卒業式や入学式への思い入れがない話

2020年06月04日

新型コロナウィルス感染拡大予防のために、
今年2020年の卒業式や、入学式が中止や、形を変えての実施など、さまざまな影響を受けました。
中止のニュースに心を痛めたり、一生の大切な思い出となるべきことを取りやめるなんて! と怒りすら表明する人たちもいました。

そんな世間を、私は少し心に距離を置いて見ていたのでした。

卒業式や入学式っていうと、

思い出のいっぱいつまった学校生活を終える卒業式。

これから始まる新しい学校生活の第一歩である入学式。
希望を胸に晴れの入学式。

みたいな感覚が社会一般の感覚みたいです。

でも、私は違います。

卒業式も入学式も学校生活で行われる普通の集会。
いわば朝礼のような感覚でした。

だって、
卒業したからといって、卒業式をしたからといって何が変わるというのだろう。
何も変わらないじゃないか。
そんな思いだったからのように思えます。

思い出がいっぱいつまった学校生活だったかどうかについては、
楽しいことや悲しいこと悔しいこと頭に来ること感謝していることはたくさんあります。

卒業というのは、それらができなくなることを意味しているのでしょう。
だから悲しい。涙するほどに。

でも私は、
卒業式があってもなくても、思い出・経験は経験だから。
恩師や友人に会いたかったら会えばいいし、会えないなら仕方がない。
会うほどのこともないなら会わなければいい。
そんな風に考えていたようです。
なんてクールなんでしょう。
これをリアリストというのでしょうか。

きっと、
いずれ別れる・離れることを大前提に学校生活を送っていたからでしょう。
いつかはみんなサヨナラする。
そんな感覚。

そもそも、卒業することがおめでたいとは言えないから。
おめでたいと言えるような暮らしはしていないから。
何かが終わって新しい何かが始まる。
そんなことはないと思っていたから。

今までもこれからもどうしようもなくずっと悪いまま。今がそうだから。
そんな感覚だったからのようです。

このことは、
入学式についても同様です。
式があったからなかったから何がどう変わるというのだ?
何も変わらない。

この先、
自分の希望が叶うとも限らない。
学校生活をいつまで続けられるかも分からない。

安穏とした夢や希望や予測を持っていない私は、入学式に何も意味を見出していませんでした。
むしろ、ちゃんと入学の手続きが済んでいるかの方が気になっていたのでした。
うっかりミスが多いんです。

そんなこんなで、
卒業式、入学式、終了式、修了式、始業式。
儀式が中止や変更を求められることがとても落胆や悲しみをともなう大きな話題になっている世間に対して、
とても冷ややかな思いなのでした。

そして、そんな人は私以外にもわりと多くいるんじゃないかなと密かに思っているのでした。

蛇足
ちなみに給食に対しても同じような感覚です。
おいしく食べたのですが、大人になって、懐かしい献立について話題にするほどの気持ちの盛り上がりはありませんの。
揚げパンはおいしかった。とクールに記憶を言葉にする感じでしょうか。




同じカテゴリー(社会のこと)の記事画像
【告知】ケアニン上映会とトークイベントのご案内
【告知】ひきこもりフォーラム2019のお知らせ 再掲
【告知】インクルーシブ教育のイエナプランの講演会あります!
【告知】困難を抱える子ども・若者支援のイベントあります
同じカテゴリー(社会のこと)の記事
 当事者が持つようになる社会的役目感のこと (2020-07-22 06:00)
 ひきこもり予防としての不登校支援はやめた方がいいんじゃないかと思う話 (2020-07-14 06:00)
 フツーの発達障害者だっていいじゃないかと思った話 (2020-07-10 06:00)
 新型コロナウィルス感染症のことについて思うこと (2020-05-23 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
卒業式や入学式への思い入れがない話
    コメント(0)