自助グループは、今の仲間だけのことを考えてるんじゃないという話

2019年11月23日

 『当事者研究と専門知 生き延びるための知の再配置 臨床心理学増刊第10号』(熊谷晋一郎責任編集 金剛出版 2018)
 http://kongoshuppan.co.jp/dm/75010.html

を読んだのでした。

 綾屋紗月さんが指摘する自助グループの関係には、仲間としての横の関係と先輩後輩としての縦の関係があるという指摘がとても心を打ちました。(p9)

 自助グループは同朋関係の効果ばかり取り沙汰されがちですが、同じくらい重要なのが、過去現在未来という時間軸での縦関係なんです。

 先ゆく人なんて言われることもあるのですが、自分より前に問題に取り組んできた、取り組んだ先人の奮闘の財産を今のグループに引き継いでいるんです。

 だから、自分たちの変化と成長がある。

 それは先人がまだ見ぬ人である未来にグループにつながる人=つまり私たちへの思いやりから、
残してくれたものが、作用しているからなんです。

 過去連綿と受け継がれてきたそういう縦関係の基盤の上に、私たちはグループ活動できているんです。

 だから私たちは、未来を見すえねばなりません。

 まだ見知らぬ仲間のために、どんな財産を残せるか?

 それは、自分たちがよく生きることにほかなりません。

 よく生きられなかった私たちが、グループの先人達が残した英知に触れることで、

 よく生きられるようになった。

 それをまた財産として残し、未来に受け渡す。

 そうして、思いやりが伝承されていきます。

 そんな思いやりの流れの中にいる自分を実感し、孤立は癒やされ、成長がなされるのです。

 自助グループの縦の関係の話でした。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)本の紹介自助グループ

トラウマ関連のことをよく知った上でのケアを実践する本を読んだのでした

2019年10月25日

 『トラウマ・インフォームドケア Trauma-Informed Care』
(川野雅資著 精神看護出版 2018)
 http://www.seishinkango.co.jp/s2_bo089.html

を読んで感動したのでした。

自分が求めていたのは、
やりたかったのは、

これだ!

と強く思ったのでした。

インフォームドというのは、
詳しく知っているとか、だからどうすればいいのか知っているという意味だそうですね。
インフォームドコンセント(※医療側の詳しい説明と患者の同意)で有名です。

トラウマについて詳しく知っている。

どんな出来事がトラウマになるのか。

どんな影響を与えるのか。

どうやって回復していくのか。

その道筋はどんな風か。

その道筋に必要なものはなにか。

何をせねばならないか。

何をしてはならないか。

などなどを、詳しく知っていて、実践する人たちが増えたら、

どんなに社会がよくなるでしょう。

病院でトラウマを負うことは少なくありません。
再受傷とか、セカンドレイプとか言われます。

カウンセリングやセラピー場面でも、児童相談所、児童養護施設でも。

警察でも、学校でも、地域の暮らしの中でも、親戚間でも、

もちろん親兄弟姉妹の間でもです。

だから、
トラウマ・インフォームドケアが実践されることを期待します。

そして、
少しでも理想のトラウマ・インフォームドケアができるよう、
最善を尽くしたいと思います。

  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)本の紹介トラウマ

集団が愚かになる話。『大衆の反逆』を読んで。

2019年08月30日

スペインの哲学者・オルテガの『大衆の反逆』を読んだのでした。
http://www.chuko.co.jp/zenshu/2002/02/160024.html

その感想です。

民衆が主権を持つ民主主義によって独裁政権が生まれ、
第二次世界大戦に突き進みだした頃の著作だそうです。

不満やうっぷんに閉塞感に耐えられなくなり、
これまでのやり方を全否定して、新しいナニカに熱狂して、猪突猛進すると、
手ひどいしっぺ返しを食らう。

だから、
これまでの人類が試行錯誤してなんとかいい世の中にしていこうと奮闘してきた成果である
過去の英知に倣って、

今どうすればイイかをしっかり考えて実行する。

少しずつ改善する。

それが一番着実で改善効果的。

そしてこれは、過去の人々の声を聴き、
過去の人々に思いを致し、
過去の人々に重きを置く。

これはつまり、
他者の声を聴くと言うこと。
その中には過去に生きた人、つまり死者、の声を聴くことも含む。

独りよがりにならず、他者の意見に耳を傾けて、
自分の行動を決める。
そうして少しずつよい方向に歩む。

オルテガの思いを
私は、そんな風に受け止めました。

読後、思いついた言葉は、

温故知新。
古典に倣う。
です。

現在、

自分たちこそ正義であり、知る権利や報道の自由があるからと、
何をしてもいいと思ってるようなメディアや、

科学的なことが一番正しいからと、
科学の常識に当てはまらないことは全部捨て去っていいと考えている科学者や、

科学重視、エビデンス重視がブーム・風潮だからと、過去の一切を否定したり、
例えば、エビデンスの多く比較的新しい認知行動療法のみ価値をおき、
精神療法の開拓者であった精神分析を軽蔑よろしく頭ごなしにけなしたり、

自由にしていい権利があると数に任せて力任せに制度を改変して運用したり、
例えば、抑圧されてきたグループの中で多数派の力を手に入れたので、
今までのやり方、少数派の思いを一顧だにせず自分勝手に行動したり、
果ては少数派を排除したり、

当事者こそ主体なのだから、一番重視されるべきなのだから、
当事者である自分たちは、当事者をこそ名乗れば、
当事者でない者は、自分たち当事者に従うべきだと言わんばかりに
社会に働きかけたり、

そんな、
自分のことばかり考えて他者との協調に心を配らなくなってしまう、
何をしてもいいと自分に許可を与えたかのような、
または、
何者かから許可が与えられたかと錯覚したような、

そんな幼稚な愚かさを戒めます。

そして、
過去の積み重ねがあるから今があるのであり、

未来に誇れる今を暮らしていかねばならないと改めて思うのでした。

独善に陥らず、謙虚に生きる。

自戒します。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)社会のこと本の紹介

身体の病気は、気持ちの現れかもしれない話

2018年06月10日

本の紹介です。

『身体が「ノー」と言うとき 抑圧された感情の代価』
(ガボール・マテ著 伊藤はるみ訳 日本教文社刊 2017)

です。

 医療現場で治療に当たっている著者は、

 ガンや難病などの深刻な身体の病気を患う人たちには共通する点があることに気づいたのだそうです。

 それは、
 人に対して「ノー」と言えない人が多いこと。
 そして、
 怒りなどの感情を抑え込む人が多いこと。

 なんだそうです。

 本音では、
 断りたいけど、人間関係に配慮して「ノー」と言わない。
 そのために、怒りやなどのネガティブな感情を抑え込む。

 心は、
 気持ちは、
 精神的には、

 そうして平気でいる。

 でも、身体は「ノー」と言い、
 怒りを現す。

 病気で身動きが取れなくなるという形で。
 相手を攻撃できない代わりに自分を攻撃する病気を患うという形で。

 こんな風に考えると、

 長患いを抱えているとき、

 心、

 自分の本音

 に、視線を送るのは役立つかもしれません。

 病気という形で気持ちを表現するのではなく、

 健康を害さない形で表出する方法を見つけるのに。
  
タグ :難病感情


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)本の紹介

他人の中でやっていく話

2018年05月15日

 『"育つ"こと"育てる"こと -子どもの心に寄りそって』
  (田中哲著 いのちのことば社フォレストブックス刊 2016)

 を読んで心打たれての記事です。

 とりわけ
 「社会的に自立をするとは、知らない人の中でひとりでやっていくことです」(p25-26)
 の一文が印象に残りました。

 不登校・ひきこもりでも生活困窮でもよく目標とされるのが自立です。

 たいがいは、自分で働いて収入を得て暮らしていく経済的自立のことを言いいます。

 厳密に言うとそれは自活なのでしょうが、なぜか自立と呼ばれています。

 そしてそこを目指すのが一般的な支援目標となっています。

 さてこの自立、
 当事者本人の側から言わせると、自立って何?
 となります。

 というのも、
 当事者本人の多くは、経済的な自立以前のナニカで苦労しているからです。

 そのナニカが解決できなくて、またはそのナニカに取り組めなくて苦労しているんです。

 その謎のナニカ。
 この一文でなんとなく説明ができました。

 それは、

 知らない人の中でひとりでやっていく方法

 です。

 私聞風坊を含む当事者本人の多くは、
 これを知らないので、その先の自立がとても困難なのです。
 というか、自立って何? どうやってやるの? 状態なのです。

 私たちは、
 ふと足を踏み入れた
 見知らぬその場で、どう気持ちを落ち着かせ、

 見知らぬ人たちと、どう関わればいいのか?

 が分かりません。
 どう振る舞えば、どう自分を調整すればいいのかが分からず、戸惑うばかりなのです。

 もし、
 自分の気持ちの落ち着かせ方

 自分の気持ちとの折り合いの付け方

 自分の気持ちの奮い方

 を身につけていれば、さほどのストレスなくやっていけるでしょう。
 ※↑本では自己統制と指摘されていました。

 よく考えたら、知っている人の数より知らない人の数の方が圧倒的に多いんです。

 街に出れば簡単に分かります。
 知っている人は時々会うけど、
 知らない人はそこかしこにいっぱい。

 そんな人に、
 どう声かけすればいいか?
  こんにちは。いい天気ですね。

 声をかけられたらどう応じればいいか?
  え? あぁ。郵便局ならこの道まっすぐですよ。えぇ、えぇ、ですが~。いえいえどういたしまして。

 どう協力を求めればイイか?
  すいません、青島方面はどの時刻表を見ればいいですかね? あ、休日だからこれですね。ありがとうございます。助かりました。

 電話の仕方、
 扇風機の買い方、
 ゴミの出し方、

 授業中の質問の仕方、

 なんかよく分からない状態になった時に人に相談する方法、

 暮らしの中でちょっと立ち止まってしまったときにどうすればいいか?

 その方法を知っていると心強いのです。

 自分を頼みにやっていけます。

 その方法を知らないと、とっても不安。
 自信はありません。
 自分を信頼できないからです。
 
 昔は、親やコミュニティーの中で自然と身に付いてきたようです。

 不登校・ひきこもりや困窮などで、他者と触れあう機会が限られていると、

 暮らしていく方法を身につける機会に恵まれません。

 暮らしていく方法を身につける。
 当事者本人たちの自立を考える上で、とても大事なことのように思えます。
 
 ちなみに現在、私聞風坊は、この力だいぶ身に付いてきました。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)本の紹介