2019年03月30日

当事者活動で本名を伏せる話

 自助グループの多くがそうであるように、

 私も当事者活動・自助活動する場合は、本名を伏せてペンネームの聞風坊でやっています。

 自助グループが実名でなくアノニマスネームとよばれるニックネームで活動するのは、

 名にまつわるしがらみ、責任、思い、重さ、から自由になって、

 素の自分と向き合うために。

 という意味があります。

 そしてまた、

 実名というプライベートな情報を口にすることの影響に配慮してです。

 こん人は、あん会社の社長さんげな。そこの偉い社長さんがこんげなこつになっちょるげな。
 共通語訳:この人は、あの会社の社長さんなんだ。そんな偉い人がこんなことをやっているとは驚きだ。あの会社は大丈夫だろうか。

 こん人ん親は、人に対してはいっちょ前のことばっかいいっちょるけど、我が子んこつはなんもしちょらんが。
 共通語訳:この人の親は、人様に対してはたいそう立派ななことを言っているが、それに比べて自分の子どものことはまったくなにも心配りしていない。

 と、つい誰かの話、何かの話になってしまって、

 自助グループの本質である
 自分と向き合い、自分の課題に取り組むという作業が滞ってしますからです。

 下手をすると噂話が世間に広まってしまう。

 だから、匿名。アノニマスネーム。

 私聞風坊がこもったいきさつから親子関係は切り離せません。
 私は私の課題に取り組むために、親との関係をいいも悪いも振り返る必要があります。

 その成果が誰かの役に立つのであれば、経験をお話します。
 そんな思いで本を書いたり、ブログを書いたり、講演したりしています。

 そしてそれによって、親や親族、これまで関わった人たちへの悪い影響が及ばないように。

 あんたんげー息子さんな、ひきこもりやったげな。あんたたちんせいでこうなったっち言いよったよ。
 共通語訳:あなたのうちの息子さんは、ひきこもりだったんだって。あなたたちのせいでひきこもりになったって言ってましたよ。

 ○○さんちの息子さんな、ひきこもりげな。昔っかい、なんか変じゃったもんね。やっぱいじゃ。あん人たちならじゃわ。
 共通語訳:○○さんちの息子さんは、ひきこもりだって。そういえば昔から、何か変な感じがしてたよね。やっぱりだ。あの親たちなら分かるな。

 なんて言われないように。



同じカテゴリー(自助グループ)の記事画像
【告知】自助グループについて考えるイベントのお知らせ
大人の発達障害当事者グループShikibuのご案内
同じカテゴリー(自助グループ)の記事
 ひきこもり状態の人がどんな風に自分を変えたがっているかの研究の話 (2018-12-15 06:00)
 変えられるものと変えられないものを見分けてやっていく話 (2018-10-05 06:00)
 まだ会っていない仲間のことを思う話 (2018-04-10 06:00)
 批判をする時の腹構えの話 (2018-04-05 06:00)

この記事へのコメント
花より偏見? さん
コメントありがとうございます。
苦労されてるのですね。
確かに、誰かに相談すると言うこと、誰かに手助けを求めると言うことは、自分の弱みを相手に伝えることから始まりますね。
だからなによりも、こちらの腹構えが大事なのかもしれません。
他者を頼るには、なにかしら腹を据える必要があるようですね。
Posted by 聞風坊聞風坊 at 2019年04月01日 19:36
先日、アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)についてテレビで見かけました。

さまざまな啓発が進む?、いや、取りざたされる中で、
「わかり合う」という意味も人それぞれなのかもしれません。
ますます相談もしづらくなる世知辛さでしょうか。

相談したことで、相手のアンコンシャス・バイアスにかかり、レッテルが貼られる?、タグ付けされる?
厄介視され、他の担当者に回されたり、ドアを開けその当事者を見かけると急いで事務所に引っ込んだり、負担を感じる厄介ごとを排除するようにチラシから該当文言を削除したり・・・、
そういうところに知恵を絞り、労力を傾ける?
いろいろな理由づけ、巧妙に。
地域も同様、
恣意的邪魔なら命の排除も構わない?
見守り、防犯、自治会がらみ、警察OB、村八分、
集団ストーカー、外に出れば監視ネットワーク、
すでに人間の人間による命の選別が始まっているのかもしれません。
脈々と続く優性保護、劣性排除。
弱肉強食は世の常ですが、陰湿さは相も変わらず暗躍を感じます。
ニュースで、中高年のひきこもりが取りざたされました。
今後、この課題が社会でどうなっていくのか。
期待より不安を感じます。
どう見過し、やり過ごし、切り捨て、捨て置かれるのか。

発信恐怖症となってしまう?
つながりは大切、でも、つながれない。
わかり合いは大切、でも、わかった上で利用、捨てられる。

一方(当事者)はわかり合えたと思い。
一方は(相手)はわかり知り弱みを握った。
それはない、そう思うのは、あなたの妄想、頭がおかしい。
あなたは人の心がわからない人。
そういって稼ぐ人。
そういわれて負担する人。

人生いろいろなんて歌ってる場合じゃない。

「本名を伏せる話」に通じるものを感じています。
Posted by 花より偏見? at 2019年03月31日 11:00
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
当事者活動で本名を伏せる話
    コメント(2)