2018年04月10日

まだ会っていない仲間のことを思う話

 当事者運動の腹構えシリーズです。

 自助グループで私聞風坊が学んだことを思いつくままにお伝えしています。

 今回は、仲間のことを思う腹構え。

 グループは、決まった日時に集まってミーティングします。

 誰も最初は緊張し、言いっぱなし聞きっぱなしや、本名を名乗らないなどの独特のルールに戸惑いますが、

 それらがすべて自分たちへの思いやりと成長のためであることを知り、

 次第に心は落ち着いていきます。

 何度も顔を合わせるうちに、 

 お互いに見知った仲間となり、

 今までの人生で誰にも話したことのない心のうちを話すようになります。

 同時に、

 今までの人生で誰に対してもしたことのないように仲間の話にただ聞き入り心を傾けます。

 そうして、今こうして仲間を得られたことに感謝の気持ちが生まれます。

 仲間の成長のために自分の役立つ体験はないか?

 自分の生活、人生を振り返ります。

 同じような思いで仲間もそこにいます。

 自助グループでは、こうして独特の信頼関係が生まれます。

 地域コミュニティや、学校や職場、趣味の集まりの信頼関係とはちょっと違う、

 距離をとりつつ穏やかな思いやりを基盤とした人間関係です。

 これまでの人生で経験したことのない人との関わりです。

 この時、肝に銘ずることがあります。

 かつての自分たちのように、

 今もまだ、

 信頼できる人に会えていない仲間がいることを。

 自助グループの思いやりは、顔の見える仲間に限らず、

 まだ見ぬ仲間に注がれるのです。

 それが、人類全体、世界全体への思いとなるのに、

 さほどの時間はかからないでしょう。


  
タグ :思いやり


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)自助グループ

2018年04月05日

批判をする時の腹構えの話

 突然始まった当事者運動腹構えシリーズです。
 
 おごらず謙虚であること。

 過去に関わった人や現在関わっている人へ配慮すること。

 に続いては「批判」の心構えです。 

 概ね被害者意識を持っている当事者は、

 他者や社会に対して批判的です。

 親に対して、教師に対して、医療者に対して、支援者に対して、社会に対して、
 ときに攻撃的なほどに批判的です。

 さてその一方で、
 自分への批判はどうでしょう?

 例えば当事者への思いやりがないと相手を批判する際、

 自分はそんな相手への思いやりはあるだろうか?

 配慮なく批判だけしていないだろうか?

 と自分の行動を批判することはとても大事です。

 自分がやろうとしている行動をきちんと批判したその上で、しっかりと相手(の行動)を批判します。

 さて、
 この批判の仕方、実は、

 どうしたらよりよくなるか?

 という問いが含まれています。

 相手や自分をけなしたり貶めたり攻撃したりするためではなく、
 よりよくするための提案や要望をするために、批判するのですね。

 私は人前で鼻をほじるのはやめた方がいいと思う。
 なぜなら、君は気づいていないかもしれないけど、鼻をほじっているとき、君はスンゴイ顔をしているからだ。
 だから、人が見ていないところで存分にやったらいいと思うよ。


 自他をよくするため。
 
 これが当事者運動の本質と思っています。

 よりよい関係を築くため、

 よりよい社会にするため、

 批判という手段を使って、提案要望する。

 当事者運動で批判を行う際の心構えでした。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)自助グループ

2018年03月25日

当事者運動の腹構えの話

 当事者活動人(とうじしゃかつどうじん)という新しい人間ジャンルで活動している私聞風坊は、

 当事者活動・自助グループの先輩たちから学んだいろいろなことを肝に銘じてやっています。

 その一つが「配慮」です。

 自分が親や教師や友人や家族や支援者などからされたこと。

 そのために、夜も眠れず悪夢を見て、昼も人と関わりづらく、恐怖におびえて暮らす日々を送っていたとしても、

 活動するにあたっては、その人たちへの最大限の配慮を忘れないようにする。

 のですね。

 当事者活動の主軸は、体験を語ることになるかと思います。
 発話で語るか、文字で語るか、語り方はいろいろあるでしょうが、

 話の内容は、自分の苦労・困難についてのこととなるでしょう。

 そして、その困難に強く関連のある人々の話にもなるでしょう。
 それは、おおむね、親や教師や友人や家族や支援者など、自分とかかわりのあった人々でしょう。

 話の内容は、その人たちを批判する意味合いが少なくないでしょう。
 時に批判がほとんどになるかもしれません。

 今、自分への理解者が現れ、社会が体験談を求めていて、自分も話したくて、それが社会に貢献することだとして、

 語りをはじめとする自分の言動が、
 
 自分に関係する人たちや

 親や教師や友人や家族や支援者たちや、

  その人たちの親や教師や友人や家族や関係者

 に与える影響をちゃんと考えねばならないと考えています。

 やっと自分の苦しみを言葉にし、聞いてもらえる機会が巡って来たとの喜びから
 怒りや憎しみや、されたことされなかったことの、
 3倍返しの非難や批判や侮辱やらの怨讐を語る口調になることはままあります。

 しょうがないんです。恨み溜まってるんだもの。
 そして、
 憎しみも悔しさも恥の感覚も悲しみも。

 でも、こんな形での表現は、破壊しか生みだしません。
 過去の復讐だからです。

 もし、自分がされたように相手を傷つけ貶めようとの気持ちが高まったとき、

 かつて自分に害をなしたその人たちには、
 昔も今も
 親や子どもや兄弟姉妹や恩師や友人や、恋人や職場の上司や同僚や後輩や部下、ご近所の人、その子どもたち・・・
 がいるであろうことに思いをいたすことは大切です。

 そして自分にも!
 スーパーの店員さん、隣近所の人、バスの運転手、ネットの友人、職場の上司・同僚・部下、仕事先の人々、学友など、
 支援者、理解者、隣人など、
 自分の今の暮らしに害なく普通に関わる人たちがいることにも。

 自分の復讐欲によって、それら大勢の人たちへの悪影響が起きるであろうことを。
 自分の言動が新たな不幸を生みだすであろうことを。


 復讐としての語りは、
 未来の希望を語っていません。

 復讐してはならない。
 自分が暮らしやすくなるのに役立つことをしなさい。

 グループで、そう学びました。

 当事者運動は、誰かを不幸にするためではないのです。

 日常の営みに希望を見出すためなのです。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(2)自助グループ

2018年03月20日

謙虚さが大事だということを学んだ話

 かつて自助グループでともに気づきを得ていた頃の話です。

 そのグループでは「謙虚」ということが最大の価値の1つでした。

 ワレガワレガで自分頼みで生きてきた私聞風坊と仲間たちにとって、

 それはとても真新しい心の姿勢でした。

 だって、我を強くしないと家族から侵略されちゃうんだもの。

 控えめとか謙虚とかって引き下がっていては安全でいられないのだもの。

 親の代わりに自分がなんでも責任を果たさねばならないから、自然と思い上がってくる。

 だって、それぐらいじゃないと、家庭でやってけないのだもの。

 ところが、
 そのために息苦しく、人の世で暮らすことに困難が生じていたのです。

 生き延びるための手段が、生きづらさを生みだしていた。

 これを変えるために必要なことが「謙虚」であることだったのです。

 謙虚に、自分のやったことを振り返り、

 謙虚に、他者の言葉に耳を傾け、

 謙虚に、自分がやれなかったことを受け容れ、

 謙虚に、自分がやらかしたことを認め、

 謙虚に、自分の問題と向き合い、

 謙虚に、他者から学び、

 謙虚に、自己主張し、

 謙虚に、暮らす。

 私聞風坊の当事者活動の根源には、この教えがあります。

 おごらず、現実を引き受けて、自分にできることをし続ける。

 当事者運動の基本と思っています。   
タグ :当事者運動


2017年11月12日

そのままの私に価値があると気づく話

 今回は、自助グループの恩恵の話です。

 ミーティング主体の伝統的自助グループでは、

 自分に正直になることが求められます。

 虚勢を張らず、

 自分の弱い面も受け入れて、

 失敗したこと、

 できなかったこと、

 望ましくない行動をしたこと、

 を、

 成功したこと、

 できたこと、

 望ましい変化をしたこと、

 と同等に価値を置きます。

 すべては私のことだもの。

 そんな思いからです。

 自助グループでは、日常、フツーの暮らしの中に、自分をよくしていく気づきを求めます。

 だから、日常の体験を語り合います。

 日常は、相変わらず悲惨で、どうしようもなく、悩みばかりで、晴れ晴れとしてはいないでしょう。

 価値があるとは思えません。

 それでも、その私の話はしっかりと聞かれ、労われ、心の糧となる話としてメンバーから感謝されます。

 そういう体験をする場なのです。

 別に皆に喜ばれようと思ってしたわけでもなく、

 自分の達成を多少盛り付けて話したわけでもなく、

 フツーの私。

 そのままの私。

 右往左往しながら暮らしている日常のこと。

 を正直に話しているだけ。

 そこに価値を置かれる場。

 それは、

 そのままの私に価値を置かれる体験となります。

 すると、
 私は、そのままで価値があるんだ。

 期待に応えるよう頑張って価値を上げなくてもイイんだ。

 そんな思いを持ちます。
   


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)自助グループ

2017年10月12日

自助グループは拡大再生産を目指さない。

久しぶり自助グループの話です。

私が経験した伝統的ミーティングを主体とする自助グループは、

社会に訴える活動を主軸にすえません。

 そのため、
一部の当事者活動団体がやっているように、

自分たちの困難を広く知ってもらうためにイベントを行ったり、

マスメディアに露出したり、

広く知ってもらう活動を極力控えます。

都合、メンバーを増やすための活動も控えます。

メンバーが増え、所帯が大きくなり、グループがたくさんできることを目指しません。

もちろん仲間が増えることは望んでいますが、

そのために直接的な行動はしないのです。

 なぜなら、
外にうったえかける活動のために、自分の変化と成長が置き去りにされるから。

自助グループでは、自分を変えることを一番重要視しています。

 だから、
 他人を変えたり、社会を変えたりする余裕があるなら、

 もっと自分をよくするにはどうすればいいかを考えなさい。

 と厳しく指摘されます。

 このように、
広く世間に訴えかけ、生産量を上げ、利益を拡大する拡大再生産と呼ばれる消費社会のモットーは、

自助グループでは採用されていません。

自分をよくする。

それが結果的に社会を変えることとなる。

 他者を変えずに自分を変える。

こういうゆるぎない信念にもとづいて活動するのです。

  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)自助グループ

2017年09月30日

自助グループの恩恵は与える能力に気づくこと

自助グループの恩恵の話です。

これまで、自分の体験を聴いてもらえる喜び、

つまり「他者から何かしてもらう点」を強調してきましたが、

一転、

自分は、
メンバーやグループになにかを与えることができるんだ。

ということに気づく場でもあるのです。

ミーティングでは、自分の日常体験を語るのですが、

それは、日常生活の工夫であり、ふとした気づきであり、自己洞察であり、ちょっとした失敗であります。

それらの話、自分の日常体験が、聞き手であるメンバーの成長の役に立つのです。

おぉ、そうやって工夫すればイイんだ!

あぁ、すばらしい気づきだ! 人は気づいて成長できるんだ。

そうだなぁ。自分にもそんなとこあるなぁ。

みんな失敗してるんだ。それぐらい当たり前なんだ。ほっとするなぁ。

そうして、自分の変化と成長に役立つものだけ持って帰ります。

自助グループには、与えることともらうことが同時にあります。

ギブアンドテイク。

自主的な提供とそれを自主的にもらって役立てる。

提供できる喜び。
価値あるものを与えることが出来る喜び。

それらを感じることが出来ます。

自分には、他人様に与えるほどの財産はない。
と思っている人には、ビックリたまげる経験です。

そんな自助グループの恩恵の話でした。


  
タグ :与える


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)自助グループ

2017年07月26日

自分のことを聴いてもらえるという恩恵のこと

 自助グループの最大の恩恵と言えば、

 ただ、聴いてもらえること。

 のように思えます。

 自助グループミーティングでは、

 自分の体験を話し、

 それを他のメンバーがただ聴く。

 そうして、自分の生活に役立てる。

 これが基本。

 さてその時、

 話し手はどんな思いになるか?

 自分の体験は、耳を傾けられるほどの価値があることと実感する。

 自分の体験に、共感してもらえる。

 自分の体験が、他者の役に立つ。

 体験を通して、感じたこと、考えたこと、反省したこと、行動したこと、しなかったこと、改善したこと、
 などの話を、
 口にする価値があることを体験すること。

 それは、自分の発言が誰かの役に立つことを体験することです。

 この体験は、自分の考え、感情、行動に価値を見出します。

 それは、自信へつながります。

 自助グループは、ある面、そもそも、怖くて話せない人、安全のために話してはならない、恥を感じるから口にしてはならない人、自分の話すことに価値を置いていない人の集まりです。

 そんな人たちが、

 自分の体験を、話せるようになる場。

 自分の体験に、価値を認められるようになる場。

 それまで意味がないと思っていた自分の体験に、
 苦痛や恥以外の意味、未来への意味を発見する場。

 なのです。

 自分のことを聴いてもらえる恩恵を受けた人は、

 他者への感謝の気持を持ちます。

 それは、自他への優しさ、

 思いやりを招じます。

 自他に思いやりのある人は、

 穏やかに暮らせるようになります。

 自助グループの恩恵の話でした。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)自助グループ

2017年06月24日

まともじゃない話

 友愛に満ちた自助グループでの会話は、じつはとても辛辣です。

 よく、交わされた言葉の一つに、

 私たちはまともじゃない。

 というのがあります。

 客観的にみれば、

 飲んだくれのパートナー、飲んだくれの親、

 怒鳴り合い、罵り合う家族同士、

 昼夜を分かたず繰り返される暴力。

 破られる約束。

 大事にされない関係。

 力ある者が際限なく支配的で、
 力ある者の気まぐれに振り回され、

 いつも恥をかき、悔しい思いをする家庭。

 などなど、

 異常な人間関係、環境の中にずっといて、

 それがフツーと思って暮らしていて、

 優しくされたり、気遣われたり、信頼されたり、頼み事をしたり、

 約束をちゃんと守られたり、アテになったり、

 するフツーの社会での人間関係や常識が、とてもなじみづらかったり、

 するからですね。

 まともじゃない。

 自分のことをそう自覚することが、回復の一歩なんです。

 それは、自由への一歩を意味しています。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)自助グループ

2017年02月15日

デキることとデキないことを引き受ける

 世界中の自助グループで広く唱えられている祈りの言葉に、

 平安の祈り

 があります。

 その中に、

 変えることがデキること

 変えることがデキないこと

 についてのくだりがあります。

 世の中には、デキることとデキないことがあるという

 極めて現実的な事実があります。

 心が平安でないと、

 それが分からなくなります。

 だから、
 グループでは、毎度毎度この祈り唱えます。

 そうして、

 日々日常、デキることとデキないことを見極め、受け入れ、

 自分にデキることをやっていくようにするのです。

 他人と過去は変えることはできません。
 他人の感情、他人の行動、反応、思考を私たちの思い通りにすることはできません。

 同様に、私の感情、私の行動、私の反応、私の思考は、他人の思い通りにはデキません。

 私の感情、私の行動、私の反応、私の思考は、私のみ変えることができます。

 変えることと変えられないこと。
 
 デキることとデキないこと。

 この2つを見極め、受け入れること。

 現実的に生きる最も基本的な要点のように思えます。


   


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)自助グループ


【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。