人間不信のおおもとは養育者への不信かもしれない話

2018年04月25日

 この前、愛着障害の研修を受けたのですが、

 そこで、ふと思ったのが、人間不信の源泉は、

 親などの、

 自分を育てた大人

 への不信ではないかということです。

 生まれてすぐからの赤ちゃんの頃、
 
 世界とのつながりは、自分と接触するナニカを通して感じ取るもの。

 不快な気分の時に、ナニカが現れ、なんかよくなる。

 いつもだいたい。

 そんなことを繰り返すことで、いい状態でいられる感覚を身につける。

 この世に居てもいい感じ。

 時が経ち、そんなときにいつも同じ顔の人がいることを知る。

 その人がいると不快が快になることがなんとなく分かってくる。

 その人に愛着を持つ。

 そんな流れのようでした。

 さて、
 こもる人は、不信感が強いものです。

 社会への、人への。

 そこで、
 家族の内にこもることで、

 もう一度愛着関係を築き直そうとしているのかもな。
 社会への、人への。

 なかなか上手くいかないけど。

 だから何十年もかかってる。

 そんなことを思ったのでした。
 

タグ :愛着

同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 家族のことばかり考えている人は自分のことは後まわしの話 (2020-03-29 06:00)
 聞こえないと発言しなくなるかもしれない話 (2020-03-25 06:00)
 日本人は怒りの表情に悲しみを感じるらしいという研究の話 (2020-03-13 06:00)
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
人間不信のおおもとは養育者への不信かもしれない話
    コメント(0)