予防という発想がおぞましい話

2020年03月01日

介護状態予防。インフルエンザ予防。メタボ予防。ガン予防。
新型コロナ感染予防。

不登校予防。ひきこもり予防。ニート予防。

非行予防。退学予防。

困窮予防。虐待予防。

世の中は予防が盛んです。

私たちは、なぜこんなにもいろいろなことについて予防するのでしょうか?

それは、
予防したい状態がとっても苦痛だからみたいです。

介護や看護が必要な状態は、心と身体の苦痛を伴います。

困窮や虐待もそう。

ありていに言えば、
それらは悪い状態です。
悪い状態にならないように予防する。
そういう発想でしょう。
おおむね納得いきます。

一方で、不登校やひきこもりの場合はどうでしょう?

そのほとんどが、
学校にいる状態、社会にいる状態が苦痛だから、
自宅などの学校や社会以外の場にいることを選んだ状態です。

つまり、苦痛は軽減している。
だから、苦痛ばかりの学校や社会にいるよりは健康なんです。

ありていに言うなら、
不登校状態やひきこもり状態は、よい状態なんです。
健康的な状態と言ってもいいくらい。

すると、
不登校やひきこもり状態になるのを予防するいうことは、
よい状態になるのを予防するということになります。

なんだかよく分からない話です。

※非行の場合は、
非行することで痛みが軽くなる、痛みから(一時的に)逃れられる、学校や社会か家庭にはないけど非行グループの中に居場所がある。
だから非行していると解釈されます。

また、
不登校してる人やこもる人の中には、不登校やひきこもりが自分たちらしさと重なる人たちがいます。
学校や社会に行かない今の状態が、まさに自分らしい生き様だという風に。
不登校やひきこもりじゃなくなったらそれはもう自分じゃない! というぐらいに。

そんな人たちは、
不登校やひきこもりの状態だからこそ、かろうじて自分はこの世に存在できている。
そう思っているかと思います。

ところが、
不登校・ひきこもり予防となると、そういう生き様、自分らしさは、イケナイことになります。
ありていに言えば、
悪い。
そんな存在の仕方は。

だから、予防せねばと発想するのですものね。

不登校、ひきこもり予防。
これを、
不登校やひきこもりが自分たちの生き様、存在形態になっている不登校の人やこもる人はどう受け止めるでしょう?

自分たちはイケナイことをしているイケナイ存在なんだ。
社会からは認められていないんだ。

学校や社会や家族や支援者や大人たち・・・は、
自分たちをウィルスみたいに駆逐しようとしているんだ。
との想いを抱きそうだということは想像に難くありません。

実際問題として、
不登校やひきこもりは社会の悪い見本として認識されているようですから、無意識に駆逐撲滅の対象とされているようです。

不登校やひきこもりしない社会の実現を目指すとき、撲滅の無意識が働いているように思えます。

だって、
不登校のまま暮らせる社会、ひきこもっていてもやっていける社会の実現。じゃないですもの。

不登校、ひきこもりの予防。
この発想には、こんなおぞましさが潜んでいるんです。

気をつけましょう。
とりわけ、予防に熱を上げる研究者の人たち。
予防じゃなくて、学校や社会でやっていける方法を開発することが、結果的に予防になるように思いますよ。

  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)社会のこと発達障害ニート不登校

ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと

2020年02月06日

ひきこもり支援は、いろいろな主張に振り回されている。

それで一番迷惑を被っているのが、こもる本人と家族だ。

という主張をフォーラムで主張しました。

どんな主張に振り回されているかというと、

そもそも、
ひきこもりは「若者」だ!
と言う主張。

若い人もいます。
そして壮年の人もいるんです。以前から。

忘れられた壮年者の反抗か、
現在、8050として高齢問題に熱狂していますが、
忘れてはなりません。
やっぱり若い人もいます。
幼い人もいるでしょう。

人は、
老若男女こもります。

自己肯定感が低い。
という主張もあります。
だから高めよう。
そのためにほめよう。

でも自己肯定感が低いのは肯定しないんです。この主張をする人たちは。
高くないといけないみたいです。この主張をする人たちは。

そもそも機械じゃないんだから、
スイッチを押せばメーターが上がる的に、
ほめれば上がる。
というほど人は簡単じゃないのに。

と思っています。

自分がやりたいことをやって成果を出したのなら、ほめられるとうれしいし次も頑張ろうと思う。
けど、
やりたくないことをしんどい思いでやって成果を出して、それをほめられてもしんどい気持ちの方が上回る。
もっと頑張らないといけないの。やりたくないことをやらないとならないの。こんなにしんどいのに。
なんて思うのは一般的じゃないかしら。

そもそも、外に出る行動とか、周りの人が望む行動を強化するために、
これといってほめることもないのに頑張って見つけてほめるなんて不誠実。

そんな風に思っています。

同様な雰囲気で、以前「待つ」というのもありました。
みんなが待っていた。
その挙げ句が8050問題での、ひきこもり160万人かもしれませんね。


当日配付資料p3


  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)発達障害不登校

ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと

2020年02月03日

フォーラムでの聞風坊の発表では、
ひきこもり支援の歴史、つまり、
こもる人がどのように劣った人として扱われてきたかの過去の歴史を振り返ることが主軸でしたが、

それらを踏まえた、今後の支援の課題提示というか提案もしてみました。

1つ目は、
トラウマケアの視点から支援するということです。
こもる人はなにかしらのトラウマを負っていて、
その影響からひきこもり問題が起きていると思われるので、
トラウマケアの知識とスキルは支援者にとって必須と考えるからです。

2つ目は、
親世代のケアです。
一般論常識的に、こもる人のケアをする人として親を設定していますが、
現実的にその重責は担えません。
だって、親自身が疲弊しているからです。
誰かの世話が焼ける心と身体の状態ではないからです。
なので、
支援に当たっては、まず親・家族のケアからです。

3つ目は、
支援者の力不足です。
力が足りていれば8050問題は起きませんでした。
ゆえに、
支援者支援制度の確立が必要です。

見立てる力や、関わる力、他の支援とつなげ、協力して支援していく力。
いずれも不足しているように思えます。
これらを向上させることが急務です。

当日配付資料p5,6





  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)発達障害トラウマ不登校

ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと

2020年01月31日

医療や心理の専門家からの新しい視点として、

ひきこもりが始まった年齢。
によって、支援の力点を考える。

と言うのがあります。

心や身体の病気などは必ず考慮しつつ、

ひきこもり始めた時期が、
小学生ならば、集団適応が課題だったか?

中学生ならば、思春期特有の問題か?

就職前ならば?

社会人になってからならば?

中年期にさしかかってからならば?

これを、
他人の中でやっていける力。
の視点で見ると、

中年期頃に初めてこもりだしたのならば、
それまでいろいろ苦労はあったにしてもなんとか他人の中でやってこれていた。
と考えます。

にも関わらず、他人と関わることから撤退するのならば、関係を作る能力よりも、
自身の肉体の衰えや、精神的不調、家族の看護介護、再就職の難しさ、などがこもる主な要因ではないかと見立てます。

一方で、10代前後の頃ならば、成長過程での課題にうまく取り組めないことから、
他人と関わることから撤退したのではないかと考えます。

前者は、医療や今の状態で暮らしていけるようになる支援が有益でしょう。
後者は、社会的な関わりにより、他人の中でやっていく経験を重ね、スキルを身につけることが有益でしょう。

こんな風な視点です。
社会をあまり知らない10代のこもる人の支援と、社会を知っている50代の人の支援を、
同じやり方でやるのは直感的におかしいというのは誰しも分かるはず。

フォーラムでは、深掘りしませんでしたが、
支援者養成では肝心要となる予感です。

当日配付資料p1

  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)発達障害不登校

ひきこもりフォーラム2019夏7 期待のこと

2020年01月28日

居場所の議論の関連で、

期待に応える応えないで意見交換がありました。

支援者の期待に応えなくていい場として居場所はある。
と言いながら、
社会性の獲得とか、そこを拠点にして社会参加するきっかけとなる。
とかの期待が居場所には実は込められているよ。
みたいなやりとりのときでした。

親の人は我が子の重圧となるので、
期待しないようにしている人が多いらしいのです。

でも、私聞風坊が、
期待されない人生もつらいものがあると言えば、

じゃ、期待していいの?
と戸惑いが走りました。

期待するしないのどちらか一方しかない。のではないんです。

どの程度期待するか?

期待するにしても、
期待に応えなくてもイイという前提で期待する。
と言うことなんです。

これが難しいようです。
親には。

そして一番大事なのは、
期待に応えるか応えないか。
どの程度応えるか、
どの期待に応えるか。
は子が決めるってこと。

この境界が分からないようです。
親は。

ちなみに、
誰からの期待か?

で期待に応える気持ちは大きく左右されますね。
好きな人の期待には応えたいし、
嫌いな人ならそもそも聞く耳持たないかも。

  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(2)発達障害不登校