2019年02月25日

親が発達障害と言うこと

 最近では、自閉スペクトラム症とかも呼ばれるようになってきて、
 いろいろ呼び名が変わる発達障害関係の「困り感」ですが、

 おおよそ、

 自分以外の人の立場に立つのが苦手

 だからか、
 自分のことを他者の視点から客観的にみるのが苦手

 そのためか、
 今自分がどんな気持ちでいるか自分の感情を知ることが苦手

 だから、
 自分が困っていることに気づきづらく、ゆえに何に困っているかが自己理解しづらい。

 そのために、
 もやもや感が蓄積し、不満が溜まり、感情が調節しづらくなる。

 また、
 注意を向ける先を相手と共有することが苦手なので、

 会話のポイントがズレやすく、
 
 自分なりの結論にばかり注意を向けるので、
 
 相手の意図を誤解しやすく、また早とちりや思い込みも多く、

 さらには、
 表情から感情を予想することも得意ではないので、

 今現在の相手の気持ちに配慮した言動に困難をおぼえたりするとされています。

 もし、
 子どもの表情やしぐさなどから感情を察することが苦手

 今現在の我が子の気持ちを汲んだ声かけなどの関わりが難しいとしたら。

 もし、
 自分の感情の調節が苦手で、感情にまかせて大声上げたり時に手を上げたりしてしまうのだとしたら。

 もし、
 ポイントがズレてしまい、どうにも子どもとの意思疎通が困難なときが多いとしたら。

 周囲のサポートが必要でしょう。

 つまり、
 周囲のサポートがあれば大丈夫ということ。

 そうしたら、
 親から共感されない。

 困ったら親(大人・他者)に相談して解決すると言う会話をもとにしたやりとりの経験が不十分。

 親の感情に振り回される。

 親の配慮のない言動に傷つき続ける。

 それらの困難を誰にも分かってもらえずに一人心を閉ざして生きる子ども。

 それあらが
 あまりにも当たり前にいつもいつも続いている状況なので、

 それがどの家庭でも同じ、普通一般と思い、
 自分が困難を抱えていると言うことすら知覚していないかもしれない子ども。

 は、ずいぶんと減るように思えます。

 そうしたら、
 その子たちが希望を持てるように思えます。

 何事も周囲のサポートが大事という話でした。


タグ :発達障害

同じカテゴリー(発達障害)の記事画像
【告知】不登校・多様な学びを考えるイベントあります
【告知】発達障害の教育・支援セミナーあります
【告知】発達障害児サポートの講演あります
【告知】発達障害を疑似体験
同じカテゴリー(発達障害)の記事
 【告知】不登校・多様な学びを考えるイベントあります (2019-02-03 06:00)
 助けを借りる力がいる話 (2018-09-20 06:00)
 支援者に必要なのは想像力だと思うのです。 (2018-07-20 06:00)
 欲にまみれた支援をしてはなりませんの話 (2018-02-10 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
親が発達障害と言うこと
    コメント(0)