2018年12月25日

親亡き前に子どもはものすごい責任を負う話

 ひきこもりについて今一番ホットな話題は、

 80-50問題です。

 親が80歳代だと子どもは50歳代。

 お互いに高齢状態によって起こるいろいろな困難を総まとめてそう呼びます。

 親の立場からだと、自分亡き後、子どもが安全に暮らしていけるかどうかが不安。
 そのための準備をせねばと考えるようです。

 一方で、
 子の立場から言うと、親亡き前に、親が重病になったり、介護状態になったりする方が先にやって来るのです。

 例えば、親の病気や介護。

 脳卒中や転倒で救急搬送されて!

 病院の救急外来から電話が来て!

 すぐにきてほしいと呼び出されて!

 医療処置する際の説明と署名を求められて!

 つまりは、親の命の責任を、急に負わされて!
 
 今後どうなるのかという不安に胸が押しつぶされそうになって、

 ひたすら治療が済むのを待ち続ける。

 または、親の物忘れが激しくなって、なんだか言うことやることが奇妙になってきて、

 何とか自分たちでやってきたけど、もうこれ以上無理だとなって、

 どうする? どうすればイイの? 誰に助けを求めればイイの?

 と言うことになったり、

 精神科受診して認知症の診断が降りて、介護サービスが受けられるとなって、

 その手続きで、見知らぬ人と見知らぬ会話を繰り返し、慣れない判断を次から次にせねばならない立場に、

 思いがけず急に!
 なることは珍しくありません。

 だから、今、親にできることは、

 ハンコの場所や保険証の場所を教えておいたり、
 生命保険や銀行口座の説明をしておいたり、
 かかりつけ医の情報や、急な連絡先の情報を伝えておいたり、

 子どもにとりあえず何でも相談できる人を紹介しておいたり、

 と、
 子どもが突然の出来事に遭遇しても何とかやっていけるように、

 準備することが大事だと言うことを、

 しばらく前に、ひきこもり親の会でお話ししました。

 自分が亡くなったあとのことを考えるより先に、

 自分が死ぬまでに、子どもが暮らしていくために自分には何ができるか?

 を考えて、実行することが大事だと経験上思うからです。

 ホント、外出先から帰ったら県病院の救急外来からの留守電が入っているなんてことはもうゴメンですわ。




同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
【再掲】 不登校・ひきこもりフォーラム2018のお知らせ
【告知】不登校・ひきこもりフォーラムやります。確定!
【告知】ひきこもり家族教室と集いやってました
ひきこもり家族教室4回終了しました
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 【告知】ひきこもり関連のイベントの速報 (2019-01-17 10:28)
 不登校・ひきこもり予防と熱く語られると居心地が悪くなる話 (2018-12-20 06:00)
 ひきこもり状態の人がどんな風に自分を変えたがっているかの研究の話 (2018-12-15 06:00)
 ひきこもりは平成をどう受け止めていたか? (2018-11-25 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
親亡き前に子どもはものすごい責任を負う話
    コメント(0)