聞こえないと発言しなくなるかもしれない話

2020年03月25日

聞こえの困難についての話です。

人が人の輪に入っていくのは、

その輪で話されている話題が分かっているとき、
例えば、自分の好きな芸能人の話題で盛り上がっているのが聞こえてきたとき、

あるいは、
入ってみて、すぐに話の内容が分かって、輪の中に溶け込めそうな予想がつくとき。

でしょうか。

いずれも、
人の輪で何が行われているかを聞き取れた(る)ときです。

聞けたから、話ができる。
話す気になる。

からかもしれません。

もし、
ちゃんと聞き取れなかったとしたら?

輪の中に入っていく気になるでしょうか?

周りが何を話しているか聞き取れないとき、
参加する気持ちは萎えます。

的外れなこと言って、みんなに迷惑かけるかもしれないしと、
発言を控えます。

都合、引っ込み思案になります。
じっと黙っていると怒っていると勘違いされそうなので、笑顔は絶やさないかもしれませんが。

その実、何が話されているのかはよく聞き取れていません。

聞こえの困難は、発話・参加の困難につながるように思えます。

もし、引っ込み思案、話し下手、声が小さいなどの発する困難を抱えているとしたら、
発する努力をするだけでなく、

聞こえの困難にも思いを寄せる必要があるかもしれません。



同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 家族のことばかり考えている人は自分のことは後まわしの話 (2020-03-29 06:00)
 日本人は怒りの表情に悲しみを感じるらしいという研究の話 (2020-03-13 06:00)
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)
 どうすれば気がすむのか? 知っていると世の中は渡りやすいんじゃないか。 (2020-03-05 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
聞こえないと発言しなくなるかもしれない話
    コメント(0)