会話が続かないのは、関心があるかどうかにかかってる話

2018年11月15日

 会話が続かない。

 話しかけられたら返事はできるのだけど、その先が続かない。


 よく話題になる悩みごとです。

 対処法として、

 聞き手にまわって、相づちを打つ。

 なんてのがよく使われます。

 でも、こんなこと、悩んでいる人のほとんどはすでにもうやってます。

 こんな受身の会話に飽き足らず、もっと会話を続けたいのですね。

 そういう悩みみたいなんです。

 

 そこで問題。

 会話を続けようとするその人に関心があるだろうか?

 その話題に関心があるだろうか?

 その人が自然と話したくなるほどに。


 一般的に人は、
 その人のことをもっと知りたいと思えば質問します。

 その人に共感したい、同感したい、親密になりたいと思っているならば、
 その人と同じ感情を持つように努めます。

 その人が、その話題に関心があるならば、自分の知っていることをつい話したくなります。

 自分と同じ関心事に関心のある人に親しい感じを持てば、
 自然と言葉が出て来ます。

 どんな風にしてその関心事と付き合っているか?
 自分はこんな風にしてるけど。
 なんて。

 例えば、どんなガンダムを観ているか? ファーストかダブルオーかユニコーンか
 地上波か、ケーブルか、DVDか、ネットか、マンガか、
 自分はネットでサンボルだけど。
 みたく。

 言葉でなくとも行動します。
 「この前の話のだけど、これ持ってきたんだ」的に。
 ガンプラ持ってきたり。

 会話の技術よりも、
 その人、その話題にどれほど関心があるかがポイントなのではないかと思います。

 関心がないならば、話が弾まないのも仕方ありません。
 そんな時こそ、聞き役に徹するのもいいかもしれませんね。

 サンボルってなに? 教えてもらえない?

 わくわく関心を持って。 




同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 ひきこもり予防としての不登校支援はやめた方がいいんじゃないかと思う話 (2020-07-14 06:00)
 ピア活動者は専門職より低く扱われるような気がする話 (2020-07-02 06:00)
 ひきこもり当事者本のご紹介 (2020-05-30 06:00)
 ひきこもりの始まりは「失敗」だった話。 (2020-04-09 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
会話が続かないのは、関心があるかどうかにかかってる話
    コメント(0)