避難しないひきこもり

2011年09月19日

 生まれも育ちも宮崎県なので、子どもの頃から台風のすごさ、恐さを知っています。

 だから、天気図もそこそこ読めます。
進路予想もそこそこできます。

 宮崎の人なら、たぶん誰でもできますよねこれぐらい。

 今年は、台風本体よりも、引っ張ってきた雲の影響が強いみたいです。
最近雨ばかりで、もうウンザリ。もうそろそろ秋晴れが欲しいところです。

 そう言えば、数年前には直撃がありましたね。記憶が正しければ台風14号。
浄水場に被害があり、宮崎市も長いこと断水するほどの強烈なものでした。

停電した家の中で、嵐が過ぎ去るのをじっとして待っていたのを思い出します。

 そのとき気になったのが、避難でした。
一般的には安全のために避難所にいくのですが、こもる人は、これが難題。
幸いにも私のところは避難しなくても済んだのですが、避難地域のこもる人は、いったいどうしたんだろうかと考えました。

 避難所という未知の空間を思うだけで、身がすくむほどの恐怖を感じた人もいるでしょう。
避難所に安全・安心を感じないのですね。

 そんな人は、このまま、ここ(自室)でじっとしている方を選んだ人もいるかもしれません。
たといひどい災害に遭おうとも。

 残念ながら、今回の東日本大震災では、後者を選んだこもる人がいたという話を聞きます。
予想はしていましたが、やはりショックです。

 一方、震災を機に社会活動を始めたこもる人も多くいると聞きます。
今までの社会が大きく変化したことを目の当たりにして、新しい社会に参画しようという意気が上がったのかもしれません。

ひきこもり、こもる人は、本当に人それぞれだということですね。

今ここにいるその人を観る。

これがなにより大事だと思っています。



同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 ひきこもりの始まりは「失敗」だった話。 (2020-04-09 06:00)
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)
 予防という発想がおぞましい話 (2020-03-01 06:00)
 不登校とひきこもりの違いについて考えるシリーズ4 最終回 (2020-02-25 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
避難しないひきこもり
    コメント(0)