心底嫌いなことの理由が腑に落ちた話

2019年01月30日

 記事で何度か書いていますが、

 車の運転が大っ嫌いだったのですが、

 その理由がようやく分かったのでした。

 至極単純。

 私が車の運転をしないと親がゆるさなかったからでした。

 無理やり免許を取り、

 無理やり運転し、

 無理やり好きになろうと数十年頑張ってきたのですが、

 親がうるさいからと、

 自分の気持ちを押し殺したせいで、

 嫌いだったのでした。

 今は、それが分かってだいぶスッキリ。

 自分の気持ちで運転できるので、とっても楽ちん。

 みんなこんな感じで運転してるんでしょうね。

 30年の謎の苦痛から少し解放されました。

 親の影響ってホントにスゴい。

 ってことを実感したのでした。

 


同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 自分って、いつも現場にいるなと思った話 (2020-01-02 12:00)
 子どもを利用する親とそんな親を利用する子どもの話 (2019-12-25 06:00)
 家族が社会化しすぎるとまずいように思う話 (2019-12-17 06:00)
 ひきこもり期間を一言で言うと (2019-12-13 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
心底嫌いなことの理由が腑に落ちた話
    コメント(0)