仕事の仕方だけを覚えるんじゃないんだ!

2019年07月05日

 齢50を迎え、人生を振り返ると、

 私、結構働いていたなと思うのです。

 最近。

 実家が家業していたので、そのお手伝いから始まり、
 10代の頃は学校の休みに働き手として。

 他に、
 塾の講師とか、プロレスの会場設営とか、缶工場の短期とか、バイトもいくつか。

 20代はサラリーマン。

 30代はひきこもりで自助活動で社会活動。
 加えて、
 自宅でテープ起こしの請け仕事や、NPOでバイトも。

 40代はカウンセラー。

 そして現在も働いている。

 思えばずっとなんかしてる。

 ある意味働いている。

 だから、いろんな働き方を知っています。

 世の中、
 いろいろな職種、いろいろな職場があり、
 いろいろな人たちがそこで悲喜こもごもありながら、
 フツーに働いています。

 だから、いろいろな働き方があるのを身をもって知っています。

 働き方は多種多様なんです。

 そして!

 サボり方も多種多様!

 煙草を吸う人は、ちょこちょこ時間をとって休憩という名のサボりをしている。

 作業の合間をぬって、ボーッとしている人は多い。私も御同様。

 PC仕事だと、ちょこちょこ休憩がてらネットを見てたり。

 今じゃスマホをちょい見するのでしょうか。

 同僚と冗談言い合うことなんかしょっちゅう。

 そんなこんなで、
 仕事って、待ち時間がわりかし多いんです。

 すき間時間というか、スキのある時間というか。
 仕事をしないそういう時間も。

 その時間に、上手にサボる。

 仕事に支障のないように。

 息を抜く。

 そんなことも仕事を通して覚えたのでした。

 仕事の仕方と仕事のサボり方。

 両方身につけて社会人やってます。

 仕事に就いてからのことが不安で仕事に就くことに困難をおぼえる人は、

 仕事のサボり方を覚えればいいように思えます。

 ちょこちょこ上手に息を抜く方法はたくさんあります。

 お手本は、
 社会人全員!

 仕事って、上手にサボりながらやっていくもんなんです。
  
タグ :仕事サボる


就労に生活リズムは関係ないんじゃないかという話

2019年05月25日

 ニートやひきこもりの支援にあって、就労支援は主軸です。

 ニーズのあるなし効果のあるなしに関わらず、国の方針としては主軸なんです。

 そしてこの時、まっ先に取り組むべき事柄として、生活リズムがあります。

 なぜかこれがまっ先に取り組む事とされています。

 例えば、朝起きる。夜眠る。

 3食食べる。

 適度な運動をする。

 健康診断にいく。

 などなど。

 を就労支援でやります。

 この方針を聞くとき、きっと多くの支援を受ける人たちは下記の事を思うでしょう。

 夜勤の人いるんじゃね?

 また、
 働いた経験のある人ならおおよそ下記の事を知っています。

 夜更かしして遅刻寸前で職場に行っている勤め人はとても多い。

 3食きちんと食べている労働者は少ない。

 二日酔いで出勤した経験のない人は少ない。

 適度な運動をしている社会人はめったにいない。

 残業続きで、帰宅時間がまちまちで、家にいる時間もあまりない人は少なくない。

 つまり、実際に働いている人は、おおよそ、

 生活リズムは乱れているという事を。

 (理想的な)健康状態でもないと言う事を。

 にも関わらず、
 なぜか生活リズムの改善をまっ先に取り組む事になるニート・ひきこもり就労支援の不思議。

 どうやら支援の前提が、
 生活リズムが整えば働ける。整っていないから働けないという設定だからみたい。

 でもこれ、問題があるんです。
 生活リズムが整うまでは働かなくてもいい。
 なぜなら、リズムが整ってないと働けないから。
 と言う意味にもなるんです。

 就労支援としての説得力のなさからも、
 動機づけの低さからも、
 支援効果の低さからも
 そんなこんなで、
 就労支援場面で、就労するための条件として生活リズムが整うこと事は必須ではないと思うのです。

 ぶっちゃけ、仕事するならば、私生活は関与しない。
 が職場・仕事の大原則だし。

 ゆえにむしろ、
 仕事があるから生活リズムを整ってくる面の方が強いような。

 そんなこんなでだから、
 就労支援は、マッチングじゃないかと思うのです。
 今の状態で働ける職場とマッチングする事。

 そんな
 理解と配慮のある職場。
 で自分の力を発揮して仕事するために、自分は何をせねばならないか?

 そうして、
 自然と生活は整ってくるように思えます。




  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(7)社会のことニート

子どもの相談に来た親と支援者との会話の1例

2018年10月30日

 もし、こんな会話がなされたらどうなのだろう?

 と考えたのでした。

 支援者「息子さんにどうなってほしいですか?」
 親「働いてほしい」

 支援者「なるほど、では、息子さんがそうなるために、今の息子さんは、何から始めた方がいいと思いますか?」
 親「ハロワに行く、風呂に入る、人と話す・・・朝起きること」

 支援者「外出せずに、人と話さずに、自分の力でできることと言えば、自力で朝起きることでしょうか」
 親「そうですね。時々朝起きてきますし」

 支援者「なるほど、すでにやっていると。なら、できそうですね。息子さんは、朝起きることについてどう思われてますか?」
 親「できれば朝起きたいと思っているようです。昼間図書館とか行くことありますし。他に用事もあるようですし」

 支援者「そうなのですね。ならば、朝起きることをちょっと頑張ってみるのはいいことかもしれませんね。自分がやりたいことができるようになるのだし」
 親「ええ、でも夜ゲームばかりしていて、なんべん言っても聞かないし」

 支援者「そうですか。では、息子さんが自力で朝起きるために、どんな手助けがあるとよさそうですか? そしてあなたには何ができるでしょうか?」
 親「あまりうるさく言わないで。言うと逆にゲームに熱中するようです。起きてきたときに、ご飯できてるよとか」

 支援者「息子さんが自力で起きてきたときに、ご飯できてるよって、普通に言うのでしょうか」
 親「ええ、それならよさそうです。いいんじゃないかなぁ」

 支援者「息子さんが働くために、さしあたりあなたにできそうなことは、息子さんが自力で朝起きてきたときに普通に接する。それのようですね。やってみますか」
 親「そうですね。ま、やってみます」
   
タグ :親子の会話


お金を稼ぐことに嫌らしい感覚を持つことについて考えてみた話

2018年09月30日

 実は、ひきこもり支援は就労支援が目立っているのです。

 国の方針も、就労を目指した支援が基本です。

 自分で働いて金銭収入を得て自活していく。

 この状態を目指しているからですね。

 日本人の基本生活姿勢だからなのでしょう。

 ところが、こもる人は働くことについてとても否定的な感覚を持っています。

 自分が働けるのか?

 働けるほどの能力があるのか?

 収入が得られるほど働けるのか?

 心や体を壊すほど頑張らねばならないのではないか?

 そんな自信はない。

 というかそんな社会ではやっていけない。

 なんでそこまでして働かないとならないの?!

 いろいろな否定的な考えが次から次に襲来します。

 そして、やる気をなくして落ち込みます。

 特に、 お金を稼ぐことに気乗りがしない人は多いみたい。
 私聞風坊もその一人。

 そんなにしてまでお金を稼がないとならないのか?!

 なんて考えてしまう。

 別にお金を稼がなくても、少ない金額でなんとか暮らしていけるし。

 今より暮らしの質を落としてもいいし。

 なんて風にも。

 お金を稼ぐ意欲が低いみたい。
 気力がわかないというか。
 動機づけが弱いというか。

 一方で、お金をたくさん稼ぐ人たちもたくさんいます。
 特に昨今はやりのIT社長さん、起業家の皆さんたちとか。

 お金をたくさん稼いでたくさん使って楽しんで、社会貢献もやって。
 みたいな人たちは少なくありません。

 エネルギッシュ!

 何が違うんだろう?
 考えました。

 そしてある日ふと思いつきました。

 お金をたくさん稼ごうとする人たちは、
 お金を使うことをまず考える人たちなんじゃないかと。

 どんな風にお金を使いたいか?
 お金の使い途をまず考えついて、

 そのために、仕事してお金を稼ぐ。

 こんな順序でお金を稼ぐことを考えるのではないかと思ったのです。

 お金を稼ぐ目的がしっかりしている。
 それは自分の欲を満たすためであったり暮らしをよくするためであったり、家族のそれであったり、または社会のためであったりする。

 いいことをするためにお金を稼ぐ。

 お金の使い途が決まっている。

 一方で、私たちはそれが決まってない。

 お金を稼いでも、どう使っていいか分からない。

 これといって思いつかない。

 にもかかわらず、稼がねばならない。

 ジレンマ。

 お金って、流通することで価値が生まれるんだそうです。

 人から人に渡ってめぐっていくことがお金の役目。
 そうやって社会を活性化する。

 こう考えると、私たちの考えの中では、お金の流通が止まっているよう。

 使い途がないのに、お金を稼がなければならない。

 出口がイメージできないのに、収入を得なければならない。

 こう考えると、

 出ていく先がイメージできれば、稼ぐ気持ちがわいてくるかもしれません。

 さ~てと、
 お金を何に使おうか?
 
 自分のために、家族のために、好きな人のために、未来のために・・・。

 そのために、お金を稼ごうか。

 稼いだ一部は社会のために納めようか。

 そんな気持ちに。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)社会のことニート

助けを借りる力がいる話

2018年09月20日

 災害被災の場面では、受援力。

 心理系では、
 援助要請行動などの分野で研究されている

 誰かの助けを借りてやっていく力

 についての記事です。

 困難を抱える人のうち、

 長いこと困難が解消しない場合や、

 幼い頃から誰かの助けが十分に得られなかった場合など、

 誰かの助けを借りて、自分の困難を解消できた経験が乏しいと、

 誰かの助けを借りるという発想がなくなり、

 誰かの助けを借りるといいことがあるという希望もなくなり、

 自分の力頼みでやっていくしかない。

 誰もアテにならない。

 誰も信頼できない。

 自分の望みは自分で叶えるしかない。

 できることは限られているから小さな少しだけの望みを叶えよう。

 として、

 小さく小さく暮らしを縮めた生き方を選ぶ場合があります。

 長年こもっている場合。

 社会でどうにも上手くやっていけないと思った場合。

 そもそも誰かが自分のために役立つことをしてくれたことがこれといってなくて、

 どちらかというと自分ただれかのために役立つことばかりで、

 結局のところ、いつも自力でやっていくしかなくて、

 それを誰もが期待している場合。

 などです。

 この場合、
 他者への
 不信感
 不信頼感
 不審感
 がとても強く、

 これまでの人生で自分の能力の限界を痛切に感じることが多いために、
 自分への
 不信感・不信頼感
 もまた同様に強いことが多いようです。

 それは、
 自分の人生への
 不信感・不信頼感であり、

 自分の人生を
 肯定しない
 ことにもつながり、

 自分の未来に
 希望を持てない
 ことにもなります。

 だから、
 誰かの助けを借りる気も起きない。
 それで、問題は解消せず

 暮らしていく不満は募るばかり。
 という悪循環。

 自助グループで学んだことの一つに
 手放すというのがあります。

 都合これは、
 誰か、なにかに委ねる。
 ということを意味しています。

 何を?

 自分の手に負えない問題をです。
 
 そしてこれには、
 自分の処理能力以上の問題。
 と、
 自分の問題じゃなくて誰かの問題だから。

 の2種類があるようです。

 医師や福祉職、相談職などの専門職を頼り、
 自分の手に負えない部分を委ねる。

 少しでも問題解決に役立ちそうな誰かからの提案を
 試しにやってみる。
 少しだけ提案に委ねてみる。

 自分のこだわり、
 怯え、
 恐怖、
 意地、
 を手放し、

 暮らしが楽になりそうな手立てに委ねてみる。

 自助グループでのたとえ話では、

 箱の中のキャンディーつかみ取りの時、
 手一杯に物をつかんでいると箱の出口にひっかかって何も手にできないけど、
 少し手放すと、なかなかの数が手に入る。

 と学びました。

 不信というこだわりを手放すことで、
 楽が手に入ることはあります。

 助けを借りる力を手にする話でした。