30歳でシナリオが終わった話

2019年12月01日

最近、人生設計という視点から、改めて自分の半生を振り返ったところ、

30歳になったら実家に戻ってケリをつけよう!

そう思ってたのでした。

ケリをつけるために30年間準備して、

あらゆる(やりたい)ことを先送りして、

親子関係にケリをつける準備に費やし、

生きてきたのでした。

そうして親と勝負!

見事惨敗!

こうして私の30歳で勝つか負けるかはっきりケリをつける人生は終わりを迎えました。

これ、TA・交流分析の根幹理論の脚本で言うと、

脚本を達成したとも考えられます。

脚本成就!
見事にその通り!

ところが、
その先のシナリオはありません。

死ぬまでのシナリオを書いていないからです。

結末のない・オープンエンドと呼ばれる脚本のパターンです。

だから、
その後の20年は、まさに生まれ変わりの日々でした。

ノーシナリオ。
アドリブの連続。

詳しくは拙著やこのブログに記してあります。

それは、新しい人生をどう生きるか?

その後をどう生きるか?

残された人生をどう生きるか?

脚本が終わった後どう生きるか?

と言うことです。

脚本が終わり、
どうしようもなくなってこもり始めてからの期間。

布団の中で小さく縮こまって泣いていたあの頃から、
自分の好きな仕事に就くまでの日々は、

確かに、
赤ちゃんから大人になっていく過程をたどった20年でした。



同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)
 予防という発想がおぞましい話 (2020-03-01 06:00)
 不登校とひきこもりの違いについて考えるシリーズ4 最終回 (2020-02-25 06:00)
 不登校とひきこもりの違いの話 その3 (2020-02-22 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
30歳でシナリオが終わった話
    コメント(0)