親の期待と子の期待の話

2019年01月15日

 しばらく前に、不登校をテーマとしたシンポジウムでお話しさせていただく機会がありました。

 その中で感じたことがあります。

 親は子に期待し、

 子は親に期待して、

 お互いがその期待に応えない、
 応えられないために、

 親子関係がずっとよろしくないまま。

 みたいということです。

 さて、この期待。

 それぞれ何を期待しているかというと、

 どうも同じようなんです。

 それは、
 相手が変わること。

 自分の望むように。

 親は親の自分が望むような形に子どもが変わることを望み、

 子は子で、親が自分の望むように変わることを望んで、

 お互いに要望をぶつけ合っている。

 でも、人は自分の望むようにしか変われないので、

 お互いに満足がいかない。

 そうして事態は変わらぬまま。

 相手は変わらないけど自分は変わる。

 それぞれが、
 そんな心の姿勢に変わったら、状況は変わるように思えます。

 相手に期待するんじゃなくて、自分に期待するんですね。
 
 自分の期待に応える自分になるんです。



同じカテゴリー(不登校)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(不登校)の記事
 ひきこもり予防としての不登校支援はやめた方がいいんじゃないかと思う話 (2020-07-14 06:00)
 ピア活動者は専門職より低く扱われるような気がする話 (2020-07-02 06:00)
 ひきこもり当事者本のご紹介 (2020-05-30 06:00)
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
親の期待と子の期待の話
    コメント(0)