発達障害は発達するチャンスが障害されているのかもしれない話

2020年07月18日

生まれついての脳の機能の特性による障害(困難)とされている発達障害は、
英語表記だとDevelopmental Disorderだそうです。

発達上の障害と訳すこともできるでしょう。

すると、

生まれた時(点)からの、
生まれついての、
生来の、

という意味合いとはちょっと違う感じになります。

これ、以前から疑問でした。

そして、発達障害の場合は、薬で治すというより、特に人と関わる中で、どうすればいいかを身につけていく練習が困難感軽減の主軸です。

自分のトリセツを作る。
※支援者的には、その人(支援を受ける人)との関わり方の手引きを作るとなるでしょうか。

なんてことをやります。

このことからも、発達特性は、生まれたときからのものだから、変わりようがないとか、だからなにもできないからあきらめるしかないとかって考えは当てはまらず、
むしろ、(ゆっくりと)発達していくんだ。
という意識で、発達を促すこと、発達を促す環境を提供することが一番重要とされています。
いわゆる特別な配慮ですね。

これは、
特別な配慮があれば発達特性による障害は軽減される。
と言うことを意味しています。

逆を言うとそれは、
発達特性による障害があると言うことは、特別な配慮を受ける機会が十分になかったことを示唆しているようにも思えるのです。

そんなこんなを考えつつ、英語表記に立ち戻ります。

すると、
Developmental Disorder
発達上の障害。
は、
発達する上でなんらかの障害があった。
なんて意味に捉えられるのではないかと思い至りました。

「なんらか」に当てはまることとしては、
「特別な配慮を受ける機会」
つまり、
発達するチャンス。

そう思えてきたのでした。

となると、
発達障害と呼ばれるほどの困難を抱える人を前にして、
支援者や家族や思いのある人が心がけることは、

この子は、あるいは、この人は、どんな発達のチャンスが不足していたのだろう?

私は、あるいは、私たちは、どんな風にそのチャンスを今ここで提供できるだろう?

と考え、そして過去十分に提供されなかったチャンスを提供することのように思えてきたのでした。



同じカテゴリー(発達障害)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(発達障害)の記事
 フツーの発達障害者だっていいじゃないかと思った話 (2020-07-10 06:00)
 ピア活動者は専門職より低く扱われるような気がする話 (2020-07-02 06:00)
 見えないものは無いも同じなのかもしれない話 (2020-06-24 06:00)
 自分自身を見つめることが苦手なことについての話 (2020-06-12 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
発達障害は発達するチャンスが障害されているのかもしれない話
    コメント(0)