ひきこもりフォーラム2019夏7 期待のこと

2020年01月28日

居場所の議論の関連で、

期待に応える応えないで意見交換がありました。

支援者の期待に応えなくていい場として居場所はある。
と言いながら、
社会性の獲得とか、そこを拠点にして社会参加するきっかけとなる。
とかの期待が居場所には実は込められているよ。
みたいなやりとりのときでした。

親の人は我が子の重圧となるので、
期待しないようにしている人が多いらしいのです。

でも、私聞風坊が、
期待されない人生もつらいものがあると言えば、

じゃ、期待していいの?
と戸惑いが走りました。

期待するしないのどちらか一方しかない。のではないんです。

どの程度期待するか?

期待するにしても、
期待に応えなくてもイイという前提で期待する。
と言うことなんです。

これが難しいようです。
親には。

そして一番大事なのは、
期待に応えるか応えないか。
どの程度応えるか、
どの期待に応えるか。
は子が決めるってこと。

この境界が分からないようです。
親は。

ちなみに、
誰からの期待か?

で期待に応える気持ちは大きく左右されますね。
好きな人の期待には応えたいし、
嫌いな人ならそもそも聞く耳持たないかも。




同じカテゴリー(発達障害)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(発達障害)の記事
 発達障害は発達するチャンスが障害されているのかもしれない話 (2020-07-18 06:00)
 フツーの発達障害者だっていいじゃないかと思った話 (2020-07-10 06:00)
 ピア活動者は専門職より低く扱われるような気がする話 (2020-07-02 06:00)
 見えないものは無いも同じなのかもしれない話 (2020-06-24 06:00)

この記事へのコメント
期望さん コメントありがとうございます。
当事者は、つい社会・他者に期待しすぎるきらいがありますね。それで失望する。
ちょうどイイ期待できるようになるのが自分たちの課題かなと思っています。
Posted by 聞風坊聞風坊 at 2020年02月01日 07:17
記事にある 支援サイドの「期待」
本人は その「期待」に応えようとした挙句
居場所がなくなった?
期待圧を感じなくてよい居場所を求めて
「期待」のまま待たず、一歩踏み出し訪れる?
そこで「期待」がこちらを向いている?
a期待 - b期待 = 失望
かけ引きは疲れます
a期望 に b包容 なら どうなる?
そんな 期待
Posted by 期望 at 2020年01月28日 10:16
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ひきこもりフォーラム2019夏7 期待のこと
    コメント(2)