共感も受容もしないこと

2019年08月10日

最近、自分が他人様の相談に乗る際のスタンスをふと振り返ってみました。

共感受容自己肯定感などそんなに意識してなそう。

気にすることはただ一つ、

理解すること。

相手が、自分の身に起きたことをどのように理解しているかを理解すること。

相手が、どのように共感するかと言うことを理解すること。

相手が、どのように出来事を、自分を、他人を受容しているかを理解すること。

相手が、どのように自分を肯定しているか、していないかを理解すること。

それに努めているようです。

ひたすらに。






同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 ひきこもりの始まりは「失敗」だった話。 (2020-04-09 06:00)
 家族のことばかり考えている人は自分のことは後まわしの話 (2020-03-29 06:00)
 聞こえないと発言しなくなるかもしれない話 (2020-03-25 06:00)
 日本人は怒りの表情に悲しみを感じるらしいという研究の話 (2020-03-13 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
共感も受容もしないこと
    コメント(0)