ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと

2020年02月06日

ひきこもり支援は、いろいろな主張に振り回されている。

それで一番迷惑を被っているのが、こもる本人と家族だ。

という主張をフォーラムで主張しました。

どんな主張に振り回されているかというと、

そもそも、
ひきこもりは「若者」だ!
と言う主張。

若い人もいます。
そして壮年の人もいるんです。以前から。

忘れられた壮年者の反抗か、
現在、8050として高齢問題に熱狂していますが、
忘れてはなりません。
やっぱり若い人もいます。
幼い人もいるでしょう。

人は、
老若男女こもります。

自己肯定感が低い。
という主張もあります。
だから高めよう。
そのためにほめよう。

でも自己肯定感が低いのは肯定しないんです。この主張をする人たちは。
高くないといけないみたいです。この主張をする人たちは。

そもそも機械じゃないんだから、
スイッチを押せばメーターが上がる的に、
ほめれば上がる。
というほど人は簡単じゃないのに。

と思っています。

自分がやりたいことをやって成果を出したのなら、ほめられるとうれしいし次も頑張ろうと思う。
けど、
やりたくないことをしんどい思いでやって成果を出して、それをほめられてもしんどい気持ちの方が上回る。
もっと頑張らないといけないの。やりたくないことをやらないとならないの。こんなにしんどいのに。
なんて思うのは一般的じゃないかしら。

そもそも、外に出る行動とか、周りの人が望む行動を強化するために、
これといってほめることもないのに頑張って見つけてほめるなんて不誠実。

そんな風に思っています。

同様な雰囲気で、以前「待つ」というのもありました。
みんなが待っていた。
その挙げ句が8050問題での、ひきこもり160万人かもしれませんね。


当日配付資料p3
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと




同じカテゴリー(発達障害)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
ひきこもりフォーラム2019夏5 当事者呼称のこと
同じカテゴリー(発達障害)の記事
 予防という発想がおぞましい話 (2020-03-01 06:00)
 ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと (2020-02-03 06:00)
 ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと (2020-01-31 06:00)
 ひきこもりフォーラム2019夏7 期待のこと (2020-01-28 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
    コメント(0)