2018年09月25日

ありのままでいい。がズレる話

 ありのままでいい。

 よく言われます。

 子育て界。

 スピリチュアル界。

 心理支援界。

 自己啓発界。

 その他いろいろなところで。

 無理して暮らしているので、もっと力を抜いて、背伸びしたり虚勢を張ったりせず、
 今のままの自分でやってけばいいんですよ。
 
 という意味みたい。

 これ、「ありのまま」が

 誰の健康も害さず、

 協調的で、

 全体的にOK。

 という大前提に基づいています。

 ところが、この大前提が当てはまらない人がいるのです。

 結構、多そう。

 例えば、育った環境が、

 朝から晩までけんかや暴力が頻繁で、

 食事があったりなかったり、

 外から来る人はなんだか怖い人。

 手紙を読むと家族が不機嫌になる悪い知らせばかり。

 怒鳴り声がしょっちゅうで、

 夜眠っていると大声で目が覚めたり、

 家に帰ってみると、誰かがケガしていたり、
 寝込んでいたり、誰もいなかったり、

 家族が増えていたり、減っていたり、

 何かが増えていたり、無くなっていたり、

 何かが使えなくなっていたり、

 約束はフツーに破られていたり、

 嘘つかれたり、

 嘘ついたり、

 何が起きているのか? 家族の顔色を窺っていたり、
 
 何が起きるのか? 息をひそめてじっとしていたり、

 急に変化気分になって、自分の頭をたたいたり、

 体をかきむしったり、眉毛や髪の毛を抜いたり、

 したら少し気がまぎれたり、

 そんな日常で暮らしていたので、

 そんな状態がフツーで、

 だから、力を抜くと、自然でいると、そういう状態になる。

 それが「私のありのまま」。

 一般的には、それは、危機的状況に適応した状態。

 異常な状態。

 それは、
 「一般的なありのまま」
 ではありません。

 もし、ありのままでいい。
 とアドバイスしたとしたら、それは、

 異常な状態にいなさい。
 と言ってるも一緒です。

 ありのまま。
 がいい。

 この考え方は、
 フツー安全だ。

 という世間一般の常識を基準にしているのでしょう。
 
 でも、
 普通日常が危険だ。
 フツーに危険だ。
 
 という状況が基準になっている人には不向きです。
 害すら与えるでしょう。

 ここしばらく大ブームの、
 ありのままでいい。
 のアドバイスがズレる話でした。 
  
タグ :ありのまま


2018年08月15日

メンタライジングと「こもって、よし!」のこと

 メンタライジングとかメンタライゼーションとかいう考え方や心理療法があるようです。

 他者の心について、知り、感じ、想像し、共感するなどして、他者とイイ関係を築き、

 社会でよろしくやっていくための効果的なアプローチのようです。

 ※個人的には「心の理論」なんていう呼び名の方がなじんでるんですが。

 相手には、相手の気持ちがあり、受け取り方があり、都合なり、相手の自由意志がありということを知って、

 それらを尊重して一緒に社会をやっていく練習をするみたいです。

 同じように、自分にも自分の気持ちがあり、自分なりの受け取り方があり、自分の都合があり、自分の意志がありますので、

 それらも尊重しつつ、相手とよろしくやっていくことになるのでしょう。

 ひとりよがりにならずに、それでいて相手に従属することもなくやっていくためには必要なことだと思います。

 親子関係でいうと、親が子どもの気持ちや受け取り方や考えた都合を尊重する。
 子どもも親のそれらを尊重する。
 そうして親子関係をよろしくやっていく。
 家族としてやっていく。

 となるでしょうか。

 職場なら同僚同士、上司と部下、取引先と自社でしょうか。

 支援者と利用者も同様でしょうね。

 拙著『こもって、よし!』では、これに通ずることを書いています。

 フォルダを作る。

 という表現です。

 私の中に、相手のことについてのフォルダを作って、
 相手のことをまるごとそこにファイルするというイメージです。

 解釈などの加工をせずにまるごとそのまんま保存する。

 自分のフォルダは別に独立保存してあるので、相互干渉はない。
 双方安全に保存されている。

 そんなイメージ。

 こうすると、相手の立場に立って感じたり、考えたりという想像がしやすくなります。
 私の中にある相手のフォルダを検索すればいいのだもの。

 同様に、私の中にある自分のフォルダを検索すれば、私ならどう感じるかということが分かります。

 比較対象もしやすくなり、

 都合、折り合いもつけやすくなります。

 私とあなたの境界を踏み越えずそれでいて協調してやっていくことが期待できます。

 私の中の私のフォルダの中に無理やり相手のことを入れ込もうと苦心惨憺したり、
 それでもどうにも難しくて相手のことが受け容れられずに排除してしまったりする事態を避けられます。

 小耳にはさんだメンタライジングと、拙著の心の理論である「フォルダ」理論の話でした。

  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)心理・カウンセリング拙著

2018年08月10日

結果を固定しているかどうかが重要な話

 帰属理論についての話の続きです。

 成功した状態を固定して、

 何をやればいいかを考えて実行する。

 と、うまくいく。

 という話で前回記事は終わりました。

 つまり、結果を固定するのですね。

 望ましい状態に。

 これ、もし望ましくない状態に固定していたとしたらどうなるでしょう?

 私は必ず失敗する。

 どうせうまくいかない。

 と、結果を固定していたとしたら、

 努力する気になりません。

 自分の能力・才能・可能性を信じることも難しい。

 運は? ・・・悪い。

 こんな気持ちで日々を過ごしているこもっている人は多いでしょう。

 結果を固定する。

 未来を固定している。

 注意してみると何か気づくことがあるかもしれません。
  
タグ :帰属理論


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)心理・カウンセリング

2018年08月05日

成功と失敗の原因を何にするかの話

 帰属理論というのがあるのだそうです。

 特に、成功と失敗の原因を何に帰属するのか?

 でよく取り沙汰されるようです。

 この場合、帰属は「なんのせいで」って意味みたいです。
 帰属理論では、
 自分の努力、運、課題の難しさ、自分の能力(才能・可能性)の4つのせいで考えるようです。

 例えば、
 成功したのは、

 自分の努力の成果です。

 自分の能力が成功にふさわしい程度だったからです。

 なんて風に、成功の理由を自分の頑張りとか、自分の力だとすると、

 なんだか、自信が湧いてきますね。

 一方で、

 運がよかったからです。

 大したことじゃなかったからです。

 なんて、自分の力以外のせいで自分が成功したんだ。

 とすると、なんだか自分って大したことない感じ。

 同じように失敗について考えるとと、

 自分の努力の仕方が悪かったせいです。

 とすると、
 じゃあ次どんな風に努力して成功しようか?
 って気になりやすいですね。

 これが
 運が悪かったせいです。
 自分には成功する能力(才能・可能性)がないからです。

 となると、なんだかどうしようもない感じ。

 自分でどうにかできることに注目すると成功は自信につながるし、
 失敗も次に活かせるようです。

 運とか能力・才能=素材=ポテンシャルみたいに自分ではどうにもできないことのせいにすると、
 頑張る気、次に活かす気がなくなってしまうようです。

 そしてもう一つ、
 上手くいく。成功する。
 という結果を安定させておくというのも大事みたい。

 うまくいった状態。
 成功した状態を安定・固定しておいて、

 じゃ、そうなるために、

 何をどう頑張ろうか? どう努力しようか?

 って考えることがうまくいくコツのようです。

 逆上がりができた状態を目指すには?

 試験に合格した状態を目指すには?

 社会でよろしくやっている状態を目指すには?

  
タグ :帰属理論


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)心理・カウンセリング

2018年07月30日

眠れないのは考えることに喜びを感じるからかもしれない話

 夜の眠りの困難は、

 寝入りの悪さと、ちょこちょこ目覚めるのと、早すぎる目覚め。

 により、まとまった睡眠が取れずに、

 疲労回復のための休息と、

 日中に傷めた身体のあちこちの細胞の修復

 の時間が十分に取れずに、

 疲れて傷んだ状態で日中活動をしないとならない状況をもたらします。

 余裕のない状態で日中活動をするので、活動のパフォーマンスは高くなく、

 心と身体への大きな負担となります。

 そんな眠りの困難ですが、

 今回は、寝ようとするといろいろ考えてしまい、目を閉じて2~3時間たってもまだ眠りに入らないことについてのひらめきの記事です。

 今日一日のことを考えて、
 明日やることを考えて、
 気になるあのことを考えて、
 考えが考えを呼んで、

 気がつくと床についたときより目が覚めてきた!

 なんて状態のときのことです。

 この状態のとき、どんな気持ちでしょう?

 落ち込み、
 焦り、
 不安、
 怒り、
 ・・・

 いろいろあるでしょうが、存外、

 気が高ぶっているようです。

 考えずにいられないそわそわ感、

 考えないなんてあり得ない!

 もっともっと考えたい!

 やる気満々!

 周囲が静かになり、一人自分の時間が確保され、思う存分考えることに時間が使える!

 ワクワク感!

 ある意味喜び。

 嫌なことが多いかもしれませんが、

 日中はいろいろやることがあって落ち着いて考えることができなかった。

 今この時なら望むほどできる!

 ヤッホー!

 な感じも強いようです。

 脳内ホルモンとして有名なドパミンという物質があります。

 これが分泌されると、
 快感を感じるのだそうです。
 そして意欲や思考力が高まる。

 床につくと、このドパミンがドパーッと脳内に出まくってるのかもしれないぞ。

 眠るより考えることの方に喜びを感じているようだ。

 そういえば、心臓もドキドキしてるし。

 こりゃ眠れないわ。

 ある晩、経験的にそう思ったのでした。まさに床について考えている最中!


 この気づきを得たので、

 メモでもして明日考えよう。

 楽しいことは明日時間をとって考えよう。

 今は眠ろう。

 呼吸をカウントして。

 なんてやると、寝入りやすくなりました。
   


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)心理・カウンセリング

2018年07月20日

支援者に必要なのは想像力だと思うのです。

 人を支え、手助けする人。

 それを支援者と呼ぶならば、

 支援者に必須の要件は、

 想像力だと思います。

 相手の立場、

 状況、

 可能性、

 苦痛、

 考え方、

 傷み、

 気持ち、

 責務、

 権利、

 等々への。

 さて、
 支援者は、以下のような対応をよくやります。

 若いのだから未来は明るいよと励ます。

 40代でも仕事はありますよと希望を持たせる。

 学校は楽しいよと登校を誘う。

 ひきこもりはPCが得意だから、PCを基軸とした就労支援をする。

 不登校は学校が嫌いだから学校に行かないですむ社会にする。

 ニートは自己肯定感が低いからとにかくほめる。

 野良犬に噛まれたようなものだと思って過去を忘れて生きるように支援する。

 自分を大切にしていないからと、命の大切さを説く。

 支援者は、
 自分たちのこれまでの人生をもとにして、自分たちのが苦労や頑張りが報われたからといって、

 その人がその職に就けるかどうかが分からないのに、

 自分たちが、学校では嫌なことやつらいこともあったけど全体的に楽しかったから、
 
 自分がPCが役立つと思っているから、
 PC得意じゃない、否、持ったこともないこもる人は多いだろうに、

 自分が学校嫌いだからといって、
 相手は学校嫌いじゃないかもしれないのに、
 むしろ行きたいのかもしれないのに、
 そして、
 学校に行かないですむ社会はいつ実現するかも分からないのに、

 対人支援のブームが自己肯定感を高めるためにほめることだからといって、
 ほめられるとむなしくなることも多いのに、
 上手に折り紙ができたところで仕事につながらないのに、

 相手の様子が痛々しいからといって、
 簡単に忘れられたら20年前から楽に暮らせてるのに、

 自分の命をぞんざいに扱われているのに、

 ありきたりな関わり方をさも当然に、
 自分たちがゆるぎなく正しいとして、

 自分たちの貧しい想像力をもとに、
 支援を組み立てるのはナンセンスです。

 想像しましょう。

 そうしてその人に会った支援の仕方を創造しましょう。
  


2018年07月15日

トラウマからの回復は主体性の回復のように思える話

 人間というか哺乳類は、そもそもトラウマを負わないようになっているみたいです。

 危険に遭遇したら、

 自分の心と身体を瞬時に危険対処モードに切り替えて、

 危険・脅威に対して、闘うか回避するか、降参するか

 して、

 危険・脅威がなくなったら、

 つまり安全になったら、

 心と身体の状態を
 
 普段のモードに切り替えるんです。

 その時、身体を震わせたり、泣いたりして

 身体に溜まった安全な生活を送るのには不必要な危機対応エネルギーを放散して。

 スッキリした気持ちになる。

 安全を確認して。
 安心感を得て。
 気持ちを切り替えて。

 日常を生きる。

 こんな順序。

 トラウマって、このプロセスの最後の方が十分にできていないときに負うようなんです。

 闘うにしても、回避するにしても、降参するにしても、
 主導権は危険・脅威が持っています。

 私たちはやむなく闘ったり、回避したり、降参したりします。
 
 危険や脅威がなくなるまで。

 いつどのタイミングでなくなるかは危険や脅威次第。

 自分では決められません。
 一貫して受動的。

 この受動的な状態の、
 この段階でプロセスが止まったままだと、トラウマを負ってしまうようなんです。 

 だから、
 トラウマを負わないためには、
 傷を癒すためには、

 今の危険や脅威がなくなったら、
 一時的に弱まった自分の能動性を強める作業が必要になるんです。

 このとき確認すべきことは、

 私たちは、
 圧倒的な脅威の下であっても、自分の力を最大限発揮し闘い、回避し、降参しているってこと。

 私たちは、
 危険や脅威に圧倒されながらも精一杯自分の力を発揮して、自分を守っているってことです。

 そうして、
 そもそも自分は自ら能動的に危険・脅威に対処していたんだ。

 そうして今の安全を手にしたんだ。

 スゴいゾ自分! という自信と、

 もう今は安全だ。
 自分の力で、安全を確保したんだ。

 あの恐ろしい状況はもう過去のものなんだ。
 今じゃない。

 今は安全だ。よく考えると楽しみや安らぐときもあるじゃない。

 と、
 武者震いや涙や安堵を経験するなどして、
 その時最後までやれなかったプロセスをやり遂げ、

 危険・脅威に蹴りをいれて、
 またはケリをつけて、

 今これからを生きていくんです。

 主体的に、

 能動的に、

 ちょっとした自信とともに、

 自分の生きる時間、
 自分の暮らしを自分の手に取り戻すのです。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)心理・カウンセリング

2018年07月10日

自信を持って逃げているかが大事な気がする話

 恐ろしいことに対する人間の反応は、

 闘争か逃走か降参か。の3種と言われています。

 恐ろしいこと、

 問題、

 難問、

 嫌なこと、

 めんどくさいこと

 に、

 立ち向かうか

 立ち去るか

 立ち止まるか

 して平和と安全になろうとするのですね。

 この時大事なのは、

 自ら立ち向かい、
 
 または
 自ら立ち去り、

 あるいは、
 自ら立ち止まって悪い事が過ぎゆくのを待つ、

 かどうかと言うこと。

 望まないのに立ち向かったり、
 
 心残りがあるのに立ち去ったり、
 
 どうしようもなくなってその場に留まったり、

 すると、

 心は傷むようです。

 だから、
 納得して
 立ち向かう、

 立ち去る、

 立ち止まる
 必要があるのです。

 立ち去ることは逃げることで恥ずかしいこと。
 と、言うそう珍しくない考え方があります。

 闘うか、居残るかして問題解決を図ることがいいとされやすいですね。

 でも、立ち去って再起を図るという効果的な方法は、昔から多くの人が採用しています。

 引き際が肝心とも言われています。

 危険から立ち去ることは自然です。

 適切に逃げることはとても重要なんです。

 世の中でやっていく選択肢としていつもしっかり持っていることは大事です。


 立ち去ることは、 
 

  
タグ :逃走撤退


2018年07月05日

親からの自立は身を切る覚悟がいるかもしれない話

 親からの自立。

 という考え方があります。

 それまで親の保護のもとに生活していたけど、

 これからは自分で自分を保護しながら生きていく。

 ときに親を頼り、甘え、

 ときに親を保護しながら。

 自立のイメージって、こんな感じでしょうか。

 具体的には、

 経済的自立と心理的自立

 なんて言われること。

 自分で働いて収入を得て、日々の暮らしをまかなっていく。

 これが経済的自立。

 こもる人やニートの親の人がよく口にする自立はこれですね。
 とにかく働いてほしい。切なる願い。

 一方の心理的自立は、

 気持ちの上で親を頼らなくなること。
 代わりに自分を頼みに生きていくこと。

 とでもなるでしょうか。

 それまで親の考えに従い、
 親の許可を得、
 何かにつけ親に相談していたものを、
 
 自分で考え判断し、行動する。

 そういう風になることですね。

 一言でいうと、
 (自分のことに関して親が担っていた責任を)
 自分で担うようになる。

 こうなると、
 親を自分の管理監督者みたいに上位に置くのではなく、
 対等なオトナとして付き合っていくようになります。

 互いに尊重しあって。
 互いの考えや意見か気持ちや立場を思いやって。

 オトナ同士。

 日本のルールでは、オトナになるのは20歳です。
 一人前の社会人として認められ、だから自分の行動について法的にも責任を持たねばならなくなる年齢です。
 この時から、オトナとしての権利と義務が生じるのですね。

 さてこの自立、人によって差があります。
 その人がどれくらい自立しているかの指標を自立度なんて言いますが、

 人によっては、20歳過ぎても自立度が低い人がいます。
 人によっては、10代のころにオトナレベルの自立度の人もいます。
 ときに一ケタの年齢の頃からオトナとして暮らしている人もいるでしょう。

 親をアテにしなくなる。
 親から自立する。
 親と境界を引く。
 親をクビにする。
 親を切り捨てる。

 子どもが、自分を頼みに生きていく際に、
 そのやり方には穏当なものから過激な力強いものまでいろいろな表現があります。
 
 それまでの親子関係によって表現は違うでしょう。

 穏当で、良好で、成長を促し見守る親との関係だったなら、穏当な表現になるでしょう。

 過激で、一方的で、略奪・侵襲的で、成長の邪魔をし、
 むしろ自分が保護してもらうことを期待しているような親との関係だったなら、

 表現は激烈になるでしょう。

 それは、子ども自身を傷つけることにもなります。

 自分が自立して社会の中で生きていくために、
 親子関係を引き裂くことをせねばならないのですから。

 親は期待するほど自立を手助けしてくれないのだから。
  
タグ :自立


2018年06月10日

身体の病気は、気持ちの現れかもしれない話

本の紹介です。

『身体が「ノー」と言うとき 抑圧された感情の代価』
(ガボール・マテ著 伊藤はるみ訳 日本教文社刊 2017)

です。

 医療現場で治療に当たっている著者は、

 ガンや難病などの深刻な身体の病気を患う人たちには共通する点があることに気づいたのだそうです。

 それは、
 人に対して「ノー」と言えない人が多いこと。
 そして、
 怒りなどの感情を抑え込む人が多いこと。

 なんだそうです。

 本音では、
 断りたいけど、人間関係に配慮して「ノー」と言わない。
 そのために、怒りやなどのネガティブな感情を抑え込む。

 心は、
 気持ちは、
 精神的には、

 そうして平気でいる。

 でも、身体は「ノー」と言い、
 怒りを現す。

 病気で身動きが取れなくなるという形で。
 相手を攻撃できない代わりに自分を攻撃する病気を患うという形で。

 こんな風に考えると、

 長患いを抱えているとき、

 心、

 自分の本音

 に、視線を送るのは役立つかもしれません。

 病気という形で気持ちを表現するのではなく、

 健康を害さない形で表出する方法を見つけるのに。
  
タグ :難病感情




【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。