ひきこもり予防としての不登校支援はやめた方がいいんじゃないかと思う話

2020年07月14日

フレイルという状態があります。
健康な状態と介護が必要な状態の間の、
記憶や思考力や運動力・活動量が落ちて、あまり活発ではない=あまり健康的ではない状態のことだそうです。

介護状態になるのを予防するためには、このフレイル状態でのケアが重要とされています。
※フレイル状態にならない予防がまず大事ですが。

また、
ロコモティブシンドロームという状態もあります。
移動する際に使う足腰の運動機能が落ちている状態だそうです。

この状態になると、
生活習慣病などの病気、転倒でのケガリスクが高くなります。

そのため、
生活習慣病や転倒ケガなどを予防するために、運動するようにするのだそうです。

さて、
不登校状態というのがあります。
学校に行かず、社会とあまり接さない状態です。

このままでは、ひきこもりになるリスクがあるとされています。

そのため、
ひきこもり予防の一環として不登校状態の改善を図ることがよく行われています。
あの「ひきこもり」になるとマジでヤバイ! ってな感じで、焦りまくって躍起になって。

でも、ここで問題なんです。

今がそこそこ健康な人は、より健康になるために頑張れます。

今が苦しい人は、未来のために頑張ることがしづらくなっています。

今がとても健康でない人は、今をよくするためにも頑張りがききません。

未来の悪いことを予防するために、今何かする。

これは、元気のある人ができること。

そもそも、
不登校は、家庭や学校や病気や障害やいろいろな問題が関係して起きていることが多いのです。

たくさんの問題、その子1人で抱えきれない困難、大人ですら対処できないどうしようもない状況などなど。

こんな状況、状態では、人は明るい未来を予想できません。
予想できたとしても、そこに向かって頑張る力はとても弱くなっています。
未来に向かって頑張ることができづらい状態です。

今の状況の延長上に未来はあるのです。
明日という未来がくるかどうかすら自信のない人もいるでしょう。
今日を生きながらえるだけで精一杯で。

そうなんです。
だから、

不登校というただそれだけで、
今現在の困難を軽くし、
今現在の痛みを癒すことのみに焦点を当てて支援されてしかるべきなんです。

何かの予防のためでなく。

そう思うのでした。



同じカテゴリー(不登校)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(不登校)の記事
 ピア活動者は専門職より低く扱われるような気がする話 (2020-07-02 06:00)
 ひきこもり当事者本のご紹介 (2020-05-30 06:00)
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)
 予防という発想がおぞましい話 (2020-03-01 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ひきこもり予防としての不登校支援はやめた方がいいんじゃないかと思う話
    コメント(0)