不登校について考える講演を聞いた話。

2019年06月20日

 不登校系の現状にあまり詳しくなかったので、

 勉強しにシンポジウムに行きました。

 そしたらびっくりの連発!

 あ然とすることがいくつも。

 知らなかった情報がいっぱいでとても勉強になりました。
 感謝感謝。

 話者のお話によると、

 先生が自宅訪問して、学校に来るよう刺激するのですね。

 健康状態の確認とか、

 顔が見たかったから来てみたよ的な、

 子どもへの思いやりではなく。

 学校の事情優先で。

 そのほかあれやこれやの方法を駆使して、
 とにかく、学校に来るよう来るよう刺激する。

 これが登校刺激の常識なんですね。

 プリントを渡すだけとか、先生が家に来たとか、学校行事の案内を届けたとかして、

 学校とつながっていること、

 学校が気にかけていることを伝えることで、

 いつでも学校に来て良いんだよと言うメッセージを伝えるという穏やかな刺激ではないのですね。

 ひったまがりました!

 これでは、恐怖が激増するばかりですわ。

 なんで先生たちは、不登校の子どもたちが学校を嫌いになるようなるよう頑張るのかしら?
 
 と首をひねってしまいました。

 そんなことからか、学校の関わり方に問題意識を持っている話者の人たちの話だったのですが、

 今の子どもの状態を説明する言葉で、不登校や苦登校など、

 学校に行く行かないを核にして、出来事を考えていることが気になりました。

 議論が、学校を中核にして進んでいるんです。

 学校で教育を受けるというのが動かしがたい摂理のように、いわば学校絶対主義みたく。

 これでは、子どもが学校に合わせることになります。
 子どもが望むと望まないとに関わらず。

 学校に行くか行かないか。
 楽しかろうが、苦しかろうが、登校してるかしてないか。

 つまりは、
 学校に合うか合わないか。

 学校が基準。
 学校が主。
 子どもが従。

 不登校を考える人って、結局、
 学校を主軸にして考えてるみたいな印象を持ちました。

 これとは、全く逆に子どもを主軸にして組み立てることも実は可能です。

 子どもがどのような学びを望んでいるか?

 を基準にして、

 ならば、一般的な学校形式ですね。

 ならば、自宅学習ですね。

 ならば、○○ですね。

 みたく、
 子どもに適した学びの形を大人が提供する。
 子どもが自分の学びの形を選択する。
 
 そんな風に、
 たくさんの学びの形の一つとして、一般的な学校がある。

 いわば学校の相対化。

 それが私たちの意識に根付いた時、

 学びの楽しさを実感できる子どもたちが増えるように思えます。

 さて、
 そのほかのお話を、ひきこもりと関連させると、

 不登校している時間に価値を見いだせるようになると変化が起きる。
 という話は、
 今こもっている人たちに、今の時間をどのように自分のために使うか?
 自分のために使えるようになればいい。

 ということにつながるように思えます。
 私もそう思います。

 ひきこもらされた。
 でなく、
 ひきこもりの時間をどのようにデザインするか?

 どのように自分の役に立たせるか?

 決めるのは自分。できるのも自分。と考えるからです。

 また、
 元気な不登校とそうじゃない不登校があるように感じました。

 学校が合わないならば別の道を歩めばいい。
 と思えるのが元気な不登校。

 それとは別に、
 どうにも怖さが先立って身動きできなくなる不登校もあるように思えます。

 これはひきこもり状態と言えるのでしょう。

 そう考えると、
 不登校関連の世界でよく言われる、

 不登校からひきこもりになる。

 は、当てはまらない場合が少なくないのではと考えます。

 不登校→ひきこもりではなく、

 むしろ、

 若い(幼い)ひきこもりが→大人のひきこもりになる。
 
 の方がしっくりくる感じ。

 8050問題を意識すると、
 大人のひきこもりが高齢ひきこもりになる。
 でしょうか。

 そんなこんなで、
 なんとなく、
 不登校とひきこもりは根本的に違うような気持ちを持って、
 帰宅したのでした。



同じカテゴリー(研修受講)の記事
 子どもの生きづらさに触れる講演を聞いたのでした。 (2020-04-29 06:00)
 子どもの育ちを支えるには? の講演を聞いたのでした (2020-04-25 06:00)
 子どものために司法と福祉が連携する研修に参加したのでした。 (2020-04-21 06:00)
 クレプトマニア回復支援の研修に参加したのでした (2020-04-17 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
不登校について考える講演を聞いた話。
    コメント(0)