ひきこもり状態では身体が炎症を起こしている話

2018年06月15日

 ひきこもり、ひきこもり状態の研究や支援については、
もっぱら、精神医療や心理面と就労や居場所などの社会(参加)的な視点から支援されてきました。

 今回、九州大学の研究で、身体的に炎症を起こしているという指摘がなされました。
 https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/researches/view/218

 また、NHKテレビ「ガッテン!」では、
 http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20180606/index.html
 人類は、孤立すると、身の危険を感じて身体が炎症反応を起こすことが紹介されました。
 これ、人類の本能なんだそうです。

 人はストレスを受けると、炎症が起きる身体の仕組みになっているのですね。

 炎症は、そもそも細菌やウィルスなどの外敵から身を守る反応の一環ですが、これが長びくと健康を害するのだそうです。

 こんな性質の炎症ですが、人と関わることで鎮静するのだとか。

 さて今回、
 ひきこもり状態の人で炎症を起こしている状態が確認されたと言うことは、

 こもっている人は、ストレスを受けている。ということでしょう。
 長く、強く。
 慢性的に。
 炎症が起きるほどに。
 炎症が治らないくらい。

 そして、孤立している。

 こう考えると、
 
 遊んでいる。
 お気楽。
 いいご身分だ。
 甘えだ。

 というひきこもり状態に対する解釈や感想は、当てはまらないでしょう。

 だって、
 孤立という危険な状態にあるのだもの。

 こんな風に考えると、

 自分もたまにはひきこもりたい。
 と望む人は、

 自分もたまにはストレスで身体に炎症を起こしたい。

 と言っているのも一緒になりますね。オドロキ

 さて、
 今回の九大の研究が進めば、身体の医療の方面から、こもる人の手助けが行えるようになることが期待できます。

 また、居場所、自助グループなどの効果が、人と関わることと炎症鎮静の関係の面から解き明かされるかもしれません。

 少しずつ、少しずつ、こもる人への効果的な手助け方が増えてきている思いです。

 世の中、まんざらでもないようです。



同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 ひきこもりの始まりは「失敗」だった話。 (2020-04-09 06:00)
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)
 予防という発想がおぞましい話 (2020-03-01 06:00)
 不登校とひきこもりの違いについて考えるシリーズ4 最終回 (2020-02-25 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ひきこもり状態では身体が炎症を起こしている話
    コメント(0)