フツーの発達障害者だっていいじゃないかと思った話

2020年07月10日

古今、映画やテレビドラマなどで、
発達障害と表明しているかどうかの差はあるとしても、
実質的に発達障害者が取り上げられる場合、

いずれもすごい能力の持ち主。

であることがほとんどであるように思えます。

また、
現実社会でも、芸術や学問などの高度専門分野でめざましい活躍をしている一部の人を取り上げて、
発達障害者は、すばらしい能力の持ち主だ!
という言説を多々見聞きします。

どちらもまるで、
発達障害者はフツーの人間とは違う特殊能力を持ったヒーロー。
みたいな扱いです。

どうも、
発達障害者には、
(あなたたちが気づいてないだけで)とてもすごく社会貢献する機能が備わっているんですよ。
だから、(あなたたち)社会は、この人たちが活躍するように合理的な配慮をすべきですよ。
その方が社会にとって有益ですよ。
みたいな論理みたい。

この論理は、
どれほど社会貢献しているかでその人の価値が決まる価値観。
にもとづいています。

そのたんびに思うのです。

フツーじゃダメなの?
フツーで生きちゃダメなの?。

だって、
機能がスゴい発達障害児者ばかりじゃないだろうにと。

その人たちは、立場がなくなるんじゃないかと。

例えば、
発達障害なのに、記憶悪いの? カレンダー全部覚えてるんじゃないの?
え、発達障害なのに、スゴい能力持ってないの? 
これといってないの? フツーなの?
みたく。

発達障害者じゃない人たちがそうであるように、
発達障害者でも、ヒーロークラスのすごい能力を持った人と、そこまですごい能力は持っていないいわゆるフツーの発達障害者の人がいるはずです。

現状、なんだか偏った情報発信がなされている感じがします。
リアルじゃ無い。
本来はもっと身近で庶民的だ。
そんな感覚を持っています。

そんなこんなで、
発達障害者だからって、特別でなくてもいい。
と、思うのでした。



同じカテゴリー(発達障害)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(発達障害)の記事
 発達障害は発達するチャンスが障害されているのかもしれない話 (2020-07-18 06:00)
 ピア活動者は専門職より低く扱われるような気がする話 (2020-07-02 06:00)
 見えないものは無いも同じなのかもしれない話 (2020-06-24 06:00)
 自分自身を見つめることが苦手なことについての話 (2020-06-12 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
フツーの発達障害者だっていいじゃないかと思った話
    コメント(0)