聞風坊が支援者にかみついた歴史の話

2019年04月05日

 ひきこもり支援関連で、

 それはおかしい!

 と思うと、率直に文句を言う聞風坊です。

 もちろん、こうしてほしいという要望も添えて。

 基本文章で。
 時にその場で口頭で。

 その歴史を少しばかり記します。

 「当事者」に文句を言う

 こもって、よし! にも書いたと思いますが、「当事者」という呼び名がどうにも気に入りませんでした。

 「当事者」」は、
 「家族」「親」「兄弟姉妹」「親戚」「学校の先生」「医師」「支援者」「近所の人」

 のように、「その人」の立場を明確にするものとして使われる言葉ですが、

 これを、親・家族が平気で使うことにものすごく怒りを覚えたのです。

 自分の息子、娘、兄弟姉妹を、「当事者」と呼ぶときの、

 冷たく突き放したあの感じ。

 愛情のかけらも感じられない。

 思いやりの片鱗すら見えない。

 私は「当事者」ではない。
 息子や娘や兄弟姉妹の問題とは関係ない。
 悪いのは息子や娘や兄弟姉妹だからだ。

 私たちは「当事者」ではない。
 関係ない。
 
 親・家族・支援者と関わるときに、そんな印象をたくさんたくさん持ちました。

 思いました。
 この言葉には愛がない。

 だから、かみつきました。

 日本語には「その人」を指す別の言葉があります。

 「本人」または「当人」などなど。

 私は「本人」を主張しました。

 その人は当事者ですか? えぇ、当事者です。

 その人は本人ですか? えぇ、本人です。

 言い換えても全く問題ありません。実証済みです。

 現在、
 ひきこもり界では、「当事者」という呼称は減ってきたようです。
 少なくともこの表現に問題があることを知っている人が増えたようです。
 
 この項続く。次回は「待て」

タグ :当事者

同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 ひきこもりと不登校の違いの話 その1 (2020-02-16 06:00)
 人に迷惑をかけちゃダメよ! の受け取り方が2種ある話。 (2020-02-09 06:00)
 ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと (2020-02-06 06:00)
 ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと (2020-02-03 06:00)

この記事へのコメント
なるほど・ザ・ワードさん
コメントありがとうございます。
語尾をはっきり言わないのは逃げの心理があるからでしょうね。「かなと思います」って言い方でもいいのだけども、かなで止める人多いですね。
Posted by 聞風坊聞風坊 at 2019年04月06日 12:55
私は、その辺あまり意識せず使っていました。

理解者、仲間が欲しかったからなのかもしれません。
「ひきこもり」という不本意な言葉、社会的認知から逃げるように、
困っていることがわかってほしいあまり。
実際には、他者からそう(当事者)と言われると、つけ放され感を感じるかもしれません。

言葉の難しさを改めて感じました。

私が以前から違和感を感じている言葉に、
「・・・かな」言葉があります。
これも時と場合により、感受がかなり違ってくるように思います。

数年前から徐々に頻繁に耳にするようになりました。
近年は、クッション言葉(私は逃げ言葉と思っています)など就労支援事業所などでも教えているようで、
リスク回避、責任逃れの要素を強く感じます。

こういう言葉に不信や嫌悪すら感じてしまいます。
「・・・かな(よくわからないけど)」、「・・・かなと(やれやれっと)」
逃げの心理が見え隠れしているのかなと・・・

こんな感じ、なのかなと・・・。
Posted by なるほど・ザ・ワード at 2019年04月05日 12:32
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
聞風坊が支援者にかみついた歴史の話
    コメント(2)