2018年05月15日

他人の中でやっていく話

 『"育つ"こと"育てる"こと -子どもの心に寄りそって』
  (田中哲著 いのちのことば社フォレストブックス刊 2016)

 を読んで心打たれての記事です。

 とりわけ
 「社会的に自立をするとは、知らない人の中でひとりでやっていくことです」(p25-26)
 の一文が印象に残りました。

 不登校・ひきこもりでも生活困窮でもよく目標とされるのが自立です。

 たいがいは、自分で働いて収入を得て暮らしていく経済的自立のことを言いいます。

 厳密に言うとそれは自活なのでしょうが、なぜか自立と呼ばれています。

 そしてそこを目指すのが一般的な支援目標となっています。

 さてこの自立、
 当事者本人の側から言わせると、自立って何?
 となります。

 というのも、
 当事者本人の多くは、経済的な自立以前のナニカで苦労しているからです。

 そのナニカが解決できなくて、またはそのナニカに取り組めなくて苦労しているんです。

 その謎のナニカ。
 この一文でなんとなく説明ができました。

 それは、

 知らない人の中でひとりでやっていく方法

 です。

 私聞風坊を含む当事者本人の多くは、
 これを知らないので、その先の自立がとても困難なのです。
 というか、自立って何? どうやってやるの? 状態なのです。

 私たちは、
 ふと足を踏み入れた
 見知らぬその場で、どう気持ちを落ち着かせ、

 見知らぬ人たちと、どう関わればいいのか?

 が分かりません。
 どう振る舞えば、どう自分を調整すればいいのかが分からず、戸惑うばかりなのです。

 もし、
 自分の気持ちの落ち着かせ方

 自分の気持ちとの折り合いの付け方

 自分の気持ちの奮い方

 を身につけていれば、さほどのストレスなくやっていけるでしょう。
 ※↑本では自己統制と指摘されていました。

 よく考えたら、知っている人の数より知らない人の数の方が圧倒的に多いんです。

 街に出れば簡単に分かります。
 知っている人は時々会うけど、
 知らない人はそこかしこにいっぱい。

 そんな人に、
 どう声かけすればいいか?
  こんにちは。いい天気ですね。

 声をかけられたらどう応じればいいか?
  え? あぁ。郵便局ならこの道まっすぐですよ。えぇ、えぇ、ですが~。いえいえどういたしまして。

 どう協力を求めればイイか?
  すいません、青島方面はどの時刻表を見ればいいですかね? あ、休日だからこれですね。ありがとうございます。助かりました。

 電話の仕方、
 扇風機の買い方、
 ゴミの出し方、

 授業中の質問の仕方、

 なんかよく分からない状態になった時に人に相談する方法、

 暮らしの中でちょっと立ち止まってしまったときにどうすればいいか?

 その方法を知っていると心強いのです。

 自分を頼みにやっていけます。

 その方法を知らないと、とっても不安。
 自信はありません。
 自分を信頼できないからです。
 
 昔は、親やコミュニティーの中で自然と身に付いてきたようです。

 不登校・ひきこもりや困窮などで、他者と触れあう機会が限られていると、

 暮らしていく方法を身につける機会に恵まれません。

 暮らしていく方法を身につける。
 当事者本人たちの自立を考える上で、とても大事なことのように思えます。
 
 ちなみに現在、私聞風坊は、この力だいぶ身に付いてきました。
  


2017年12月30日

虐待を受けると脳にも影響が出る話

 年末最後の記事は何がふさわしいかとちょっとだけ悩んだ末に、
本の紹介をさせて頂くことにしました。

いやされない傷―児童虐待と傷ついていく脳
(友田明美著 診断と治療社 新版)

です。

 著者が熊本大学におられた頃、宮崎での講演を拝聴しましたが、
 暴力が、心理的・機能的だけでなく脳の部位の大きさにも影響があるという報告に衝撃を受けつつ、
 なぜか納得したことを覚えています。

 以来ずっと研究に期待していました。

 私聞風坊は、過酷な環境で大人になった子どもたちをテーマにしていますが、

 著者の研究によると、過酷な環境で育つと、その環境に適するように脳が発達するのだそうです。

 またその脳機能は、発達障害と同じような特性を持つこともあるのだそうです。

 虐待を受けた子どもの行動特性がADHD(注意欠損多動障害)と診断される。

 というのは割と有名な話ですが、その理由も、本書を読むと納得がいきます。

 特に印象に残ったのは、
 暴力を受けるよりも、暴力を受けている現場にいて見聞きした方が脳への影響は大きいということです。
 ※暴力場面に暴露されたなんて言うそうです。

 殴られてないから大丈夫。
 怒鳴られてないから心配ない。

 ということにはならないようです。

 このことは経験的に知っています。
 暴力場面への暴露はのちのち大きな影響を及ぼします。

 暴力場面に適した脳は、平和な環境では不適応をおこしやすいもの。
 生きづらさの理由の一つが脳にもあるのですね。

 同時に著者は言及します。
 脳の可塑性に。
 平和な環境に適応するように脳はまた発達するのだそうです。

 トラウマケアの大原則は、まず安全・安心。
 その状況を確保することが最優先。

 脳的にもいいみたいです。
 
 まず、今日一日安全であること。安全であったこと。

 安心できる時間があったこと。心穏やかな時間を受け容れること。

 そんなとこから始めるといいみたいです。

 皆さまどうぞ穏やかな年の瀬をお迎え下さい。
  
タグ :虐待暴力


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)本の紹介トラウマ

2017年12月24日

社会でやっていく苦悩と喜びの話

 ご自分の半生を物語ることで、

 ひきこもりやニートや発達障害やアダルトチルドレンや生きづらさを感じる人たちの苦悩や喜びを

 赤裸々に記した本のご紹介です。

 坂本凌雲(さかもと りょううん)さんの

 『自立への漂流』です。

 ひきこもり関連の当事者本は、自分の内奥を著したものが多いのですが、 ※拙著も同様ですね。

 坂本さんは、家庭や学校や職場での出会った人々と切り結んだ様子がつぶさに記されています。

 他者と関わることがどれほどの困難をともなうのかがよく伝わってくる一書です。

 



 

 
   


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)本の紹介

2017年12月21日

不登校・ひきこもりが終わる時の話

本の紹介です。

神奈川で活動されている丸山康彦さんがご自分の活動を本にされています。
『不登校・ひきこもりが終わるとき』です。

ご自身の、不登校とひきこもり体験から、一体何が起こっているのか? どうしようとしているのか? どうすればいいのか?
を問い続け、その答えが喩えをふんだんに一冊にまとめられています。

鎧の喩えは、私のPの考えのもとになった皮膚感覚に近いものを感じますし、

なにより本能重視による重荷からの解放は、私が身体重視でやってきたことと共通していると思います。

なるほど、社会に訊くより自分に訊いた方が、自分のためになるようです。
自分には何がいいか、自分こそよく知っているみたい。

自分をアテにした生き方。

がそれなりにできるようになると、他者と一緒にやっていけるのでしょう。



  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)本の紹介

2016年11月24日

精神障がいを抱えた親とその”子ども”を応援するプロジェクトのご紹介

 親が精神障がいを抱えていると、子どもの成長に大きな影響があります。

 親としては、とても子どもを大切に思いやっているのに、症状のためにうまく伝えられない、

 子どものことを心配しているのに、体調急変で子どもにケアをしてやれない。

 そんな親に甘えられないので、孤独を引き受ける子ども。

 親のことが心配で、自分のことがおろそかになりがち。

 そして、そんなことを誰にも相談できない。

 誰に相談していいか分からない。

 そんな親と子どもに安心を提供するプロジェクトチームがあります。

 「ぷるすあるは」さんです。
 https://pulusualuha.or.jp/

 絵本やウェブサイトを製作して、優しく応援していますよ。

 お知らせでした。
  


2016年08月28日

助けてと言わない人と関わること

『援助要請のカウンセリング 「助けて」と言えない子どもと親への援助』
(本田真大著 金子書房 2015)
 で、

 支援を受けることを拒む。

 社会資源を使わない。

 そんな人と、どう関わるかについて学んでいます。


 病院に行かない。

 スクールカウンセラーに相談しない。

 悩みごとを親に言わない。

 支援機関を利用しない。一度行っても2回目行かない。

 そんな時の、心理や、なぜ行かないのか助けてと言わないのかの要因と対応の仕方の研究がわかりやすく解説してあります。


 さて、
 他者に、「助けて」って言う行為は、専門用語で援助要請行動って言うんですね。

 この中で、特に関心を持ったのが、「助けてほしいと思わない人」への関わり方です。

 このタイプは、

 今の自分の状況には問題があるぞと分かっていて、

 しかもそれは自分の手に負えなさそうだと分かっているにも関わらず、

 誰かから助けてもらおうという気持ちが強くないために、

 助けてと言っていないタイプだそうです。
 
 その理由として、

 いろいろ忙しくて時間がなかったり、疲労や体調不良で、
 手助けてくれそうな人に会いに行く機会がとれなかったりすること。


 他者の協力をあおいだところ、
 効果がなかったりとか、逆効果だったりした
 過去の経験などから、
 他者に手助けを求めようという気持にもうならなくなっていること。

 などがあるそうです。

 これ、こもる人と家族の皆さんの気持ちとほとんど一緒じゃありませんか。

 この場合、どんな風に関わるとその人たちが楽に他者の協力を得られるようになるかというと、

 今何が起きているのかの、情報提供が一つ。
 また、どこにどんな支援者がいるかの情報提供が一つ。
 そして、その人が信頼している人から、専門家の協力を得ることを勧めてもらうことが一つ。

 それから、その人が誰かの手助けをすることが一つ。
 これで、助け-助けられる関係に慣れると、他者の協力を得ることの抵抗感が減るのだそうです。

 これってホント、
 本人グループや親の会でやってることと一緒ですね。

 援助要請研究の視点から、これまでの本人グループや親の会の効果が検証できそうです。

 援助要請行動という新しい視点を手に入れて、
 また新たにひきこもり・不登校を理解できそうなワクワク感でいっぱいなのでした。
 
   


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)本の紹介

2016年07月23日

嫌われる勇気を持っているのだろうか?

 今ごろかい!

 な感じですが、

 『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』(岸見一郎、古賀史健著 ダイヤモンド社 2013)

 を読んだのでした。

 トラウマなんかない! 

 みたく、過去を探究する精神分析に批判的な論調なのですが、

 それも、今ここでの自分の決断を最重視しているからのようです。

 今ここで、どうするの自分?

 一貫してこの問いを投げかけてくる一冊。
 っていう印象です。

 私聞風坊はこんな風に受け取りました。↓

 幸せになるためには、

 ありのままの自分を認めること。

 だから、自分の能力を認めること。

 それは、他者・社会に貢献できる力があり、貢献できているってこと。

 特に、今ここに存在していることで貢献できているってこと。
 人は普通に存在するだけで他者に影響を与えているから。
 つまり、人にはそれほどの価値があるってこと。 ※こう書くとなんだか芸術作品みたい

 そして幸せかどうかは、この、
 自分って貢献してるわ~。
 って感じられてるときに感じるってこと。
 
 だから、他者からほめられなくても問題なし。
 ほめられることで得た自己肯定感なんてしょせん条件付きだから、とっても不自由。

 今ここで、嘘なく自分でいているか?
これが一番大事。

 今ここでどうあるかが最重要。

 それは、
 過去に囚われた今
を生きることもることでもなく、

 輝かしい未来のために、
今を過ごすことでもない。

 過去に縛られると今が重苦しくなり、
 未来を目指すと今が薄くなる。

 今ここでOKに生きる。

 それが幸せの秘けつ。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)本の紹介

2016年03月26日

星の王子さまにリーダー論を学ぶ

 いわゆる外国の童話や絵本には縁遠かった私聞風坊ですが、
最近『星の王子さま』(サン=デグジェベリ作 内藤濯訳 岩波書店 1998)を読んだのでした。

 全体的になんだか切ないトーンなのに少々ショックを受けながら読み進んでいると、

 おぉ、そうだ! と膝を打つ一文がありました。

「ぼくはね、花を持ってて、毎日水をかけてやる。(中略) 火山のすす払いもする。(中略) 
 ぼくが、火山や花を持ってると、それがすこしは、火山や花のためになるんだ。だけど、きみは、星のためには、なってやしない・・・」(p75)

 夜空の星々を自分のものとして、自分の手もとに抱え込むことに熱心な実業家に、王子様が言った言葉です。

 ナニカを所有している人は、所有したナニカからしてもらうことばかりに熱心で、
 自分が何かしてやることに意識を向けることは少ないようです。

 例えば、

 会社の社長さんはじめ部下を持つ人。
 社員・従業員・職員が働いて職場や会社の役に立つかどうかばかり意識していて、
 自分が部下のために何かしてやる気持ちはあまりないかもしれません。

 NPO・ボランティア団体の代表。
 志を一にする会員、スタッフのために自分が何ができるか?

 自助グループのリーダーは、
 メンバーの成長のためにサービスするのが仕事だ。
 そう学びました。

 自分の管理下にある部下、職員、メンバーが、

 仕事しやすいように、

 能力を発揮できるように、

 新しい能力を獲得できるように、

 リーダーである自分に何ができるか?

 星の王子様の発言から、リーダーシップ論を考えたのでした。
 
   


2016年01月07日

アルコール依存症とひきこもり 3

 前記事の続きです。

 アルコール依存症者の飲み方が、

 タイミングも、量も、酔いの程度も、酔った時の言動や態度も、
常軌を逸してまったくおかしく、

 病的なのは、

 アルコール依存症が、心の病であると同時に身体の病でもあるからでした。

 ゆえに、
 最初の一杯、一滴を口にしないことが、依存症からの回復にとって一番重要なことなのでした。

 そして、それを支える家族や、仲間の存在がとっても大事なのでした。

 さて、これらのことが、ひきこもりについてどうリンクするかというと、
 通常の飲酒者と依存症者の飲酒の程度・様相の違いと同様に、
 ひきこもりも、その程度と様相の違いが重要だからです。

 あぁ、ひきこもりたいなぁ。
と思いつつ社会生活を送る人は大勢です。
 一人コーヒーを飲んだり、読書したり、スマホゲームをしたりして社会からひきこもる時間を確保して、自分のひきこもるニーズに応えています。

 時々、誰とも会わない休日を過ごしたり、一人山谷に交じったりして、
社会からひきこもる人も少なくありません。
 プチひきこもりと呼ばれているかもしれません。

 一方で、
 何ヶ月も、何年も、何十年もひきこもっている人がいます。
 統計では、国内に20数万人から70万人は最少でもいるとのこと。
 実勢は100万~数百万人かもしれません。

 これら、いわゆるひきこもり状態の人は、こもる時間の程度が、多くの一般的な人とは決定的に違うのです。
 
 アルコールを飲む人が持つ飲酒欲求と同じように、
 人間誰しもが持つひきこもり欲求。

 しかし、こもる人が持つその欲求の程度とこもっている様相、
 つまり、
 こもる人のひきこもり方は、一般人のそれと比べてかけ離れているのです。

 また、こもる人は、
 人と関わるのにものすごいストレスを感じる。
 人と関わることを思うだけで、具合が悪くなる。
 ことが多いです。

 つまり、
 こもる人の対人ストレスは、一般の人が人と関わる時のそれと、極めて大きく違うのです。
 
 さて、これらのことは視点を変えると、
 休日に誰とも会わずにひきこもって、休み明けは当たり前にまた社会に参加する。
 という風に、

 ひきこもり方をコントロールできない。

 と言い替えることができるかもしれません。

 アルコール依存症とひきこもり。

 飲酒の仕方が一般とかけ離れて違うこと。
     (自分でコントロールできないほどに)

 ひきこもり方が一般とかけ離れて違うこと。
     (自分でコントロールできないほどに)

 がリンクしたのでした。

この項終わり。

参考文献
 『アルコホーリクス・アノニマス』(AA日本ゼネラルサービスオフィス 2004)
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)本の紹介アルコール依存症

2016年01月05日

アルコール依存症とひきこもり 2

 前記事の続きです。

 アルコール依存症の飲み方は、

 いつも
 朝起き抜けの一杯、大事な仕事の前日だったりとタイミングを考えず、

 いつも
 泥酔で、ほろ酔いがなかったりと程度がひどく、

 しらふのときは、社会性をわきまえた紳士淑女だが、
 いったん酒が入ると、暴力的で、暴言を吐き散らし、軽蔑される態度をとったりするのでした。

 そしてそれは、飲酒者の気合いではコントロールすることができないのです。
 なぜなら、飲酒者がそんな自分の飲み方を世の中で一番嫌っているにも関わらず、
 いつも、気がつくと、そうなってしまうからです。

 これらのことから、アルコール依存症は、心の病(精神依存)であると同時に、身体の病であると指摘されています。

 現在では、医学的に身体がアルコールが常時必要としている状態になってしまう病気(身体依存)でもあるとされています。
 起き抜けに朝から飲むのはアルコールという薬物を身体に摂取するという意味合いとなるでしょう。

 病気ゆえに、アルコール依存症は治療する必要があります。
 治療しないと進行して、心と身体と人間関係を破壊します。

 治療は、心と身体の両面を治療することになります。
 
 アルコール依存症になると、
 身体が、飲み続けることつまりアルコール成分を摂取し続けることを欲しているので、意志の力では止められません。
 本能的に飲み続けてしまうのです。

 だから、最初の一杯を飲まないこと、つまり断酒がまず最初の取り組みとなります。
 身体にアルコールを入れないこと。
 それは一貫して重要な治療法です。

 しらふのうちは、意志の力が発揮できます。

 さて、
 アルコール依存症者は、意志の力が弱いのでしょうか?

 実のところ、
 アルコール依存症者の多くは働き者です。

 それまで、
 辛いことや不安なことにじっと耐えて働いて、人と関わって生活していて、
 ひとときアルコールを飲んだときだけ、それらにまつわるキツさを忘れられていたのかもしれません。

 それは、
 依存症になる人はそもそも辛抱強く、意志の力が強い人が多いということかもません。

 そもそも意志は強い。
 でも、ひとたび依存症になってからは一人で回復することはムリ。

 だから、回復を支える人たちが必要なんです。
 それは、家族であったり、医療関係者であったり、依存症仲間であったりします。

この項続く。

参考文献
 『アルコホーリクス・アノニマス』(AA日本ゼネラルサービスオフィス 2004)
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)本の紹介アルコール依存症


【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。