支援とは温度を合わせること。・・・かしら。

2019年07月30日

 誰かの力になる。

 それを支援と呼ぶならば、

 力になりたい!

 という思いは、熱いもの。

 ところが、

 支援を受けたい。

 誰かの手助けがほしい。

 という思いが、熱いとは限りません。

 むしろ困難が強ければ強いほど、

 元気がなく、

 思いにかけられるエネルギーは多くありません。

 そりゃ、誰か助けてくれたらいいけど・・・

 なんとかなりゃいいけど、どうにもねぇ・・・

 みたく。

 つまり、
 熱量は低い。
 熱くはない。

 きっと疲弊しているから。

 希望を失っているから。

 事実、
 たぎる熱い思い(支援熱!)を抱えた
 支援者の「支援」がうまくいかないことはまれではありません。

 きっと、
 支援する相手との「温度」が合ってないからなのでしょう。

 こんな風に考えると、
 「支援」という関係を結ぶには、温度を合わせることが大切。
 と思えます。
 
 となると、支援熱は、
 少し冷めたぐらいがちょうどいいのかもしれません。

 落ち着いて、相手に合わせていく。

 そのためには、
 自分の支援熱をよく測っておく。

 これ、
 支援者の必須作業かもしれません。
 


タグ :支援熱

同じカテゴリー(不登校)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(不登校)の記事
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)
 予防という発想がおぞましい話 (2020-03-01 06:00)
 不登校とひきこもりの違いについて考えるシリーズ4 最終回 (2020-02-25 06:00)
 不登校とひきこもりの違いの話 その3 (2020-02-22 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
支援とは温度を合わせること。・・・かしら。
    コメント(0)