結果を固定しているかどうかが重要な話

2018年08月10日

 帰属理論についての話の続きです。

 成功した状態を固定して、

 何をやればいいかを考えて実行する。

 と、うまくいく。

 という話で前回記事は終わりました。

 つまり、結果を固定するのですね。

 望ましい状態に。

 これ、もし望ましくない状態に固定していたとしたらどうなるでしょう?

 私は必ず失敗する。

 どうせうまくいかない。

 と、結果を固定していたとしたら、

 努力する気になりません。

 自分の能力・才能・可能性を信じることも難しい。

 運は? ・・・悪い。

 こんな気持ちで日々を過ごしているこもっている人は多いでしょう。

 結果を固定する。

 未来を固定している。

 注意してみると何か気づくことがあるかもしれません。


タグ :帰属理論

同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 家族のことばかり考えている人は自分のことは後まわしの話 (2020-03-29 06:00)
 聞こえないと発言しなくなるかもしれない話 (2020-03-25 06:00)
 日本人は怒りの表情に悲しみを感じるらしいという研究の話 (2020-03-13 06:00)
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
結果を固定しているかどうかが重要な話
    コメント(0)