薬物依存症リハビリセンターフォーラムに行ってきました。

2015年12月26日

 DARC(Drug Addiction Rehabilitation Center)宮崎の設立20周年フォーラムに行ってきました。

 久しぶりのアディクション当事者の場に身を置けて、とても懐かしくそしてユーモアいっぱいの会場に心なごみました。

 悲しみと絶望を友愛で包み込んでいる独特の雰囲気。

 テーマは違えど、人にとって大切な環境は一緒なんだなとしみじみ思いました。

 みんな絶望を引き受けることから、今の落ち着いた暮らしを手に入れているのでしょうね。

 フォーラムのスピーチで心に残った一言があります。

 あの、有名な「今日一日」です。

 これまでは、
 明日から断薬しよう。
として
 今日薬物をとっていた人が、

 今日一日断薬しよう。
薬は明日にしよう。

という風に考え方が変わったのだそうです。

  それから、薬をとらない生活が始まったとか。

 そうでした。そうでした。
こう学んだのでした。

 今日一日飲まずにいよう。
明日になって飲めばいいじゃないか。

 今日一日しらふでいよう。
明日酔えばいいじゃないか。

 今日一日まともでいよう。

 今日一日穏やかでいよう。

 今日一日誇れる日でいよう。

 未来のことは分からない。
でも今日一日はなんとか持ちこたえよう。

 そういう意志。そういう現実志向。そういう優しさ。
のこもった一言です。

 応用はいっぱいできますね。

 今日一日ゲームはやめよう。

 今日一日煙草はやめよう。

 今日一日こもらず誰かと関わろう。

 今日一日平穏な気持ちで過ごそう。

 生きることがどうしようもなくなった絶望の中から見つけた一つのよりどころ。
絶望の中を生きるよすが。

 それが「今日一日」なのです。

 今日一日、今日一日を生きよう。


 私聞風坊も、
ひきこもる絶望の日々をこの言葉を支えに生きてきています。



同じカテゴリー(自助グループ)の記事画像
【告知】自助グループについて考えるイベントのお知らせ
大人の発達障害当事者グループShikibuのご案内
同じカテゴリー(自助グループ)の記事
 自助グループは、今の仲間だけのことを考えてるんじゃないという話 (2019-11-23 06:00)
 自助グループのダークサイドの話。 (2019-11-19 06:00)
 当事者活動で本名を伏せる話 (2019-03-30 06:00)
 ひきこもり状態の人がどんな風に自分を変えたがっているかの研究の話 (2018-12-15 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
薬物依存症リハビリセンターフォーラムに行ってきました。
    コメント(0)