頑張りたい人は頑張りを感じるために邪魔する何かを頑張って調達する話

2019年12月05日

 世の中、

 頑張ることはいいことだ!

 として、何でもかんでも頑張ろうとする人がいます。

 頑張らないとやった気がしない。

 充実感がない。

 何かを成し遂げたとしても、達成感がない。

 時に、楽しちゃ悪い気がするから頑張る。
 みたいな場合も。

 とにかく頑張る。

 目的は頑張ること。

 さて、頑張るためには、困難が必要です。

 困難を乗り越えて、達成する。

 または、達成しなくてもいい。

 このどちらでも、頑張りが感じられる。

 だから、頑張るためには困難が必要なんです。

 だから、頑張りを感じるために、頑張るためには、事態を困難にする必要があります。

 いたずらに、厳しい道を歩む。

 うまくいきそうな展開の邪魔となりそうなことをあえて考える。

 あえて設定する。

 決して楽に、

 楽観的に物事を考えない。

 じゃないと頑張ることにならないから。

 頑張りを感じられないから。

 邪魔、困難が、必要なんです。
 頑張りたい人には。

 こうして、
 やりがいを持って暮らしていければいいのですが、
 問題は、こういう風に考えてしまって、身動きがとれなくなってしまった場合です。

 何かしようとすると、いろいろ邪魔になることを考えてしまい何もできなくなってしまう。

 例えば、病院に行けば楽になれると分かっているのに、病院が休みだったらとか、先生が怖かったらとか、通院するバスの中で嫌なめに会いそうだとか、いろいろ邪魔することを考えてしまい、結局望んだ通院ができなくなってしまう場合です。

 そんなときは、頑張らずに、なにも考えずに、ただ行動する。

 物足りないかもしれないけど。

 ただやる。

 そうして目的を達する。

 そんな心がけが大事に思えます。 

 頑張りたい人は、意地でも困難を設定するという話でした。



同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 自分って、いつも現場にいるなと思った話 (2020-01-02 12:00)
 子どもを利用する親とそんな親を利用する子どもの話 (2019-12-25 06:00)
 家族が社会化しすぎるとまずいように思う話 (2019-12-17 06:00)
 ひきこもり期間を一言で言うと (2019-12-13 06:00)

この記事へのコメント
ガンバレルンバさん 
おぉ、頑張っちゃいましたか。
Posted by 聞風坊聞風坊 at 2019年12月07日 07:08
コメント頑張っちゃいました
失礼いたします。
Posted by ガンバレルンバ at 2019年12月05日 22:17
ブログ 頑張てらっしゃいますね。

生きるって
困難ですね
時に 邪魔になることも?

変な頑張りが 世の中にはあります。
必要のない頑張りが困難、生きづらさを招きます。

回りくどく難解な、官僚の答弁のようなものです。

ただ行動する。ただやる。
それを頑張る。
頑張りと感じないように

困難(困窮者、相談者、患者)があるから頑張れる?
支援者の理屈でもあるのかもしれません。
Posted by ガンバレルンバ at 2019年12月05日 21:59
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
頑張りたい人は頑張りを感じるために邪魔する何かを頑張って調達する話
    コメント(3)