相談と要望の話 お知恵拝借という知恵

2020年10月24日

人に相談することが実は大好きな私聞風坊なので、

困ったら相談すればいっちゃが~。

と軽~い調子で人にも相談をすすめるのですが、

そのたんびに、

なんか違う感じを持つのでした。

???

オレ、なんか難しいこと言った?

そんな雰囲気になること幾百回。

最近、
1つの仮説を持ちました。

私の相談は、本当に純粋にどうしたらイイでしょうか? と言う相談なんです。
昔の言い回しで言えば、お知恵拝借。

ちょっと困りごとがおきまして、それで(あなた様から)お知恵を拝借したくて本日お時間ちょうだいしました。
のノリです。
※昭和のノリですか。

ところが、こういうことをして欲しいのだけどもやって頂けますか、どうでしょうか?
の相談のノリの人が案外多いことに気づいたのです。

実はこれは、要望です。

そのため、
相手にも事情や都合があるのだから、こちらの要望をお願いするのははばかられる。
または、
自分の要望を先方が聞き入れてくれるかとても不安だ。

だから、相談するのに抵抗がある。
そんな人たちに出会います。わりと多く。

私から軽~く相談すればいっちゃが~と言われた人が難しい顔をするのもこれが原因かも。

私聞風坊は、お知恵拝借=相談のつもりで勧めたのに、
要望を交渉して、それがうまくいかず悩んでいる場合が少なくありません。
やっぱり難しかったわぁ。みたいな顔で。

あら、そら要望じゃが。断られるわ、そら。
だって、そん人があんたのためになんかできることじゃないもん。
と思うことはしばしばなんです。

どうも、
相手に自分の困りごとを解決してもらおうと相談の形で要望する人は多いみたい。

ちなみに、
親が不登校やひきこもりの相談に、専門機関に出向いて、思い通りの成果が得られなかった場合の多くがこれです。
曰く、
なんもしてくれん。(要望したのに。助けを求めたのに。)

そりゃそうです。家族の問題に介入できる組織はあまりありません。
大きな人権侵害問題をはらんでいるからです。

だから、
相手への要望じゃなくて、
自分がどうすればいいかのお知恵拝借。

そういう気持ちで相談すれば、現状打破できるかもしれません。

そういう気持ちで、こもる我が子と向きあうとすると・・・。

この先どうやっていけばいいか分からんから、相談したいっちゃけど、
なんかイイアイデアあったら言うてくれんね。
お父さん(またはお母さん)もあきらめずに考ゆっかいよ。

みたいになるかしら。

いいかげん働いて欲しいっちゃが~。
ってムダに要望するよりマシじゃないかしら。

相談と要望の話でした。


  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)心理・カウンセリング

ごほうびはいらない。依存の話

2020年10月16日

私たちは、
忙しい仕事、難しい勉強、緊張する人間関係、迫る〆切など、
頑張って嫌な状態を辛抱したごほうびとして、
自分になにかを与えることを一般的にやっています。

それで、
心のバランスを保つためためですね。
もしごほうびがなかったら、なんだか損した気分になります。

ごほうびとして自分に与えるものとしては、
アルコール、ゲーム、お菓子、ごちそう、スポーツ、パチンコ、読書、映画鑑賞、音楽堪能、気の置けない人とのおしゃべりなどなど多種多様です。

なんでも
自分の喜びになればごほうびになります。

ところがこの、ごほうびの取り方には、
注意が必要なんです。

特に、
とっても頑張っているとき、
嫌なことを辛抱強くやっているとき、
忍耐強く我慢しているとき。
のごほうびには。

とっても頑張っているときの心の状態はとってもハイテンション。
心は緊張で張り詰めています。

忍耐強く重圧の下で頑張っているときは、いつかくるその時に備えて動き出すためのエネルギーを密かにためている。
見た目では分からないけど、エネルギーは噴火を待つマグマのように身体の内側にうごめきながら溜まっている。
言わばハイボルテージ状態。

だから頑張れる。
無理してでも頑張れる。
疲れも感じず、ストレスに負けず。

こんなハイテンションやハイボルテージの状態で、ごほうびを取るとなるとどうなるでしょう?
皆さんご存じ、
たくさんたくさん、これでもかと取り過ぎてしまいます。
貪欲なまでに、ごほうびを取りまくる。
アルコールを飲みまくり、カラオケで歌いまくり、スイーツを食べまくり、ゲームをしまくり、おしゃべりしまくり・・・。

その結果、どうなるでしょう?
生活習慣病の肥満から始まる身体の病気や、依存症(アルコール・ゲーム・ギャンブルなど)の多くはストレス対処のごほうびが過ぎた結果でもあります。

ハイテンションやハイボルテージな状態でごほうびを取ろうとするとこうなります。
心に勢いがついているからでしょうね。

そもそも、ごほうびなんだから、たくさんあった方がイイ!
山のようなごほうびは正直なところ至福です。
でも・・・。
なんですね。

では、
害を与えないようにごほうびを手にするにはどうしたらいいでしょう?

まずは、ハイを下げるのが最優先のようです。
テンションやボルテージが高すぎるので、必要以上にごほうびを取り過ぎるからです。

心がハイテンションやハイボルテージで高ぶっているときは、
呼吸が浅く激しい。
身体のそこかしこの筋肉がこわばっている。
頭の中では思考が駆け巡って止まらない。
鼻の穴も広がっているかも。

これらのサインに気づき、
呼吸を深くゆっくり、
身体を動かしてこわばりをとり、
意識をそれらに集中することで思考が駆け巡るのを止める。

もはや、自分を苦しめる重圧はないことを。
抑圧から解放されたことを味わう。
ほっと一息。

そうして、穏やかな心と身体の状態を取り戻す。
その上で、必要なごほうびを手にする。

それは、
きっとちょうどいい分量でしょう。

なぜならもうすでに、
平穏という一番のごほうびを手にしているからです。

  


虐待を受けて大人になった人のためのケアの本を読んだのでした

2020年10月12日

『児童期虐待を生き延びた人々の治療 -中断された人生のための精神療法-』
(メリレーヌ・クロアトルら著 金吉晴監訳 星和書店2020)
http://www.seiwa-pb.co.jp/search/bo05/bn1001.html

を読んだのでした。

子どもの虐待については、やっと取り沙汰されるようになってきた昨今ですが、
子どもの頃に虐待を受けて今は大人になった人については、まだあまり取り沙汰されていません。
特に、その治療・ケアとなると、とても資源が限られます。
現在の子どものことについても十分じゃないのだから、大人になった人のケアについてはより不十分というのは仕方が無いのかも。

トラウマケアについても、
事故や災害などのケアは進んできているのですが、長い期間をかけて未治療のままの虐待・逆境体験のトラウマケアについてはまだまだなんです。

本書は、そんな大人のためのケアの貴重な一冊です。
大人になって苦労することに焦点を当てて、ケアプログラムが開発されたようです。
だからとても助かる。

大人になって苦労すること。
それは、
感情調節と誰かと何かをやっていくこと。

つまり、
自分の気持ちの扱いと、他者との関わり方、ちょうどいい振る舞い方。
が分からずに、または上手にできずに苦労するんです。

そうなんです。
私聞風坊も、結局のところこの2つにとっても苦労したんです。
今でも。

気持ちの調整がつかないということでどんな風に困るかというと、
身体が言うことを聞かなくなるんです。

うれしいことに出会ったとき、
嫌なことに出くわしたとき、
過去のことをふいに思い出したとき。

身体が動かなくなったり、
あたふたしたり、
動きすぎたり。

なんだかとてもおかしな状態。
いわゆるパニック状態になってしまうんです。

これが、
感情で身体がいっぱいいっぱいになって、感情に身体が振り回された状態であること。
だから、
今感じている感情を知り、身体を落ち着かせることが先決であること。
を知ったのは最近と言えば最近です。

心と身体の調和を保つためには、マインドフルネス瞑想が推奨されています。
今ここの自分の気持ち、身体の状態に思いをやり。ただ受け入れる。

身体が落ち着き、心が鎮まってきたら、どうすればイイかを落ち着いて検討して実行する。
穏やかに穏やかに。それで大丈夫だから。怖いことは起きないから。起きても対処できるから。

実行にあたっては、社会的スキルが必要です。
子どもの頃に虐待を受けて育った大人はもっぱら虐待する相手にのみ関わってきたから、そうじゃない相手に対しての関わり方が十分に身に付いていないんです。
心構えというか、気の持ちようというか。
どうすればいいのか戸惑ってしまう。

身体や心への暴力がともなわない人間関係での関わり方を知らないから。
つい攻撃的になったり、身構えたり、すぐキレて立ち去ったりする。
それしか知らないから。

つまり、
人との交流のパターンがとても少ないんです。
だから、このパターンを増やす練習が必要なんです。

『こもってよし!』や『親を育てるひきこもり』に記した記録は、まさにこの練習の軌跡です。
親以外のフツーの人々、虐待環境でないフツーの社会環境で生きていく術を大人になって身につけていく過程の記録です。

さて、社会参加、人との関わりのポイントは、”パワーバランス”と指摘されています。

相手のパワーと自分のパワーのバランスを考えて、振る舞い方を変える。替える。
それが社会でやっていくコツなんだ。
そんなことを伝えているようです。

これを知らないんです。
教えてくれる大人がいなかったから。

だから、
振る舞い方を間違えて痛い目に遭ったり、白い目で見られたり、空気を読めずに浮いてしまったりするんです。

今どんな風に振る舞うべきか?

職場の上司の意見には基本的に従う感じて。
異見を言うときは慎重に。

友人同士ならそんなに構えず。正直な気持ちを伝え合うように。
とはいえ、ネガティブなことは慎重に。

相手と自分、その場の雰囲気を感じ取って、適切に振る舞う。
時には沈黙。時には雄弁。時には親しく。時には他人行儀に。
時には気持ち重視。時には理論重視。
時には優しく。時には厳しく。

たくさんの振る舞い方、豊かな交流の仕方があります。
これらを身につける必要があります。

自由に、ストレス少なく暮らすために。

そのあと、

そのあとなんです。

トラウマと向きあう。
いわゆるトラウマ処理をするのは。

リソースなんて言いますが、今ここでそこそこ安全で安心で自信をもった暮らしができるようになってから、
過去の苦痛な体験について語るのですね。
ナラティブと言われています。

以上ざっとした説明ですが、
当事者の困難にとことん寄り添って作り上げられたプログラム、手順が丁寧に紹介された本でした。
よろしかったらお手元にどうぞ。


  


逆境的小児期体験ACEについて知ったのでした 2

2020年10月08日

『小児期トラウマと闘うツール――進化・浸透するACE対策』(ナディン・バーク・ハリス著 片桐恵理子訳 パンローリング社 2019)
https://www.panrolling.com/books/ph/ph95.html
を読んだのでした。

その感想の2です。


子どもの頃に暴力や虐待などの逆境体験をした場合、それが人体に悪影響を与えて、心と身体の病気を大人になっても引き起こす。
それは、人類共通の反応であり、人類のほとんどが逆境体験を経験している。
だから、早期発見し、影響を見極め、必要なケアを行う。
それが社会で標準化される。

これが、
逆境的小児期体験・ACE(Adverse Childhood Experiences)研究を中核にすえた医療実践している著者の願いでした。

血液検査でガンマGTPが高かった。標準体重をだいぶ超過し、血圧も高かった。
だからまずはお酒を控え、食生活指導を受け食事を改善し、運動のプログラムに参加する。
それで効果がないなら降圧剤の服用も考える。
加えてACEスコアが4点以上だったから、逆境的体験の回復プログラムも取り入れる。
そんな感じでかなとイメージしました。

さて、私が注目したのは、
逆境的体験の一言でした。

これまで、子どもに対する悪い影響として取り沙汰されている事柄は、

虐待、
望ましくない養育であるマルトリートメント、
体罰、
いじめ、
が多いのですが、

これらは、
ぜんぶ加害行為に焦点が当たっています。
害を受けた子どもの側よりも。

害を与える行為はダメです。
という視点です。

そう言えば、
有害図書もそうですね。
害のある図書。焦点は図書です。子どもではない。

一方で、
逆境的体験となると、
体験した側に着目しています。

その子が、逆境に遭遇した。
逆境を体験した。
逆境を体験したのはその子。

害を受けた、害を受けている人にまなざしを送っている。
害を加える行為や、害を与える人ではなく。

この視点が、新鮮でありとても強く心を動かしたのでした。
そして、
すでにもう研究がだいぶ進み、支援に取り組まれ、成果を上げていることも、大きな喜びでした。

とはいえ当地でもまだまだの様子。
子ども時分に手当てされる人は多くなく、
大人になって、いわゆる成人病や大きな病を得てから、初めて子どもの頃の逆境的体験を思いやられる人は少なくないようです。

ましてや日本では?

そんなことを思ったのでした。


  
タグ :逆境的体験


逆境的小児期体験ACEについて知ったのでした

2020年10月04日

『小児期トラウマと闘うツール――進化・浸透するACE対策』(ナディン・バーク・ハリス著 片桐恵理子訳 パンローリング社 2019)
https://www.panrolling.com/books/ph/ph95.html
を読んだのでした。

虐待などのトラウマが与える悪い影響と言えば、
精神的な不調ばかりが注目されがちです。

ところが、
身体の不調もその影響が大きいようなのです。
※経験者は薄々気づいてます。

ACE研究はこれを明らかにします。
逆境的小児期体験・ACE(Adverse Childhood Experiences)研究。

これによると、
家庭内の虐待に限らず、犯罪が頻発する環境や、貧困によるストレスなどの環境面の影響が、
低体重や喘息など子どもの心と身体に悪い影響を与えていて、
その影響は、大人になっても、そう、一生つきまとうのだそうです。

大人になってから、
食習慣から糖尿病や肥満による高血圧や心臓や血管の障害などの病気になったり、
喫煙習慣から肺の病気になったり、
アルコール摂取習慣から依存症やいろいろな病気になったりすることも、
自己免疫疾患や甲状腺などの病気も、
子どもの頃の逆境的体験の影響があるようなんです。

逆境というストレスが、
人のストレス反応系(免疫系・ホルモン系・自律神経系など)に問題を引き起こし、それが長年にわたって、ときに一生、影響を与え続ける。

そういうことから上記の身体・人体の病気の治療や予防に、
ACE研究の知見を取り入れると、効果てきめんなんだそうです。

さて、
この逆境的体験ですが、ACE研究は、
逆境的体験は、人種性別国籍地域困窮富裕などに関係なく
ほとんどの人が経験していることを明らかにします。
そして、
体験の数が多いほど人体に与える影響も大きくなるとか。

逆境は人体に甚大な影響を与える。
のですね。

だから、
子どもの段階で逆境体験を発見し、早期ケアを始めることが重要と指摘します。

もちろん、
大人になってからでも、現病気の原因でもある逆境体験のケアを始めることが現病気の回復に役立つ!

そのために、
逆境体験のチェックリストを作り多くの医療福祉機関で活用しているのだそうです。
最初の段階(予診・問診)でチェックを実施するようです。

逆境は人体に甚大な影響を与える。

人類共通の仕組みゆえ。

実は、
私聞風坊のひきこもり研究も同じ視点・仮説に基づいていました。

人は誰でもこもる。

この仮説を実証したくてずっと研究してきたのでした。
成功すれば、老若男女人種国籍などの区別なく、こもるほどの苦痛体験の解消・軽減の道筋が見えるだろうと予測したからです。

その結果、
身体反応という結論に達しました。

人類共通の反応。
問題。
そして課題。

となれば、何が起きるか?
または何が起きないか?

その第1に挙げられるのはスティグマだと思っています。

実のところ、幼児期のトラウマ体験は、
その人を特殊な経験をした人にしてしまいます。
これが、
特殊な人という烙印・スティグマを押すことになるのです。
そうなるともうその人はフツーの人ではなくなります。
ひきこもり界では、
当事者論が盛んですが、これもこのスティグマとの葛藤から来るものと思っています。

障害者・(性)被害者・というスティグマと戦っている人たちも思いは同じでしょう。

トラウマ体験をすると、
逃げる努力が足りなかったから。
注意を怠っていたから。
無力だったから。
快復に力を入れてなかったから。
なんて、自分を責めがちなんでです。
他者からも非難を受けることも少なくありません。
支援者からですら。

そしてそれは、自分のことを
弱い、人と異なる、人に受け入れられない、
特殊な存在として認識することにつながります。
こうして、
自分でスティグマを押し、他者からも押されます。

逆境的体験に対処するように人体が反応して、
それが長期間にわたり心身に影響を与えている。

これは自然な人体の反応なんだ。
この反応は人としてフツーの反応なんだ。

自分の身体に何が起きているのかが分かれば、何をすればいいのか、何をしなくていいのかは明らかになります。

人類共通の反応であることが科学的根拠に基づいて解明されれば、

苦痛から解放される道が開かれるのです。
スティグマからの解放とともに。

そんなことを思った一冊でした。