2019年02月25日

親が発達障害と言うこと

 最近では、自閉スペクトラム症とかも呼ばれるようになってきて、
 いろいろ呼び名が変わる発達障害関係の「困り感」ですが、

 おおよそ、

 自分以外の人の立場に立つのが苦手

 だからか、
 自分のことを他者の視点から客観的にみるのが苦手

 そのためか、
 今自分がどんな気持ちでいるか自分の感情を知ることが苦手

 だから、
 自分が困っていることに気づきづらく、ゆえに何に困っているかが自己理解しづらい。

 そのために、
 もやもや感が蓄積し、不満が溜まり、感情が調節しづらくなる。

 また、
 注意を向ける先を相手と共有することが苦手なので、

 会話のポイントがズレやすく、
 
 自分なりの結論にばかり注意を向けるので、
 
 相手の意図を誤解しやすく、また早とちりや思い込みも多く、

 さらには、
 表情から感情を予想することも得意ではないので、

 今現在の相手の気持ちに配慮した言動に困難をおぼえたりするとされています。

 もし、
 子どもの表情やしぐさなどから感情を察することが苦手

 今現在の我が子の気持ちを汲んだ声かけなどの関わりが難しいとしたら。

 もし、
 自分の感情の調節が苦手で、感情にまかせて大声上げたり時に手を上げたりしてしまうのだとしたら。

 もし、
 ポイントがズレてしまい、どうにも子どもとの意思疎通が困難なときが多いとしたら。

 周囲のサポートが必要でしょう。

 つまり、
 周囲のサポートがあれば大丈夫ということ。

 そうしたら、
 親から共感されない。

 困ったら親(大人・他者)に相談して解決すると言う会話をもとにしたやりとりの経験が不十分。

 親の感情に振り回される。

 親の配慮のない言動に傷つき続ける。

 それらの困難を誰にも分かってもらえずに一人心を閉ざして生きる子ども。

 それあらが
 あまりにも当たり前にいつもいつも続いている状況なので、

 それがどの家庭でも同じ、普通一般と思い、
 自分が困難を抱えていると言うことすら知覚していないかもしれない子ども。

 は、ずいぶんと減るように思えます。

 そうしたら、
 その子たちが希望を持てるように思えます。

 何事も周囲のサポートが大事という話でした。
  
タグ :発達障害


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)発達障害

2019年02月20日

瞑想すらできなかった話

 現在、トラウマケアから健康な人のストレスケアまで幅広く活用されている瞑想です。

 一般的に、目を閉じて行われます。

 が、この目を閉じる行為ができなかったんです私。

 瞑想では、
 気持ちを落ち着かせるために目を閉じるのですが、

 つまり、
 目からの情報を遮断するのですが。

 目からの情報がなくなるととても緊張が高まるのです。

 目から情報が来ない分、耳をすましてしまいます。

 身体全体で情報を補足しようと全身を緊張させます。

 結果的に、気持ちが高ぶります。
 リラックスしない。

 つまり、
 目をつぶる意図が台無し。

 ちなみに、
 夜、寝つきが悪いのもこのからくり。

 目を閉じると緊張する。
 こんな身体の状態なので、

 身体が感じる緊張・不安と付き合いながら、

 緊張をほぐしていく必要がありました。

 目を開いたままで、瞑想呼吸をする。

 それも数分はできないので、

 2~3回やる。

 2~3回分、緊張がほぐれたことを実感する。

 次は1~2回、回数を増やす。

 その次は、数十秒リラックスした時間を味わう。

 その次は、上がった肩、偏った姿勢など、気づいたところからこわばっている筋肉を緩める。

 そんな感じで自分にできる範囲で、緊張をほぐし、

 リラックスを味わい、

 そうして、

 そうして、

 そうして、

 やっと最近、フツーに目を閉じることができるようになりました。

 いたずらに緊張しなくて済む機会が増えました。

 フツーの人ってきっと、こんな状態が多いのだろうな、一日のうちに。

 なんて思います。

 そんなこんなで、やっと瞑想ができるようになってきたというお話でした。

  
タグ :瞑想瞑目


2019年02月17日

【告知】子どもに関わる大人のためのイベントあります

 宮崎県生活指導研究協議会さんが

 生きづらさを抱えた子どもと向きあう
 ~教師としてできること、大人としてできること~

 と題して

 子どもを支援する大人がつながる集まりを開催されます。

 子どもを支援するには、大人同士・専門職同士のつながりが大事。

 皆さまどうぞのお運びを。

 日時 平成31年2月23日(土) 13:00~
 場所 宮崎大学創立330記念交流会館

 案内チラシ↓


  
タグ :生活指導


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)告知

2019年02月15日

牙をむく行為は、暴力を防ぐためかもしれない話。

 示威行為とか、威嚇とか、牙をむくとか、にらむとか、

 と言う行為は一般的には控えた方がいい行動です。

 なぜなら、暴力的だから。

 そうなんです。

 暴力的。

 ということは、
 実際に暴言や暴力をふるってはいないのです。

 その前、

 直前なんです。

 ここから紙一重で暴力に及びやすい状態ではありますが、

 まだ暴力していないぎりぎりの状態。

 さて、
 暴力直前のこの状態の意味と言うか効果について考えます。

 私は怒ってる!

 暴力するぐらいだ!

 と言う表明です。

 それを受けた相手は、ちょっとビビります。

 その瞬間、激突しそうなやりとりに一瞬の空白が生まれます。

 ここが大事!

 牙をむく行為である威嚇は、一瞬立ち止まり、行動に移ることを躊躇させる効果があるようです。

 それは、緊張がエスカレートした次の段階である暴力から少し距離を置くこととなります。

 本当にやるの!?

 本当にやるぞ! いいのか?!

 と言う問いを相手と自分に投げます。

 そうして考え直す機会を作ります。

 この段階で、緊張をほぐし、融和への道を進むことは懸命です。

 平和を目指す。
 これが威嚇の真の目的かもしれません。

 だから、動物にはこの能力がデフォルトとして備わっているのでしょう。
 テレビや日常で牙をむきあう動物たちを見かけることは、そう珍しくはありません。

 一方で、威嚇から暴力・闘争に発展することは少なくありません。

 だからら、
 威嚇が暴力の合図、

 牙をむいたらやってイイ証拠。

 なんて風に思っている場合も少なくないかもしれません。

 でも、
 私たちにそなわっている威嚇、牙をむく能力の本来の目的・意図は違うようです。

 どうやらそれは、
 衝突を防ぎ、暴力をしないため。

 つまり、
 平和のためのようです。

 とはいえ、牙をむかなくてすむ、より緊張が低い自己主張の仕方はあります。

 私は少し怒っています。

 と怒りの感情を言葉で落ち着いて伝えるやり方です。

 実はこれで十分。
 相手は一瞬躊躇します。威嚇と同じ効果。でも、暴力的ではない。

 そして、
 お互いに衝突を避け、緊張を緩める方法を考える機会を提供します。

 暴力しないやり方はいくつもあるという話でした。

  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)心理・カウンセリング

2019年02月12日

【告知】ひきこもり つながる・かんがえる対話交流会in宮崎が開催されます

ひきこもりのことや
多様な生き方や、
つながりをつくる環境作り
などについて、
対話交流するイベントが開催されます。

日 時 2019年2月24日(日) 13:30~
場 所 宮崎市総合福祉保健センター(宮崎市花山手、市立図書館隣)

お問い合わせ申込み方法など
詳しくは、主催者Webサイトをどうぞご覧下さい。
http://taiwa6.wixsite.com/khj-taiwa/18-1

主催
特定非営利活動法人 KHJ全国ひきこもり家族会連合会
電話:03-5944-5250(月~金 10:00~19:00)

案内チラシ↓





  
タグ :つなかんKHJ


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる


【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。