昼夜逆転は生活音からの逃避じゃないか

2019年06月30日

 世間から目の敵にされている昼夜逆転生活。

 でも、こもっている人にとってはとっても大切な生活スタイル。

 なぜなら、
静かで穏やかな時を過ごせるから。

 先日、
 久しぶりに朝寝坊して、家の生活音を聞きながら布団の中で過ごしました。

 家族の足音やら、テレビの音やら、食事の用意の音やら、ドアの開け閉めやらが聞こえてきます。

 そのときふと感じたのです。
 
 あ、これ、プレッシャーを感じる。
 
 まったく私とは関係のない暮らしの音です。

 まったく私に危害を及ぼす意図のない音です。

 でも、なんだか追い立てられているような、せかせかせかされているような、

 そんな感覚になったのです。

 久しぶり。

 こもっていたとき以来。

 家族が立てる日常の生活音を聞いて平和を感じ安心を得る人は少なくないと聞きます。

 でも、こもっている人は逆なのかもしれません。

 家族の生活音で不穏な気持になる。

 同様に、社会の活動音で不快な気持になる。

 車の音、学校のチャイム、登下校時の声、ご近所さんの立ち話、工事の音、などなど。

 そんな日中の日常の音が、とてもつらい。

 だから、日中は眠っている。

 そして夜間に起きている。

 静かな穏やかな時間を過ごすために。

 そんな気づきがあったのでした。



同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 不登校とひきこもりの違いについて考えるシリーズ4 最終回 (2020-02-25 06:00)
 不登校とひきこもりの違いの話 その3 (2020-02-22 06:00)
 ひきこもりと不登校の違いを考えてみた話 その2 (2020-02-19 06:00)
 ひきこもりと不登校の違いの話 その1 (2020-02-16 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
昼夜逆転は生活音からの逃避じゃないか
    コメント(0)