2018年11月05日

消えたいと願うことと身体イメージの話

 別に死にたいわけじゃないけど、

 いえいえ、
 死ぬのは怖いし、むしろ死にたくない。

 死ぬことには反対。
 
 とはいえ、

 消えたい。

 消えてもいい。

 という感覚を持つ人は、私聞風坊をはじめ少なくないと思っています。

 私に限って言うと、この願いは、

 意識は今のままでいいけど、

 存在を消したい、

 見えない存在でいたい、

 そうして、

 世界中をふわふわ自由に行き来したい、

 誰かのそばにいたい、

 気に入った場所にいたい、

 そんな感じなのです、

 この感覚についてだいぶ前から気にしていたのですが、

 少し前にふと気づきました。

 あぁ、身体が嫌いなんだと。

 自分の身体が好きでなく、

 それはきっと身体にまつわる嫌なことがたくさんあるからで、

 だから、
 身体なしで生きられたら、なんだか自由になれそうな気がするのです。

 自分の身体について、ほめられた経験がありません。

 そのためか自分の体に対する自己評価は低いです。

 正直、自分の身体を持てあましています。

 だって、
 食べないといけない、排泄しないといけない、そこかしこがかゆい、痛い、お腹の調子が悪い、歯磨きしないといけない、呼吸しないといけない、あたまの形が悪い、親から受け継いだもの・・・なんだもの。

 精神的に酷い状態のときは、不意に震える、こわばる、胸の中がゾワゾワする、頭がじんじんする、なんてことはざらでした。

 身体が思う通りにならない。
 身体が不穏で、何をやっているのか分からない。
 自分の体について、そんな思いのようです。

 ときどきは、
 自分の思いを裏切っているなんて思ってるようです。
 
 ホント、身体って扱いづらい!

 だから、
 身体に縛られている。

 そんな感覚もあります。

 だから、自由になりたい。

 消えて生きたい。

 そんな思いなんだなと思ったのでした。

 とはいえ、
 マインドフルネス瞑想などして、身体からのメッセージを受け取れるようになると、身体が何をしようとしているのかは分かるようになるし、以前よりよろしく身体とつきあえるようにはなってきました。
 
 思いを裏切る身体を嫌いつつ強引に思いに従わせようとするより、
 身体に思いを寄せるほうが無理せず楽に暮らせることを知りました。

 身体の声に耳を傾ければ、ものすごく役立つありがたいメッセージを発していることを知ったのでした。

 自分の身体への悪感覚は、育ちの悪環境のせいであって、身体が悪であったり、自分が悪であったりしたからではないことも。

 だってそもそも、
 私の身体は価値があるんです。

参考文献
『自傷行為治療ガイド 第2版』(B.W.ウォルシュ 松本俊彦監訳 金剛出版 2018)

  


2018年10月20日

喜びの数を数えてみるとおもしろい話

 いくつか質問するだけの記事です。。

 ゲームをして、喜びはいくつ?

 街のゴミ拾いをして、喜びはいくつ?

 仕事をして、喜びはいくつ?

 病人の世話をして、喜びはいくつ?

 犯人を逮捕して、喜びはいくつ?

 ご飯を作って、喜びはいくつ?

 自慢して、喜びはいくつ?

 悪口言って、喜びはいくつ?

 誰かを讃えて、喜びはいくつ?

 学校に行って、喜びはいくつ?

 あなたに会えなくて、寂しさはいくつ?

 あなたが健康になって、喜びはいくつ?

 道路を造って、喜びはいくつ?

 探し物が見つかって、喜びはいくつ?

 自分が喜ぶと、喜びはいくつ?

 ひとりの喜び

 誰かとの喜び

 いくつ?

 
   
タグ :喜び


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)不登校

2018年09月20日

助けを借りる力がいる話

 災害被災の場面では、受援力。

 心理系では、
 援助要請行動などの分野で研究されている

 誰かの助けを借りてやっていく力

 についての記事です。

 困難を抱える人のうち、

 長いこと困難が解消しない場合や、

 幼い頃から誰かの助けが十分に得られなかった場合など、

 誰かの助けを借りて、自分の困難を解消できた経験が乏しいと、

 誰かの助けを借りるという発想がなくなり、

 誰かの助けを借りるといいことがあるという希望もなくなり、

 自分の力頼みでやっていくしかない。

 誰もアテにならない。

 誰も信頼できない。

 自分の望みは自分で叶えるしかない。

 できることは限られているから小さな少しだけの望みを叶えよう。

 として、

 小さく小さく暮らしを縮めた生き方を選ぶ場合があります。

 長年こもっている場合。

 社会でどうにも上手くやっていけないと思った場合。

 そもそも誰かが自分のために役立つことをしてくれたことがこれといってなくて、

 どちらかというと自分ただれかのために役立つことばかりで、

 結局のところ、いつも自力でやっていくしかなくて、

 それを誰もが期待している場合。

 などです。

 この場合、
 他者への
 不信感
 不信頼感
 不審感
 がとても強く、

 これまでの人生で自分の能力の限界を痛切に感じることが多いために、
 自分への
 不信感・不信頼感
 もまた同様に強いことが多いようです。

 それは、
 自分の人生への
 不信感・不信頼感であり、

 自分の人生を
 肯定しない
 ことにもつながり、

 自分の未来に
 希望を持てない
 ことにもなります。

 だから、
 誰かの助けを借りる気も起きない。
 それで、問題は解消せず

 暮らしていく不満は募るばかり。
 という悪循環。

 自助グループで学んだことの一つに
 手放すというのがあります。

 都合これは、
 誰か、なにかに委ねる。
 ということを意味しています。

 何を?

 自分の手に負えない問題をです。
 
 そしてこれには、
 自分の処理能力以上の問題。
 と、
 自分の問題じゃなくて誰かの問題だから。

 の2種類があるようです。

 医師や福祉職、相談職などの専門職を頼り、
 自分の手に負えない部分を委ねる。

 少しでも問題解決に役立ちそうな誰かからの提案を
 試しにやってみる。
 少しだけ提案に委ねてみる。

 自分のこだわり、
 怯え、
 恐怖、
 意地、
 を手放し、

 暮らしが楽になりそうな手立てに委ねてみる。

 自助グループでのたとえ話では、

 箱の中のキャンディーつかみ取りの時、
 手一杯に物をつかんでいると箱の出口にひっかかって何も手にできないけど、
 少し手放すと、なかなかの数が手に入る。

 と学びました。

 不信というこだわりを手放すことで、
 楽が手に入ることはあります。

 助けを借りる力を手にする話でした。

  


2018年07月20日

支援者に必要なのは想像力だと思うのです。

 人を支え、手助けする人。

 それを支援者と呼ぶならば、

 支援者に必須の要件は、

 想像力だと思います。

 相手の立場、

 状況、

 可能性、

 苦痛、

 考え方、

 傷み、

 気持ち、

 責務、

 権利、

 等々への。

 さて、
 支援者は、以下のような対応をよくやります。

 若いのだから未来は明るいよと励ます。

 40代でも仕事はありますよと希望を持たせる。

 学校は楽しいよと登校を誘う。

 ひきこもりはPCが得意だから、PCを基軸とした就労支援をする。

 不登校は学校が嫌いだから学校に行かないですむ社会にする。

 ニートは自己肯定感が低いからとにかくほめる。

 野良犬に噛まれたようなものだと思って過去を忘れて生きるように支援する。

 自分を大切にしていないからと、命の大切さを説く。

 支援者は、
 自分たちのこれまでの人生をもとにして、自分たちのが苦労や頑張りが報われたからといって、

 その人がその職に就けるかどうかが分からないのに、

 自分たちが、学校では嫌なことやつらいこともあったけど全体的に楽しかったから、
 
 自分がPCが役立つと思っているから、
 PC得意じゃない、否、持ったこともないこもる人は多いだろうに、

 自分が学校嫌いだからといって、
 相手は学校嫌いじゃないかもしれないのに、
 むしろ行きたいのかもしれないのに、
 そして、
 学校に行かないですむ社会はいつ実現するかも分からないのに、

 対人支援のブームが自己肯定感を高めるためにほめることだからといって、
 ほめられるとむなしくなることも多いのに、
 上手に折り紙ができたところで仕事につながらないのに、

 相手の様子が痛々しいからといって、
 簡単に忘れられたら20年前から楽に暮らせてるのに、

 自分の命をぞんざいに扱われているのに、

 ありきたりな関わり方をさも当然に、
 自分たちがゆるぎなく正しいとして、

 自分たちの貧しい想像力をもとに、
 支援を組み立てるのはナンセンスです。

 想像しましょう。

 そうしてその人に会った支援の仕方を創造しましょう。
  


2018年07月05日

親からの自立は身を切る覚悟がいるかもしれない話

 親からの自立。

 という考え方があります。

 それまで親の保護のもとに生活していたけど、

 これからは自分で自分を保護しながら生きていく。

 ときに親を頼り、甘え、

 ときに親を保護しながら。

 自立のイメージって、こんな感じでしょうか。

 具体的には、

 経済的自立と心理的自立

 なんて言われること。

 自分で働いて収入を得て、日々の暮らしをまかなっていく。

 これが経済的自立。

 こもる人やニートの親の人がよく口にする自立はこれですね。
 とにかく働いてほしい。切なる願い。

 一方の心理的自立は、

 気持ちの上で親を頼らなくなること。
 代わりに自分を頼みに生きていくこと。

 とでもなるでしょうか。

 それまで親の考えに従い、
 親の許可を得、
 何かにつけ親に相談していたものを、
 
 自分で考え判断し、行動する。

 そういう風になることですね。

 一言でいうと、
 (自分のことに関して親が担っていた責任を)
 自分で担うようになる。

 こうなると、
 親を自分の管理監督者みたいに上位に置くのではなく、
 対等なオトナとして付き合っていくようになります。

 互いに尊重しあって。
 互いの考えや意見か気持ちや立場を思いやって。

 オトナ同士。

 日本のルールでは、オトナになるのは20歳です。
 一人前の社会人として認められ、だから自分の行動について法的にも責任を持たねばならなくなる年齢です。
 この時から、オトナとしての権利と義務が生じるのですね。

 さてこの自立、人によって差があります。
 その人がどれくらい自立しているかの指標を自立度なんて言いますが、

 人によっては、20歳過ぎても自立度が低い人がいます。
 人によっては、10代のころにオトナレベルの自立度の人もいます。
 ときに一ケタの年齢の頃からオトナとして暮らしている人もいるでしょう。

 親をアテにしなくなる。
 親から自立する。
 親と境界を引く。
 親をクビにする。
 親を切り捨てる。

 子どもが、自分を頼みに生きていく際に、
 そのやり方には穏当なものから過激な力強いものまでいろいろな表現があります。
 
 それまでの親子関係によって表現は違うでしょう。

 穏当で、良好で、成長を促し見守る親との関係だったなら、穏当な表現になるでしょう。

 過激で、一方的で、略奪・侵襲的で、成長の邪魔をし、
 むしろ自分が保護してもらうことを期待しているような親との関係だったなら、

 表現は激烈になるでしょう。

 それは、子ども自身を傷つけることにもなります。

 自分が自立して社会の中で生きていくために、
 親子関係を引き裂くことをせねばならないのですから。

 親は期待するほど自立を手助けしてくれないのだから。
  
タグ :自立


2018年04月01日

訪問支援アウトリーチの難しさの話

 不登校やひきこもりの支援として、必ず、間違いなく、絶対に、なにがあろうと、話題に上るのが、

 訪問・アウトリーチです。

 家にこもっているのだから、支援者が家に訪問して、

 こもっている人に接触する支援法ですね。

 一見、筋が通るようなのですが、

 当事者本人としては最低最悪の支援法ともなるのです。

 心底人と関わるのが嫌だから人生投げ打ってひっそりとこもっているのに!
 人の気持ちなど無視して、強引に会おうとするのだもの。

 とはいえ、
 そんな、支援者のしつこい思いに負けてか、

 外に出だすことはあるのでしょう。

 訪問すると登校する。
 外に出る。

 ようになる人はいるのでしょう。

 でも、裏を返せば、
 訪問しないと登校しない。
 外に出ない。

 のかもしれません。

 ひょっとすると、
 訪問してきたら外に出ればいい。
 訪問してこないなら家にいればいい。

 そう学んでいるかもしれません。

 こうなると、
 自分の力で外に出てやっていく。

 いわゆる自立の役には立っていません。

 支援者が、一生懸命、何年も寄り添って訪問を繰り返してやっと一緒に外出するようになったけど、
 支援者の、都合がつかなくなって訪問できなくなったら元の木阿弥。
 これまで取り外に出ない。
 となる場合は容易に考えられます。

 こうならないためには、

 その人が、外出(登校)したいという気持ちを手助けするために。
 訪問する。

 という訪問者の心構えがいるかもしれません。

 そうして、自力で外出ができるようになってきたら、
 だんだんと訪問する必要もなくなってくるでしょう。

 訪問が逆にこもることを助長しているかもしれないよ。
 という話でした。
  
タグ :訪問


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)不登校

2018年02月10日

欲にまみれた支援をしてはなりませんの話

 カウンセラー

 相談員

 教師

 医師

 看護師

 セラピスト

 コンサルタント

 弁護士

 柔道整復師

 鍼灸師

 心理士

 サポーター

 支援員

 などなど、

 誰かの手助けをする人たちがいます。

 生業にしていたり、金銭的に無償であったりして。

 その時に肝に銘じていなければならないことがあると思っています。

 それは、自分の欲をよくわきまえていること。

 人助けをしたい。

 この子の笑顔が見たい。

 この子にもっと喜んでもらいたい。
 
 病に打ち勝ってもらいたい。

 権利を大事にしてもらいたい。

 もっと儲けてもらいたい。

 感情を介抱してもらいたい。

 認知のゆがみを直してもらいたい。

 などなどの思いは、すべて、

 支援者側の欲です。

 相手の思いからまったく独立した支援者の勝手な願いです。

 支援の動機がその人にこうあってほしいという願いであったとしても、

 それを相手に押しつけることをしてはなりません。

 相手を自分の欲を叶える道具にすることになるからです。

 この思いはときに、

 私が誰かにご飯を食べさせたいから、ご飯を食べていない子どもを探す。

 そんなことにもなりがち。

 支援者は自分の欲にまみれた支援をしてはなりません。

 自分の欲とよく折り合いをつけて、相手と向きあう必要があるでしょう。

 
  
タグ :


2018年02月08日

【再掲】 不登校・ひきこもりフォーラム2018のお知らせ

 あさってやります!

 2/10(土)の午前10時から午後4時半頃まで

 宮崎市立図書館隣の宮崎市総合福祉保健センター2階視聴覚室でやります。


 午前中は、専門支援職向けの内容です。

  仕事でこもる人と関わる人向けですね。

  宮崎ではとっても珍しい機会ですね。

  不肖、私聞風坊が一コマ持たせて頂きます。

 午後は、一般向けの内容です。

  家族はどう関わればいいかについてに軸になりそうです。

  発達障害、学習障害についても触れるようです。

 実のところ1日参加された方がより実りが大きいと思いますが、

 午前の部はショッキングな内容もあるかもしれませんから、本人やご家族関係者の方はご承知置きくださいませ。

 チラシはこちら↓




  
タグ :フォーラム


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)告知不登校

2018年01月21日

【告知】不登校・ひきこもりフォーラムやります。確定!

 先日ご案内した不登校・ひきこもりフォーラムのチラシが完成したので、
 改めてご案内します。

 支援職に伝わらない。伝えられない。

 子どもに伝わらない。伝えられない。

 親に伝わらない。伝えられない。

 学校に伝わらない。伝えられない。

 保護者に伝わらない。伝えられない。

 児童・生徒学生に伝わらない。伝えられない。

 職場に伝わらない。伝えられない。

 不登校・ひきこもりには、必ずついて回る
 伝わらない、伝えられないもどかしさをなんとか軽くする方法を一緒に考えたいと思っています。

午前は、専門職向け。
 ※そのため、当事者本人や家族の人にはきつい内容にかもしれません。

 宮崎ひきこもり地域支援センターさんと
 障害者就労のLITALICOワークス宮崎さんと
 聞風坊
 がお話しします。

午後は、一般向け。
 往診家族療法の水野昭夫医師と
 困り感のある子どもと親のサークルのスマイルクラブさんと
 障害者就労のLITALICOワークス宮崎さん
 がお話しします。

 皆さま、どうぞのお運びを。

フォーラム内容は↓


↓ひきこもりネットの情報は


  


Posted by 聞風坊 at 19:00Comments(2)告知不登校

2018年01月18日

【告知】不登校・ひきこもりフォーラムやります。速報

毎年恒例の、宮崎ひきこもりネット企画運営のひきこもりについてのいろいろを知るイベント。

ひきこもりフォーラムは、

今年は不登校もやります!

関わり方にどんな工夫をすれば、関係が悪化しないか?

ということに焦点を当ててやります。

そして、支援職向けの時間もとります。

支援職が知っていることが多くなれば、本人や家族の利益は高まるというもの。

逆に知らないと、本人や家族に害を与えてしまうこともあります。

伝わらないもどかしさをどのように解消するか?
伝えられない悔しさをどうすればいいのか?
私たちが実践の中から気づいたことをお伝えします。
どうぞ一緒に考えましょう。

下記日程です。
皆さまふるってのお運びを期待しております。

月 日 平成30年2月10日(土)
日 程 午前10時~正午 専門支援職向けの内容
    午後1時30分~4時 一般向けの内容

場 所 宮崎市総合福祉保健センター2階 視聴覚室
         (宮崎市花山手・市立図書館となり)
参加費 無料
申込み 不要

問い合わせ 宮崎ひきこもりネットメンバー ※後日掲載のチラシをご覧下さい
協賛 LITALICOワークス宮崎

※現時点での速報なので変更の可能性があります。大筋は変わりません。
  
タグ :フォーラム


Posted by 聞風坊 at 19:00Comments(0)告知不登校


【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。