2018年11月30日

子どものころ、精神的な問題が出ていた話

 個人的な話です。

 子どものころ、

 1日中毎日数か月~数年かも。

 鼻を鳴らしたり、
 片方だけまばたきを繰り返したり、
 咳払いしたり、
 首をひねったり、

 してました。

 また、空想の世界によく浸っていました。

 しょっちゅう、
 周囲の音や、会話の相手の話し声や、自分の声が、
 甲高く、早回しで聞こえていました。
 
 いやな体験を思い出しては、落ち込んでいました。

 夜は、
 寝付くのが怖くて、
 死んだ後のことばかり考えて、
 悪い夢ばかり見てました。


 上から順に、
 チック、解離・離人、フラッシュバック、睡眠障害、

 などの精神症状の可能性があります。

 人の話がよく理解できず、
 相手がイラついたり、

 言われたことを理解したとして、いざ行動しようとすると
 気持ちと体のつながりが外れて、
 身体が動かなくなったりすることも
 割とよくありました。
 
 言葉を介してのコミュニケーションに難があったのでしょう。
 挙句それでパニクッていたのでした。

 そんな状態にもかかわらず、誰も手助けしてくれませんでした。

 ヘンな子。

 で片付けられていたのでしょう。

 ヘンな子の扱いは誰も知らなかったのでしょう。

 40年ほど前の話です。

 


タグ :ヘンな子

同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 許される範囲でのびのびやっていた話 (2018-12-05 06:00)
 親子関係が責任のきずなで成り立っている話 (2018-11-20 06:00)
 会話が続かないのは、関心があるかどうかにかかってる話 (2018-11-15 06:00)
 人の絆は恐怖と愛情の二つがあるらしいと言う話 (2018-11-10 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
子どものころ、精神的な問題が出ていた話
    コメント(0)