親も呪縛の中にいたこと

2020年09月14日

子どもを虐待する親は、その親自身が虐待を受けていた。
という視点はとても大事です。

私が家の呪いの中にいたように、
親自身も、私以上の年季で家業の呪いの中にいたようです。

TA・交流分析では、ホットポテトとして指摘されていますが、
ゆでたての熱いホットポテトは持っていられないので、そばにいる身近な誰かに投げ渡すことで、楽になろうとする心理です。

そのために、家業の跡取りが必要なんです。
じゃないと自分たちで全部背負わないとならないから。
自分たちじゃもう限界。
誰かに背負って欲しい。
そもそも、
エライ人(大人)から押しつけられた望まぬホットポテトだから。
自分たちが持っていなければならない理由はないのだから。

子どもはその期待を背負って生じます。
年端もいかない頃は、それが普通だから。
親を始め周りの大人全員からほめられるから。
それはきっと正しいことのようだから。

分別がつくようになってからは、
親が口にする家業への怨嗟から、ホットポテトを渡したいという親の魂胆にも薄々気づきながら。
それが社会的役目だと引き受けながら。
それで事がうまく運ぶなら、できるだけのことをしますわ。それ以上はできないけど。という思いで。

家業の呪いに気づいてからは、親も自分と同じ犠牲者だったのだと気づいて。
この呪いは、ホットポテトよろしく親から受け継いだものだと気づき、
自分が呪いから解放されることは、親の呪いの解除でもあることに気づき。

家族を悼みながら、しばらく日々を暮らしていくのでした。
  


トラウマの元に気づくまでの道のり

2020年09月10日

どうにも子どもの頃から、強く深く心に傷を負っていた私なのですが、

最近、その大きく深い傷の一つが分かって、セルフワークしたところなのです。

そのざっとした記録をここに残して、

なんかあるのは分かるけど今ひとつはっきりしていないトラウマで苦労している同朋のためになればと願います。

1.なにかしらの引っかかり
どれほどワーク・心理療法しても、なにかしら残っている感じがしていました。

2.実家に関することについてひどく動揺する
実家に関することやその地域の話題について見聞きしたり、心に思うだけで、胸のあたり、胃と心臓の間あたりがズーンと重くなるんです。

特に実家に関することについて考えると、あれも起きそうこれも起きそうと悪い空想が次から次にわき起こり、とても不安が強くなり、とっても興奮して、その後、激しく落ち込むんです。
挙げ句、背骨の力がふっと抜ける感じがして、身体を起こしていられなくなっていました。
実際以前は、しゃがみ込んだり、寝込んだりもしていました。

家業跡継ぎとしてこの世に生を受けた私です。
お前が継がないと私たちの人生が終わってしまうとして、もう物心ついた頃には私は両親からしっかり重責を負わされていました。
そうしてことあるごとに私をひどく迫害していたのでした。

これは両親からのひどい仕打ちなので、これまでこの心理的手当てをずっとしていました。
一言でいうと、両親からの呪縛の解除です。
このブログにももちょこちょこ記しているように、長年の取り組みでだいぶ成功してきていたんです。

とはいえ、それでもどうにも引っかかりがあるんです。
何かがひっかかっていて、スッキリ自由に楽になれていない。

謎でした。

最近また実家のことでひどく動揺することがあって、そのときふと気づいたんです。

あ、実家の建物そのものにトラウマがあるんだ。
って。

ふっと腑に落ちました。
直感的にすっきり納得しました。

そこでチェック!
実家建物のイメージを改めて感じ取ってみる。

そうしたら、
私が抱いていた実家建物のイメージは、逆光に照らされた瓦屋根の黒い巨大なシルエットでした。
いわば恐ろしい屋敷。お化け屋敷やホラー映画のあの重苦しく恐怖をあおるあのシルエットの感じです。

そうなんです。実家建物そのものが、私の脅威だったんです。


3.家へのワークをやる
黒く大きなシルエットの我が家が自分を圧倒して制圧している。
でも、それは事実ではない。実はもはや建物はこの世に存在していないから。
つまり、妄想が自分を追い込んでいる。
そう認知した私は、

黒く大きなシルエットが及ぼす呪いを解除するワークを試みました。

まずは、そのイメージをうかべ、そのときの左胸の重圧を感じながら、タッピングと目の運動を繰り返しました。
ほぼ脅威は感じなくなりました。
※「恐怖条件付けの消去」に当たるでしょうか。ちなみに最新のトラウマケアの最後の方でやるやり方です。

これで解決
・・・
していませんでした。
まだなにかひっかかるんです。
残りかすというか、こびりついている感じ。
はがしきれない黒いペンキが身体の内壁にペロンと残っている感じ。

まだまだ終わらない。

これをどうするか?

そのとき、 ふと手もとにあった本を開きました。
虐待者は患者の「中に生きて」いて、絶対に「逃れられない」という恐怖を生じる

『児童期虐待を生き延びた人々の治療 -中断された人生のための精神療法-』
(メリレーヌ・クロアトルら著 金吉晴監訳 星和書店2020 p297)
の記述に出会いました。

これです!
虐待した物が私の中にいるのです。
心の内、身の内壁にまだ張り付いて残っているんです。
実家建物の黒ペンキシルエットが。

タッピングや眼球運動という神経的なアプローチではきれいに除去できず、こびりついていたこのペロンをどう除去しようか?

考えていたその時、またありました。
息を吸うときに身体の内に光が入って、吐くときに黒い悪い影を吐き出すく呼吸法です。
『自傷行為治療ガイド(第2版)』(バレント・W・ウォルシュ著 松本俊彦監訳 2018 p307)

これがイイ!

もうすでに剥がれかけたペンキの膜となっていた実家のシルエットをイメージして、
息を吸うときに、影を消し去るまぶしい光が身体の中に入ってくるイメージをして、
息を吐くときに、身体の内壁から、悪い黒いペンキの膜が剥がれて外に出て消え去るイメージを繰り返したのでした。

だいぶ楽になりました。
なんだか、勝った気分にもなりました。
痛快と言えば痛快。

まるで、
黒い悪いものが私の身体の中に巣くっていたように。

アメリカのテレビドラマ「レギオン」では、
主人公が子どもの頃に頭の中に不気味で恐ろしいミュータントが住み着いたという設定でしたが、
私も同様な状態で大人になり、中年を迎え、やっと身の内に巣くう不気味なモンスターに気づいたのでした。

改めて思い返せば、
車の運転がとても嫌なのです。苦手と言うより心底嫌っている。
また、
高校1年の製図の時間に、理想の我が家を描く課題でまったく描けなかったことがありました。

家の修理も心底イヤなんです。もともと工作は得意なので、実際は上手に修理しているんですが。
失敗したらとんでもないことが起きそうな気がして、ほんとにものすごいストレス。

家がある地域の話題でも気が変になるくらいのストレスを抱えていたのです。

学齢期には、
学校からはまっすぐに速く帰宅しました。気がかりなんです。家が。

友だちと遊びに行くときもいつも家のことが気になっていました。

親にだけではなく、家になにかが起きていないかと怯えていました。
だからある意味一目散に帰宅していた。

旅行にも行かず、外出も控え。
気をつけていないと家がなくなる。そんな恐怖を抱きながら、大きくなった気がします。
思い返せば。

これまでは、
親が家を壊すという恐怖だと思っていましたが、それだけでなく、純粋に自分の家が壊れる、無くなるという恐怖感を持っていたようです。

それは、
家が壊れたら家族みんな生きていけないという恐怖につながっています。

きっと自分のせいで。
自分の至らなさのせいで。

だから、
家のことを一番に、最優先に、家に害を与えるようなことをしないように、最大限気配りすることを至上命題にしていたのでした。
そうして50年生きてきた。
鍵締めの確認を強迫的にするのもきっとこの信念の影響でしょう。


4.サヨナラをする
まだ終わりません。
まだやります。
ここまで来てまたまたふと気づきまいた。
未完の仕事があったんです。

家にサヨナラをしていなかったんです。
だから、私の中にまだ家が存在していた。
黒く大きく不気味なシルエットとして、私の人生に文字通り影を落としていた。
その重圧が私を不自由にしていた。

もはや実家建物に対する恐れは持っている必要はない。
実家に関する重責は終えていい。
そんな気がしました。

実家建物についての思い出を思い出す限り走馬灯のように思い出し、
それはもう終わり。
これは過去のこと。
と言いながら、小さく縮めてフェードアウトさせていきました。
※NLP的ですね。

まさに、繰り返し学校帰りで家に入るときに大きくて威圧感を持った家の記憶。
もう無い。

家族が怒鳴り合う居間の記憶。
もう昔。

飲んだくれる親の背中をよく見た台所。
朝一で酒を飲む親の背中を見た流し台。
もういない。

太陽熱給湯と薪で沸かした風呂。
もう昔。

青春の自室。
ひきこもった部屋。
親が何度となく怒鳴り込んできた部屋。
もうない。

胸が熱くなりました。
そう、別れを悲しんだのでした。
サヨナラ。
家の思い出。

こうして、過去のことが過去に置かれ、
私は今に生きるようになったのでした。

ワークおしまい。

後日談。効果チェックとフォロー。
自動車の運転も、家の修繕も、その他諸々も、不必要な緊張から解放されてやってます。
自分なりのやり方で(自由に)やっている感じ。
きっとフツーの人がやっているように、そして感じている緊張の質・程度なのでしょう。
うまくいっている感じ。
  


子ども虐待を親による子どもいじめと言う視点で捉え直してみる話

2020年09月06日

心理的虐待に限らず児童虐待全体を「親によるいじめ」と捉え直してみた記事です。

いじめは、
一定の関係にある人が行う心理的又は物理的な影響を与える行為で、その行為を受けた人が心身の苦痛を感じているもの。
とされています。

心を痛めつける行為と、身体を痛めつける行為であり、
いじめられた人が、心や身体の痛みを感じているもの。
です。

さて、
痛みを感じているかどうかについてですが、その行為を「して欲しい」と素直に思えないなら、痛みを感じていると考えられます。

このとき、
いじめを引き受けることでグループメンバーでいられる場合、嫌にもかかわらずその行為を望む(痛みを受け入れる)場合もありますが、それでも素直に「して欲しいかどうか」を問えば、して欲しくはないはずです。痛みのない別の方法があればそちらがいい。

それぐらいなら我慢できるからやってもいいよ。
でも、ほんとはやって欲しくないし、別の痛みのない方法があればそっちがいいな。
と言うかもっと仲良く優しくしてほしい。

以前、
いじめの定義には「一方的に」の文言があったのですが、(見かけ)一方的にいじめられているようには見えない場合も考慮して、この文言は削除されたようです。
※文科省サイト https://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2019/06/26/1400030_003.pdf

また、
職場でのいじめに当たるものは、ハラスメントとされています。
パワー、セクシャル、モラルがよく取り沙汰されます。
いずれも、地位・人間関係の上下があり、力関係に大きな開きがあり、力の強い上の者が力の弱い下の者に対して害を為す行いです。
自分の地位や力を乱用しています。

子への親の力の乱用、子の不適切な利用などの意味を含む児童虐待・Child-abuseは、
身体、心理、性的、ネグレクト・育児放棄の4つの視点から捉えられます。

物理的、心理的に、親という立場を乱用して、子どもに害を為す行いです。
または、子どもを自分の都合のいいように利用する行い。でもいいかもしれません。

例えば、

親がイライラしたときは必ず子の小指に爪を立てて憎々しくつねる。
子は激しい痛みに顔をゆがめる。
気がつくとそれをされていたので、子はそれが普通(の親子関係)だと思っていた。
実際は苦痛を感じていたのに、止めてと言うこともせず。
むしろ平気でいられるようにガンバったり。

子どもが本音を口にすれば、親はそれを人がたくさん集まる場で笑い話のネタにする。
止めてと言うと、それをまたネタにする。
親が子を嘲笑の的にする。

子は、
親が自分の心の痛みに関心がなく、むしろ痛がる子を楽しんでいることにさらに心に痛みを覚えながらも、
自分が軽んじられることを恥をかくことを引き受ける。
それしか対処できない。生きていく術がないから。

実のところ、親に悪意はあるのでしょう。
からかい程度の悪意か、傷つけてやろうと思うほどの悪意かの違いはあっても。

子に悪意を向ける親。
よその子にはムリだが、実の子になら悪意を実行できるから遠慮なくやる。
だって、実の子は自分たちから離れられないから。私たちは一生ついて回るから。
愛情にもとづく親子の絆ゆえに、一生離れず大人になった子が老いた親の面倒をみる場合とは違います。
脅し・強要の対象として我が子を利用する子どもの悪用です。

自分の力ではどうしようもない圧倒的に不利な立場に生まれ落ちた子。
だからこそ大事に育まれるのが一般的だけども、
虐待親はそうしない。

自分の圧倒的有利な立場を利用する。
子の圧倒的不利な立場を利用する。
子は、自分が悪用される状況から逃れる術はない。
家族重視。日本の法律がそうなっているからです。
それを百も承知で平然とやり続ける親。

お前がいるから離婚できない。
子は三界の首かせ。
として自分たちが苦しみの中に居続けねばならない理由がお前にあると子どもに面と向かって言う。
自分たちの幸福の邪魔をしているのはお前だと名指しで責めていることになります。
子は自責の念を持ちながら、自分が居ない方がイイと思いながら親の元にいます。親こそ子の首かせであるのに。

親にも悪意はあります。

子に悪意を向ける親の元でなんとか安全を確保すべく、子は最善を尽くします。
目立たず、欲を抑え自己主張せず、自分の感情を押し殺し、ひたすら親に追従し、そうして生き残る。


少しばかりの自分の好きなことは目立たないようにやる。隠れてやる。
見つかったら、親は何をしてくるか分からない。執拗に嫌がらせを続けることは高い確率で予測される。
生きるのが命がけ。
これ、
いじめ加害者に見つからないように怯えて過ごすいじめ被害者の心理とほぼ一緒です。
いじめられないよう日常を命がけで生き抜く。
一分一秒すら気が抜けない。

前述したように、以前はいじめの定義には「一方的に」の文言がありました。
最新の定義では削除されています。

積極的に嫌がる相手をいじめる側が一方的にいじめているという構図ばかりではないからのようです。
いじめられることをむしろ積極的に引き受けることで身の安全を保つ。
傍目には仲良くじゃれ合っているように見える。
そういう構図も少なくないからでしょう。
この点も、虐待と通ずるものを感じています。

問題が無い親子を装う。
周囲もこの親子は問題が無いと認めているから。
それに同調する。
波風立てても危険なだけだから。
または、苦痛や危険を主張しても信じてもらえないから。
そもそも自分の家庭が、家族が危険であることを知らないから。
今の状態が普通の暮らしだから。

家庭の内外で親からいじめられている子は、
自分の日常の言動が自分の命に直結しています。

だから、
なによりもまずいじめ加害者の動静を気にする。
加害者が目の前にいるかどうかは関係ない。
今どこにいるか、何やっているか、機嫌はどうか、被害はないか、被害が起きているかもしれないのでその心構えをしておく、
気を抜かず、注意を逸らせず、集中して、想像力を働かせて。
いじめ対処が日常の最優先事項。
いじめ予防のために全力を捧げる。

そんな緊張感あふれる日常。
安らぎなんて得られるはずもない戦場のような家庭。

学校でのいじめ、職場でのいじめはよくないことと多くの人が認めています。
家庭内での親によるいじめも同様です。