親も呪縛の中にいたこと

2020年09月14日

子どもを虐待する親は、その親自身が虐待を受けていた。
という視点はとても大事です。

私が家の呪いの中にいたように、
親自身も、私以上の年季で家業の呪いの中にいたようです。

TA・交流分析では、ホットポテトとして指摘されていますが、
ゆでたての熱いホットポテトは持っていられないので、そばにいる身近な誰かに投げ渡すことで、楽になろうとする心理です。

そのために、家業の跡取りが必要なんです。
じゃないと自分たちで全部背負わないとならないから。
自分たちじゃもう限界。
誰かに背負って欲しい。
そもそも、
エライ人(大人)から押しつけられた望まぬホットポテトだから。
自分たちが持っていなければならない理由はないのだから。

子どもはその期待を背負って生じます。
年端もいかない頃は、それが普通だから。
親を始め周りの大人全員からほめられるから。
それはきっと正しいことのようだから。

分別がつくようになってからは、
親が口にする家業への怨嗟から、ホットポテトを渡したいという親の魂胆にも薄々気づきながら。
それが社会的役目だと引き受けながら。
それで事がうまく運ぶなら、できるだけのことをしますわ。それ以上はできないけど。という思いで。

家業の呪いに気づいてからは、親も自分と同じ犠牲者だったのだと気づいて。
この呪いは、ホットポテトよろしく親から受け継いだものだと気づき、
自分が呪いから解放されることは、親の呪いの解除でもあることに気づき。

家族を悼みながら、しばらく日々を暮らしていくのでした。



同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 人を信じないことにも2スタイルあるような気がする話 (2020-09-26 06:00)
 トラウマの元に気づくまでの道のり (2020-09-10 06:00)
 子ども虐待を親による子どもいじめと言う視点で捉え直してみる話 (2020-09-06 06:00)
 心理的虐待を親からのいじめの1つとして考えてみると。 (2020-09-02 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
親も呪縛の中にいたこと
    コメント(0)