ひきこもりフォーラム2019夏3 訪問のこと

2020年01月16日

居場所はイイ!

というのが一面的な評価であるのと同様に、

訪問がイイ!

と言うのもあります。

いつの頃からか、ひきこもり支援と言えば訪問だ!
訪問すれば出て来る!
訪問しかない!
みたいな雰囲気で、

ひきこもり支援関連の報告書や提言や白書や書籍論文では、
何かにつけ、訪問する重要さが取り沙汰されています。

でも、私聞風坊始め当事者は知っています。

訪問は当事者から嫌われていることを。
だから訪問は意味がないことを。
そして、
ときどき効果が出ることを。

だって、誰かと関わることが嫌でこもっているのだから、
誰かから訪問されてうれしいわけがないもの。

そりゃハリウッドスターやトップアイドルが訪問しに来るっていうのなら、心も動くかもしれないけど、

それでも、
その人たちが家に来るってリアルに考え出したら、
今の自分の状況に恥じ入って、ムリムリムリって、いよいよ頑なにこもるような気もします。

フォーラムでは、訪問は嫌われている。
ということを伝えたら、びっくりした人も居ました。

訪問は、
こもる人のこもりたい心に寄りそいつつ、
外にも興味があるし人とも関わりたいというわずかな気持ちをくみ取れる人のみができるとても忍耐が必要な支援法なんです。

困窮者支援の就労支援員が、就労支援として訪問して成功するような絵空事は通用しない支援法なんです。

当日配付資料p2







  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)発達障害不登校

ひきこもりフォーラム2019夏2 居場所のこと

2020年01月13日

居場所というのがあります。

ひきこもりや不登校始め、自分の居場所がないなぁと思っている人が、
利益を得るのに効果的とされています。

だから、全国津々浦々に居場所を設置しようと頑張る運動があります。

でも、私聞風坊と当事者の多くは知っています。

居場所で傷つく当事者がいることを。

必ずいさかいが起きることを。

居場所にも行けない当事者がいることを。

その事でまた悩みが深くなり、いよいよ社会にも出なくなる場合があることを。

誰でも安心していられる居場所。

夢のような居場所。

は世の中にないことを。

そして、
そんなこんな思いを胸に、

居場所できました!
のチラシを見たとイメージしてみたところ、

どうにも行く気にはならないだろうこと。

何かしてもいい、何もしなくてもいい。
のなら、家にいるわ。と思うだろうこと。

友達みつかるよ。の誘い文句なら、
いらんし。
と思いそうなこと。

を予想するのでした。

さて、フォーラムの議論では、
支援というのは、
社会復帰つまり復学進学就労を最終的に目指していることを前提としているので、

居場所の効果の評価については、
復学進学就労した数が多い方が居場所の評価が高いとなる。
運営資金も得やすい。社会的評価も高くなる。

こんなことから、
当事者側から、
居場所開設者の意図に応えねばならない場としての居場所である懸念が提示されました。

有り体に言えば、
何かさせられそう。
居場所での居方(どのようにして過ごすべきか)を強要されそう。
と言う懸念です。

居場所を設置したい人の話しぶりを聞いた当事者の人は、
誰か(社会・親・支援者)の思惑どおりにせねばならないという臭いを感じ取ったようです。

そういうものから撤退して、心の安全を得ているひきこもり当事者が、そんな場に行くわけないよ。
もし、そういう魂胆を隠して、明るい居場所を喧伝するならば、それは当事者を欺く行為だ。
という思いを私聞風坊は感じました。

でも、フォーラムのその場に、
こんな、当事者としてはありきたりの思いも、感じ取れる支援者はいませんでした。
初めて聞いた感じ。

当事者同士集まれば、明るく元気に楽しくやれる。
そんな幻想をまだ持っているのかもしれません。

当事者感覚への無理解を再確認したのでした。

そうして最終的には、

親・家族は家庭の外に我が子の居場所を作ろうと頑張るのだけど、
なぜ、家庭の内に我が子の居場所を作ろうとしないのか?
それは自分たちの居場所と共有するのだけど。

という疑問を持ったのでした。

なぜなんだ?


当日配付資料P5


  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(2)発達障害不登校

家族が社会化しすぎるとまずいように思う話

2019年12月17日

 社会のことを考えて、自分の行動を律する。

 相手のことを思いやって、してはならないことをせず、すべきことをやる。

 自分の、欲求を少し抑えて。

 こんなのを社会化するとか、

 社会性があるとか言うようです。

 社会で受け入れられるような言動をする。ってことですね。

 望ましい行動なんて言われることもあります。

 さて、
 こもる人の家族は、世間体を気にする。

 とよく言われます。

 社会的に正しいことをしていない自分の子ども兄弟姉妹を

 恥ずかしいと思い、望ましくないと思うのです。

 社会を軸にした考え方。
 で、家族の有り様を決めています。

 社会を基準にした家族のあり方。
 ですね。

 社会が一番優先。

 社会のために生きる。

 そんな気持ちもあるかもしれません。

 それは大切な生き方です。

 同時に、自分たちのことを軽んじるリスクをはらんでいます。

 社会よりも家族のことを優先する。

 そんな場合は必ずあるでしょう。

 家族が痛みを抱えているときです。

 そのときにも、社会のことを優先するとしたら、

 社会を軸にした考え、言動だとしたら、

 家族の痛みはいやまし、

 家族の傷は深まるばかり。

 人様に顔向けができないという恥の感覚を持つから。
 または、
 社会のお役に立てれば幸いだから。

 社会を優先する暮らしをする。

 それによって、家族が後回しにならないように、

 いつも気をつけねばならないなと思ったのでした。
  


不登校解決を子どもにばかり押しつけるのは無責任

2019年12月09日

適応障害。と言う病名があります。

 学校や職場や友だち関係や
ときに家庭に適応できないことで起きるとされています。

 環境に適応できないことで、
心や身体にひどい苦痛が生じているのですね。

 そのため快復には、
環境を変えることと、環境に適応できるようになることの
どちらか、またはどちらもやることが一般的です。

 現在、
 不登校は、学校に適応できない子どもが悪いので、
適応するように子どもを変えるのが基本路線みたいです。

 登校支援、登校刺激として、とにかく学校に行かせよう、来させようとしますね。

適応を指導する教室に通うことも定番です。

 子どもが適応できるよう子どもに対して教育するのです。

 他人(社会)の中でもやっていけるように、
やっていき方を教えるという意味で適応指導するのはとても大事です。
やり方が分からないばかりに、やっていけない苦痛を味わう事がなくなるからです。

 ただし、その他人が悪でないこと。
または、社会通念上人間がやっていける環境であること。
 が大前提です。

 耳をつんざくほどの大轟音の環境に適応させようとするのはおかしい。
侮蔑と非難と怒号が渦巻く人の中に適応させようとするのも同様です。

 苦痛にあえぐ人、苦悩を抱える人にばかり変化を強要しても事態は変わらない。
と言うか悪化する。

 どちらにどんな風にどれほど変化を求めれば適応できるか?
先入観を捨てた、客観的な見立てがとても大事です。

※とはいえ、令和元年からは登校のみを目標としない。という方針になったようです。
 これが当たり前になるにはもう少し時間がかかりそうです。
文科省サイト
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/1422155.htm
  


やらねばならないけどやれないから苦しんでいるのは親も子もの話

2019年11月05日

 ひきこもり、不登校、ニートに代表されるように、社会参加に苦労している人たちは、

 社会参加せねばならない!

 学校行かねばならない!

 働かねばならない!

 という自らの声の強力な圧力と、

 社会参加できない!

 学校、行けない!

 働けない!

 という悲鳴的本音の、

 両方の力が働き、

 身動きが取れなくなっているようです。

 自分で自分を身動き取れなくしていることから、

 自縄自縛状態になっている。

 とも言えるでしょう。

 一方で、
 そんな人たちの親も、

 子を社会参加させねばならない!

 学校に行かせねばならない!

 一人前に働かせねばならない!

 でなければ、親として失格だ。

 社会から叱責される。

 などとして、自分を追い込んでいるようです。

 やはり自縄自縛状態。

 つまり、
 親子ともに自縄自縛状態で苦悶してるみたいなんです。

 ならばと考えます。

 人生の先輩である親が、自縄自縛の解き方を子に教えてやれば、

 苦悶は解消するんじゃないかと。

 自分の縄を解く術を覚えた親

 が、

 それを子に伝授する。

 なんだかステキ!

 ひょっとしたら子どもは、親にこれを望んでいるのかもしれません。

 苦痛から解き放たれて、
 自由になる方法を教えて!

 お父さん、お母さん。

 でも、残念ながら、その望みが叶うことはまれです。

 なぜなら、
 親こそが、子に、その解き方を期待しているからです。

 子どもに自縄自縛の罠を渡し、自分はそれから逃れる。
 そうして子育てしてきた。

 そのツケが、
 まわってきているようにも思えます。

 子がひきこもり、不登校、ニートになって。

 運良く、
 セラピーなどに通った子どもが解き方を教えてくれればよし。

 でも、
 そんなことは奇跡に近いほど少ない可能性。

 でなければ、8050問題なんて起きません。

 だから、
 親がやらねばならぬことは、

 次世代に自分の罠を送ることではなく、

 自分の代でケリをつけること。

 それは、
 先祖伝来受け継がれてきた自縄自縛の罠を
 自ら解き、自由になること。

 それは、
 社会に期待するより自分に期待すると言うこと。

 そんな親を子が尊敬しない理由がありましょうや。