居場所という福祉的サービスについて考えてみた話

2020年10月20日

居場所(いばしょ)。

不登校・ひきこもり界で最も有名なそして効果があるとされている支援方法=サービスです。

家に居場所のないこもる人たちが、居てもいいんだと思える場所。
です。

支援者・研究者はその効果を認め、居場所が増えることを目指して設置を勧め、こもる人の家族にはこもる人の参加を促します。

家族は、それを真に受け、開設に躍起になり、開設されたと聞けば子どもに案内し、参加をしつこく勧めることが定番になっています。

子どもが行きそうな学校の開設を必死に求めたり、
今の学校に行かない子どもに、別のイイ学校があるからと尻を叩いたりすることと同じように。

でも、
家に居場所のない人が、本当に心の底から自分はここに居てもいいと思えるのでしょうか?

人間関係がうまくいかなくてひきこもっている人が、人間関係が求められる場で居心地よく過ごせるのでしょうか?

誰かと一緒に居るだけで緊張する人が、ここに居てもいいんだと思えるでしょうか?

やったことややらなかったこと、またはやられそうなことに気をもんだり、知らぬ間になにかやらかしたんじゃないかと不安になって寝込んでしまうような人たちが、進んで、喜んで居場所に行くでしょうか?

居場所に行くこと自体が新たなストレスになり不調の原因になりはしないでしょうか?

利用者同士のケンカもいさかいもなく、常時穏やかに万事順調にいく居場所は、これまであったでしょうか?

居場所をすすめる人は、居場所のイイとこばかり喧伝してはいないでしょうか?

私聞風坊は、たくさんの疑問を抱きます。

実のところ、
本人たちの多くは、居場所への参加を見合わせます。
それは、
私が抱く素朴な疑念が払拭できないからかもしれませんし、
そのために、
はなから参加する気がまったくないからかもしれませんし、
様子をみるために、うやむやな返事を繰り返しているからかもしれません。

それらは、
これまでの人生で、友人関係で、学校で、
つまり、
他者と関わる場での痛みを伴う経験にもとづく予測に基づいています。

そうなんです。
居場所に行くことを拒むのは、根拠のある回避行動なんです。

そんな本人の気持ちと乖離したサービスは利用されないでしょう。

さて、
近年話題のこども食堂ですが、子どもに食事を提供する場だけにとどまりません。
居場所であり、子ども(と取り巻く大人)が抱える問題解決のきっかけとなる場であることが求められているんです。

このとき大事なことは、
子ども(と取り巻く大人)が、居場所と思えるかどうかです。
子ども(と取り巻く大人)が、本音を相談できる場であるかどうかです。

美味しく安全な食事が安心して食べられるだけでは不十分なんです。
不登校・ひきこもりの居場所と同様に。
利用対象者の気持から解離していないこと。
ニーズに応えられること。
が大事なんです。

来ている人たちだけが食事がおいしかったと喜んでいるだけでは
一部の問題の解決しかならないでしょう。

確かに、誰かと一緒においしい食事が安心して食べられることは生きる基盤でしょうからとっても重要なことですが、
それを達成しただけで終わってはならないでしょう。

食堂の開設数が多いことは大事です。
同時に、どんなサービスをやっているか? 中身も重要なんです。
だから、
とりあえず開設することに躍起になるのは芳しくありません。
数と中身。両方充実せねばなりません。

なんてことを自助グループというある意味居場所をやっていた私聞風坊は考えるのでした。

そして、
家に居場所がない(食べる機会がない)という点がそもそもの問題なんじゃないのだろうか。

こもる人の親が、家の外に我が子の居場所を作ろうと躍起になったり、
子ども食堂をたくさん作ろうと頑張ったりするのはそれはそれでいいのだけども。
とも。

宮崎市のこども食堂関連ホームページは下記。↓
https://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/education/support/syokudou/223832.html

  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)社会のこと不登校

逆境的小児期体験ACEについて知ったのでした 2

2020年10月08日

『小児期トラウマと闘うツール――進化・浸透するACE対策』(ナディン・バーク・ハリス著 片桐恵理子訳 パンローリング社 2019)
https://www.panrolling.com/books/ph/ph95.html
を読んだのでした。

その感想の2です。


子どもの頃に暴力や虐待などの逆境体験をした場合、それが人体に悪影響を与えて、心と身体の病気を大人になっても引き起こす。
それは、人類共通の反応であり、人類のほとんどが逆境体験を経験している。
だから、早期発見し、影響を見極め、必要なケアを行う。
それが社会で標準化される。

これが、
逆境的小児期体験・ACE(Adverse Childhood Experiences)研究を中核にすえた医療実践している著者の願いでした。

血液検査でガンマGTPが高かった。標準体重をだいぶ超過し、血圧も高かった。
だからまずはお酒を控え、食生活指導を受け食事を改善し、運動のプログラムに参加する。
それで効果がないなら降圧剤の服用も考える。
加えてACEスコアが4点以上だったから、逆境的体験の回復プログラムも取り入れる。
そんな感じでかなとイメージしました。

さて、私が注目したのは、
逆境的体験の一言でした。

これまで、子どもに対する悪い影響として取り沙汰されている事柄は、

虐待、
望ましくない養育であるマルトリートメント、
体罰、
いじめ、
が多いのですが、

これらは、
ぜんぶ加害行為に焦点が当たっています。
害を受けた子どもの側よりも。

害を与える行為はダメです。
という視点です。

そう言えば、
有害図書もそうですね。
害のある図書。焦点は図書です。子どもではない。

一方で、
逆境的体験となると、
体験した側に着目しています。

その子が、逆境に遭遇した。
逆境を体験した。
逆境を体験したのはその子。

害を受けた、害を受けている人にまなざしを送っている。
害を加える行為や、害を与える人ではなく。

この視点が、新鮮でありとても強く心を動かしたのでした。
そして、
すでにもう研究がだいぶ進み、支援に取り組まれ、成果を上げていることも、大きな喜びでした。

とはいえ当地でもまだまだの様子。
子ども時分に手当てされる人は多くなく、
大人になって、いわゆる成人病や大きな病を得てから、初めて子どもの頃の逆境的体験を思いやられる人は少なくないようです。

ましてや日本では?

そんなことを思ったのでした。


  
タグ :逆境的体験


逆境的小児期体験ACEについて知ったのでした

2020年10月04日

『小児期トラウマと闘うツール――進化・浸透するACE対策』(ナディン・バーク・ハリス著 片桐恵理子訳 パンローリング社 2019)
https://www.panrolling.com/books/ph/ph95.html
を読んだのでした。

虐待などのトラウマが与える悪い影響と言えば、
精神的な不調ばかりが注目されがちです。

ところが、
身体の不調もその影響が大きいようなのです。
※経験者は薄々気づいてます。

ACE研究はこれを明らかにします。
逆境的小児期体験・ACE(Adverse Childhood Experiences)研究。

これによると、
家庭内の虐待に限らず、犯罪が頻発する環境や、貧困によるストレスなどの環境面の影響が、
低体重や喘息など子どもの心と身体に悪い影響を与えていて、
その影響は、大人になっても、そう、一生つきまとうのだそうです。

大人になってから、
食習慣から糖尿病や肥満による高血圧や心臓や血管の障害などの病気になったり、
喫煙習慣から肺の病気になったり、
アルコール摂取習慣から依存症やいろいろな病気になったりすることも、
自己免疫疾患や甲状腺などの病気も、
子どもの頃の逆境的体験の影響があるようなんです。

逆境というストレスが、
人のストレス反応系(免疫系・ホルモン系・自律神経系など)に問題を引き起こし、それが長年にわたって、ときに一生、影響を与え続ける。

そういうことから上記の身体・人体の病気の治療や予防に、
ACE研究の知見を取り入れると、効果てきめんなんだそうです。

さて、
この逆境的体験ですが、ACE研究は、
逆境的体験は、人種性別国籍地域困窮富裕などに関係なく
ほとんどの人が経験していることを明らかにします。
そして、
体験の数が多いほど人体に与える影響も大きくなるとか。

逆境は人体に甚大な影響を与える。
のですね。

だから、
子どもの段階で逆境体験を発見し、早期ケアを始めることが重要と指摘します。

もちろん、
大人になってからでも、現病気の原因でもある逆境体験のケアを始めることが現病気の回復に役立つ!

そのために、
逆境体験のチェックリストを作り多くの医療福祉機関で活用しているのだそうです。
最初の段階(予診・問診)でチェックを実施するようです。

逆境は人体に甚大な影響を与える。

人類共通の仕組みゆえ。

実は、
私聞風坊のひきこもり研究も同じ視点・仮説に基づいていました。

人は誰でもこもる。

この仮説を実証したくてずっと研究してきたのでした。
成功すれば、老若男女人種国籍などの区別なく、こもるほどの苦痛体験の解消・軽減の道筋が見えるだろうと予測したからです。

その結果、
身体反応という結論に達しました。

人類共通の反応。
問題。
そして課題。

となれば、何が起きるか?
または何が起きないか?

その第1に挙げられるのはスティグマだと思っています。

実のところ、幼児期のトラウマ体験は、
その人を特殊な経験をした人にしてしまいます。
これが、
特殊な人という烙印・スティグマを押すことになるのです。
そうなるともうその人はフツーの人ではなくなります。
ひきこもり界では、
当事者論が盛んですが、これもこのスティグマとの葛藤から来るものと思っています。

障害者・(性)被害者・というスティグマと戦っている人たちも思いは同じでしょう。

トラウマ体験をすると、
逃げる努力が足りなかったから。
注意を怠っていたから。
無力だったから。
快復に力を入れてなかったから。
なんて、自分を責めがちなんでです。
他者からも非難を受けることも少なくありません。
支援者からですら。

そしてそれは、自分のことを
弱い、人と異なる、人に受け入れられない、
特殊な存在として認識することにつながります。
こうして、
自分でスティグマを押し、他者からも押されます。

逆境的体験に対処するように人体が反応して、
それが長期間にわたり心身に影響を与えている。

これは自然な人体の反応なんだ。
この反応は人としてフツーの反応なんだ。

自分の身体に何が起きているのかが分かれば、何をすればいいのか、何をしなくていいのかは明らかになります。

人類共通の反応であることが科学的根拠に基づいて解明されれば、

苦痛から解放される道が開かれるのです。
スティグマからの解放とともに。

そんなことを思った一冊でした。

  


人の身体に触れるにはライセンスがいるらしい話

2020年09月22日

人の身体に針を刺すこと。
人の血液などの身体の組織を採取すること。
皮膚はもちろん髪の毛を切ること。
やけどを負うような熱を与えること。
は罪に問われます。

総じて、
害のあるなしに関わらず、
他者の身体に勝手に触れたり改変を働きかけたリすることは、原則やってはならないことのようようです。

ところが、その行為が国から許されている人たちがいます。
もちろん厳しい条件の下で。

医師、看護師、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、理美容師、
は国家資格です。

特定の条件の下で、
人の身体に触っていい。
改変していい。
ということが許可された人たちです。

仕事として他者の身体に触れることには、
特別な技能と倫理観の取得と国の許可がいるのですね。

そもそも、
仕事でなくとも人の身体に触れることは安易にやりません。
最近では挨拶に握手する人が増えてきたようですが、それにしても触れるのは手指のみです。

私たちは、
人の身体に安易に触れてはならない。
自分の身体は安易に誰かに触れさせなくていい。
という共通理解を持っているからでしょう。

それぐらい身体は大事に扱うものなのです。
人の身体も自分の身体も。

こう考えてくると、
体罰がいかに安直で愚かで身勝手な行為かと言うことが分かります。

なにより体罰する人は、
自分には、体罰許可の資格は誰からも与えられていないと言うことを思い出さねばなりません。
そして、
この先も、与えられることがないことを。



  
タグ :資格体罰


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)社会のこと

体罰と身体的虐待とについて考えてみた話

2020年09月18日

児童虐待のうち、いわゆる身体的虐待は、
保護者が自分が監護する18歳に満たない者(児童)に対して、

児童の身体に外傷が生じ、又は生じるおそれのある暴行を加えること。
(児童虐待の防止等に関する法律第二条)
https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=412AC1000000082

とされています。

これによると、
外傷が生じるほどの、
または
外傷が生じそうなほどの
暴行は、虐待に当たるようです。

となると、
ちょっと小突いた。
ちょっとはたいた。
ぐらいの暴力は虐待にあたらないようです。

とはいえ、一般社会常識では、
誰かを小突くこと、はたくことはいけません。
それらの行為は暴力になるからです。
街中(まちなか)で、誰かが誰かを小突いたとしたらそれは暴力ですね。

こんなことから、
一般社会ではNGとされているところの、
虐待にはあたらないこれらの暴力行為は、
法律で問題にされていないから。
自分が監護する子どもに対してはやっていいという解釈すら生じそうな心配がありました。
それは、しつけという言い訳によって長いこと許されてたし、実のところ推奨すらされていたかもしれません。

ケガをしなきゃいい。
ケガをしない程度(の暴力)ならいい。
だってこの程度は虐待じゃないんだから。
しつけのためだから。
みたいな解釈です。

そもそも、
ゲンコツ、ビンタ、尻を叩くなどのケガをしない程度の有形力の行使。
これらの行為はしつけのためとしてなら社会通念としてなんとなく認められています。

そもそも、保護者には懲戒権というのが法律で認められていて、
これによってしつけとしての暴力はなんとなく許可されている感じなんです。
社会的に。

しつけのための暴力行為。
これは一般的に体罰と呼ばれています。

つまり、
ある程度の体罰は世間的に容認されている。
ということになります。

さてところが、
2020年令和2年の4月に
体罰は法律で禁止されました。

きっと、
親はしつけのつもりで体罰を行っていたところ、客観的にみれば虐待となっていた事例がたくさんあったからでしょう。
児童虐待防止法や児童福祉法に記されています。

第十四条 児童の親権を行う者は、児童のしつけに際して、体罰を加えることその他民法(明治二十九年法律第八十九号)第八百二十条の規定による監護及び教育に必要な範囲を超える行為により当該児童を懲戒してはならず、当該児童の親権の適切な行使に配慮しなければならない。
(児童虐待の防止等に関する法律第十四条)


児童相談所長は、一時保護が行われた児童で親権を行う者又は未成年後見人のあるものについても、監護、教育及び懲戒に関し、その児童の福祉のため必要な措置を採ることができる。ただし、体罰を加えることはできない。
(児童福祉法第三十三条の二)

児童福祉施設の長、その住居において養育を行う第六条の三第八項に規定する厚生労働省令で定める者又は里親は、入所中又は受託中の児童等で親権を行う者又は未成年後見人のあるものについても、監護、教育及び懲戒に関し、その児童等の福祉のため必要な措置をとることができる。ただし、体罰を加えることはできない。
(同法第四十七条)


これまで、
ケガも負わしていないし、そもそもしつけとしての罰を与える行為だからという意識から、
家庭や学校現場などで認められてきた子どもへの体罰ですが、

今年、
ケガを負いそうなほどでなくとも、しつけの意図があっても、暴力はふるってはならない。
と言う当たり前のことが、法律で制定されたのでした。

体罰(という暴力)は、
たといしつけの名のもとであってもダメ。

と法で決められて、やっと
とにかく暴力はダメ。
という筋が一本通った感じがしています。

暴力はダメだけど、罰としてならケガしない程度ならしょうがないじゃん。
という暴力許容の抜け道が公式にダメになったと言うことですね。

ケガを負わすほどの暴力もダメ。
ケガを負わさない程度の暴力もダメ。
罰としての暴力もダメ。
とにかく暴力はダメ。
で一貫一徹した感じです。

まずは誰の目にも見える加害行為である身体的暴力がなくなることを願っています。


  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)社会のこと