不登校児童生徒は学校に行かなくてもよくなったらしい話

2020年02月13日

文部科学省が令和元(2019)年10月25日に出した不登校対応についての通知によると、

1 不登校児童生徒への支援に対する基本的な考え方
(1)支援の視点
不登校児童生徒への支援は,「学校に登校する」という結果のみを目標にするのではなく,児童生徒が自らの進路を主体的に捉えて,社会的に自立することを目指す必要があること。また,児童生徒によっては,不登校の時期が休養や自分を見つめ直す等の積極的な意味を持つことがある一方で,学業の遅れや進路選択上の不利益や社会的自立へのリスクが存在することに留意すること。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/1422155.htm

として、登校第1からその子の自立第1へと基本方針に変更があったようです。

内容的には、当たり前といえば当たり前のことを、
いまさらながら通知している感じもしますが、

だからといって、

あぁ、文科省がやっと不登校児童生徒に理解を公式に示した!
寄りそってくれた!
これでもう、ムリして学校に行かなくてもよくなった! 

と諸手を挙げて喜ぶわけにはいきません。

一言で言うと、
世話焼く人がいなくなるリスクがとっても心配なんです。

だって、ムリして学校来なくてもいいんだもん。

不登校児童生徒をなんとか学校に来させようとすると、
先生たちは相当ムリします。
同時に、本人にはすんごくムリを求めることになります。
保護者・親にも当然無理強いすることになります。

それが、ムリに学校に来させなくてよくなったら、

・・・
そのままムリせずゆっくり過ごしてください。
・・・。

ってことで、最終的にそのままムリせず卒業してしまいそう。
小学校から中学校に進学し、
ときには、そのまま高校に進むこともあるでしょう。
不登校状態のまま。

だからなんです。

学校という社会では、勉学以外のこともたくさん体験します。
どちらかというとそっちの方が将来の役に立つような気すらしています。個人的には。

また、
勉学というのはある程度歳を重ねないと重要性を感じないもののようです。
※社会人ほど勉学(知識)の重要さを知っている人たちはいないでしょう。

大人社会では、勉学というかいろいろな知識はとっても必要です。
知らないことが仕事とか社会的信用を失うことにつながることは少なくありません。

そして、なにより学ぶ力が必要です。
仕事や大人のやり方を学ぶ力がないとやっていけません。
大人気ない言動ばかりしていると、社会人としての信頼は得られません。

それゆえ、上記通知文の最後の行

学業の遅れや進路選択上の不利益や社会的自立へのリスクが存在すること

が、とても気になるのです。

大人になって自力で他人の中でやっていくために、
勉強や友人関係や(納得いかない)社会のルールと折り合いつけるスキルなど、
子どもの頃に体験しておいた方がいいことを体験できないリスク。

または、
その子の抱える問題や、課題を周囲の大人が知り、適切な支援につながらなくなってしまうリスク。

このリスクへの対処、
つまり学校の代替機会が確保できていない状況で、学校が関わらなくなることになってしまうではないかと懸念を持つからです。
※教育機会確保法はできたばかりですが、実際に十分に確保されているかしら?

人が育つには、
その育ちを支える人たちの存在が欠かせません。

学校(とその関係先)には、(十分に役目を果たしているかどうかは別として)その役目を担う人たちがたくさんいます。
学校に来ない。
と、その人たちとの関わりがなくなります。

代わりに、その子の育ちを支えるのは誰でしょう?

発達特性や虐待や困窮などから、
特別な支援が必要な子の育ちを支えることについてはどうでしょう?

その子の育ちを気にかけてくれる人は充分に確保できるているでしょうか?

学校に行っているからこそ、少なくとも学校と関わっているからこそ、
その子に必要なサポートが分かる場合は少なくありません。

学校に行かなくてもいい。
学校に来なくてもいい。
ちゃんと関わる人は確保してあるから。

そんな風になりますように。








同じカテゴリー(不登校)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(不登校)の記事
 ひきこもりと不登校の違いを考えてみた話 その2 (2020-02-19 06:00)
 ひきこもりと不登校の違いの話 その1 (2020-02-16 06:00)
 ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと (2020-02-06 06:00)
 ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと (2020-02-03 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
不登校児童生徒は学校に行かなくてもよくなったらしい話
    コメント(0)