ひきこもりの始まりは「失敗」だった話。

2020年04月09日

私はおよそ20年前にひきこもったのですが、
それ以来、
後悔やら、落ち込みやら、自信のなさやら、やらかした思いが強烈な自分を責めるフラッシュバックやら、自分に罰を与えたくなるやら、罪の意識やら、いろいろなマイナス感情を感じながら生きてきました。

将来にも悲嘆し、ただひたすら日々を生きる暮らし。

心理状態から言うと、うつに当たると思われます。

こんな状態でセルフセラピーやらなにやらかにやら工夫と努力を重ね、だいぶ楽に暮らせるようになってきたのでした。
そして、去年の終わり頃にふと気づいたんです。

あぁ、自分失敗したんだと。

そうなんです。

家族とうまくやっていけると自信をもって実家に帰ったら、自分の力ではどうにもできないことばかりに遭遇して、
にっちもさっちもいかなくなって、
ほんとにもうどうもしようもなくなって、
そう、人生に行き詰まってしまったのです。

一言でいうと、
失敗したんです。

ミスったんです。

失敗すれば落ち込みます。
人生の失敗であればことさらひどく落ち込みます。

ミスは、悪いことになります。
だから、
悪いことをした自分を責めます。
人生のミスなので、バカな自分を責めまくります。

懲罰の感覚も持ちます。

ゴメンナサイの謝罪の気持ちも強くなります。
自分は罪人だという感覚も持ちます。

自分の読みの甘さ、現実検討力のなさ、愚かさ、未熟さ、
やらかしてしまった自分に恥じ入ります。

どうやっていけばいいのか分からないのだから、将来への希望も持てません。
自分への自信も持てません。

やらかしはしないかと、不安でいっぱいで、
間違いがないか、自分がしたことにミスがないか、確認しまくってやっと少しばかり行動できます。

振り返ると、そんな日々でした。

人生を失敗した。
やらかした自分。

そんな気持ちでいたようです。
この20年。

自責、自罰、罪悪感、謝罪感、無価値感、
うつの感情の理由が少し分かった気がしています。

少しばかり謎が解けた感じで。

そして、
それについて失敗しただけで、人生全体について失敗したわけではない。
あの失敗は教訓にできる。
という思いも少し芽生えてきて。




同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 黙ってしまうのは心を閉ざすだけじゃなく頭を閉ざすからもあるような話 (2020-08-08 06:00)
 ひきこもり予防としての不登校支援はやめた方がいいんじゃないかと思う話 (2020-07-14 06:00)
 ピア活動者は専門職より低く扱われるような気がする話 (2020-07-02 06:00)
 ひきこもり当事者本のご紹介 (2020-05-30 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ひきこもりの始まりは「失敗」だった話。
    コメント(0)