2018年01月20日

不登校する理由は好きとか嫌いとかなのだろうか?

 最近の教育場面では、不登校は、

 家にいるのが好きだから。

 という考えがあるそうです。

 肉が好きだから肉ばかり食べて野菜を食べない。

 ゲームが好きだからゲームばかりやって勉強しない。

 と同じ理屈で、

 学校に行かない。

 となるそうです。

 だから、

 好き嫌いしていたら、この先社会でやっていけないから、

 好きなことでも我慢して、嫌いなことでもやらないかんよ。

 という風に教育するみたいです。

 まさに、

 肉ばかり食べてないで野菜も食べなさい。方式。

 この説が当てはまればよし。

 でも、これが当てはまらない場合はとてもまずことになりそう。

 私聞風坊は、

 好き嫌いの理由にまで思いをいたす必要があると思っています。

 なぜ好きか? 美味しいから。

 なぜキライか? マズいから。

 この2つに身の危険はありません。単純に好みの問題。安全は保障されています。

 なぜ好きか? 殴られないから。いじめられないから。怖くないから。身がすくまないから。

 なぜ嫌いか? 殴られるから。いじめられるから。恐ろしいから。気絶しかけるから。

 この2つには危険がともなっています。

 危険な場所が嫌い。

 危険を感じない場所が好き。

 実は、好みの問題ではなく身の危険のあるなしの問題なのです。

 対応には細心の注意が必要ですね。

 身の危険を感じているからこそ、学校に行かない。

 身に危険が及ばないことをしっかり確認した後、学校に行く。

 通学が命がけ。

 こんな状態の人を、肉が好き野菜が嫌いと同じ嗜好の色眼鏡で見るのは妥当ではないでしょう。

 命をかけて学校に来ているかもしれない。

 そんな心配りが必要です。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる

2018年01月18日

【告知】不登校・ひきこもりフォーラムやります。速報

毎年恒例の、宮崎ひきこもりネット企画運営のひきこもりについてのいろいろを知るイベント。

ひきこもりフォーラムは、

今年は不登校もやります!

関わり方にどんな工夫をすれば、関係が悪化しないか?

ということに焦点を当ててやります。

そして、支援職向けの時間もとります。

支援職が知っていることが多くなれば、本人や家族の利益は高まるというもの。

逆に知らないと、本人や家族に害を与えてしまうこともあります。

伝わらないもどかしさをどのように解消するか?
伝えられない悔しさをどうすればいいのか?
私たちが実践の中から気づいたことをお伝えします。
どうぞ一緒に考えましょう。

下記日程です。
皆さまふるってのお運びを期待しております。

月 日 平成30年2月10日(土)
日 程 午前10時~正午 専門支援職向けの内容
    午後1時30分~4時 一般向けの内容

場 所 宮崎市総合福祉保健センター2階 視聴覚室
         (宮崎市花山手・市立図書館となり)
参加費 無料
申込み 不要

問い合わせ 宮崎ひきこもりネットメンバー ※後日掲載のチラシをご覧下さい
協賛 LITALICOワークス宮崎

※現時点での速報なので変更の可能性があります。大筋は変わりません。
  
タグ :フォーラム


Posted by 聞風坊 at 19:00Comments(0)ひきこもる告知不登校

2018年01月15日

ニワトリより卵が先じゃないかという結論でした。

 正月早々していたかというと、

 長年の疑問に一応の答えを出したのでした。

 その疑問とは、

 ニワトリが先か卵が先か?

 です。

 先にニワトリが生まれて、それが卵を産んだのか?

 それとも先にニワトリの卵が現れて、そこからニワトリが生まれたのか?

 ですね。

 ダーウィンの進化論は、

 進化というのは、たまたま生まれたこれまでとはちょっと違った種が、

 環境に適応して生き残ったために、

 その種が主流となった。

 みたいな考えらしいのですが、
これにのっとると、

 ニワトリになるであろう卵が突然出現した。

 となるのだろうと思うのです。

 後にニワトリと呼ばれるところの、

 新しい種の卵が

 当時存在したニワトリ的な生物からたまたま生まれた。

 と考えると、

 その卵は、ニワトリ的な生物から生まれたのであって、

 決してニワトリから生まれたのではない。

 むしろ、卵から生まれたと考えるのが妥当。

 となったのです。

 つまり卵が先。

 という答えにたどり着いて、スッキリしたのでした。

 よっぽど暇だったのかしら。
  
タグ :ニワトリ


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)社会のこと

2018年01月10日

色メガネをかけて人を見る際の心得の話

 およそ人は、

 自分のことや

 家族のことや

 芸能人のことや

 恋人のことや

 他者のことや

 縄文時代のことや

 アメリカのことや

 宇宙人のことや

 今の社会のことや

 未来のことや

 ロボットのことや
 
 今月の給料のことや

 運命のことや

 いろいろいろいろ思う時、

 色眼鏡をかけています。

 だから、いろいろいろいろ思いが湧くのですね。

 自分が持っている色メガネの数だけ。

 だから、
 誰かを支援する立場にある人は、自分の色メガネに敏感である必要があるでしょう。

 必ず相手を色メガネで見ているからです。

 相手のことを

 ひきこもりと見る時のメガネ。

 ニートと見る時のメガネ。

 ワガママな子と見る時のメガネ。

 虐待児と見る時のメガネ。

 虐待親と見る時のメガネ。

 病人患者と見る時のメガネ。

 家族関係の問題があると見る時のメガネ。

 金銭関係に問題があると見る時のメガネ。

 自分はどんなメガネをかけてその人と関わっているか?

 今かけているメガネは支援するにあたって適切か?

 常に確認する必要があるようです。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)社会のこと

2018年01月05日

半径1.5メートルの幸福を考えた話

 人は、自分を中心とした半径1.5メートルの幸福を考えれば、人類全体が幸福になるのではないか。

 と考えました。

 人には自分のテリトリーというのがあると言われています。
 パーソナルスペースなんて言われています。
 
 腕を伸ばした範囲が基準になりますが、

 人は、この範囲の中に他者に入られるのは嫌なのですね。

 そこに入っていいのは、許可された親密な人だけ。

 だから、親密じゃない関係の人、つまり他人同士は、この範囲に入らないよう、距離をとって関わります。
 入るとしても十分に配慮して関わります。

 バスや電車の隣に座るとかの場合のあの気配りですね。

 人と人、お互いの距離を足すと、1.5メートルぐらいになるでしょうか。
 これぐらいの距離を保って関わると、お互い緊張はだいぶ少なくてすみます。

 おじぎで挨拶を交わす距離がこれぐらいですね。
 名刺交換の距離もこれぐらいでしょうか。

 手を伸ばすせば届くとか、一歩踏み出すぐらいで届く範囲。
 これは、
 そんなに苦労せずにすむ物理的な自分の影響範囲ですね。

 相手にすぐは手が届かないけど、ちょっと踏み出せば触れる距離。

 この範囲は、自分の影響が届きやすい。

 そこでもし、人類76億人がこの自分が影響を与えられる範囲の幸福を大切にして暮らせば、

 人類全体として幸福になるのではないかと思い至ったのです。

 地球全体、

 全人類の幸福を考えると巨大なことになります。

 とっても手が出せるものではありません。

 でも、自分の影響下にあるせまい空間を幸福にすることに意識を向けるだけならば、

 それはとても身近なこと。

 
 すこし手を伸ばせば、

 すこし踏み出せばなにかできる。

 自分の影響範囲の幸福のために。

 それは世界の幸福につながっていることにもなります。きっと。

 身近に幸福を。

 自分にできることをする。

 今年も、身近にできることを中心に記事を書いて参ります。

  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)社会のこと


【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。