自己理解のためのジョハリの窓 補足

2016年01月29日

ジョハリの窓の解説です。

図がないと、何が言いたいのかよくワカランですわね。反省ガーン

自分を知ることは、自己成長のイロハのイ。

そのためにはどうするか?

をよく指摘する図解です。

 人から、自分のことを教えてもらうと、自分について知らなかった点に気づきます。
 ※自分のことというのは、自分自身のことや、何かについて自分が考えたことや感じたことも含みます。

そして、教えてもらうには、こちらから話しかけることが重要。

ねぇ、分からんとやけど、教えてくれん?
じゃっでよね、どう思う?

 なんて風に尋ねると、コメントもらいやすいですね。
 この尋ねる行為、実はそれは自分の胸の内を相手に伝えること。

 例で言うと、
自分が分からないってことを相手に伝える。
相手の考えを訊きたいってことを相手に伝える。
 ということになります。

 ちなみに、
 教えてもらうことをフィードバック、自分を伝えることを自己開示なんて言います。

 そうして、
 自己開示やフィードバックを繰り返すことで、自分について知っていることが多くなる。

 つまり、自己理解が進みます。

 それは、
 自分について多くのことを知っている状態。
 自分のことがよく分かっている状態です。

 図に立ち帰ると、
 自分について公表している面が多くなり、
 知らない面が少なっています。

 というのが、私聞風坊が理解しているところです。

 ジョハリシリーズ第3回は明日の記事で。

 ジョハリの窓の図 ※クリックで拡大します。
自己理解のためのジョハリの窓 補足



同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 自分って、いつも現場にいるなと思った話 (2020-01-02 12:00)
 子どもを利用する親とそんな親を利用する子どもの話 (2019-12-25 06:00)
 家族が社会化しすぎるとまずいように思う話 (2019-12-17 06:00)
 ひきこもり期間を一言で言うと (2019-12-13 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
自己理解のためのジョハリの窓 補足
    コメント(0)