優しくするとバカにするは紙一重かもしれない話

2019年09月20日

 私たちは、

 困っている人をみて、心が動いて、

 優しく声をかけるとき、

 相手を小さな傷ついた子どものような存在と見ているかもしれません。

 だから、大人である、力強い、困っていない、正しい、余裕のある

 自分が、

 助けてあげよう。

 という親のような思いに駆られるのからかもしれません。

 そしてそれは、

 相手を自分より下の能力の人として認識していると言うこと。

 知識や経験がない存在として扱うと言うこと。

 一言でいうと、
 バカしにしていると言うこと。

 困難を抱える人の支援の世界ではよく感じます。
※ひきこもりや困窮者支援でのステップアップ思想など、ひきこもりや困窮者を、社会のステップの下段にあるという認識で段を上げる(ステップアップ)ために支援する。

 優しさとバカにするは紙一重のようです。

 表裏一体かもしれません。

 このことを常に意識している必要があるようです。
 


同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 家族のことばかり考えている人は自分のことは後まわしの話 (2020-03-29 06:00)
 聞こえないと発言しなくなるかもしれない話 (2020-03-25 06:00)
 日本人は怒りの表情に悲しみを感じるらしいという研究の話 (2020-03-13 06:00)
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
優しくするとバカにするは紙一重かもしれない話
    コメント(0)