宮崎県ひきこもり地域支援センターの報告書について思ったこと 1

2019年10月29日

国のひきこもり対策推進事業にもとづいて、
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/hikikomori/index.html

宮崎県ひきこもり地域支援センターは、宮崎県精神保健福祉センター内に設置されています。(平成26年7月~)
http://seihocenter-miyazaki.com/hikikomori.html

先日、平成26年7月~30年6月までの4年間の支援状況についての報告書が公開されました。
上記URLの最下部にあります。

これについて、思うところを記します。

4年間で、相談を受けた件数は、135ケースだったそうです。

いったん相談を受けたケースは、
全スタッフ参加(7 名;医師、保健師、看護師、精神保健福祉士、心理士)で構成される
受理会議で支援の方向性を検討するそうです。

ここで、相談のあったケースをセンターが受理するかどうかを判断するのですね。
報告書では、受理するケースを継続支援ケースと呼んでいます。

センターが支援すると判断したケースの数は、
4年間の全135ケース中、85ケース。
他の50ケースはアドバイスしたり他の支援機関を勧めたりして終わったようです。

85ケースについては、
ひきこもり支援コーディネーター4名が中心となって支援する形です。
ちなみに、単純計算すると年間21ケース。月に2ケース未満の数を4人で支援していることになりますね。

県が行った調査だと県内のひきこもり者の数は601人でした。
数の信ぴょう性はさておき、ほぼ確実に601人はいると言うことが把握されています。
https://www.mken-minjikyo.jp/news/n_pref/166.html?fbclid=IwAR1_49rC5I_TfpqlGFhoE2sglFUPL9hjjW_XAW11NaTUtm1olPQ16fa933w

これらの数字を見て思ったことは、
少ない。

県内唯一の「ひきこもり支援」を関する専門機関なのだから、
せめて601ケースはカバーしないといけませんね。

つづく



同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 不登校とひきこもりの違いについて考えるシリーズ4 最終回 (2020-02-25 06:00)
 不登校とひきこもりの違いの話 その3 (2020-02-22 06:00)
 ひきこもりと不登校の違いを考えてみた話 その2 (2020-02-19 06:00)
 ひきこもりと不登校の違いの話 その1 (2020-02-16 06:00)

この記事へのコメント
なるほさん コメントありがとうございます。
根腐れというか、県は根本的にやる気はなさそうですね。
自殺問題、台風、地震、噴火、鳥インフル、口蹄疫、豚コレラ、毎年毎年次から次に対策していかねばならないので、どうにも後回しになってる感じはありますね。
Posted by 聞風坊聞風坊 at 2019年10月31日 08:36
orieさん コメントありがとうございます。
私も同じような経験をしたことがあります。
こもる人は、ほとんどが精神疾患の条件に当てはまるので、その人たちを除外したひきこもり支援なんてあり得ないのですが、センター独自の考え方があるのでしょうね。
まだ医療につながっていない人をつなげるのが第1目的なのかしら。つながってからがホントの始まりなのに。
Posted by 聞風坊聞風坊 at 2019年10月31日 08:29
信ぴょう性をさておかれることからの想像として、
かなりの根腐れがあるのかもしれません。
おっしゃる「少ない」は、
皮肉にも、この支援状況についての報告は、
宮崎の支援体質の本気度の白状となった?
その意味での信ぴょう性としてとらえ、検証が必要なのかもしれません。
不祥事の絶えない宮崎の教育関係者など見ても、本気で変わるとは思えません。
相手が死のうとどうなろうと、
それで食えているのですから。
Posted by なるほ at 2019年10月29日 20:52
はじめまして、参考になる記事をいつもありがとうございます。ブログ拝見しています。
以前当該センターに電話相談した際、要支援と思われる対象者に精神疾患の疑いがあると伝えたところ、
それは保健所の保健師の仕事であってひきこもり支援センターの仕事ではないと面談の予約すらさせてもらえませんでした。
精神疾患の診断があると支援していただけないんですか?と確認したところ、
当センターは精神疾患の疑いのない方だけが支援の対象です、と女性職員に冷たい口調で切り捨てられました。
既往のないひきこもりの方が対象とのこと、それはそれは対象者が少なくなるだろうな、と考えたところでした。
そのために使われる税金。その仕事であんたは飯を食うのか、とその際の女性職員に申し上げたかった。
常勤か非常勤かはわかりませんが。
Posted by orie at 2019年10月29日 11:46
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
宮崎県ひきこもり地域支援センターの報告書について思ったこと 1
    コメント(4)