宮崎県ひきこもり地域支援センターの報告書について思ったこと 3

2019年10月31日

国のひきこもり対策推進事業にもとづいて、
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/hikikomori/index.html

宮崎県ひきこもり地域支援センターは、宮崎県精神保健福祉センター内に設置されています。(平成26年7月~)
http://seihocenter-miyazaki.com/hikikomori.html

先日、平成26年7月~30年6月までの4年間の支援状況についての報告書が公開されました。
上記URLの最下部にあります。

これについて、思うところを記します。その3

本人の年齢は、10・20代が5割、30・40代が4割と、比較的若い人についての相談が多いようです。

ということから、
学齢期・在学中から支援が必要に思えます。

それは、
ひきこもり支援では、学校との連携が大事ということを意味していると思われます。

また、
これまでに医療機関など他の支援機関に相談したことがある人が9割近くとなっています。
これは、全国的な傾向と合致します。

思いつく支援機関に相談してみた。
それでも結果が芳しくないから、専門のひきこもり地域センターに相談した。
と言う経過なのでしょう。

さて、センターは、
このような感じで支援要請があった内の、
4割を他機関紹介やアドバイスのみで終結しています。
1次窓口(最初の相談窓口)として初期設定されているからのようです。
1次窓口の最大の役目は適切な支援機関につなぐことにあります。
実はこの「適切な」というのが大事なんです。

上記にもあるように、
こもる人やその家族は、支援・相談機関との相性が悪く、そのために支援を受けなくなっている場合がとても多いことはすでに分かっています。
支援機関を利用したことで相談事が解決しないばかりか逆に傷ついた経験をした人は多いんです。

だから、
ひきこもる人と家族はなかなか支援を受けないんです。

ゆえに、
紹介やアドバイスだけで終わったら、ほんとにそれで終わりになってしまうのです。
こもる人と家族には、支援機関を利用する力(元気とスキル)が不足しているからですね。
このことから、
受援力がつき、その力を発揮できるサポートが必要です。

さて、
ひきこもり支援の有力な候補の1つである病院は、治療意欲といって相談に来た人が病気を治したい意欲があることが大前提の支援機関です。
この意欲がないと、医療の効果が期待できないからです。
ところが、
社会でやっていくことに絶望しているこもる人に、この治療意欲、回復意欲を期待するのは現実的ではありません。

治ったところでいいことあるの?
という思いをたいがい持っているようだからです。

これゆえ、
病気が疑われるから、またはすでに通院しているから病院利用を勧めて終わり。
という対処は適切ではありません。

治療意欲がない人を治療意欲が必須の病院につなぐことになるからですね。
適切な支援機関にしっかりつなぐのでなければ、1次窓口の役目を果たしていることにはなりませんね。

もし、
適切につなぐとなると、しっかり治療意欲を高めてからつなぐ。
となるでしょうか。

実際のところ、
医療などの支援が必要だけども支援者不信や将来への悲嘆から支援機関を継続利用しない特徴のあるこもる人(とその家族)
には、
それらの支援機関を継続利用するための支援が必要です。

つなぐという言葉に関連付けるならば、
これは、支援機関につなぎ続ける支援と言えるかもしれません。

また、
センターは一次窓口だけではなく地域の拠点という役目も担っていますが、
地域の支援機関につなぎ続ける支援は、
支援機関を継続利用しないというこもる人と家族の特徴をよく知った、地域ひきこもり支援の拠点たるセンターこそふさわしいと思えます。

特に最近、
ひきこもりの一次相談窓口として自立相談支援機関(センター)が設定されている困窮者自立支援制度ができてからは、
地域の窓口機関のバックアップが期待されています。

ところが、
報告書からは、どうにもそのふさわしい姿はうかがえません。
一次窓口として紹介重視の支援の基本姿勢が貫かれています。

相談者が、
「ひきこもり支援」を看板に掲げる専門公的機関であるひきこもり地域支援センターにせっかく相談に行ったのに、
たらい回しされた。どこも同じだ。見捨てられた。
って感じを持たないか? 気になるところです。

ひきこもりは、複合的な問題を抱えているので、1機関のみで対処できません。
その1機関ですら継続利用がおぼつきません。

だから、センターは、
紹介して終了でなく、直接支援から間接支援に支援の形を変える。
あるいは、
紹介先の支援を見守る、必要ならば(動機づけ)介入する。
などの形で、こもる人とその家族との関わりは継続していく。
という意識をもって、
とにかく全ケースを支援継続ケースとするのが、ひきこもり専門拠点機関としては適切だろうと思うのでした。


つづく



同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 黙ってしまうのは心を閉ざすだけじゃなく頭を閉ざすからもあるような話 (2020-08-08 06:00)
 ひきこもり予防としての不登校支援はやめた方がいいんじゃないかと思う話 (2020-07-14 06:00)
 ピア活動者は専門職より低く扱われるような気がする話 (2020-07-02 06:00)
 ひきこもり当事者本のご紹介 (2020-05-30 06:00)

この記事へのコメント
なんだか1年やはいなぁ。年かなぁ。トホホ...さん コメントありがとうございます。
ほんと早いですね。もう年の瀬です。
ミスマッチというのはなんにでも起きますから、望んだ結果を出すには、お互いにどれほど歩み寄れるかにかかっているようですね。
この支援機関には自分のニーズのこの部分を叶えてもらおう、別のニーズは別の機関に叶えてもらおう。という形で、自分なりの社会資源の組み合わせ方・利用法を編み出せたら割とうまくいくようです。
Posted by 聞風坊聞風坊 at 2019年12月04日 15:19
こんにしわす。

同じようにご苦労されている方のお気持ちを察し
切なくなってしまいます。

支援と受援
同じ人間でありながら
わかり合えないこと難しさ、むなしさ。

格差とはこういうものなのでしょうね。

人間性のマヒ、腐敗により
非常、無情の日常業務が普通となった。
正しく統制がとれていない放任現場
長期政権の質が問われるべきなのでしょうか。

相談窓口を回ることにも、もう疲れました。
行くあても、気力すら起こらない。

殺した家畜に鎮魂碑を建て、黙とうし、手を合わせても。
人間として無念に自ら絶った命は、機械的に自殺というレッテル、統計上の数字と化し?
自殺対策などと謳う、形骸化した業務となる?
捨て置かれた命は、経済が回るための、使い捨ての紙くず?

「シエン」と言いながら 何もなシエン
私たちはまぼろしにすがっている?
それは合法化された詐欺?
と言えばわかりやすいのかもしれません。
Posted by なんだか1年やはいなぁ。年かなぁ。トホホ... at 2019年12月01日 10:10
orieさん ありがとうございます。
そうですね。他機関がしっかり対応している感じですね。それゆえそういう専門機関に任せたくなるのも心情としては分かります。
困窮者支援法などができて、窓口と言うより拠点となるひきこもり専門機関になってきているので、他機関から頼られるセンターに今後変化していくことが求められているのですが、はてさて。なところです。
Posted by 聞風坊聞風坊 at 2019年11月09日 08:11
ありがとうございます。

宮崎県には医師が在籍する県民市民向けの相談機関という共通項のみで見れば、
発達支援センターや、管轄が市ではありますが、認知症初期対策チームなどがあります。

発達支援センターに関してはコーディネーターが非正規雇用であったりもしながら、相談は広く迅速に受けていただけているし、医療機関通院中の方の心理検査などもしていただけています。

認知症初期対策チームも、自宅へのアウトリーチや、包括支援センターも介入拒否されてしまったような困難事例に粘り強く、半年、一年と時間をかけ患者、あるいは患者である可能性のある方の自宅にちゃんと職員が複数回訪問して、信頼関係を築いてから支援に繋げたり、他機関ともカンファレンスを重ねて解決を図る努力をしています。

実は認知症でなく、周囲から虐待を受けていたというケースも多々あるとのこと。

当然ながら医療機関で認知症診断受けている方も支援の対象です。
認知症の診断だけは受けたけれども本人が通院せずに、本人は困っていないが周りが困っているケースにも対応していただいています。


それに引き換え、
なんなんですかね?
ひきこもり支援センターの塩対応は。

一番塩対応になってはいけない部署だと思うのですが、
なぜこんなことになってしまっているんですかね?

癌は早めに叩いてほしいな、と思います。
難しいでしょうけどね。やめてほしい人ほど、やめないものです、どこの職場でも。
Posted by orie at 2019年11月06日 13:05
orieさん コメントありがとうございます。
5回シリーズ書き終えて、センターって、なんだか、自分たちの力をえらく控えめに見積もってる感じがしています。県内唯一のひきこもり支援の公的専門機関なんだから、県民の期待に応えてほしいなと以前から思っていますが、なかなか難しいようですね。
今回の報告書が、変化の一助になってくれればと思います。
Posted by 聞風坊聞風坊 at 2019年11月04日 20:11
お返事ありがとうございます。
おっしゃる通り、県にはやる気がはじめからありませんね。

「ひきこもり支援センター 宮崎県」の文言で検索をしたところ、以前相談した内容と同様の回答が県のホームページに記載されていました。(しかもyahooで検索して出てくる2番目に。)

ttps://www.pref.miyazaki.lg.jp/kense/koho/kenminnokoe/koe_page/20190813102811.html

一読して、

で???
という内容です。

ホームページに精神疾患が対象と記載しないのは門戸を広げるためではあるけれど、実際の相談は他に流して終わり、、

それでお給料がもらえるんですか、、
としか。

誰も、「ひきこもり支援センターからお薬を処方をしたり、治療をしてほしい」と相談はしていないというのがポイントかな、と思います。

ちなみに私は、「どのような支援がしていただけるのか教えていただきたいので来所してもいいですか」
と申し上げた上で話をしていたのですが、

あまりにもひどい対応に、職員の顔を見て件数に数え上げられるのも気持ちが悪かったので来所そのものをいたしませんと申し上げました。


この回答にある「医療機関をお勧めする」
はどのような手順で行われるんでしょうね?

できるものなら、やってみなさい、若草を動かしますか?それはあなたたちではない、「地域の保健師」に任せるんでしょ?
「地域の保健師」は「警察」に任せるんでしょ?

そうやってたらいまわし。
残念な税金の使い道です。
時間がもったいないので、私はこの人たちには何も期待しないことにしています。
Posted by orie at 2019年10月31日 19:24
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
宮崎県ひきこもり地域支援センターの報告書について思ったこと 3
    コメント(6)