親から奪われたものを悼むことは、親の呪いを解くことの始まり。

2020年08月28日

幼小期に虐待や体罰を受けたりと逆境を経験した人は、与えられなかったものと同様に、奪われたものも少なくありません。

自分の時間
親の都合にいつも振り回されていたり、
親が急にそして強引に用事を言いつけてきたりするので、
落ち着いた自分の時間が持てません。

その状況下で、
少しでも自分の時間がありそうなときは、やりたいことを急いでやり遂げる癖が付くことは自然でしょう。
大人の今でも、なにをやるにしても焦ったように手早くすましているかもしれません。
自分の時間があるうちにと。

自分の時間が奪われる。
自分の時間は奪われる。
これが一生にわたると、人生が奪われたことになります。

尊厳
自分のことしか頭になく、子どもを自分の道具と思っている親は、いかに子どもを利用するかしか考えません。
虐待の英語表記は、Child abuseですが、これはChildのab-use。子どもの不適切な利用の意味だそうです。

だから、
子どもは自分が親から大事にされている、価値を置かれている、大切な存在だという意識を持つことが難しい。
いてもいなくてもいい。親の都合によって、いた方がいいときは喜ばれ、いない方がいいときは嫌がられる。邪魔者扱いされる。
親が必要とするときにのみ、かつ親の利益に叶うときだけ、自分の価値が生じる。
それ以外はないも一緒。
道具のように物扱いされる子どもは、人としての尊厳を自分に感じることはできません。

自分の考え
親の考えに沿った考えしか許されない。
自分なりに考える暇すら許されない。
自分の考えは親に否定され奪われる。

そのうち、
親から育てて貰うことと引き換えに自分の考えを親に差し出す。
自分を提供する。
それが無力な自分が持っている唯一の生き延びる手段だから。

感情
感情も同様。親が望む感情しか感じてはならない。自分の感情は奪われる。
または、命と引き換えに自分の感情を親に提供する。

育てられることを条件に親と契約する。
時間や尊厳や考えや感情を質にして自分の命を守る。
幼小児の決断。

これらのことを大人になって振り返り、

結果として、生き延びた自分をほめ、
ねぎらい、
過去に失ったもの、与えられなかったものを悼み、悲しみ、

区切りをつけることは重要です。

人知れず苦心惨憺頑張ってきたおかげで、
今、相当な困難にも対処できる力を手にしているのだから。

あの頃、生きるなら自分を差し出せと呪いをかけられ縛られていたように、
今も過去のあの頃と同様に呪いに縛られて身動きが取れないだけなのだから。

過去のことを過去に置くことさえできれば、
自然と今と未来に目が向くのだから。

生き延びた自力の強さを感じながら。
やっていけるのだから。

そうやって、
自力で呪いは解けるのだから。

呪いを解く自力があるのだから。


  
タグ :自力呪い


幼いころに与えられなかったものがもたらしたトラウマの話

2020年08月24日

事故や事件、病気、ケガ、喪失体験、ショック体験などにより、

今までの安心、

安全、

日常、

人間関係、

財産、

など、すでに手にしていたものを失うことにより、

トラウマが生じることがあります。

一方で、
トラウマを負うと言われている幼い頃の虐待などの逆境的小児期体験(ACE)では、

そもそも安全や安心や良い人間関係などが与えられていない場合が少なくないようです。

そもそも、人とつながりを持つことを知らない。
そもそも、食事の歓びを知らない。
そもそも、傷み・痛みをいやしてもらうことを知らない。

この場合は、失うというより、

欠如、欠乏と言った方がいいようです。

親から労われる体験が欠けている。
親と心を通ずる体験が欠けている。
親から育まれる体験が乏しい。

欠如体験。
欠乏体験。

与えられなかったんだ。

恵まれていなかったんだ。

ということを後になって知るとき、

心の痛み、身体の痛みを感じるかと思います。

悲しみの感情も。

それは、失っていた感情の1つです。

悲しい、

痛い、

と感じる体験すら与えられなかった。

与えるという言い方をするならば、
これらは、
幼児期虐待・逆境体験が与えるものとなるでしょう。

なんか不足している感じ

なんとなく(自分自身に)しっくりこない感じ

自分には何かしらフツーと違って欠陥があるような、欠落があるような感じ、
ふとさびしくなったり、悲しくなったり、身体の中に空白があるような感じ、
を持つとき、

その感覚は、
自己不全感、空虚感などと言われますが、

与えられるべきものが与えられなかったのだから、
自分には何か不足している何かがあると直感的に感じるのは自然です。

大人の今の自己不全感、空虚感は、
幼児期虐待、逆境的小児期体験が与えるものの一つのようです。


  


確認をせずにはいられない迫り来る気持ちは、昔安全が脅かされた経験から来るかもしれない話

2020年08月20日

ある思い(鍵を閉め忘れていないかきちんと閉めているか? 汚れているんじゃないか? など)が身の内に不意に生じ、

それに占領されて、不安でいっぱいになり、

(カギ締めチェックなど)ある行動を繰り返したり、(手洗いなど)長時間行なったりしてしまう状態になることがあります。

強迫神経症・強迫性障害と名づけられることもあります。

このうち、確認型とも呼ばれることがある

確認を何度もひっきりなしにやってしまう場合は、

心の根底に、

安全が確信できていない。

裏を返せば、

過去に、恐怖におびえる体験をした。

ことがあるのではないかと思いついたのでした。

今現在は、鍵が閉まっていなくても、なにか安全配慮の手落ちがあったとしても、
基本的に安全な状態なので、
恐ろしいことは起きないのですが、

起きるのではないか?!

という強い思いが身の内に不意にわき起こり、
それで、心も身体も占領される。
その思いにもとづいて(確認)行動してしまう。

その時、
心と身体の状態は、過去の危険な状況にいたときと一緒。
言うならば、トラウマのフラッシュバック体験。

このとき、
身の安全を確認すれば、少しは気持ちも和らぐような気がするので、

カギ締め、ガスの元栓閉め、または汚染の除去としての手洗いなどして、
危険対処、危険除去対策をして、
我が身の安全を確認するのかもしれません。

でも、何回やってもどうにも安全な気持にならない。
胃のあたりが重く、息もつまり気味で、鼓動は早く、落ち着かないという
心と身体が不穏な状態が続いている。

だから、同じ行動を繰り返す。

不穏な気持ちを解消するために、
鍵締め確認などの問題解決行動をとっても、不穏な気持ちは解消しない。
のならば、
その問題解決法は適切ではないのかもしれません。

ひょっとしたら、
意識を向けるポイントが「鍵」「身体の汚染」ではないのかもしれません。
本当は、怖いとか、あの時怖かったとかの「気持ち」なのかもしれません。

怖い気持ちを穏やかに見つめ、身の内に収めていると、
恐怖におののいた心と身体が次第と鎮まってくるものです。
呼吸に意識を向けるなどしつつ、感情の強さを調整する方法は有効です。

さてもう一点。
どんな時にこんな状態になるかというと、
なにかをし終えた後、
つまり、一段落した後、または思い出したときにこんな状態になりやすいようです。

それは、
なにかをした後、
何かに集中して一仕事終えた後、
とんでもないことが待ち受けていた経験から来るのかもしれません。

1日学校を終えて帰宅したら、両親が大げんかしていた、家の中がとても険しい雰囲気だった。
家で気を抜いていたら、突然なにか急を要するスゴいことを言ってくる。あんたが居ないときにこんなことがあったと伝えられる。

親の不始末の尻拭いを強要してくる。
迫り来る親。有無を言わせない気迫で。

など。

知らないところで、密かになにかが起きている。
そのしわよせは自分が引き受けねばならない。

気を抜いたとき、安全が脅かされた感覚に陥る。
気を抜くと、なにかが起きる。

だから、
あの時もっと配慮していれば、このヤバいことは防げたような気がしてくる。

どうにも自分がこの恐ろしい事態を引き起こしたような。
ミスをやらかしたような。

こんな自責と迫り来る恐怖感に取りつかれる。

これらのストレスから解放されるために、
食物をたくさん摂取したり、アルコール成分を摂取したり、薬物を摂取したりすることもあるでしょう。
でもそれらの方法だと耐性がついて効果が徐々に減ってきます。
摂取したときの喜びが減ってくる。
摂っても摂ってもストレスが解消されない。
代わりに身体を壊したり、社会生活を壊したりと害が増えてきます。

そのため、これら以外の、
安全でどこでもできて長い目で見て効果がある方法が推奨されています。

呼吸を整えて、呼吸を整えて、

思いが過ぎ去るのを

気持ちが静まるのを

見送る。

そうして、不安を抱えながらも冷静にやっていく。

昔のようなあんなに怖いことは今は起きないことを確認しながら。

何かが起きても、今なら自力で対処できるし、誰かに助けを求める力もあるし。
きっとやれるし。
と言い聞かせながら。
  


黙ってしまうのは心を閉ざすだけじゃなく頭を閉ざすからもあるような話

2020年08月08日

不意に黙り込む。

背中を向けて黙っている。

ふいっと立ち去る。

ということを相手がすると、

私たちは、

無視された、

馬鹿にされた、

嫌われた、

見捨てられた

と思うかもしれません。

言いたいことがあるなら言えよ!

何で黙り込むの!

無視しないで!

なめてんのか!

なんて大声出すかもしれません。

人がこんな行為をするとき、
言いたいことがあっても言わないのかもしれません。
心を閉ざして。

または、
言いたいことが思い浮かばないこともあるようです。
まるで、頭がシャットダウンした感じ。
頭を閉ざしてしまったよう。

人が不意に会話を止めるとき、
心を閉ざして交流を断つ場合と、
思考が停止して交流できなくなってしまった場合と、
の違いは簡単には判別できません。

さて、
トラウマを負った人は、身体が反応して、身動きがとれなくなることがあります。
そのときはもちろん、思考も止まります。

心を閉ざしているわけではないのに、
本当は声をかけたいのに、
優しく話しかけたいのに、
笑顔で会話したいのに。

言葉が出ない。
声が出ない。
黙ってしまう。
背中を向けてしまう。
立ち去ってしまう。

気持ちの底では、
関係をこれ以上悪化させないために、
相手をこれ以上嫌いにならないために、
好きでいるために!

黙っているのかもしれません。
背中を向けているのかもしれません。
立ち去ってしまうのかもしれません。

でも、そのことは思考が停止しているから本人にも分からない。
自分がなぜそうしているのかが分からない。
だから、
相手に理由を尋ねられても答えようがない。
いくら相手から優しく寄り添われても、同じ反応しかできない。

その結果、相手は誤解する。
自分のことを嫌いだと。
自分には心を開かないのだと。

一般的に、
心を開かない。
心を閉ざす。
そんなときは、
もうこの人になにを話しても意味がないと判断したから。
だから、もう心を閉ざしていまおうと意思が働いたから。

でも、
頭が閉ざされた場合はそうではありません。
何をしよう、こうしようなんて意思は働きません。
そんな余裕はありません。

考える間もなく、考えることもできずに身体がそう動いた。
言うなれば身体反射です。
自分の意思で自分の行動がコントロールできない状態。

心を閉ざしているという解釈は誤解かもしれません。
頭が閉じてしまったのかもしれません。

大脳辺縁系が優勢になって、大脳がうまく働かなくなった状態の解説でした。

  


トラウマと罪の意識と宗教と

2020年08月04日

子どもの頃から、自分がやらかしたことについての自責の念がとても強いのです。

打擲自傷するほどに。

やらかした記憶が、
フラッシュバックとしてふいに日常生活に侵入してきます。

トラウマ反応ですね。

子どもの頃からこうでした。

さて、
「恥」の概念は、
過度な自責の念も含むのだそうです。

到らない自分を恥じる。

そんな意味で。

自分を恥じる。

さて、
宗教には、罪意識というのがあります。
キリスト教では原罪が有名ですね。
また、神の意志に反することは罪になるようです。

仏教では人間界に生まれてきたのは罪滅ぼしのためだと考える場合があります。

これらのために、
人は、そもそも罪を犯しやすいのだから、いつも自分を厳しく戒めて、または戒められて生きねばならない。

今受けている苦痛は過去の罪滅ぼしなのだから、むしろ甘んじて受けるべきだ。
そうじゃないとと罪が消えるまでいつまでもついて回るよ。

という風に、人を罪人として扱いがち。

特に、
過去の罪滅ぼしのために、今受けている仕打ち、過酷な体験を受容するように促されることが多いようです。

本来は、現状をしっかり認識して、立ち向かう、逃げる、助けを求めるなど最適な行動をとるという教えのようですが、加害行為を正当化し被害を受忍する方向で解釈されることが珍しくありません。

宗教と罪は関係が深いのです。

私の家族は、宗教と縁が深かったのでした。
つらい目に遭うのは、過去世の自分の罪が重かったから。
それをいま償っている。
そういう考えになじんでいました。

そうして罪深い自分を恥じていたのでした。
子どもの頃から。

自分を誉れとすることなく生きてきたのでした。

恥の感覚。
虐待トラウマと密接に関係しているようです。

自責の念、自分をほめられない、価値を置けない源泉は、
親などの密接な関係にある大人から過去にうけた仕打ちにあるのかもしれませんね。