自助グループは、今の仲間だけのことを考えてるんじゃないという話

2019年11月23日

 『当事者研究と専門知 生き延びるための知の再配置 臨床心理学増刊第10号』(熊谷晋一郎責任編集 金剛出版 2018)
 http://kongoshuppan.co.jp/dm/75010.html

を読んだのでした。

 綾屋紗月さんが指摘する自助グループの関係には、仲間としての横の関係と先輩後輩としての縦の関係があるという指摘がとても心を打ちました。(p9)

 自助グループは同朋関係の効果ばかり取り沙汰されがちですが、同じくらい重要なのが、過去現在未来という時間軸での縦関係なんです。

 先ゆく人なんて言われることもあるのですが、自分より前に問題に取り組んできた、取り組んだ先人の奮闘の財産を今のグループに引き継いでいるんです。

 だから、自分たちの変化と成長がある。

 それは先人がまだ見ぬ人である未来にグループにつながる人=つまり私たちへの思いやりから、
残してくれたものが、作用しているからなんです。

 過去連綿と受け継がれてきたそういう縦関係の基盤の上に、私たちはグループ活動できているんです。

 だから私たちは、未来を見すえねばなりません。

 まだ見知らぬ仲間のために、どんな財産を残せるか?

 それは、自分たちがよく生きることにほかなりません。

 よく生きられなかった私たちが、グループの先人達が残した英知に触れることで、

 よく生きられるようになった。

 それをまた財産として残し、未来に受け渡す。

 そうして、思いやりが伝承されていきます。

 そんな思いやりの流れの中にいる自分を実感し、孤立は癒やされ、成長がなされるのです。

 自助グループの縦の関係の話でした。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)本の紹介自助グループ

自助グループのダークサイドの話。

2019年11月19日

 伝統的な自助グループで、気づきと成長を得た私聞風坊です。

 その伝統に則り、自分に役立つことを自分の生活に取り入れ、誰かの役に立つだろうことをお知らせしてきました。
 なので、基本ポジティブな内容ばかり。

 でも、世の出来事はすべて光と影があります。
 今回、影の部分もお知らせしようかと思います。

 自助グループは、問題を抱えた人たちの集まりです。
 人間関係やら、お金の問題やら、健康上の問題やら、なんやらかんやらうまくいってない人たちの集まりです。

 そして、
 こんなことが起きた、こんな気持ちになった、こんな風にした、いつものようにややこしいことになった、
 そこで今度はこうしてみた、少しよくなった、そこはこだわらなくていいんだと気づいた、
 それらについてはこういう工夫があるんだとメンバーの話を聞いて知ったなど、

 グループで自分の体験を共有し合うことで、自分をよくしていき、生活がうまくできるようにしていきます。
 おおよそこれが伝統的自助グループ。

 とはいえ、
 その過程、つまり変化・成長過程では、いろいろな問題が起こります。
 これまでの悪い癖が出るからです。
 特に、グループの運営面でよく起こります。

 私が経験した中で一番印象に残っている出来事があります。
 大枠だけを記します。

 地域の同系グループ全部が集まる席上のことです。
 私は、親の悪い影響を受けて大人になった子どもたちのグループのうちの、初心グループ代表として参加しました。

 数十年にわたり先輩諸氏の知見を記した書籍を熟読し、
 メンバーで話し合いながら、自分たちにとってのよりよい方法を探求するグループ活動で、
 自分が成長していく実感を強く持っていた私は、

 同じ道を歩んでいるであろう先輩諸氏との初会合が、とても楽しみだったのですが、
 それが見当違いであったことは会議開始後、程なく明らかになりました。

 並み居る先輩方は一様に他ののグループを非難してばかり、自分たちの言うとおりにしなさい愚か者! 
 という姿勢で会議をずっと進行していたからです。

 私たちは、実際に愚か者であることは自覚していますので、その点はおっしゃる通りでこれを指摘されることに驚きもしないのですが、
 
 だからどうする。愚かでない生き方をするにはどうすればいいかの体験を分かち合わないのには驚きました。

 後輩の私たちの成長のために役立つ話をしない先輩諸氏。

 そればかりか、
 ひたすら「あなたたちは愚かだから私たちの言うことを聞きなさい」
 の趣旨の発言を繰り返すばかりだったからです。

 実はこれ、かつて私たちが実家で親からされたことなのです。
 
 そのために、
 生きづらさを身につけてきた。
 自分を苦しめる生き方をしてきた。
 だから今、その呪縛を解き、新しい道を歩むために、仲間とともに喜びとともに切磋琢磨していたところでした。

 ところが、
 先輩諸氏が作った会合の場は、「昔のあの親」が君臨する場だったのでした。
 まさに、ダークサイド。暗黒自助グループ集会。

 その先輩諸氏の所属グループは、
 我が子などの自分の家族を力で押さえつけよう、コントロールしようという欲のために、
 家族を破壊する自分を反省し、コントロールを手放し、家族とともによくなっていこうというというグループです。

 そのグループの人たちが、この場で、自分たちに向かって、過去と同じことを繰り返している!

 これこそ愚かです。
 成長していない。

 こうなると、自分たちの成長のためにグループで実施されているプログラムにすら疑問を持つようになりました。
 
 そして、
 この系列のグループにいることは自分の役に立つのか?
 疑念を持ち始めました。

 先輩が成長してなかったからです。
 加害親のままだったからです。
 成長していない人が先輩となり支配する。
 そんなダークな一面を持つリスクが自助グル-プにはあります。

 次第に、
 こんな先輩しかいないグループとそれを指摘もできないグループに魅力は感じられなくなりました。

 そしてこの後、
 私がこの系列のグループを離れるのに、そう長い時間はかかりませんでした。
 
 実は、自助グループ内では諍いが頻繁です。
 先ゆく先輩ー後輩関係が強いので、権威主義が起きやすいのです。

 権威主義(を起こしやすい自分たち)。
 それを、
 自分たちの課題として取り扱うことができるか?
 自分たちの成長に役立てられるか? 
 ここが肝心なのです。

 これができるグループは成長します。
 メンバーが成長するからです。

 痛みから学ぶ。
 個人がそうであるように、グループもそうして成熟していく。

 その英知すらグループの伝統は持っています。
 先輩諸氏もかつてやらかしまくっているからなんです。グループ内で。
 そこから学んで成長して今がある。

 きれいごとだけじゃない自助グループ。
 すべてを糧とする自助グループ。

 だからこそ人生がどうにも行かなくなった人ですらまともな人生を送るようになれる成長の場を提供できるのです。

 自助グループのダークサイドの話でした。
  


当事者活動で本名を伏せる話

2019年03月30日

 自助グループの多くがそうであるように、

 私も当事者活動・自助活動する場合は、本名を伏せてペンネームの聞風坊でやっています。

 自助グループが実名でなくアノニマスネームとよばれるニックネームで活動するのは、

 名にまつわるしがらみ、責任、思い、重さ、から自由になって、

 素の自分と向き合うために。

 という意味があります。

 そしてまた、

 実名というプライベートな情報を口にすることの影響に配慮してです。

 こん人は、あん会社の社長さんげな。そこの偉い社長さんがこんげなこつになっちょるげな。
 共通語訳:この人は、あの会社の社長さんなんだ。そんな偉い人がこんなことをやっているとは驚きだ。あの会社は大丈夫だろうか。

 こん人ん親は、人に対してはいっちょ前のことばっかいいっちょるけど、我が子んこつはなんもしちょらんが。
 共通語訳:この人の親は、人様に対してはたいそう立派ななことを言っているが、それに比べて自分の子どものことはまったくなにも心配りしていない。

 と、つい誰かの話、何かの話になってしまって、

 自助グループの本質である
 自分と向き合い、自分の課題に取り組むという作業が滞ってしますからです。

 下手をすると噂話が世間に広まってしまう。

 だから、匿名。アノニマスネーム。

 私聞風坊がこもったいきさつから親子関係は切り離せません。
 私は私の課題に取り組むために、親との関係をいいも悪いも振り返る必要があります。

 その成果が誰かの役に立つのであれば、経験をお話します。
 そんな思いで本を書いたり、ブログを書いたり、講演したりしています。

 そしてそれによって、親や親族、これまで関わった人たちへの悪い影響が及ばないように。

 あんたんげー息子さんな、ひきこもりやったげな。あんたたちんせいでこうなったっち言いよったよ。
 共通語訳:あなたのうちの息子さんは、ひきこもりだったんだって。あなたたちのせいでひきこもりになったって言ってましたよ。

 ○○さんちの息子さんな、ひきこもりげな。昔っかい、なんか変じゃったもんね。やっぱいじゃ。あん人たちならじゃわ。
 共通語訳:○○さんちの息子さんは、ひきこもりだって。そういえば昔から、何か変な感じがしてたよね。やっぱりだ。あの親たちなら分かるな。

 なんて言われないように。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(2)自助グループ

ひきこもり状態の人がどんな風に自分を変えたがっているかの研究の話

2018年12月15日

「ひきこもり状態にある若者は自己受容をどのように志向するか」(古志めぐみ 青木紀久代 カウンセリング研究第50巻第2号)
によると、

ひきこもり状態にある若者は、

今の自分を全面的に変えたい人がとても多かったそうです。
自分を気に入っていない人が多いのでしょうね。

分かる気がします。
自己肯定感や自尊心が低いと言われていることと関連があるのでしょう。

でも、
自分を取り替えるなんて現実的にあり得ません。

それゆえ、
嫌だけど替えられない、どうしていいか分からない状態。
変えたくても変えられない、もんもんとした状態。
のままになってしまっているようです。

そして、それだからか、
せめて、現在のひきこもり状態ぐらいは変えたいと望んでいるようです。

フルモデルチェンジみたく自分を全面的に変えることは難しいけど、
今の自分でありながら、ひきこもらない状態には変化したいようです。
現実的に、こう考える人もまた多いとのことです。

ところが、
いざ変容しようとすると、
どうにもやりたくなくなるようです。
誰しも変化は怖いもの。

それは、
こもる人の特徴の、
社会からの期待にしっかり応えねばならない。でも応えられる自信がない。
という恐れからも来るようです。

そしてそれは、
そもそもどうやって変わればいいかが分からないことと関係しているかもしれません。

この研究によると
憧れている人や周りの人を模倣する気持ちがとても低いのです。

これを裏返すと、
もし、モデルとなる人がいれば、その人を軸に、その人を目指して、
軸を1本決めてやってこられたのではないかと思えます。

困難に出会った時、どう変化すればいいかのモデルがいると、
自分が困った時、どうすればイイかのイメージが湧きやすいもの。

こんな時、あの人はどんな風にしたか?
あの人ならどう考えるだろうか?
って、参考になる人がいれば。

そうして、
ピンチで自分の能力を発揮して苦境を脱していたなら、
そんな力を持っている自分を実感できていたなら、
今のような苦悶の中にずっとひきこもっていることはなかったかもしれません。

こう考えてくると、
モデルがいて、自分の力を発揮できる機会がいっぱいある自助グループが、
魅力的・効果的だという理由が少し解明されたような思いになるのでした。

  


変えられるものと変えられないものを見分けてやっていく話

2018年10月05日

 自助グループでは「平安の祈り」
をよく唱和します。

 その中に、
 「変えられないものと変えられるもの」

 という結構有名なフレーズがあります。

 これは、
 その事は、その人は、
 自分に変えられるものか?

 変えられないものか?

 をよく見極め、

 自分の働きかけによって変えられるものならば、よりよくなる方に変える。

 自分の働きかけによって変えられないものなら、謙虚に受け容れる。

 そうやって暮らしていくように自分を成長させる(変える)ことをやっていくための、

 中核となる考え方です。

 さて、やる気のある人は成功や失敗の原因をどこに求めるかの研究から導かれた帰属理論でも、

 同じような視点があるようです。

 安定しているものと安定していないもの。

 その安定が、
 自分の働きかけで簡単に変わるもの変わらないもの。

 という視点です。

 試験の難しさ、親の価値観、アルコールやゲームへの熱中(依存症という病気ゆえ)は、
 自分の働きかけではなかなか変わらない、安定(固定)しているもの。
 
 一方で、

 自分の働きかけで(安定が)変えられるものは、
 自分自身の考え方、努力などです。

 どんな風に考えるか、受け止めるか、やっていくか、
 どれほど頑張るか、今日はこれぐらいの努力で止めとくか、は自分で決められます。

 自助グループは、自分のために(自分をよくするために)何ができるかを考えて実行します。
 努力します。

 変えられないものを見極めて、それを変えようと執着する気持ちを手放します。
 努力します。

 すると、
 やる気が起きるようです。

 自分の人生を生きる。
 って。
  
タグ :やる気