2018年08月15日

メンタライジングと「こもって、よし!」のこと

 メンタライジングとかメンタライゼーションとかいう考え方や心理療法があるようです。

 他者の心について、知り、感じ、想像し、共感するなどして、他者とイイ関係を築き、

 社会でよろしくやっていくための効果的なアプローチのようです。

 ※個人的には「心の理論」なんていう呼び名の方がなじんでるんですが。

 相手には、相手の気持ちがあり、受け取り方があり、都合なり、相手の自由意志がありということを知って、

 それらを尊重して一緒に社会をやっていく練習をするみたいです。

 同じように、自分にも自分の気持ちがあり、自分なりの受け取り方があり、自分の都合があり、自分の意志がありますので、

 それらも尊重しつつ、相手とよろしくやっていくことになるのでしょう。

 ひとりよがりにならずに、それでいて相手に従属することもなくやっていくためには必要なことだと思います。

 親子関係でいうと、親が子どもの気持ちや受け取り方や考えた都合を尊重する。
 子どもも親のそれらを尊重する。
 そうして親子関係をよろしくやっていく。
 家族としてやっていく。

 となるでしょうか。

 職場なら同僚同士、上司と部下、取引先と自社でしょうか。

 支援者と利用者も同様でしょうね。

 拙著『こもって、よし!』では、これに通ずることを書いています。

 フォルダを作る。

 という表現です。

 私の中に、相手のことについてのフォルダを作って、
 相手のことをまるごとそこにファイルするというイメージです。

 解釈などの加工をせずにまるごとそのまんま保存する。

 自分のフォルダは別に独立保存してあるので、相互干渉はない。
 双方安全に保存されている。

 そんなイメージ。

 こうすると、相手の立場に立って感じたり、考えたりという想像がしやすくなります。
 私の中にある相手のフォルダを検索すればいいのだもの。

 同様に、私の中にある自分のフォルダを検索すれば、私ならどう感じるかということが分かります。

 比較対象もしやすくなり、

 都合、折り合いもつけやすくなります。

 私とあなたの境界を踏み越えずそれでいて協調してやっていくことが期待できます。

 私の中の私のフォルダの中に無理やり相手のことを入れ込もうと苦心惨憺したり、
 それでもどうにも難しくて相手のことが受け容れられずに排除してしまったりする事態を避けられます。

 小耳にはさんだメンタライジングと、拙著の心の理論である「フォルダ」理論の話でした。




同じカテゴリー(拙著)の記事画像
『関わることを考えよう』のご案内
『親を育てるひきこもり』のご案内
【新著】当事者と関わることについての冊子できました
同じカテゴリー(拙著)の記事
 『関わることを考えよう』のご案内 (2017-07-17 06:00)
 『親を育てるひきこもり』のご案内 (2017-07-14 06:00)
 『こもって、よし!』のご案内 (2017-07-11 06:00)
 サイト内ご案内 (2017-01-06 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
メンタライジングと「こもって、よし!」のこと
    コメント(0)