうかについては、
楽しいことや悲しいこと悔しいこと頭に来ること感謝していることはたくさんあります。

卒業というのは、それらができなくなることを意味しているのでしょう。
だから悲しい。涙するほどに。

でも私は、
卒業式があってもなくても、思い出・経験は経験だから。
恩師や友人に会いたかったら会えばいいし、会えないなら仕方がない。
会うほどのこともないなら会わなければいい。
そんな風に考えていたようです。
なんてクールなんでしょう。
これをリアリストというのでしょうか。

きっと、
いずれ別れる・離れることを大前提に学校生活を送っていたからでしょう。
いつかはみんなサヨナラする。
そんな感覚。

そもそも、卒業することがおめでたいとは言えないから。
おめでたいと言えるような暮らしはしていないから。
何かが終わって新しい何かが始まる。
そんなことはないと思っていたから。

今までもこれからもどうしようもなくずっと悪いまま。今がそうだから。
そんな感覚だったからのようです。

このことは、
入学式についても同様です。
式があったからなかったから何がどう変わるというのだ?
何も変わらない。

この先、
自分の希望が叶うとも限らない。
学校生活をいつまで続けられるかも分からない。

安穏とした夢や希望や予測を持っていない私は、入学式に何も意味を見出していませんでした。
むしろ、ちゃんと入学の手続きが済んでいるかの方が気になっていたのでした。
うっかりミスが多いんです。

そんなこんなで、
卒業式、入学式、終了式、修了式、始業式。
儀式が中止や変更を求められることがとても落胆や悲しみをともなう大きな話題になっている世間に対して、
とても冷ややかな思いなのでした。

そして、そんな人は私以外にもわりと多くいるんじゃないかなと密かに思っているのでした。

蛇足
ちなみに給食に対しても同じような感覚です。
おいしく食べたのですが、大人になって、懐かしい献立について話題にするほどの気持ちの盛り上がりはありませんの。
揚げパンはおいしかった。とクールに記憶を言葉にする感じでしょうか。

  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)社会のこと過去の出来事

新型コロナウィルス感染症のことについて思うこと

2020年05月23日

目下、
新型コロナウィルスによる感染症(COVID-19)が私たちの最重要関心事の一つになっています。
現在、
緊急事態宣言が宮崎県を始め多くの地域で解除され、社会活動(仕事・学校・余暇など)が再開され始めました。

ここで大事なことは、緊急事態宣言が解除されたために、もう感染の心配はなくなったと勘違いしないことでしょう。
感染収束宣言、安全宣言が出されたわけではないからです。

私たち市民の行動自粛によって新規の感染者数が減ってきて、
懸命の医療行為があって、現感染者数は減ってきているようです。
これらは、私たちの辛抱の成果です。
もしここで気を緩め辛抱をやめれば、また爆発的に感染者が増えるだろうことは常に念頭に置いておかねばなりません。

なにより、今でも現感染者数はとても多いことを忘れてはなりません。
だからきっと、今も医療・治療現場のそんなに負担は減ってないはずです。

そもそも、
医療現場には、コロナ感染症以外の病気やケガや治療が必要な人たちの治療やケアがこれまで通りに求められています。
医療現場では、コロナ以外の治療環境も保持しながら、コロナ感染症対策せねばなりません。
いつにも増して負担が増えている状況は続いているはずです。

このようなことから、
私たち市民に求められることは、引き続き自分たちがコロナウィルスに感染しないように、またうっかり感染を広めないように最善を尽くすことでしょう。
気を緩めずに。

そんなことから今回は、
コロナウィルス感染症について私が理解しているところとあわせ、感じたことを記したいと思います。

新型コロナウィルスによる感染症(COVID-19)対策として、
私たちは、いろいろな行動変容を求められています。

基本的感染症対策としての、
丁寧な手洗いと消毒を折々に実施すること。
うがいも。
※これは自分が感染しないように。

それから、
マスクを着用すること。
※これは誰かを感染させないようにの意味合いが強いかしら。ウィルスに感染していても無症状の人が多くいるので、どちらかといえば誰かにウィルスを移さないためにマスクを着用するように思えます。

感染は、
ウィルスが粘膜(主に目鼻や口)に接触することで起きるとか。

どんな風にウィルスと接触することになるかというと、
ウィルスを含んだ咳やくしゃみ、会話や呼吸で生じる飛沫(しぶき)が拡散されて、それに接触してしまうことで感染するようです。
普通に呼吸する際の呼気にもウィルスは含まれているらしいです。
※つばやたんや鼻水や呼気中の湿気の中に、ウィルスが含まれているのでしょう。

どんな風に接触して感染するかというと、主に、
飛沫感染と呼ばれる、ウィルスを含んだ飛沫が直接に口や目鼻(の粘膜)に付着・接触する場合と、
接触感染と呼ばれる、ウィルスを含んだ飛沫が付着した物体に接触したりする場合が
あるようです。

接触感染については、
飛沫が付着しがちな物体としては、ドアノブや電話機、スイッチボタン、遊具、手すり、いろいろな品物などがあり、
それらに触れた手指にウィルスが付着し、その手で口や目鼻(の粘膜)に触れることで感染するという仕組みだそうです。

だから、感染予防のために、
マスクをして、飛沫が飛ばないように、飛沫に接触しないようにすることと、
物体に接触する機会の多い手指をとにかく清潔に保つことが何より重要みたいです。
もちろん物体の消毒も重要ですね。
※マスクをすると手が口や鼻に触れづらくなることから、感染しない効果が期待されていますね。

さらには、
ウィルスは、人の飛沫を通して感染するので、
そもそも人と接触することを減らす。できうる限り。

どうしても今必要であるため(不要不急でない)に、やむを得ず人と接触するにしても、
飛沫が付かない(届かない)ように距離を取る。なるだけ2メートル以上とか。

でも、
これらを実践したら、生活が成り立たなくなってしまった感覚を多くの人が持ったのではないでしょうか。
私もその1人です。
身動きが取れず、なにもできない感覚すら持ちました。
ほんとに、ステイホームするしかない。
生活を守るためにすることが逆に生活をしづらくしてしまった感じがしています。
※そんな状態だったので、血液が足りません! 献血は不要不急の外出じゃありません! の呼びかけに、30年ぶりに献血に行きました。

近年、
人との関わりが昔に比べて減ってきたとよく言われてきましたが、
現下の状況になり、現在でも人と関わる機会は存外とても多かったことに気づくこととなりました。

むしろ、人と関わらずにこの世は成り立たないんだ。
昔の様相とは違ったとしても、人の手が関わっているからこの世が成り立っているんだ。
ということがよく分かりました。

今、これらの経験を踏まえて、
新しい生活様式として、私たちが暮らしていく上で、特に人と関わる際の望ましい行動が新しく提起されました。
厚労省のサイト
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_newlifestyle.html

宮崎県のサイト
https://www.pref.miyazaki.lg.jp/kansensho-taisaku/kenko/hoken/kinkyujitaisengen_covid19.html

この報に接し、私が受けた印象を一言でいうと、

人とは距離を置いて下さい。

です。

きっと、
人と直接関わる際には十分に注意してという意味合いでしょう。
それは配慮だという言い方もできますが、いずれにしても人と関わる際にはこれまでとは違う新しい緊張感が求められることになります。

人と、ある意味密接に関わることを最善としていた、
それを目指していた社会が、変容した印象を私は持ちました。

現在では、外出が徐々に再開されてきていますが、一朝事あるときは「家にいよう」となることが私たちの共通認識です。

このようなことから全体的な意識の変化に心を向けると、

人と関わることはお互いの身の安全を脅かすリスクが高い行動だとして世界的に再定義された感じがします。

多くのこもる人は、
誰かと関わるという社会参加に命の危険を感じるためにこもる。
自分の居場所にステイします。

そんなこもる人への働きかけ、ひきこもり支援の根幹は人と関われるようになることです。
こもる人の望ましい行動としては、人と関わることにつながる行動とされています。
だからとにかく外に出て人とかかわることが勧められてきました。
ときに寄りそいながら、ときに強引に。

それは、
人と関わらないとやっていけない。それが社会の鉄則だから(だったから)です。

ところが、
無条件にそうとも言えなくなってきたようなのです。
世界全体が。

常識は変わる。
望ましい行動も変わる。

世は移り変わる。
無常の理・ことわりを実感しています。

この数ヶ月のうちに、
人と関わることは危険をともなう。
という新しい意識の中で、人と関わり、物体と接触し、暮らしていく世界になったのかもしれません。

こんな急激な変化に振り回されながらも、
健康と安全を取り戻すための、
私たちの必死の努力が報われますように。

  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)社会のこと